2010−2011 

January 10 [Mon], 2011, 23:52
2010年はいろいろ変化の年でした。
働き始めたことや髪を切ったこととか、その他色々。
でも一番印象に残ってるのはやっぱりあれですよ、あれ。
アイマス2ですよ。

個人的にはもう2なんてなかったものとしています。
9.18の時はもう本当にショックで、何度もあんな発表夢なんじゃないかと思った。
今思っても悪い話題ばっかりだったよね。
「プロデュースできません」→[男アイドル追加します]→「投票でCD出す人決めます」→ラジオ→団結2010→声優の盾と爆弾落としまくるバンナムにはいっそ笑えたけどw
毎日何かしら問題おこってたもんね。

簡単に説明すると、プレイ可能のヒロインが4人削られたのになぜか男キャラが追加され、さらにテーマ曲のCDを歌うキャラは人気投票で決めると発表。
削られたキャラのファンはもちろん、それ以外のファンも男キャラ導入と人気投票導入でいつ自分のキャラが男アイドルに持っていかれるか、はたまた削られるかとピリピリしだしたところで、ラジオで中の人がその男キャラの声優とキャッキャしてしまい大騒動。
さらにそんな騒ぎの中出たCDでは自己紹介曲の歌詞が改変され、男が苦手だったはずのキャラが「男の人が大好きです!」と言いだす始末。
そして責任者が叩かれまくる中、「声優さんを叩くのはやめてください」という公式コメント。
・・・叩かれてるのはあなたたちなんですけどっていう。
ちなみにそんなゲームのテーマは「団結」です。
4人削られて、人気投票で序列つけようとしてたのにw


あれだけ楽しみにしてたのに、全然買う気なくなりました。
アイドル削ったことについて、公式の「本当にそのアイドルが好きな人ならプロデュースできなくなっても理解できるはず」っていうコメントも呆れちゃったよ。
アイマスなんて動画がいくらでもタダで見られるわけで、実際にお金払ってプレイしなくてもいいやっていう人も多いと思うんだよね。
360だと新規ユーザー獲得もなかなか難しいし。
その中でゲーム買って実際にプレイしてる人たちが何を求めてると思ってるんだろう?
歌もダンスもいくらでもニコニコで見られる。
もちろん歌もダンスも大事だけど、そうじゃなくて一緒に泣いたり笑ったり、要はプロデュースがしたいからで・・・。
思い入れのある衣装を大事な舞台で着せたいと思うからDLCも使うわけで・・・。
アイマスにお金落とすのはそういう人たちでしょ。
どれだけいい曲作ってもグラフィック進化しても、PV見るだけならわざわざゲーム買わないよ。


小町については色々いいたいことはありますが・・・とにかく可愛い!!!!!
なんだこの天国・・・。
2は曲とグラフィックはほんとにすごいと思うよ。
小町のPVはバンナムが最後にくれた置き土産だと思う。



賛否両論ありますが、私は2のいおりんめちゃくちゃ可愛いと思います。
専用PVだからよけいにそうなんだろうけど、スモスリのいおりんはトップアイドルレベルだよね。
表情豊かでカメラへのアピールもばっちり。
ビジュアル強いキャラっていうのを納得させるPVだと思う。
なによりいおりんにベレー帽かぶせてニーハイブーツはかせてる時点でりっちゃんわかってるとしか言いようがないよね!
あんたすげぇよ!天才Pだよ・・・!
ショートのあずささんはアイドルらしくて可愛い。
ロングだとお姉さんっぽいから、ショート新鮮でした。
いおりんとあずささんって本当にあうと思うんだよね。
お上品で華やかで可愛い。
そんな二人に混ざって亜美ですが、これがまた。
最初は真美の激変ぶりに真美大勝利だろと思ったけど、亜美は亜美でいいんだよね。
いやらしい言い方になって申し訳ないんだけど、細く伸びた足がいかにも成長期って感じで。
あずささんも亜美も足出してるけど、ちゃんと二人とも体格が違ってていいね。
なんだかんだいってビジュアル的にも方向的にもバランスのいいトリオだと思う。

りっちゃんがプロデューサーになるって決めて、一番にいおりんに声かけたっていうのはわかる。
初期ステータスも高いし、世渡りうまいし、マジメだし。
でもいおりんは情に篤いタイプだからなぁ。
アイドル辞めてプロデューサーになって事務所立て直そうとしてるりっちゃんの気持ち考えるとわがまま言えないんじゃないかなと思っちゃうよ。
私はいおりんがいつだって自分のためにアイドルしてるところが好きなんだよね。
自分を世間に、家族に認めさせるために努力して、そんな自分が一番って自信を持ってて。
そんないおりんに事務所のためとかそういうものを背負わせたくないし、ましてやそんな色々抱え込んだいおりんを倒すなんて出来ないわ・・・。


