〜 店頭FX取引 と くりっく365 〜 の違いとは

October 19 [Wed], 2011, 8:58

皆さんが普段行っている従来のFXトレードは

店頭FX取引

といいます。

これは、FX会社に直接資産を預け、

自分で直接売買注文を行うやり方ですよね・・・

くりっく365とは、

東京金融取引所が上場した外国為替証拠金取引

愛称です。

投資家や証券会社のFXに関する注文を

一か所の『取引所』に集中させ、

FXトレードがより活発に行われるようにする

仕組みです。

利点はFX会社によって異なっていた

為替相場が一本化されることですね

従来の店頭FX取引では

スワップポイントが2つ・・・
(スワップポイントにFX業者の利益となる手数料を割り増ししている)

設定されています。

くりっく365ではこの手数料が無いので、

1つの通貨ペアのスワップポイントは、

投資家が受け取る額と支払う額は同じになります。

また、複数のマーケットメイカーが売買価格を提示して、

その中で最も有利な価格が、

投資家たちに提示される

マーケットメイク方式 という方法が

使われているので、投資家にとっても最も

有利な取引価格が一目で分かるように

なっています。

どっちのやり方が自分に合ってるかで

どちらの方法がいいか決めるといいと思います
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pinkstarpon/index1_0.rdf