今年もオヒマイ。

December 30 [Fri], 2011, 17:31
フンっとに今年はヒドイ年だった、
3.11を皮切りに公私共にヒドイことばっか。
談志師匠の逝去で打ち止めかと思われたのだが、
師走に入りアタシの父親が入院…全くシャレにならない…。
極楽とんぼのアタシも流石に落ち込んでいるよ。
このヒドイ年もじきに終わるが、来年が素ん晴らしい年になるかも?
と思いつつも素ん晴らしくなる根拠がチィとも見つからない。
こんな状況では土台無理ってえスンポウよ。
少なくとも日本が沈没しないように願うだけだよ。

来年は辰年か。なんでえアタシャ年男じゃねえか!36歳の。←ウソ。
じゃあ、やっぱしホンのちょびっとだけお願い。
来年は今年ほどヒドイ年ではありませんように。
スノードームに願いを込めて。

年末にこんなクッダラねぇブログ見てるとホントにバカになるぞ!

キミはどこから来たの?

December 27 [Tue], 2011, 20:54
ここの所のアタシの休日の過ごし方は朝6時前後に起床。
車で東上野の燕湯に行き、朝風呂。
その後、家で朝食を取り、再び車に犬達(ロックはサボる場合あり。)
を乗せ上野公園に行き、小一時間ほど散歩。
帰宅後、11時半を見計らい餃子の王将で昼食。
満腹で家に戻るとパンクに再び「外に連れて行け!」とせがまれ、腹ごなしに自転車の前かごにパンクを乗せ、再び、上野公園へ。
その帰り道に上野動物園の西園の脇を通るのだが金網のフェンス越しに馬が見えるのよ。馬で思い出したが、件の「どや?娘」近々、母親の持ち馬のサラブレットの事を「どや?」るぞ!相違ない。で、話を戻すと、そのフェンスの際に自転車を止め、前かごの中のパンクに馬を見せると切ない鳴き声を出すのよ。その声に呼応するかのように今まで遠くでソッポを向いていた馬が寄って来てフェンス越しにしばしお見合い。
お互いに言葉は発しないものの(当たり前だ!)まるで目と目で通じ合って「キミはどこから来たの?」なんて話しているみたい。

その後、谷中銀座の越後屋酒店前で生ビールで鼻の下を濡らし、
帰宅後、ハンモックで少しうたた寝。
夕暮れ時を待ち、地元の雲翠泉か帝国湯で再び入浴。
その帰り道にいなげやでお買い物。
そして夕食を作り愚妻の帰りを待つ。
見かけに依らず、牧歌的な休日の過ごし方でしょ?ボク。

ワイルド7

December 23 [Fri], 2011, 20:47
アタシはバイク乗り(近所しかうろつかない、冬場は寒くて乗らないゴキブリ・ライダーだが。)だが、バイクに興味を持ったきっかけは小学生の時に観た「仮面ライダー」と「ワイルド7」なのだ。
「仮面ライダー」は周知の通り、有名で説明不要なのだが、「ワイルド7」は少年雑誌の中でもマイナーな「少年キング」に連載されていたバイクアクション漫画で短い間だったがTVで実写化されていたのだ。内容はヒドかったが…。

その「ワイルド7」が映画化されると聞いたのが1年ほど前。
主役の飛葉役を瑛太が演じるとのことで、いささかの不安を感じながら完成を待ち、そして公開。原作はかなり血なまぐさい内容なのに観客は若い女性が多かったなあ。これが瑛太の効果なのかな?その他にはアタシと同年齢位や、やや年上のライダースのレザージャケット着用(つーか、ジャケットに着られている。)のリアル・ワイルド7世代のおぢさんがやや見受けられましたよ。
で、映画の内容は…思った以上に瑛太の飛葉役はハマっていて、お金をかけただけあってアクションシーンやモブシーンも見応え充分で、予想を裏切りそこそこ面白かったですよ、そこそこ。残念なのは原作の持つオリジナリティーの良さ(メンバーの個性や彼らが警視正の地位だとか)を生かし切れていないな。そこそこ良かったけど、でもこれはワイルド7ではないよ。
「守りたいものがある。守り抜きたい人がいる。」なんて安っぽいフーニャン?あっ、そうそうヒューマンな意味づけとかを日本映画って何でしたがるのだろう?ワイルド7だって思わなきゃそこそこの映画ですよ、そこそこ。

