お別れは突然やって来てすぐに済んでしまった。

December 15 [Tue], 2015, 20:22
おブログ、しばらくぶりの更新です。
ようやく気持ちの区切りが出来ました。
およそ3週間前、ウチの長男のブルテリアのロックが急に倒れてその30分後に急逝してしまった。
来年2月には14歳になる老犬でアタシとの付き合いは愚妻よりも古いのだが、今年に入っても3回の皮膚がん摘出のシリツに耐えて普段は食べることと寝る事しかしない犬でエネルギー温存してるので20歳ぐらいまでは生きるだろうと思っていたのに。
余りにも突然で呆気ないお別れに愕然としてしまった。
家に帰ると未だにロックがリビングで寝ている様な気がしてならない。
仔犬の時から異様に手を焼かせる犬だったので思い出は沢山あり、今はその一つ一つを思い出し涙ぐむ毎日である。
オマエの様な散歩嫌いで穏やかなブルテリアにはもう巡り合えないだろう。
オマエに会いたい‥。


おネゴ様2号

June 21 [Sun], 2015, 10:45
おネゴ様2号、病に伏せってから早や1か月、痩せ細りながらも頑張って生きております。
毎日愚妻が皮下点滴を施し流動食を食べさせ、甲斐甲斐しく介護をして、今朝はアタシがダッコしてベダンラから外の様子を眺めさせました。
おネゴ様2号は外の世界を懐かしむかのように目を細め眺めています。

コイツは雑巾のような柄模様で尚且つブサイクなので多分生まれついての野良ネコとして十数年世の中の辛酸をナメて来たのでしょう。だから、せめてその命が終わるまでの一年足らずは我々夫婦の元にいた事をシアワセだったとおネゴ様に感じてもらいたい。と、願うのは人間の勝手な奢りだとは思うのですが、アタシ達はそう願い続けます。

点滴と流動食。

June 04 [Thu], 2015, 10:10
昨年秋から飼い始めた推定年齢12〜13歳の老おネゴ様2号。
拾った時から腎臓病だったのだが、2週間ほど前からひどくなりダウン。
グッタリとしてエサを食べようとしない。


それで近所の動物病院で点滴して流動食を食べさせてもらってたのだが、毎日の事なので10日ほど前から自宅で両方を施すことに。
当初はもうアカン!と諦めもしたのだが、愚妻が献身的な介護をしているので気のせいかホンのチョッピリ持ち直した様な気がする。
将来、アタシがヨイヨイになった時には果たして愚妻はおネゴ様同様にアタシを介護してくれるのだろうか?
車イス買うてや!オムツ替えてや!頼んだで!!(何故か大阪弁)

股モヤ、パンクロックの誕生月。

February 24 [Tue], 2015, 9:29
相変わらず微熱とケタタマしい片頭痛が続いてるよ。
流石のアタシもヤバイと思い、先日エイ!ヤァ!トウッ!で嫌々渋々近所の医者にイッてきたよ。したら、医者のヤロは聴診器も当てずに問診のみで薬を処方しただけでやがる。まったく、医者の存在理由を疑ったよ。
もし、身分証とハンコを薬屋に持って行き自由に薬が買えるようになれば、病状をイソターネットで調べ適応薬を探すだけで町医者なんていらねェんじゃないか?少なくともアタシはそう思う。
まあ、今現在はその処方された薬でどうにか凌いでいるが、皆様も身体だけは大事にしてくださいよ。
てな、スンポウで2月はウチの愛犬のパンク・ロックの誕生月なのであります。
例年通りに愚妻がお犬様用ケーキを買ってきました。

「ヨシ!」の合図とともに貪りつく犬達。

ロック13歳パンク10歳。
特にロックの場合は病気が多く今年はもうダメかも?と我々を心配させますが、さすがはブルテリア。しぶどく長生きをしてくれます。
そして、パンクはそんなロックの図太さを見習い、体重15キロ近い巨大ワイヤーフォックス・テリアに‥。

