映画のチラシ

November 30 [Wed], 2011, 20:27
最近は映画のチラシを集めてる人は少ないのかな?
アタシが中坊の時はチラシ集めにハマったなあ!
毎週、映画館に通ってはチラシ集めに専念していたよ。
当時、有楽町の交通会館の地下に特別鑑賞券やチラシを売っている店もあったし、銀座の不二家の裏手に映画の予告編ばかりをロハ(只・タダ)で観せてくれる場所(確か、銀座シネサロンと記憶している。)もあったのだよ、今から30年以上も前の話だが‥‥。
ちょっと前に物置の整理をしていたら、当時集めていたチラシ・コレクションが出てきました。勿論、その時点で整理は中止。早速、見返してノスタル爺ィと化しました。

竹山ひとり旅と戦艦ポチョムキンの2本立て。
なんちゅう、組み合わせだろう。

格調が高い岩波ホールで上映された2作品。
「惑星ソラリス」はその後、「スターウォーズ」公開と同時期に日劇文化で「戦艦ポチョムキン」と2本立てで上映。当時、それを観たアタシは「スターウォーズ」より、イイと思った。「惑星ソラリス」は今でもSF映画のマイ・フェバリット映画、アンドレイ・タルコフスキー監督なので前半はかなり、カッタルイが。

今じゃ考えられないが、原田真二のドキュメント映画もあったんだぜ。
「てぃーんず・ぶるーす」は名曲だと思う。
今でもアタシはたまに鼻歌で口ずさむ。

いつの間にか、公開されていたフェラ・フォーセット・メジャースの「サンバーン」当時は、この食い込みの中身が気になり勉強が手に付かなかった。
勉強なんてハナっから、しちゃいねえけどよォ!

「エイリアン」はその後、何作も製作されて終いにゃ「プレデター」と戦うなんて夢にも思わなかったよ。

ジェーン・フォンダの「チャイナ・シンドローム」
この映画で初めてメルト・ダウンなる言葉を知った。映画の中の話ではなくて、まさか、日本で起きるとは思わなんだよ。

まだ観ぬ、傑作日本映画「ダイナマイト・どんどん!」
まだまだ、紹介したいのが沢山あるが今日はこの辺で勘弁してやる。

スノーウィ

November 27 [Sun], 2011, 19:17
12月1日公開だっけ?「タンタンの大冒険」は。
アタシはこの映画の公開を前々から楽しみにしているのだよ。
別にスピルバーグには期待はしていないのだが、楽しみにしているのはタンタンの相棒の犬のスノーウィ。スノーウィの犬種はウチのパンクと同じワイヤーフォックス・テリアなのだよ。

ってなスンポウで少し前に愚妻が原宿のタンタン・ショップでスノーウィのぬいぐるみを買ってきました。こうして並べてみると到底同じ犬種とは思えない。パンクはオヤツを減らし少し痩せさせたのだが、最近ではブルテリアのロックの餌の食べ残しを貪り喰うほど食欲旺盛で結局元通りに…。
この巨大ワイヤーフォックス・テリアに何か対策を考えねば。

前売り券を買うとストラップがオマケで付いてくるというので買いました。
う〜ん、早く観たいなあ!

立川談志師匠逝去。

November 23 [Wed], 2011, 16:24
大分ツィッターなどで情報が錯そうしていて、半分信じていなかったけど先ほどNHKで発表されました。以前から病状が思わしくないと伺っていましたが、よりによってこんな年に亡くなるなんて。

少し前に、このブログで近年で今年ほどこの国にとってヒドかった年は無かった、あと、2か月でこれ以上の災いが起こらぬように祈るばかりだよ。
と書いたのだが、今年も残すところ、1か月半を切ったトコでまさか最後っ屁のように談志師匠が亡くなってしまうとは…
…そりゃないよ、あんまりだよ、ヒドイよ。

アナタの問題(?)発言の数々はアタシの心の琴線を震わせ、その多くは心の奥深くに刻み込まれております。もう、2度とアナタのような方はこの世には現れないでしょう。それほどまでもアタシにとってアナタは唯一無二の存在でした。アナタが愛してやまなかったF・アステアが亡くなった夜、アナタが泣き続けたようにアタシも今夜は泣き続けることでしょう。