何で、両国や八百がいないんだよ?モドキはいたが。
そう言えばヘボピーも、ありゃないよな。

スポーツ関連のスノードーム2種。

December 21 [Wed], 2011, 18:30
森田芳光監督逝去…享年61歳、あまりにも早すぎる。
今夜は森田監督の商業映画デビュー作でアタシが大好きな
「のようなもの。」・クリック!を観て喪に服します。
「30過ぎの芸者衆と40過ぎの浮気男が向島の一つ屋根の下で寝ている。志ん魚、志ん魚…。」
全く、今年はなんちゅう年だ。早く、この忌まわしい年が明けてもらいたいよ。来年が素ン晴らしい年だと言う根拠は全然無いのだが。

で、アメリカのスノードーム・コレクターのマイケルとトレードしたスノードームがようやく届きました。今回のコッチのタマは「二十四の瞳」と「黒部アルペンルート」
そして、せしめたスノードームは…

ヴィンテージの野球関連と来年のロンドン・オリンピックのスノードーム。

マイケル曰く、1950年代のスノードームとのこと。
バットを構える少年が「具」なので野球関連だと思うのだが、詳細は不明。

そして、来年のロンドン・オリンピックのスノードーム。
ブルーのベースとバックのランダムなラインが美スィ。
この他にも色々な種類のスノードームがリリースされているのでしょうか?

これからもレアなスノードームを入手する手立てとして海外トレードは必須なのですが、ゲエズン好みの日本のスノードームがここの所、枯渇気味です。どなたか販売情報があれば教えて下さい。



エポック社のニューバスケットゲーム

December 18 [Sun], 2011, 20:26
つー訳で70年代少年倶楽部の部員です。(楽屋オチ。)
最近、子供だった頃の夢を良く見るんだよな。
2度と戻らない、懐かしい風景、懐かしい物、そして懐かしい人たち。
目が覚めると切なくなり泣きたい気持ちになるよ。
俺も歳喰った証拠だな…。

つー、スンポウで「黒いピーターパン(笑)」の物置から、
またまた懐かしいゲームが出てきました。

ワリと流行ったゲームなので憶えている人も多いはず。

箱書きにタイプライターシステムとうたっている通りに、数字のボタンを押すとドーム内の同じ数字が描かれている駒の金具が飛び出しボールをはじき出し、相手のゴールにボールを叩き込むってえスンポウよ。
まあ、遊ぶのは鼻水垂らしてヨコチン出した下町の子供だから、お互い全てのボタンをピアノの鍵盤よろしくガシガシ叩いて、偶然に相手のゴールにボールが入った方が勝ちという乱暴で訳のわからないゲームですよ。

ワーゲン・ビートルのスノードーム。

December 16 [Fri], 2011, 8:01
コアなスノードーム・マニアはご存じだと思う逸話だが、
ワーゲン・ビートルのリア・ウィンドから見た風景をヒントに、
現在最もポピュラーなスノードームの形状のオーバル型が生まれたのだよ。
従って、スノードーム・キ〇ガイのアタシの愛車はワーゲン・ニュービートルなのだよ。てな、スンポウでビートルのスノードームを長い間探しています。有りそうだが、なかなか見つからないビートルのスノードーム。
3年ほど前に海外コレクターとのトレードで、ワーゲン・ポロのスノードームは手に入れたのだが、

やっぱし、ビートルのは見つからない。

それが少し前に海外のオークションに出品されていたのよ。
エゲレスからの出品で4・3ポンドで落札、送料は3・5ポンドで合計で日本円1000円足らずのお買い物。アタシにとって円高はありがたいわァ!
で、落札後二週間たっても届かない。
クリスマス・シーズンは国際郵便は大忙しで配達まで時間がかかるのよ。
ヤキモキしましたが、先週末にやっと届きました!