そしてついに発表になったアニメ化。
2基準のアニメだからもう全然期待はしてないですが、ゲームでない分の小町組とそれ以外のアイドルの絡みも多いといいなぁと思います。

9.18の時に強く思ったのが、「クロスメディアコンテンツを自称するならキャラのグループ分けはそっちでやればいいのに」ということでした。
事務所の中から先に3人組でデビューさせてライバルにするってアニメ化とかコミック化の時にこそ生きそうな設定なのにって。
小町の4人ってそれまでもドラマCDやコミックでも主役になる方じゃなかったけど、それはそれでみんな満足してたと思うんだよね。
春香、千早、美希あたりが騒動起こして、やよいも飛び出して、真が怒って、雪歩がおろおろしてるところをりっちゃんがまとめて、いおりんがお金使って解決するっていうパターンが多かった。
そしてあずささんは騒動関係なく迷子になり、亜美真美はわけもわからず騒いでるだけっていうw
いつもそんなに出番は多くないし、メインではないけど、それでも満足してたのはちゃんとその子たちもメインになるゲームがあったから。
ベースとしてのゲームがあって、そこでキャラの魅力を伝えられてたから、その後に別の展開があっても素直に楽しめてたんだと思う。
2はそんなゲームとしての基盤はいじらないで欲しかった。

発表あって盛り上がってるけど、2発表時のあの頃に発表されてたらもっと違ったんだろうなぁと思います。
コンテンツとして盛り上がって欲しいという気持ちと、これ以上壊すのはやめて欲しいという気持ちで複雑です。
小町だけじゃなく他の子たちも、キャラの改変はもうやめてほしい。
せめてりっちゃんにはアイドルとしての見せ場を作って欲しい。
うまくいくといいね、アニメ。

98年に戻りたい。 

December 06 [Mon], 2010, 0:28
気付けば全然日記書いてないわけですが、私は元気です。
ただ、とても気分はアンニュイです。


さかのぼること一ヶ月前。
久しぶりにMちゃんと会って、私たちが昔好きだったバンドの話になりました。
私は上がってから音源聞くこともなかったんだけど、「久しぶりに聞くといい!」と言われ、その場で昔のPVを見たらもう…。
思い出されるあの情熱!
まぁそのまま二人でカラオケいって熱唱したよね。
曲の合間の「フゥ!フゥ!」のタイミング思い出して爆笑だよねw

それまでも懐かしいバンドとして思い出すことはあったけど、それはいつも思春期だったあのころのひたむきな感情を思い出して懐かしんでいたわけですが、今聞いてみるとバンドとしても良かったんだなぁと思うわけです。
「思い出補正でよく見えるのかな」と思ってたんだけど、カラオケで歌詞みてるうちに曲そのものにも間違いなくよさはあったんだと気付いたんだよねぇ。
あのころの自分の気持ちは間違ってなかったという思いもあったし、あのころとは違うところをいいと思える感じもあった。


楽しかった思い出が大きくて、帰ってから昔の映像やラジオも聞き返してみた。
本当に懐かしくて、面白くて、一気に聞いた。

そして昔のラジオの中には、たまたまボーカルが誕生日の回があった。
ラジオの中で、ボーカルは「28歳になりました」と言っていた。
メンバーやスタッフ大勢がサプライズで祝ってくれて、そのサプライズには途中から気付いていたけど、空気を呼んで気付かないふりをして祝われたと照れくさそうに話していた。
収録日にはたくさんのファンも集まっていて、「こんなにたくさんの人に祝われて本当に幸せ」「いつ死んでもいい」なんて話していた。

その後またラジオ聞いたりテレビ出演映像見たりして楽しく過ごしてたんですが、なんとなく気になって、今のボーカルのブログを見てみた。
もう数年ぶりに彼の姿を見たわけですが、さかのぼると、「またひとつ年をとりました」という日記があった。
それは「38歳になりました」という内容だった。

あれから10年。
小さなケーキと、10年前と比べて半分に減ってしまったメンバーにお祝いされている彼の姿がそこにありました。


全盛期に比べてバンドの規模は小さくなったけど、今のバンドも決して悪い状況じゃないと思う。
それなりにファンはいるみたいだし、未だに高級外車wに乗ってたし。
それでも「今の彼はあのころのように幸せなんだろうか」と思うと、苦しくてたまらなくなってしまった。

