ギリヤーク尼ヶ崎 青空公演  於・新宿三井ビル前広場

October 12 [Mon], 2009, 20:39
スラム地区生まれのアタシには結界があるようだ。
山手線で言えば日暮里から外回りだと有楽町、内回りだと池袋まで。何故だがその先には足があまり進まない。
しかし、この3連休は新宿に2回も行っちゃった。1回目は件の東京銭湯ナイトで2回目の今日はギリヤーク尼ヶ崎青空公演。

ギリヤーク尼ヶ崎氏をこのブログを見てる人で知っている人はどれだけいるのであろう?
ギリヤーク尼ヶ崎氏は舞踏家で大道芸人なのよ。
よく路上パフォーマンスを足掛かりにメジャーを目指す人は多いのだけど、彼は違う。
元々は俳優を目指していたそうだが「なまり」が強くて断念。舞踏家として活動。そして30代で大道芸に転向。
現在、79歳のご高齢だが今まで俗に言う「おひねり(投げ銭)」のみで生活をしてきた正真正銘の大道芸人なのである。実際、「おひねり」だけで生活できるようになったのは60歳を過ぎてからだそうだが…。
その芸風は津軽三味線の旅芸人をモチーフとした独自の「鬼の踊り」
確か、十数年前に読んだ本では母親と二人暮らしだったのだが、年老いた母を「おひねり」だけで養うとはそんじょそこらの芸ではないだろう。映像では彼の舞踏は何回も見ているのだが、生で見るのは初めて。
通年、この時期に新宿で青空公演をやっているのは新聞等で読み知ってはいたのだが、何せ結界が…。
てな、訳ですがエイッ!ヤアッ!トウッ!で行って参りました。


2時の開演時間から15分ほど遅れて尼ヶ崎氏が登場。観衆の前で衣裳の準備を始める。

オープニングは「じょんがら一代」

赤褌一丁で踊る「念力」 下に散らばっているのはゴミじゃないよ、「おひねり」だよ。

観客を巻き込んで舞う「よされ節」
珍しくコミカルな舞でした。踊っている人達も楽しそう。



そして、クライマックスは代表作の「念仏じょんがら」
凄い迫力!会場内を走り回り冷水を浴び、身をよじらせての大熱演。
人間の持つドロドロとした情念、怨念、土着性、そして因果…その他諸々がカオスになった様な舞いだ。(…のような気がした。)思わず目頭が熱くなりました。

公演後、多くの観客が彼の元に集まり労いの言葉を掛けていました。
それに応え、「あと9年、88歳の芸歴50年まで踊り続ける!」彼はそう言ってくれました。
路上に生きる大道芸人、その本物だけが持つ「魂」を垣間見た気がしました。
どの世界でも「本物」はスゲエや!






円朝まつり

August 10 [Sun], 2008, 19:14
今日、8月10日は谷中の全生庵で「円朝祭り」が行われた。
知らない人に簡単に説明すると江戸から明治の時代に活躍した落語家、
「三遊亭円朝」の法要をしてコレクションの幽霊画を公開したり
落語家が出店をやったりするお祭りである。
アタシは落語家は「立川談志」と「川柳川柳」以外はあまりスキじゃあないけど
気が向いたら行くことにしている。
馬風、金馬、円蔵、歌丸、扇橋師匠‥。皆さん随分お年を召されました‥。


境内とその付近では落語家の皆さんの出店が大にぎわいです。
数年前からテレビドラマの影響で女性の落語ファンが増えたけど
アタシは何かイヤだな。昔の寄席のやさぐれた雰囲気が懐かしい。
大人気の柳家蕎太郎師匠のサインに大行列が出来ていた。
割りと気安い人なんだな。
この前、BSで河崎実監督と対談していたけど怪獣映画にも造詣が深いらしい。
いつも通りに林家しん平が自作のフィギュア等を売っていた。
確か、先妻は「桂木文」で今の女房は「おきゃんぴー」の片割れだったよな。
この人は怪獣オタクで昨年「深海獣レイゴー」なる特撮映画を撮った。
アタシは見る気もしないが‥。
案の定、上映会の切符も売っていた。(1000円)
怪獣も良いが本業の落語はサッパリだぞ!
取りあえず「深海獣レイゴー」のTシャツを購入。(2000円)

