絶望すとーりーてらー

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:日音影
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1987年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ-あにめ
読者になる
 A A
(`(エ)´)ノ_彡★
 

人間て・・・



おもしろっ
メールフォーム
タイトル

内容
糸冬了 / 2008年06月29日(日)
恥の多い生涯を送ってきました。 

雨ニモ負ケル

風ニモ負ケル

夏ノ暑サニモ 冬ノ寒サニモ負ケル

東ニ道アレバ通行止メニナッテオリ

西ニ飛行機アレバ「スイマセン、アナタニハ”ビザ”ガ下リテイマセン」ト言ワレ

南ニ船アレバ遭難シ

北ニ生マレ故郷アレバ「君、ヨクモココガ故郷ダト言エタモノダネ」ト言ワレル

ソンナ人生

「サフダナ、ヤッパリアイズハ風ノ又三郎ダッタナ。」

サウイフモノニ

ワタシハ

ナリタイ。
 
   
Posted at 11:15/ この記事のURL
コメント(0)
メロスはいきり立った / 2008年04月03日(木)
メロスは激怒した。必ず、かの邪智暴虐(じゃちぼうぎゃく)の組み合わせを除かなければならぬと決意した。
メロスには栄養学がわからぬ。メロスは、村の牧人である。笛を吹き、羊と遊んで暮して来た。けれども邪悪に対しては、人一倍に敏感であった。
なぜサラダに果物を入れるか。なぜ酢豚にパイナップルを入れるか。
別に一緒じゃなくてもデザートに食べればよいではないか。
若い衆は、首を振って答えなかった。しばらく歩いて老爺(ろうや)に逢い、こんどはもっと、語勢を強くして質問した。老爺は答えなかった。メロスは両手で老爺のからだをゆすぶって質問を重ねた。老爺は、あたりをはばかる低声で、わずかに答えた。


私に聞くな      と。

 
   
Posted at 22:01/ この記事のURL
コメント(0)
音速メロス / 2008年03月26日(水)
メロスは、ぶるんと両腕を大きく振って、雨中、矢の如く走り出た。

メロスは走った、メロスは黒い風のように走った

どどうと音速の速さで走った

メロスは走った、やがて光速に達した

セリヌンティウス、私は走ったのだ

その思い届かずしてメロスは燃え尽きた
 
   
Posted at 13:37/ この記事のURL
コメント(0)
何でも無い / 2008年03月24日(月)
少年地獄

ただ虚構を吐くことにばかりの人間であった

嘘の連鎖は千切っても嘘

切っても切っても金太郎飴
いつも見えるは同じ顔

無くなる頃にはまた一本。


何でも無い
 
   
Posted at 16:51/ この記事のURL
コメント(0)
 
 
Powered by yaplog!