ブログにはプレッシャーから不眠症に悩まされた過去や、そこからお酒を飲むようになったことも書かれていた。
両親が今の自分たちをとても心配していること、それからバンド解散になった時の思いまで。

私の中で、あのバンドもあのボーカルも全盛期ちょっと過ぎのあのころで止まっていて、その後なんて考えてなかった。
解散発表の時にも冷め切ってたから。
でも当たり前なんだけど、私に10年の時が経ったのと同じように、彼らにも10年の月日は流れてたんだよね。
止まってたわけじゃない。
その10年を私は知らない。
だからその間を思うと苦しくて。


まぁ感傷にひたる時期も少し過ぎて、バンドの後期の映像とか見ると、今でもドン引きだし「これは解散するわ」と思わざるを得ないんですが、それがまた切ないです。
何事も昔のままじゃいられないってわかってるけど、あのころのままいられたらどれだけ幸せだっただろう。
バンドがうまくいかなくなる中で、ボーカルがバンドを引っ張っていかなきゃと躍起になっていたこと、それが彼に重圧を背負わせていたこと。
同時に、ミュージシャンとして成長し、自分のやりたいことが見つかる中で、それが叶えられずに不満をためていった他のメンバー。
誰も悪くないのにうまくいかないのが見えすぎていてもどかしい。


それでも思う。
あのころに戻りたい!!

2! 

July 07 [Wed], 2010, 21:01
日記書くのも久しぶりですが、これだけは書かないといけないよね!ってことで書きます。





アイマス2来た!!!!!!


来たよ!!来てるよ!!!!!


やっと響と貴音も箱にやってくるのね。
カクカクじゃない二人が見られるのね。
なんとまぁ・・・。

それにしてもみんな大分大人になったねぇ。
真美は成長しすぎだろう。
最初見たとき「誰?」ってなったよ。
亜美をおいてひとりで成長しちゃって・・・。

同じく「誰?」ってなったのはまこちんですが、ライブ映像見るとやっぱりまこちんでなんか感動しました。
表情とかしぐさとか、ベースの部分は変わってないんだよね。
アイマスのすごいところってこういうところだよねぇ。
髪型とか服装では変わらない個性がちゃんとあるところ。
衣装も可愛い!
真の衣装がエロくていいと思います。
あと貴音の衣装が王子様ルックで可愛い。

ビジュアルはメインどころというか、人気キャラほど変わってないなという印象でした。
ビジュアルチェンジはテコ入れなんでしょう・・・。
そう思うとなんか悔しい。


しかし私の可愛い可愛いいおりんなんですが、彼女もまたそれはそれは美しく成長していてびびりました。
納得のいく成長ぶり。
伊織はあっち方面に行って正解だよね。
少女っぽさと大人っぽさのバランスが素晴らしい。

そして伊織の干されっぷりにもびびりました。
4分以上あるPVで出演時間1秒って何?
もうちょっと出してくれたっていいじゃん・・・。
いおりんのステージ映像だって見たかったよ!
伊織&律子&あずささんでもう1ステージ入りそうなものなのに。
バンナムは鬼や。悪魔や。

ビジュアルあまり変わらない組も、雪歩はかわっちゃうんだね・・・。
雪歩はあの声も込みで雪歩だったから、やっぱりちょっと不安です。
声優チェンジあるなら伊織か雪歩だろうとは思ってたけど・・・。
新しい人が良くても悪くても結局なんか切なくなるんだろうなぁ。
ゆりしー思い出しちゃうもんね。


そんなわけで不安もありますが、ほんとに今から2011年の春が待ち遠しいです。
早く大人になった伊織が歌う姿を見たいなぁ。
可愛いだろうなぁ・・・。
冬のボーナスはテレビの買い替えに使おうと思います。
・・・ゲームの中では干されてないといいな。

あたまわるっ 

November 24 [Tue], 2009, 23:52
なんか日記放置しちゃった。
私の毎日はモンハンモンハン、たまに就活ってかんじです。
あと伊織萌え。

就活について話すと、最近脱ニート的サイトを見始めまして、やっぱり自分は新卒枠から外れてしまっているので、本屋に売っている就活本よりも役に立つなぁと感じています。
一番心に残ったのは「ニートは毎日暇でお気楽だと思われがちだが、実際将来への不安とプレッシャーで押しつぶされそうな職業である」というようなお言葉でした。
めっちゃわかるわー。
やっぱニートの気持ちはニートにしかわからんよな。
これが甘えだと言われたらそれまでなんですけどね。