アタシャ、前から談志師匠が亡くなったら3年は喪に服すぞ!と公言しているので、早速今夜からHDに録り貯めた談志師匠の映像を観て喪に服そうと思います。その次には著書をすべて読み返し、延々と喪は続きます。
立川談志師匠、今まで楽しませていただき、ありがとうございました。
心からご冥福をお祈りします。


20年近く前に録った「植木等DX」
植木等さんと談志師匠の対談は何度観ても腹を抱えて笑ってしまう。
この録画は3日前に観たのだが、その翌日に亡くなっていたとは…。
この上、毒蝮三太夫と財津一郎が亡くなったら一生喪に服すぞ、アタシャ。

恋の罪

November 20 [Sun], 2011, 8:22
言葉なんかおぼえるんじゃなかった
日本語とほんのすこしの外国語をおぼえたおかげで
ぼくはあなたの涙のなかに立ちどまる
ぼくはきみの血のなかにたったひとりで帰ってくる。



前作の「冷たい熱帯魚」では埼玉愛犬家殺人事件をインスパイアし、
今回の「恋の罪」では東電OL殺人事件をインスパイアした園子温監督。
「冷たい熱帯魚」はここ数年の日本映画でアタシの中ではNO1ですよ。

実はアタシ、チト前に佐野眞一・著「東電OL殺人事件」(文庫本版)を読了したばかりなので期待を持って観に行きましたよ。アタシは夜の顔が「売春婦」だった東電のエリートOL(劇中では大学准教授)がストーリーの中心となると思っていたのが、あにはからんや、それは思い違いでメイン・ストーリーのサイド・ストーリー的なモンで、チト、肩透かしを食らった感が…。

渋谷・円山町の廃墟のようなアパートの一室で見つかった猟奇的な変死体。
この事件を担当する不自由ない家庭を持ちながら不倫に走る女性捜査官。
人気恋愛小説家の夫に仕える貞淑だが、墜ちていく妻。←本当の主役。
昼は大学の准教授、夜は売春婦の二つの顔を持つ謎多き女性。

小説家の妻が件の准教授の職場(講義)を訪れる場面で冒頭の詩(田村隆一・帰途)が語られる。この詩は女性が墜ちていく重要なキーワードで劇中では幾度か繰り返される。
だが、しかし、だ。
あまりにもこじつけ過ぎてアタシの中では全然共感出来ないのだよ。
まあ、「東電OL殺人事件」とは丸っきりの別モンと考えれば良かったのか‥。
サイド・ストーリーが多すぎて多少散漫になった感は否めないが、二時間半ほどの上演時間を感じさせない、そこそこ観せてくれる映画でしたよ。
相変わらずのザラザラ感も良かったァ。
来年公開予定の「ヒミズ」も期待大です。

余談だが、主役級の3人の女優さんの脱ぎップリが大変良い。
水野美紀はホンの少しだったが…。
今まで気に留めていなかったのだが、アタシが映画の中でバーケー(ヘア)を見たのは初めてではないのだろうか?
この映画ではバーケーはおろか、「具」まで見えてしまうのではないかと思いましたよ。



ラスト・ステテコ

November 18 [Fri], 2011, 18:51
地球温暖化の所為か今年はキチ〇イじみた暑さだったね、
10月末までアタシャTシャツ1枚で過ごしたよ。
しかし、11月も半ばになると流石にチト寒いね。南国気質のアタシでも朝晩の家の中で ステテコ&ダボシャツ姿では辛いモンがある。
つースンポウで今年のステテコ姿も昨日でお終い。
チト寒かったので上着を着用させてもらったけどよォ。
シアワセのレモンサワーでお別れを告げました。
さらばステテコ、また来年もヨロシクね!

最近のレモンサワーのお供は「チューハイの友」

ンマイんだこれが!
しかし、この皮はどうやってムイているのかしら?