2000円の割りにはいい出来のTシャツでした。
しかし、よっぽどの怪獣オタクでない限りこの怪獣は知らないだろうな。
そこがまたいいのです。
今日は僅かだが暑さも一段落して過ごしやすかった。
お昼にはウナギを食べて栄養補給をして帰りました。

井の頭公園

July 22 [Tue], 2008, 20:24
3連休の最終日、カメラをぶら下げて井の頭公園に出掛けてきました。
目的は公園に付随する動物園内に「いい感じの遊園地」があると聞いたからです。
アタシの言う「いい感じの遊園地」は決して「ディズニーランド」とか「ユニバーサル・スタジオ」ではなく
「うらぶれている」「やさぐれている」「さびれている」ってな感じが「いい感じの遊園地」なのです。
まずは公園内を散策。「いい感じの連れ込み」を発見!

機会があったら中に入って部屋の作りも撮影してみたい!
きっと「いい感じ」に相違ない。誰かご一緒しませんか?(女性限定。)

程なく歩いて動物園内に。
象の「花子」 御歳61歳だそうです。
展示されていた彼女の年表には「昭和35年死亡事故」と記されている。
昔読んだ本に書いてあったが、この死亡事故とは近所に住む変質者が夜中に花子の飼育室に忍び込み
花子とヤロうとして押しつぶされて圧死したそうである。その証拠はその男が全裸であり、象とヤレる高さに木箱が積まれてあったそうだ‥。
やべっ、またそんな事を書いていたらエリコちゃんに怒られちゃう。
でも、ホントの話だよ!
動物園内は昭和の香りと獣の香りがプンプン。
奥まったところににお目当ての遊園地がありました!


どの遊具も「懐かしさ」がいっぱい。まるで古い友達と再会したようです。
暑さのせいか動物園内には人影も疎ら、でも、たった1組のお客さんのために遊具を動かしてくれている。
乗っているお客も動かしている係員もとても好ましく感じます。
出来ることならアタシも将来はここの係員になって遊具を動かしたり。モギリをやって暮らしていきたい‥。
どうも、アタシは昔からマイナー指向っていうのかネガティブっていうのかその方向に気が向いてしまう。
今度は雨の日に撮影に来たいな。その時は例の部屋の中も‥。爆!

近くて遠い街、山谷 南千住。

July 06 [Sun], 2008, 16:18
今日は愛機D80をぶら下げ山谷に行きました。このクソ暑いのに。
山谷とは俗に言う「ドヤ街」 
横浜の「寿町」大阪の「釜ケ崎」と並ぶ日本有数のドヤ街です。
アタシが住む荒川区と台東区にまたがっています。
因みに今は「山谷」と言う地名はありません。
が、今でも俗名は「山谷」です。

ワールドカップ以降、山谷のベッドハウスに外国のバックパッカー達が
宿泊するようになったと耳にするが本当に外国人が多い。
南千住駅から泪橋に向かう道すがら何人もの外国人とすれ違う。

泪橋交差点のセブンイレブン。
ここは数年前まで立ち飲み屋で店の前にはいつも酔いつぶれた人達が寝ていた。
まさか山谷にコンビニが出来るなんて昔では考えられない。
それだけ治安が良くなったのか?
昔はカメラをぶら下げた人間が歩いていたら袋叩きの目に遭ったであろう。
確かにドヤの住人を見ても「アッパー系」が少なくなり「ダウナー系」が増えた感じ。


しかし、相も変わらず「当たり屋」がいるらしい。
アタシも数十年前にここで「当たり屋」をはねそうになった。
その当時は友人のK林くんがほど近い病院に勤めていて
当直の時などに頻繁に「当たり屋」が救急車で運ばれてきて
何の処置もせず1000円を渡してお引き取り願ったそうである。

