RYO 

January 12 [Thu], 2006, 20:52
亮ちゃんについてちょっと書かせて。
今日はなんか、何かを書かなきゃいけない気がして仕方ない。
わたし亮ちゃんのこと、すきだよ。詳しくは覚えてないけど、1リットルの涙始まる前から凄い楽しみにしてたし、がんばっていきまっしょいを、博貴ナシでもがんばってる亮ちゃんをずっと応援してた。
だけど、なんでかなぁ。
最近やりすぎなんじゃないの?
仕事が多いトカそんな文句じゃない。仕事多いのはすごいことだと思う。そんなにたくさん、体も壊さずに頑張ってる人ってなかなかいないんじゃないかなぁ。わたしには絶対無理。
王子にも、無理。
博貴なら、すぐ体壊す。心壊す。
だから亮ちゃん、亮ちゃんはすごいんだよ。
すごいのは、ちゃんとわかってる。
3日に間近で亮ちゃんをみて、なんてすごぃ人なんだろぉて思った。
博貴担やめて亮担にならなかったのが不思議なくらい。
目があって、笑ってくれて、嬉しかった。
遠くにいても、見てくれてる気がして、嬉しかった。
でもファンに抱きついたり、パンツみせたりすることは、本当に亮ちゃんの仕事なの?
やる気ないんじゃないの?
ソロコンで涙?
何やってんの?
ソロの時は一生懸命頑張って、メンバーがいたら適当に楽しくやるの?
そのときそのときに決めてるの、バレバレだよ。
もっと勉強してよ。予習しといてよ。復習なんか当たり前だよ。
なんでちゃんときっちり仕事してくれないの?
博貴が見てるよ?
博貴のぶんも、たくさんの人の期待を背負ってる。
あなたには、ちゃんとしてほしい。
内亮っていうコンビをなくさないで。
ずっと一緒にいてよ。
一人で変な方向にどうして走るの?
隣に博貴がいたら、もっと違うでしょう?
お願い。
亮ちゃん。
博貴の鏡でいて。
望む姿は、ソレじゃない。

たちょ 

January 12 [Thu], 2006, 20:42
おめでとう

かわいかった

嬉しかった

暖かかった


来年、

博貴がそこにいて

笑ってくれるのかな


今は全然考えられないよ。

そのときわたしは

何してるんだろう

 
ちゃんと、勉強してる?

ちゃんと、生きてる??


最近死ぬ事に対する願望が大きすぎる

こんなんじゃ、

生きてるっていわないよ

ちゃんと

生きたい。






































ジャニヲタを辞めたい。
辞めたくない。

考えたくない。

博貴 

December 27 [Tue], 2005, 20:37
博貴にあいたいo

あいたいよ。。。

クリパ 

December 18 [Sun], 2005, 22:20
あんなに泣いたクリパ。

あんなに恨んだクリパ。

今日行けたこと、

絶対忘れない。

みんな、大好きだよ。

すごく楽しかった。

運命を、初めてうれしいと思った。

このキモチは、はずれた人にしか分からないから。

テストが終わって 

December 07 [Wed], 2005, 18:50
終わったのに孤独

胃がイタイよ・・・

博貴がすきな自分がいや

みんなになじめない自分がいや

全部いや。


もういや。

決断 

November 12 [Sat], 2005, 23:22
人生には決断をしなければならない時がある

今がその2回目の時。

一度目は高校を決めた時。

これを失敗と呼ぶかは今回の決断によるんだ。

私は数学を捨てました。

理由は、書くまでも無いよね。

こうやって、一つずつ道を削って、自分の進むべき道を定めていく。

今日、感じた事。

今日、願った事。

今日、約束した事。

いつまでも忘れずにいられますように。



ボローニャ11月12日

過食について。 

November 09 [Wed], 2005, 22:23
絶対に私食べすぎ。

ストレスのせいだと思われますが。

でもお腹痛いから太りはしないでしょう。


イタイ11月9日

Alive in the wonder wolrd 

November 08 [Tue], 2005, 20:07
 ディズニーアニメ、白雪姫は、物語の始まりのようなオープニングだ。
厚い本が開かれ、語り手によって物語は始まる・・・。
次第にその話にのまれていき、私たちはその世界の住人となる。
いつしか、それが物語であった事自体忘れている。
そして最後に、語り手によって本は閉じられ、物語であったと思い出す。なんだか、だまされていたような、夢を見ていたような気持ちになる。
 私は一度、その経験を、あまりにも自然に忘れていった自分の脳を不思議に思ったことがあった。なんとしてでも、「物語である」ことを最後まで忘れないでいようと、自分に逆うことを試みた。
 私は自分の意思に反し、またしても物語に飲まれていった。そして最後にハっと思い出したのである。



私たちは、物語にのまれることしか出来ない。

もし、『現在』が物語だとしたら

現在、「物語である」ことを忘れていたとしたら

私たちは最後に、やはり思い出すのだろうか。


授業中に。11月∞日


案がまとまりました。 

November 07 [Mon], 2005, 18:15
ハンズ案がまとまったよぉぉぉ

また夏みたいに楽しもうね。

思い出、いっぱい作ろう。

大切なメンバーだと、今は心から思える。

DNA 

November 07 [Mon], 2005, 18:08
「あなたは自分のDNA保存をしたいですか」

って質問。

答え。

「はい。したいです。なぜなら私が死んだ時、蘇る事が出来るからです」

なーんだ。この答え。

私の答えですけど?

嘘に決まってるじゃん。英文にしやすかったからしただけ。

生きてることに未練なんかないし

死んだ時に蘇ってたまるか。

せっかく死ねたんだからおとなしく死んでいたい。

せっかくもらえた機会をわざわざ…ねぇ?

でもさ

変だよね。

私が死ぬのは大歓迎だけど、大切な人が死ぬのは見たくないな。

大切な人を無くしたとき、DNAが保存されていれば、蘇って欲しいと願うと思う。

絶対願うよ。

たとえそれが罪になったとして、自分が身代わりになるとしても。

大切な人には生きていて欲しい。

自分だけ死にたいなんて、ワガママかな?

まぁ私はワガママ女ですけど。


明日やだな。11月7日。
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pinkprince
読者になる
Yapme!一覧
読者になる