ベトナムのスノードーム。

November 15 [Tue], 2011, 21:07
年老いたがアタシとは正反対で遊んでばかりいる両親のオミヤです。
ちなみにアタシが子供の頃は「遊んでばかりいるとバカになるぞ!」と両親によく言われたモンです。

チツはベトナムはスノードーム不毛の地。
今まで多くのスノードーム・マニアの猛者がエロエロ探し回っても、決して見つけ出せなかった、いわく付きの国なのよ。
そんな国で年老いた両親にスノードームを探させるのはチト酷かな?と思いつつ、「簡単に見つかるから!」とヒツこくリクエストしておきました。
しかし、ベトナムの行く先々で探したが見つからなく、国内線の乗り継ぎのダナン空港内の売店でやっと見つけたそうです。
それがこの2つ、「鳥」と「コビト」(笑)。


この鳥の名前は分からないのだが、スノードームになる位だから
もしかしたらベトナムの国鳥?ご存知の方がいましたら教えて下さい。


そして、コビト。何でベトナムでコビトだかは謎である。
ちなみにコビトは漢字表記だと現在は差別に当たるそうだよ。
しかし、その反対語の「巨人」はOKだそうだ。
それは何故か?と尋ねたら‥‥‥‥
読売ジャイアンツ(巨人軍)が絡んでいるそうだ。
ナベツネがここでも暗躍しているのかもね!
♪かもね、かもね、SOかもね!100%SOかもね!
どや?スノドおぢちゃんのゲス勘(ゲスの勘繰り)情報や!
母が馬主として関わる馬は10頭ほど‥おっと、イケない。
そんな、どや?は洒落にならない…。(楽屋オチでスミマセン。)


このコビト、仕掛け付でベースの下のポッチを押すと軽快な歌(ベトナム語?)が流れ光が色を変えて眩く点滅するのだよ。(接触が悪くて光らない時があるけどよォ。)


何はともあれ、不肖の息子のためにスノードーム不毛の地のベトナムで
2つも探し当ててくれた両親に感謝!ありがトン!

ビフォア・アンド・アフターとエッフェル塔のスノードーム。

November 13 [Sun], 2011, 8:33

アメリカのスノードームコレクターのアンディとのトレードで入手しました。今回のこちらのタマは「二十四の瞳」と「黒部アルペンルート」



マッチョな自分を鏡の中に見る痩せ男。
まるで、昔の雑誌のブルーワーカーの広告の様だよ。
このスノードームは女性版もあるのだよ。


こちらはスリムな自分を鏡の中に見る、かなり太めの女性。
ユニークなスノードームを作るENESCO社のプロダクト。


そして、おフランスはエッフェル塔のカレンダー・タイプのおスノードームざんす!シェーッ!
流石はおフランスのスノードームなので曜日の表示もおフランス語ざんすよ。それにしてもバックのトリコロール・カラーがシャレオツざんすね!
今回は可もなく不可もないお取引ってえオスンポウざんしたよ。

未来ちゃん。

November 10 [Thu], 2011, 18:52
一点を見つめ一心不乱にケーキをパクつく女の子に魅せられて、前々から買おう買おうと思っていたのですが、ついつい買いそびれてしまい久しぶりに行ったお茶の水のビレッジ・ヴァンガードに見本があり、パラパラと見てみたら…想像以上に素ン晴らしい写真集!
平積みにされていた本の上から3番目を抜き取りレジに走りました。

佐渡島に住む未来ちゃん。七五三の写真から3歳と思います。
何ていうのかな、未来ちゃんの持つ表情の豊かさ。
泣いて、笑って、怒って、オマケに鼻水垂らして。
そして、垣間見せる物憂げな表情。
どの表情も素晴らしい!
アタシの子供時代はこんな女の子が路地裏のここそこにいたよ。
現代の子供が決して持ち合わせていないノスタルジーを感じさせる未来ちゃん。今、売れっ子の子役の女の子なんてマヤカシだよ。

佐渡島の素朴な日々の中で暮らす純朴な未来ちゃん、その表情を見ていると、アタシの心の中の柔らかい部分に何かが触れて涙さえ出てくるよ。
こんな未来ちゃんみたいな子がそばにいたら、アタシは何だって強請られてもホイホイ買い与えちゃうよ!この子のためだったら何でもしてやりたい!つー気持ちになるだろうな。
未来ちゃんはこのまま、真っ直ぐにスクスク育っていくのだろう。
数年後の未来ちゃんも見てみたいな!