ポロのに比べて2Dで大分安っぽいけどよォ!
フォルクス・ワーゲンのロゴが入っていないからパチモンだな、こりゃ。
でも、車体が赤だけではなくて、いろんな色があればカワイイなと思いました。おひまい。

湯フェスVOL.6@ふくの湯

December 13 [Tue], 2011, 20:55
へさべさにイベントに出展です。
12月17日(土)に千駄木の「ふくの湯」東京都文京区千駄木5−41−5
のリニューアル・イベントの「湯フェスVOL.6@ふくの湯」の物販コーナーでトーキョースノードームの「TOKYO銭湯」をダラダラと売ります。
肝心のイベントの内容はつーと、日本に二人しかいない銭湯ペンキ絵師の丸山清人氏と中島盛夫氏のペンキ絵の生実演を庶民文化研究家の町田忍氏が実況解説し、オマケにアフリカンダンス&パーカッションが咥える…違う…加わるという、(すわ、ジャングル風呂のイメージか?)テンコ盛りの内容!その他、カフェなどの出店もあるのでヒマだったら来てくれや。
差し入れ、据え膳大歓迎!入場料はロハ(無料)だし。
詳しくは【湯フェスVOL.6@ふくの湯開催のお知らせ】・クリック!まで。

金沢のYさん製作のスノードーム。

December 11 [Sun], 2011, 17:27
久しぶりにクールラッシュのお客さんから、オリジナルのスノードームの画像が届きました。
製作者は金沢在住のYさん。女性建築家の方です。
女性建築家というと何かシャレオツなイメージですね。
トレンディードラマの主役の職業みたい、演じるのは米倉涼子あたりで。
‥いや、こっちの勝手な思い込みですけどもね。

まず、こちらは以前流行った「チョコエッグ」の動物フィギュアを使ったスノードーム。タイトルは「ひそひそ話」。
このフィギュアの大きさはスノードームにピッタシで、アタシも同じブルテリアのフィギュアでスノードームをこさえたことがあります。Yさんのはブルテリア&ウェルシュ・コーギー。2体のフィギュアの配置に建築家としての「こだわり」が垣間見えるようです。


そして、こちらが「クマやるのもつらいよ。」
このスノードームで使っているタワー型のキットは中に入れる「具」のサイズの選定が難しく、ワリと使い勝手が悪いのよ。でも、ピッタシのフィギュアを良くぞめっけましたね。Yさんのブログによると、これはガチャガチャのストラップだそうです。全く最近はガチャガチャや食玩のフィギュアは侮れませんね。
Yさんはまだこれからも製作を続けるそうです。
次回作も楽しみにしています。

Yさんのブログidea-HTDのI Love Movies!・クリック!

喀痰

December 09 [Fri], 2011, 18:27
チツはアタシは喫煙者である。
この十数年間は外で酒飲んだ時にしか喫わなかったのだが、
今年の春くらいから仕事中に限って1日5〜7本ほど喫う様になってしまった。喫うのは会社にいるときだけで家では喫わない、休日も喫わない。
仕事中だけ、ストレスを感じて喫ってしまう。

近年では禁煙マナーが高まり、皆さん喫煙には気を使うようになった。
駅のホームや駅前がキレイになり、良いことだと思う。
しかし、禁煙マナーは向上したのに喀痰マナーは向上しないのだろう?
あの、「くかァ〜ッ!」と周囲に響く不快な音の後に路上に発射される粘々した不愉快な流体。
道路上に放置されたその流体はハッキリ言って、タバコの吸い殻よりタチが悪いよ、特に踏んでしまった場合などは。
何で、行政や自治体は喫煙マナーは声高に叫ぶのに喀痰マナーはほとんど叫ばないのだろう?不思議だ。
調べたら、痰を道路等の公共の場で地面に吐き出すことは軽犯罪法で明確に禁止されている。ましてや、痰から感染を引き起こす疾患もあるそうだ。
まあ、タバコで言えば副流煙みたいなモンだな。