モンハンはやっと集会所が上位にあがって、村クエもキークエのシェンガオレンまで来ました。
ほんとやり始めたらすっかりはまってしまって、楽しいです。
どんどん成長していく自分がわかるから楽しい。
でも結構つまることも多いのでそろそろ別のゲームもやりたい。
今やりたいゲームは「世界はあたしでまわってる」というゲーム」なんですけど、これ略称が「あたまわる」だそうです。
頭悪・・・w
体験版ダウンロードして面白かったのでこれは絶対買おうと思います。

いおりんは・・・。
ほんと好きなんです。
いおりんのことが好きすぎるんです。
だからディアリースターズは進んでないです。
どうしてもいおりんをやぶって自分が勝つことなんてできないわけです。
だって私はあくまでいおりんのPなのだもの・・・!
我ながら痛すぎてあまり細かいことはいえないけど、あのシナリオには納得いかないんだよ。
絵理ちゃんも好きではあるんだけど、私の一番はどうあがいてもいおりんなので、絵理ちゃんを勝たせるわけにもいかないの・・・。
おかげで絵理ちゃんAランクのひとつめの営業から話が進んでないです。

でもこの絵理ちゃんシナリオでは感動したところもあるんです。

そう、それはドームを満員に出来るほどのトップアイドル・伊織を見られるところ。
いおりんシナリオをプレイしているときは、どうしても伊織のPとして、または伊織そのものとして主観的に見ているので、こうして客観的にトップとしての伊織を見る事って言うのはないわけですよね。
あの私の可愛いいおりんが数万の観客を沸かせているわけです。
それを外から見られるわけです。
絵理ちゃんとロン毛はそこにしびれる、あこがれるわけです。
ああいおりん!
本当にかっこいいよ!!
いおりんのドームは世界一満杯だよ!!!

そんな感じで絵理ちゃんシナリオを投げて涼シナリオを始めてみてたんですけど、これはこれで放置気味です・・・。
涼シナリオはレッスン場でいおりんと会えるので毎回のようにいおりんに会いに行ってたんですが、全員と会わなければランクがあがらないようなのでなんか積んだ状態になっちゃったのよ。

でも涼シナリオは面白いね。

握手会にて。

ギャグメインだけど、夢子ちゃんとかいるしなかなかいいです。
夢子ちゃん、もしいおりんが釘宮じゃなかったら絶対にCV釘宮になってたと思う。
最初は真がヒロインポジションなのかと思ってたけど、夢子ちゃんっぽいよね。


まこちゃんひどい。


こんなに乙女なのにね。

涼シナリオでは響に会えました。

絵理ちゃんシナリオには貴音が出てきていたので、「涼シナリオには響がでてくるらしい」と聞いた時には「貴音が涼を見たらきっと一発で男なのがばれちゃうもんなぁ、だから響なんだなぁ」と思ってたんだけど、実際見てみたら響もすぐに涼が男だと見抜いてるっぽかったです。
恐るべし沖縄女。

最後に私の可愛いいおりんをはっておこうと思います。








いおりん可愛すぎる!
ぱっつんいおりんも可愛かったけど、私はやっぱりデコリボンないおりんが好きです。

ユニクロ 

November 02 [Mon], 2009, 23:55


秋冬はユニクロのタートルばっかり着るんですけど、ユニクロキッズのタートルの方が可愛いことに最近気が付きました
襟と袖口にトリミングがしてあるの。
こっちの方が安いしねぇ。

鳩山夫妻 

November 01 [Sun], 2009, 15:23


全くもって好きではないけど、なんか憎めないよね・・・。
こんなにネタになる人たちはそうそういないと思う。
電波なところとか、ネクタイのセンスの悪さとか色々衝撃だったけど、一番衝撃だったのはこの写真。




なんという夫婦漫才w
みゆきはともかく、ゆきお・・・。
ものすごくきれいなストレート七三だけど、あのチリ毛はテンパじゃないのかな?
お金持ちなのにまるでそれを感じさせないところが魅力ですよね。
かといって庶民には到底理解できない次元にいらっしゃる。
お好み焼きと太陽を食べ続けるとこうなってしまうんですね。


卒業 

October 31 [Sat], 2009, 14:49


そういえばもう1ヶ月以上前の話になりますが、無事卒業しました。
卒業式は出てないけど学位書だけもらってきたよ。
学校名隠してみたけどあんまり意味ないよね、これ。
でもいいや。もう卒業したんだし。

卒業できるか結構ドキドキしてたんだけど、前期に受けた授業はSとAでした。
まぁこれだけ長く通ってたらテストも出来るようになるよね(´ー`)
できれば両方S取りたかったけど、Aだった方は記述のテストで7問中5問しか書けてないような感じだったので、自分でもよくあれでAとれたなと思うくらいw
先生もさすがにオマケしてくれたのかなー。

しかし卒業してしまうと無職になってしまうという事実。
学生ニートからリアルニートにジョブチェンジ!

