引越し(・∀・)ノ

March 25 [Mon], 2013, 18:36


アメブロに引越しします!早くも!

スマホでもリンクとか貼れるし、色変えられたりする点ではこっちの方がいいけど、
起動がおそい!!


・・・ということで、
リンク貼っておきますね。



BLACK BIRD 第一章◆第二話 ネタバレ Part2

March 23 [Sat], 2013, 19:49
BLACK BIRD 第一章◆第二話 Part2

俺は実沙緒以外、興味ないんだ






Part1の続きです
実沙緒が希世ちゃんに噛まれた所から


***


「実沙緒ちゃんは友達だもの。
ちゃんと死んでから喰べてあげる」


希世ちゃん……?

「そうよ。私も妖。
これが本来の姿なの」


「恋敵の実沙緒ちゃんを喰べちゃえば、永遠の命と匡様と両方手に入るでしょ?
私ほんとに匡様が欲しいの。

あんなに強くて美しい妖はそうはいないもの。

匡様に近づかないでいてくれてありがとネ
おかげで匡様が駆けつけてくるのに時間が」


駆けつける?
俺は飛ぶんだ。 白蛇め」




「実沙緒に手を出したら殺すと言ったはずだ」

匡は、希世の髪の毛を掴みます。

「ひ ひどい
私の気持ち知ってて…」


「興味ない。俺は実沙緒以外
興味ないんだ」


それまで泣いていた希世がニヤリとして、

「……その実沙緒ちゃん、早く手当てしないと死ぬわよ。

血清なんてないから毒を吸い出すしかないけど、
私の毒は人間よりむしろ妖に効くの。
下手すればあなたが死ぬわよ」


それでもお構い無しに、興味は実沙緒から毒を吸い出そうとします。







その日の夜、実沙緒は屋根に乗っている匡をたまたま見ます。




次の日、空気がキレイになってるなぁなんて実沙緒が思っていたら、
匡が休みだと知ります。

隣だから、お見舞いくらい……と、匡の家の前に行くと・・・



「わたくしは匡様に仕える天狗で、太郎ともうします!
わが主人(あるじ)の嫁御となる方ですから、姫さまです!」

「ごめんね 私、嫁になんてなんないから」
↑実沙緒、細かいとこまでちゃっかり否定w


太郎ちゃんに案内されて、実沙緒は匡が眠る部屋へと来ます。

「…昨日の夜、何してたの?」

「・・・・・・ちょっとした掃除です」

「掃除??」

「いつもでしたらあれくらい難なくこなす方ですのに、
昨日は何か悪いものを召されていたようで…

何か毒のような…」


そこで匡が起きて、
「しゃべりすぎだ 太郎」

太郎ちゃんはここで「ごゆっくり〜」って
下がって行きました。


「……その、大丈夫?」

「何が。 ズル休みだズル休み。
おまえはなんともないか?」

「うん」

「そうか。

よかった」


「繁栄をもたらす嫁」だから
私を狙ってんじゃないの?

どうして

こうまでして守ってくれるの?

禍々(まがまが)しいはずのあの姿(本当の匡の姿)を、
怖いくらい
キレイだと思った


で、ラストのページがコレ↓


こんな時でも!
さすがエロ天狗ww


***


第一章◆第二話はこれで終了です

次は第一章◆第三話!

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rose
  • アイコン画像 職業:小中高生
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pinktaylor/index1_0.rdf