まあ、アタシも犬達も健康上にイロイロ問題はありますが、
このショボくれたシアワセが1日でも長く続きますように。



股々、ロックのシリツ。

March 28 [Fri], 2014, 12:14
ウチのブルテリアのロックのお腹に股々皮膚癌が出来てしまった。
それは治療の甲斐なくデカくなり、3度目のシリツの決行となりました。
去年はシリツ中に心臓が止まってしまい、どうにかカンフル剤で持ち直し、リアル・フランケン・ウィニーとなったロックには今回のシリツはかなりリスクの高いものですが、しかし癌はデカくなり続け転移もしかねないので「最悪の場合」も覚悟してシリツに臨むことを決めました。
お陰様で今回は心臓が止まることなくシリツは終わりましたが、
無事終了の知らせが届くまではハラハラドキドキでしたよ。
今日、術後初めて面会に行ったらゲージの中で点滴されてやんの。
今回も傷痕が痛々しい‥

子犬の時から心配とお金がかかるロック。
そのくせ、飼い主の言う事を聞かないんだから始末におけない。
ロックがアタシ達に出来る唯一の恩返しは1日でも長生きすることだな。

おパンク・ロックの誕生月。

February 08 [Sat], 2014, 10:32
てな、スンポウで今日は東京にも雪が降っていて遮二無二にサムイ・デービス・Jr、宮路オサムであります。南国気質のアタシとしては冬は大の苦手な季節なのであります。ああ、金さえあれば一冬をおハワイで過ごしたい…
寝言は寝て言いな!つー按配で2月はウチのおパンク・ロックの誕生月であり、愚妻はそそくさと犬用おケーキを何処からか買って与えました。

1個420円もしたんだって。アタシがよく食べる250円弁当より高けえや!

高級おケーキを目前に限界までオアズケをさせられるおパンク・ロック。

よし!の号令と共に高級おケーキに貪りつく。
コイツラ420円もする高級おケーキをロクに味わいもせずにペロッと平らげやがった。そしてオカワリまで要求する始末‥。
ロックは12歳、パンクは9歳。
人に心配をかける分、長生きし孝行してもらいたいモンです。
かくいうアタシも来月にはン十歳に‥歳は喰いたくないね。

おパンク・ロック。

April 16 [Tue], 2013, 18:22
ちースンポウでロックが退院して早や10日が過ぎました。
傷口はまだ痛々しいものの本日抜糸をして参りました。
まだエリザベスは外せないのですが順調に回復しており、手術直後18kg台に激減してしまった体重も旺盛な食欲に依り元に戻りつつあります。

股、パンクはすこぶる体調は快調なのですが、こちらも旺盛な食欲に依り益々ポンポコリンに。太り過ぎて大好きな車に飛び乗れない危機的状況に‥少し運動させて痩せさせなくちゃ。

で、飼い主のアタクヒなのですが、気分転換するべェ!と愚妻に髪を短く刈り込んでもらい脱色し色を入れパンク・ロックの飼い主らしく金髪に。自営業者は自由でイイね!すると急に親族の訃報が。さすがに告別式に金髪はマズイと思い愚妻の勧めでカラーリンスをしたら茶色っぽくなると思いきや薄い緑色に‥。


てな、スンポウでロック11歳、パンク8歳、アタクヒ40ン歳。
ショボくれながらもこの先もツツガ無く暮らしてイキたいと思います。

再び、ロックのシリツ。

April 09 [Tue], 2013, 8:55
おいっ!「スノードームだらだら」とか、「だらだらスノードーム」でこのおブログを検索してる奴。このおブログ名は「ただ日常をダラダラと‥。」だからな、大概にしておけよ。

昨年の夏、ロックの左チン脇に出来たオデキをシリツで取った痕に数か月前から再びオデキが出来てしまい、それは物凄い速さで大きくなってしまった。近所のNペット・クリニックでは埒が明かないので(ココは前回のシリツの後、中古のエリザベスカラーを500円で売りつけやがった!)隣町のM動物病院へ。すぐさま細胞を採取して検査へ、結果は皮膚癌‥。獣医と治療方法を打ち合わせ、インターフェロン療法を選択。4回ほどインターフェロン注射をしたのだが状態が好転しないので思い切って切除手術を踏み切ることに。ちなみに癌はチソコまで広がってしまっていてチソコも切除。ロックは子犬の時に去勢しているのだが今回はチソコも取ってしまうので完全なニューハーフに‥。で、シリツ当日。朝1番にロックを預けて午後からシリツ。自宅で待機してるアタシの携帯に動物病院から連絡が。手術無事終了の連絡かと思いきや、ロックの容体が急変したのですぐ来てくれ!との事。アタシャ急いで駆け付けましたよ。そしてシリツ室に入ると開腹されたママのロックが‥シリツ中に心臓が一旦止まってしまい強心剤投与でどうにか持ち直したが安心できない状態との事。取り敢えずは急いでシリツを続けるそうなのでアタシは麻酔が効いてるロックの頭を撫で頑張れ!と声をかけ帰宅。しばらくすると再び動物病院から連絡、シリツは終えたがこの24時間以内が峠だろうとのこと。アタシはもう仕事もうわの空で泣きたい気持ちを抑えてロックの回復を祈りましたよ。あっ、もちろん愚妻も。祈りの甲斐もあってか峠は無事に越えて10日後の一昨日、リアル・フランケンウィニーは我が家に無事?に帰ってくることが出来ました。