ライブ 

October 27 [Tue], 2009, 1:07
ちょっとライブに行ってきました。



上のチケットが22日の、下のチケットは27日のです。


22日はEルシードのワンマン。
ライブ後の焼肉に誘ってもらって、それに行きたかったからライブにも行きましたw
でも久しぶりに見たら楽しかった。
Rくんの成長っぷりには驚いた。
歌もうまくなってるし、何よりパフォーマンスができてる!動いてる!
煽りも、少なくとも「そこ〜空気読んで〜」というひどい煽り方はしなくなってた。
MCに関してもベースの人がしゃべれる人みたいでしっかりRくんのフォロ−に回ってたから安定してた。
上から目線の意見で申し訳ないけど、私の中でRくんのボーカルとしての評価はすごく低かったので・・・。
バンドとしてもSパリリの頃よりまとまりが出てたんじゃないかな。
それは若干寂しくもありました。
でも頑張って欲しいです。

うちあげも楽しかった!
久しぶりに会えた人もいたしね(´∀`)
ファンの子ばっかなのに私みたいなのが混ざってすみません
あとしゃしゃってすみませんw
ファンの方々、お疲れ様でした!


27日はイベントです。
出演はVィヴィッド、Sディ、Dレミ團、Kラ、Vィドール、Dィスパ、Jュアルkb、Pラでした。
チケットの値段は¥6,000。
会場は代々木体育館。
対バン自体はそれなりに豪華だと思うんだけど、平日のあの広い会場にこのチケ代。
何より週末にはここに出てるバンドも大半参加していたフェスがあったわけで・・・。
予想通り、ガラッガラでした。
まずスタンド席は開放してなくて、客席に使われたのはアリーナのみ。
そのアリーナもスピーカー前の両端のブロックは開放されてなかった。
さらに前後に二つのステージが組まれて順にライブを行う形だったので、アリーナ席の数も普段より少なかったんだと思います・・・。

どのバンドも必死に盛り上げようとしてたんだけど、最後までいまひとつ盛り上がりにかけてました。
あのスカスカ感じゃねぇ・・・。
なぜか全バンド共通で「すごくいい景色」「こんないい会場でライブをさせてもらって」っていうセリフを言っていたんだけど、なんか切なく聞こえるよ・・・!w
煽りについては特にJュアルkbは頑張ってたと思う。
出順は2バンド目で、座ってるお客さんを立たせようと必死になってた。
歯出様が一番ビジュアル系っぽい煽りをしてた気がするなー。
ラストのPラが終わってからアンコかかる声も小さくてお客さんがどんどん帰っていっちゃってたんだけど、そのときも歯出様がでてきて一生懸命お客さんの流出を食い止めようとしていました。
アンコ全然かかってなかったのに即効出てきたのは、きっと早く出ないとお客さんみんな帰っちゃうからなんだろうなぁ。
トリのPラが終わったと同時に聞こえてきたのは歓声じゃなくて静かな拍手だったし・・・。
こんな感じでとても切ないライブでした。
今回はMシャに誘ってもらってチケ代タダだったからよかったけど、これで¥6,000は悲しいよ・・・。

ところでライブ中もステージの後ろにあるモニターにリアルタイムでライブの映像が流れてたんだけど、それにしてはやたらたくさんカメラ入ってたので、もしかしたら映像化するのかなぁ。
主催フジテレビだし。
この客の入りじゃきついだろうなぁ・・・。


デザフェスでも白塗りバンドのライブ(と、Tリッキーのギグw)を見たので、とってもバンギャらしい週末でした。
すっかり忘れてたよ、自分がバンギャだってこと!

デザフェス 

October 24 [Sat], 2009, 0:10
デザフェス行ってきました。
今回もドレスハット買った(´∀`)
せっかくだから全部並べてみたよ。



はなやか!
テンションあがるね!

