ロボジー 

2013年03月11日(月) 23時59分


家電メーカー、木村電器の窓際社員、小林・太田・長井の3人組は、ワンマン社長から流行の二足歩行ロボットの開発を命じられていた。近く行われるロボット博での企業広告が目的だ。
しかし、ロボット博まであと1週間というところで、制作途中のロボット“ニュー潮風”が木っ端微塵に大破!窮地に追い込まれた3人は、ロボットの中に人間を入れて誤魔化す計画を立てる。ロボットの外装にぴったり収まる人間を探すため、架空のオーディションが開かれ、仕事をリタイアして久しい独り暮らしの老人・鈴木重光(73歳)が選ばれる。
しかし、この鈴木がとんでもないジジイで…。さらには、“ニュー潮風”に恋をしたロボットオタクの女子学生・葉子も巻き込み、事態は思わぬ方向へ転がり出す―。


監督は、『ウォーターボーイズ』、『スイングガールズ』や『ハッピーフライト』を手掛けた、矢口史靖監督ということで、かなり期待して観ました。

なかなか、面白かったです。初っ端から、笑っちゃいました。
ロボットの中身が、おじいちゃんってところが、さすが矢口監督!と思いました。
しかも、このおじいちゃんが、相当な偏屈で、本当は誰かと関わりたい、家族から必要とされたいと思っているのに、いつも突っぱねるような態度をとってしまい、暇を持て余す孤独なひとり暮らし。

そんなあまのじゃくなところが、ニュー潮風に入っている時もたくさん発揮されます。
他のロボットに対抗意識を燃やして、盆踊りを踊っちゃったり、自転車に乗ったり、極めつけは、介助ロボットに対抗して、自分も女性を抱え上げ、ぎっくり腰になっちゃうとか、何だかかわいいんですよね。

極めつけは、孫たちを喜ばそうと、ニュー潮風に入ったまま、イベント会場を抜け出して、家族のところに行くシーンがあるんですけど、おじいちゃん、本当は家族のコト大好きなんだなあって、ほろりと来ました。

木村電器の3人組が、そんなおじいちゃんに振り回されながらも、最後には、絆が生まれているところとか、すごく心温まりました。

そして、救われたのは、1年半後シーン。
木村電器の3人組は、ニュー潮風2を開発し、おじいちゃんは老人会の演劇に出て、笑顔で家族に手を振っている。
ニュー潮風に入って、孫と一緒に撮った写真をこっそり家に飾っているところとか、何とも言えず、心がじわ〜んとなりました。
素直に良かったなあって思いました。


ここまでは、映画の感想。
矢口監督の意図は、どこまでかは知らないけども…。
ロボジーで描きたかったことかなあと感じたので。

世間から必要としてもらえない老人が、時間を持て余す現代。
ロボットがやれば驚かれることでも、老人には普通に出来るんだよっていう、ちょっと皮肉というか、風刺的な視点もあったのかなと思いました。
二足歩行のロボットもすごいけど、おじいちゃんには、あったかいものがいっぱい詰まってるんだよ〜

ヘルタースケルター 

2013年03月10日(日) 23時00分


完璧な容姿で絶大な人気も持つ、ファッションモデル・りりこ。
だが、彼女は全身整形という重大な秘密を抱えていた。
そして、りりこは、整形手術の後遺症や芸能界のストレスによって、次第に精神を蝕まれ、人生のどん底に堕ちていく。


まず、この映画を語る時、真っ先に出てくるのは沢尻エリカでしょうね〜。
主人公・りりこにぴったり。
映画の冒頭から、沢尻エリカのおっぱいが拝めます。
健康的で、いやらしくなくて、肌もすべすべ艶やかだし、本当に綺麗な身体つきをされています。
セミヌードのシーンが何回か出てくるんですが、かなり見入ってしまいました。

映画の感想は、一言で言うと、美に対する執着なのかなあと思いました。
ここで言う美とは、見た目のこと。
でも、それって、永遠には続かないもので。

主人公りりこは、全身整形によって、完璧な容姿を手に入れたけど、その容姿が崩れていく恐怖と戦うことになる。
そして、生まれ持った美を持つ、後輩のこずえの登場により、No.1の座を奪われるのではないかという恐怖。

いろんな恐怖から、精神を病んで、最後には崩壊してしまう。

確かに、美に対する執着って、誰にでもあると思う。
だから、いつの時代も○○ダイエットとか絶対流行ってるし、ファッションの流行も次から次へと入れかわる。
皆心のどこかでは、美しくなりたいって思ってるからじゃないかな。