この前、庶民文化研究家の町田忍氏と話して盛り上がった話題が「痰壺」
昔は公共の場所のここそこに「痰壺」が置かれていたよ。
確か、今でも美容室や理容室には設置が義務付けられているハズ。
まあ、その義務はほとんど有名無実だが。
白いホーロー挽きで、すり鉢状の蓋がついている「痰壺」
コーヒーカップより、やや大きめのサイズなので命中させるのは至難の業だっただろう。コツがあるんだろうな。
同席していた妙齢の女性が意外にも、この「痰壺」の存在を知らなかったのが不思議だったな。
しかし、流石の町田さんも「痰壺」の蒐集はしていないみたい。(笑)

で、話を戻すが喀痰は立派な軽犯罪。
「くかァ〜ッ!」の後はゴックンと飲み込んでください。


ボクが踏んじゃうから喀痰は止めておくれよオ!

クリスマスのスノードーム

December 06 [Tue], 2011, 20:03
スノードームと言えばクリスマスを思い出す人は多いハズ。
最もスノードームが店頭に並ぶのはクリスマスシーズンだからだろう。
アタシは根っからのヒネクレモンなのでシャレオツなクリスマスのスノードームにはあまり興味が無いの。(とか言いつつも結構な数を所持しているが…。)で、この時期は海外のオークションでもクリスマスのスノードームは多く出品されているのだが、その中でもチト珍しいビンタゲ(vintage)物が出品されていたので落札しました。

7個一緒の出品で、かなりリーズナブルなお値段で落札できました。
クリスマス物と言いながら「リス」が混ざっていますが…。
何が珍しいか?つーと。

クリスマ・スツリーと天使のスノードーム。
コレは東西冷戦時代の西ドイツ製のスノードーム。
通常、スノードームのプラグはベースの底にあるのが一般的なのだが、ドイツ製のにはドームのてっぺんにあるのがタマに見受けられるの。でも、この形状(かまぼこをスライスした様な形。)はアタシも初めて見る形状なのよ。でも、残念。肝心のプラグは接着剤で固定されていました…。

それと、もひとつ。

キリスト誕生のTV型のスノードーム。
例によって「ボッチ」がひとつ外れている。
同じタイプのクリスマス・モチーフのは数個持っているのだが
キリスト誕生のシーンのがあったなんてチィとも知らなかったよ、
洋書にものってなかったしィ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒデ
読者になる
ウェブでスノードームショップをやっています。COOL・RASH
親の因果は特に次男に報うらしい。
いつでも風呂上りの様な気持ちイイ顔をしていたいと思う。
金も無いのにあるよな素振り…。
名もなく、貧しく、イヤラしく。
現世でやれることは来世でやれば良い。大切なのは今日一日をどうダラダラ過ごすかってことだべ。
吹けば飛ぶような男だが…。
小さな親切、大きなスケベ心。
男は船で女は港…
そしてオイラは沈没船。
イイ歳コイても「チン・マン・ウン」の話が大好き!
言いたいことがあるのならラップで言え!
子供の頃の得意技は電気アンマ。大人になってからの得意技は…内緒。
黒いピーターパン。
死刑廃止論者から殺せ。
やっぱり、アナタしかいない…。と全ての女性に言われたい。
「草食系男子」なんて糞喰らえ!
俺は「腐肉食系(ハイエナ)男子」だ!
一人酒場で飲む酒に帰らぬ昔が懐かしい。
かけた苦労は倍返し。
見た目ほどスケベではないと思う。
据え膳はオカワリしてまでも喰う。
丹古母鬼馬二原理主義者
武家の出なのでいざとなれば辻斬りはするかも知れないが窃盗はしない。(と思う。)
極端に幸福の基準が低い。
出された御飯は残さず食べる。
見かけに依らず、内向的で人見知りをする。
出掛けるとすぐ家に帰りたくなる。
穴を見ると棒を突っ込みたくなる。
外食で行く店のバリエーションが少ない。
長年使っている自分の携帯番号が覚えられない。
スポーツをする訳ではないので、休日などにジャージは着ない。
本屋に行くとお腹が痛くなる。
(この現象を青木まりこ現象と言うらしい。)


月別アーカイブ
2011年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31