今回買ったのは手前の白いやつです。
これは布やリボンを細かく切って縫い付けてあるの。
ロリータよりは森ガールっぽいかも。

毎回毎回一応買う前にMちゃんに「これ買っても使うかな〜?」って相談するんだけど、結局いつも買ってます。
で、結局いつも使わないw
完全にコレクションになっちゃってます。
もうロリロリした服全然着ないからなぁ。
ほんと可愛いからすごく使いたいんだけど・・・。
唯一左後ろの大きなハットだけ使ったことあるくらい。

なんとかして使える機会を作りたい。

洋服その2 

October 21 [Wed], 2009, 23:13
こっちの洋服は全部Aモです。

最近Aモには全然行ってなかったんだけど、表参道本店が閉店になるって聞いて、今どんな服が出てるのか気になってAモ好きな人のブログとかを見て回ってたんです。
その中に一人、「本店だけじゃなくてブランド自体なくなるらしい」って書いてる人がいたの。
それが本当にショックで、大好きな本命バンドが解散するって聞いた時のショックに似てた。
「私この先どこに通えばいいの!?」的なw
でも多分今までどのバンドが解散発表した時よりもショックだったと思う。

それで閉店セールに行って服買ってきました。

結局ブランドをたたむわけではないらしくてよかったです。
借金してでも服買いだめするべきなんじゃないかと悩んだよ。
こんなに好みな服を作ってくれるブランドは他にはないと思うんだ。
長く続いて欲しいなぁ。


本店で買ったもの。

ベージュのワンピ。
これどうなってるのかというと、襟部分は付け襟で取り外しが出来ます。
下に何も着ないでこれを着るとびんぼっちゃまの気分を味わえます。
または変態紳士。
襟外してベアワンピにもなるし、あと一応肩紐も別で付いてる。
元々欲しかったやつだったからセールに残っててラッキーでした。
ボディコン的なラインで可愛いんだけど、若干ゆるいです。
ボイン度が足りない悲しさ。

ゆるいからベアでは着づらいし付属の肩紐はリボンで少し物足りなかったので、家にあったパールの肩紐をつけてみたらちょうどよかった。

Dィアマンテのキャミについてた肩紐なんだけど、色合いがピッタリ。



二色買いしたニットワンピ。
最初に右のピンクのワンピを本店セールで購入。
その後Aモ系列の雑貨屋さんの下北店も閉店するらしくセールをやっていて、覗いたら黒もあったので買いました。
本店でピンクを買った時、このワンピのお値段は約¥5,000でした。
それが下北店では¥2,000・・・。
そりゃもうひとつ買い足すよね。
うん、ピンクも¥2,000で売ってたけどね・・・。
セールってそういうものだよね・・・。


というわけでここからは下北店で買ったもの。
ものすごく安かった。


この超可愛いワンピも¥3,000でした。
安すぎてこっちが戸惑うよー。
欲しかったものだからよかった。
これ実は後ろに小さくシミのあるB品でだからこんなに安かったんだけど、言われてもわからない程度のシミだった。



あとはボレロと小物類。
ボレロは¥1,000だったからつい。
アクセは右のバレッタが¥1,000で、残りの二つはAモのノベルティでひとつ¥300です。
バレッタは同じモチーフのピアスとネックレスを持っているので、あわせようかなと思って。
中央はラナンキュラスとパールのヘアゴム、左はファーとリボンのカチューシャです。
中央のはもらいそびれてたし、左のはピンクを持っていてすごく可愛かったから赤も買ってみた。
ヘッドアクセがどんどん増えるー。


下北店のセールではワンピ2着にボレロ1着、アクセを3つ買って約¥8,000でした。
安すぎてなんか嬉しいの通り過ぎてショック・・・。
好きな服なのにたたき売りされてる感じがしちゃうのかな。
私も定価で買わなかったから今買ってるんだけどねぇ。
P R
2011年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像ミサ
» 98年に戻りたい。 (2011年02月06日)
アイコン画像S谷
» 2! (2010年07月24日)
アイコン画像モンクレール
» デザフェス (2010年06月24日)
アイコン画像
» あたまわるっ (2009年12月01日)
アイコン画像
» デザフェス (2009年11月03日)
アイコン画像ミサ
» デザフェス (2009年11月01日)
アイコン画像
» デザフェス (2009年11月01日)
アイコン画像ミサ
» デザフェス (2009年10月29日)
アイコン画像
» !! (2009年09月25日)
アイコン画像
» !! (2009年09月24日)