七五三の思ひで

November 07 [Mon], 2011, 20:56
ミルキーの千歳飴はンマイね、歯の詰め物が取れそうで怖いけど。

少子化の影響もあるのか、七五三の衣装が年々と派手になっているような気が…。特に長男、長女の場合はお金をかけるのだろうね。
皆、競う様に煌びやかな衣装をガキ‥違う‥子供に着せているが、今は衣装はほとんどレンタルなんだろね。
七五三でアタシが思い出すのは「ブレザー」。
5歳の七五三で買ってもらった「ブレザー」がその後、何年にも渡って大活躍(?)したのだよ。小学校の入学式、親戚の結婚式など祝儀不祝儀に。
ご存じのように子供の成長は早い。5歳の頃にはピッタシだった「ブレザー」も小学校に上がる頃にはツンツルテン。その位だったら、しょうがアンめえと思っていたが、その後も事あるごとに無理矢理に着せられて最終的にはドリフのコントの衣装の様だったよ。まあ、昭和40年代中ごろの下町の町工場の出来そこないの次男坊の七五三の衣装なんて、そんなモンですよ。

ピッタシだったおブレザーが…

ツンツルテンに。この後も2年ほど着用させられる。

2012 スノードーム・カレンダー

November 05 [Sat], 2011, 8:35
今年もあと2か月を切ってひまった‥。
近年で今年ほどこの国にとってヒドかった年は無かったね。
あと、2か月でこれ以上の災いがこの国に起こらぬように祈るばかりだよ。
ってな訳でクールラッシュ恒例のスノードーム・カレンダーが出来上がりました。ホントは愚妻の美容室のカレンダーでその時の気分でスノードームを素材にするんだけどよォ。
チツは今年のカレンダーの写真は使いまわしのが多くて、校正の時間も無くトリミングの仕方やデザインなどでアタシとしては不満が多かったのですが、今回は全て撮り下ろしで自分でも納得できるものが出来ました。

等と言いつつ、ホントはいつもの「やっつけ仕事」でチャッチャッチャッと撮って、イッチョ上がりッ!ってなモンで済ませたんですけどね。
カレンダーはHPからご注文頂いた方にもれなく差し上げてますので、ヨロチクね!


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒデ
読者になる
ウェブでスノードームショップをやっています。COOL・RASH
親の因果は特に次男に報うらしい。
いつでも風呂上りの様な気持ちイイ顔をしていたいと思う。
金も無いのにあるよな素振り…。
名もなく、貧しく、イヤラしく。
現世でやれることは来世でやれば良い。大切なのは今日一日をどうダラダラ過ごすかってことだべ。
吹けば飛ぶような男だが…。
小さな親切、大きなスケベ心。
男は船で女は港…
そしてオイラは沈没船。
イイ歳コイても「チン・マン・ウン」の話が大好き!
言いたいことがあるのならラップで言え!
子供の頃の得意技は電気アンマ。大人になってからの得意技は…内緒。
黒いピーターパン。
死刑廃止論者から殺せ。
やっぱり、アナタしかいない…。と全ての女性に言われたい。
「草食系男子」なんて糞喰らえ!
俺は「腐肉食系(ハイエナ)男子」だ!
一人酒場で飲む酒に帰らぬ昔が懐かしい。
かけた苦労は倍返し。
見た目ほどスケベではないと思う。
据え膳はオカワリしてまでも喰う。
丹古母鬼馬二原理主義者
武家の出なのでいざとなれば辻斬りはするかも知れないが窃盗はしない。(と思う。)
極端に幸福の基準が低い。
出された御飯は残さず食べる。
見かけに依らず、内向的で人見知りをする。
出掛けるとすぐ家に帰りたくなる。
穴を見ると棒を突っ込みたくなる。
外食で行く店のバリエーションが少ない。
長年使っている自分の携帯番号が覚えられない。
スポーツをする訳ではないので、休日などにジャージは着ない。
本屋に行くとお腹が痛くなる。
(この現象を青木まりこ現象と言うらしい。)


月別アーカイブ
2011年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30