でも、美って、永遠には続かないし、手に入れるのも、維持するのも、すっごく大変。
そういうのを、こうやって映像で見せつけられた気がします。

映画に度々出てくるつけまつげやアイプチ、メイク盛りまくりの女のコたち。
それと、りりこの整形も、本質は同じなんだよって言われてる気がしました。

めえめえ牧場 

2011年11月12日(土) 23時59分
BBQの後に訪れました。

意外に、ひつじって可愛いんだなあということを発見
すっごく人懐っこくて、癒されるんです
結構、童心にかえって、みんな思い思いにひつじと戯れていました


中でも、この子は、とっても人懐っこくて、私のお気に入り


柵が無かったら、もっとすりすり出来たのに…


気付いたら、いい年した大人が2時間ぐらいひつじと戯れていたのではないかと思われます


おまけ
ひつじのエサを買ってみたら、なんと、鹿せんべいではないか

BBQ in 山添村 

2011年11月12日(土) 23時59分
気持ちのいい秋晴れでも、BBQには、ちょっと寒いかなあ


カワイのお肉でしためっちゃテンション




ししゃもも焼いちゃいます〜


そして、一番美味しかったのは、ホタテのバター醤油焼き


最後は、お約束の焼きそばを塩味で


山添村って、お茶の産地なので、茶畑がいっぱい。
地図で気になった、『撮影スポット』って書いてある場所へ行って、そこから撮った景色です


茶畑が綺麗に写る撮影スポットなのですね
お茶の花を生まれて初めてみました

あまのじゃく 

2011年09月14日(水) 23時59分
ふいに、食べたくなるんですよね
あの、とろけるチャーシュー。幸せの味

あまのじゃく、その名の通り、2回に1回は、『店主急用の為…』とかで、閉まってるので
今回は、開いててよかったです

前回は、あっさり塩を注文したので、今回は、とんこつ塩を注文


おいしくて、心から幸せな日でした
それにしても、なかなか運転が上達しない私って一体…

石舞台古墳 

2011年08月28日(日) 23時59分
明日香村にある、石舞台古墳。



小学生のころ、遠足で何回か来たことがあって、その時は、石の上に登って遊んだりも出来たんだけど…。
今は、登れないようになってました。残念

何にもない広場で、ぼ〜っと出来るので、ふらっと来るのにはオススメです

中に入れます





おまけ明日香古代米を使ったカレー

おふさ観音 風鈴まつり 

2011年08月28日(日) 23時59分
風鈴まつりって、どんなんだろうと思って行ってみたのですが、行って、見て、びっくり
どこもかしこも風鈴だらけ




びっしりと風鈴に覆われていて、その数に圧倒されました。
でも、この日は、気持ちのいいぐらい青空で、風に揺れる風鈴がとっても綺麗でした。


ちりんちりんっていう音も、心地よくて、癒されるなあ〜


おふさ観音って、境内で多くのバラを育てていて、見ごろの春秋にはいっせいに花を咲かせるのだとか。
茶房で、バラジュースを頂きました。
部屋の中まで、風鈴いっぱい。


こんな可愛いアヒル隊も見つけました


そして、こんなのも見つけて、おもわずパシャリです
しあわせこいこい〜

恋ばな 

2011年07月24日(日) 23時59分
baby face で、女2人で恋ばな
2人とも、相手がいないってところが泣けるんですが

結婚ってどうなんだろう…とか、恋愛についてとか…
いろいろ語ってしまいました

何はともあれ、女友だちに乾杯

で、こんな特大のパスタ完食しました

梅田 プレミアム 個室 ダイニング 【TSUBOMI 】 蕾 ( ツボミ ) 

2011年07月23日(土) 23時59分
高校時代からの友人と、5人で飲み会

個室にキュッてなって座ったのが、面白かったです
お料理は、海の幸が、とっても美味しかったです

お料理はこちら
創作お造り2種

3種類のカナッペ

サーモンとアボカドの湯葉ロール

大海老のフリット

鮪のレアステーキ

ローストビーフ

蕾のロール寿司


それと、お誕生日を迎えた友人に、スペシャルアニバーサリーケーキ
ちょうどこの時Twitterのアプリをインストール中で写真撮れなかった…。ショック

で、代わりにおしゃれな廊下の写真をパシャリ


この日1番人気のミルク系のカクテル




このあと、久しぶりにカラオケ行きました

色んな話して、友だちっていいなぁ〜って思った1日でした

パオレーツ オブ カリビアン 生命の泉 

2011年06月05日(日) 23時59分


初3Dです

飛び出す映像が、何とも臨場感を増す感じで、自分がそこにいるみたいな感じ。
ジョニーデップがすぐ傍に居るような感じになれる。これは、いい〜

前作で、パイレーツはもう終わりかと思っていたので、また観られて本当に、うれしい限りでした。

またまた、ジャック・スパロウがいろいろやってくれます。
初めの登場の場面から、少し館内に笑いがこぼれるぐらいで、本当に、面白かったです。

個人的には、エンドロール後も笑えてよかったのですが、
牧師サンと人魚のその後を入れて欲しかったな〜っていうところが少し残念

でも、楽しかったですジャック恰好良かったし
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31