しかし、日曜のせいか人影が疎らである。
不景気のためにベッドハウスにも泊まれず、白髭橋付近のビニールハウスに皆引っ越したのだろうか?
等と考えながら脇道にはいると‥いました!
昔ながらの「ワイルド・ターキー・マン」達が。

しかし、今日はあまりにも蒸し暑い‥。
昔ながらの人達に会えて満足したので早々と帰路へ。
駅に向かう通路でビンと頭の中で電波を受信。
辺りをうかがうと袋小路の行き止まりで後ろ向きではあるがオーラを放つ女性が。

この街は訳ありの男が集う街。
しかし、女性にも訳がある。ここは山谷、南千住。

試し撮り Nikon D80

April 12 [Sat], 2008, 11:40
風邪も歯痛も治り、とうとう1眼レフのデジカメを買っちゃった!
ちょっと金額の張る物をを欲しくなってから購入するまでのスパンが
年々短くなるような気が‥。さすが「物欲の固まり」←女房に言われます。
機種はNikonのD80。キムタクがCMしている機種の1つ上の機種だよ。
今日は天気が良いので早速試し撮り。
まずはベランダで日向ぼっこ中のロック
天気がよいと1日中こんな感じ。
後ろから見るとまるでブタみたい。













俺の妻子じゃないよ。
隣の実家に近所に住む妹と甥と姪が来ていたので
パチリ。
俺には子供はいないので甥と姪がとても可愛く色んな物を買い与えてしまう。











自転車に乗って幼い頃から親しんでいる上野公園へ。
上野動物園の旧正面入り口。
幼少時代にここから入園した記憶がある。
もう、40年も昔の話‥。
とても凝った作りの門扉が美しい。
この門から入園する人はもういない。



動物園の脇の公園の吊り輪の遊具。
首が吊れそうな鉄輪の中に中年の夫婦が入ってきた。
画像の制限がこのブログでは5枚までなので今日はこれまで。
今は新しいちょっとカッチョ良い自転車が欲しくなっちゃった!
ああ、この物欲が‥。





プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒデ
読者になる
ウェブでスノードームショップをやっています。COOL・RASH
親の因果は特に次男に報うらしい。
いつでも風呂上りの様な気持ちイイ顔をしていたいと思う。
金も無いのにあるよな素振り…。
名もなく、貧しく、イヤラしく。
現世でやれることは来世でやれば良い。大切なのは今日一日をどうダラダラ過ごすかってことだべ。
吹けば飛ぶような男だが…。
小さな親切、大きなスケベ心。
男は船で女は港…
そしてオイラは沈没船。
イイ歳コイても「チン・マン・ウン」の話が大好き!
言いたいことがあるのならラップで言え!
子供の頃の得意技は電気アンマ。大人になってからの得意技は…内緒。
黒いピーターパン。
死刑廃止論者から殺せ。
やっぱり、アナタしかいない…。と全ての女性に言われたい。
「草食系男子」なんて糞喰らえ!
俺は「腐肉食系(ハイエナ)男子」だ!
一人酒場で飲む酒に帰らぬ昔が懐かしい。
かけた苦労は倍返し。
見た目ほどスケベではないと思う。
据え膳はオカワリしてまでも喰う。
丹古母鬼馬二原理主義者
武家の出なのでいざとなれば辻斬りはするかも知れないが窃盗はしない。(と思う。)
極端に幸福の基準が低い。
出された御飯は残さず食べる。
見かけに依らず、内向的で人見知りをする。
出掛けるとすぐ家に帰りたくなる。
穴を見ると棒を突っ込みたくなる。
外食で行く店のバリエーションが少ない。
長年使っている自分の携帯番号が覚えられない。
スポーツをする訳ではないので、休日などにジャージは着ない。
本屋に行くとお腹が痛くなる。
(この現象を青木まりこ現象と言うらしい。)


月別アーカイブ
2009年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31