2008年10月29日(水) 17時36分
もう 人を好きになんてなりたくないの
別れるときの 痛みはもうたくさんなの
あんな苦しい思いは もうしたくないの

そうやって いろんな人の気持ちから
自分の気持ちをぶつけることから 逃げていた

心の時計はあのときのまま
1秒たりとも動かない

けど自分で時計の針を動かそうとしなければ
何も変わらないんだって 気がついて
止まったままだった針を ちょっとだけ動かしてみた

そしたら たった今 目覚めたように
世界が急に色づきはじめて
あたしの目の前は たくさんの光で
満ち溢れていた

 

2008年10月29日(水) 17時35分
あたしの今の願い

どうかあなたが
あたしを愛していたことを
後悔だけはしていませんように

あたしと一緒にいたことを
ちゃんと覚えていてくれますように

思い出 

2008年10月29日(水) 17時33分
思い出になるって怖い

悲しいことも 腹が立ったことも
思い出になってしまえば すべて輝いて見える
すべてステキだったと そう思える

時間がたてばたつほど
あたしの中でキラキラして
あたしの心を虜にする

あたしと同じように
あなたのなかでも
そんな綺麗な思い出に
あたしはちゃんと なれているのかな

変化 

2008年10月29日(水) 16時08分
あなたと別れて変わったこと

あたしの頭ん中はまだあなたでいっぱいなのに
あなたの頭ん中にはもうあたしがいないってこと

あたしがどんなに必要としても もうすぐには来てくれないこと

逢いたいとき 逢えないこと

あたしに触れてくれないこと

目覚まし時計を 自分で止めるようになったこと

あなたの前で 
うまく笑えないこと

感触 

2008年10月29日(水) 16時06分
目が覚めて ふと思ったよ
夢に出てきたのは きっとあなただったんだって

その人の顔は見えなかったけど
あたしの体にかかる重みで
あたしの体に触れる手の温度で
あなただったと 確信した

もう忘れたはずのいろんなこと
体はまだこんなにも覚えていたんだと

気がついてまた
苦しくなった

 

2008年10月29日(水) 16時01分
とても愛していて
とても大事だったから
離れないように
ぎゅって抱きしめた

誰にも渡さない・・・
どこにもいかないで・・・

でもあまりに強く抱きしめすぎて
抱きしめたものにちょっとずつ ヒビがはいっていくのに
あたしは気付かなかった

そのうち 腕の隙間から
粉々のカケラが ポロポロ零れおちて
気がつくと あたしの腕の中は

からっぽ だった・・・

妄想 

2008年10月29日(水) 15時55分
あたしたち 愛しすぎたね
お互いを締め付けあっただけだった?

好きになりすぎて あなたの全部がほしかった
その心 そのまま あたしだけのものに・・・

一緒にいる時間が長いほど
一緒にいない時間が不安になった

あるはずもない空想に振り回されて
不安になって疑う自分が いやになった

それでも乗り越えられると 信じていたよ

もうあなたを愛しすぎて
他の人をこんなに愛すのは 不可能だよ

居場所 

2008年10月29日(水) 15時52分
すごく辛いとき
悲しいとき
しんどいとき
疲れたとき

あたしはあなたのところへいきたくなる
顔を見て
声を聞いて
抱きしめられたら
きっとすべて忘れられるんじゃないかって
そう思ったから

あなたにわかってほしかった
あたしの弱いとこ 見せることができるのは
あなただけなんだって

もうちょっと広い心で
あたしを受け入れてほしかったよ

削除 

2008年10月29日(水) 15時51分
あなたの匂いが残ったままの体で
あなたの触れた感触が残ったままの体で

もう誰にも触れられず

死んでしまえれば幸せだと思った
死んでしまいたいと思った

 

2008年10月29日(水) 15時49分
どんなにくっついても
本当にくっついた気がしないのは

お互いの気持ちが
本当は離れているせいでしょうか?
最新コメント
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pinkstar0380
読者になる
Yapme!一覧
読者になる