今はただショボくれながらも愛犬と共に生活できるシアワセを噛みしめております。このシアワセが永く続きますように。

ロックのシリツ。

August 08 [Wed], 2012, 17:13
ウチの長男のブルテリアのロック、お腹に出来た腫物が悪化してエリザベス生活を1ケ月余り送りましたが、症状が好転せずとうとうシリツと相成ってしまいました。もうっ!金のかかる事ばかし。
シリツしたのは今週の月曜日。
午前中に病院へ連れて行き、その日の夕方にはウチに戻りました。
ビツクリしたのは手術跡のキズのデカさ!!
まるでフランケンかブラックジャックかってえ位のキズのデカさですよ。

流石のロックも意気消沈し、食欲も元気もあまりありません。
アタシも可哀そうに思い、重いロックの身体をダッコしてあげたり、頭を撫でてカワイイ、カワイイ!などいつもはしない事をしてあげてますが、普段はロックには異常に嫉妬深いパンクも「病人だから仕方なかんべェ。」ってな感じで遠巻きから眺めています。
今日になって食欲も元気も少しずつ出てきて1週間後には抜糸ですが、
1日も早く回復してもらいたいものです。

エリザベス

July 09 [Mon], 2012, 20:05
四万六千日、お暑い盛りです。
やあ、最近FaceBookつーの?それをヤリ始めちゃったモンだから、
こっちのおブログの方がおろそかになっちゃった!
イカン、イカン!でもFaceBookでもクッダラナイ画像とかを載せているんで適当に検索してお友達になってね。女性は特に歓迎だからね。

ってな訳で、1カ月ぐらい前にウチの長男のブルテリアのロックのお腹の左側に腫物が2つポチンと出来たのよ。さほど大したモノではなかったのだが、犬と言うのは舐めるのが好きな動物(人間も戌年の人は舐めるのがスキらしいよ、本当らしいよ。)で始終その箇所を舐め回していたのよ。ロックは特に舐めるのが好きな犬で子犬の頃は去勢手術後キン〇マを取って縫合した箇所を舐め回して糸がほどけてしまいパックリ傷が広がってしまったほどの舐め魔なの。で、出来ていた腫物も舐めすぎてパックリと割れてしまい化膿しちゃったの。勿論、そうなる以前に獣医に連れて行き抗生物質を飲ませていたのだけど、こうなってしまったらもうイケません!
つースンポウで最後の手段の「エリザベス」の出番と相成りました。
「エリザベス」って名前を付けた人のセンスは素ン晴らしいよね、ナイス・センス!などと喜んでいる場合ではございません!愛犬の自由を奪うのは忍びがたいモノ…耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び…(玉音放送風で。)断腸の思いで「エリザベス」をロックに装着しました。
装着してから早4日が過ぎましたが、やはり「エリザベス」生活は辛いらしく悲しそうな目でアタシに訴え続けています。



「ヒデちゃん、お願いだから外しておくれよォ!」
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒデ
読者になる
ウェブでスノードームショップをやっています。COOL・RASH
親の因果は特に次男に報うらしい。
いつでも風呂上りの様な気持ちイイ顔をしていたいと思う。
金も無いのにあるよな素振り…。
名もなく、貧しく、イヤラしく。
現世でやれることは来世でやれば良い。大切なのは今日一日をどうダラダラ過ごすかってことだべ。
吹けば飛ぶような男だが…。
小さな親切、大きなスケベ心。
男は船で女は港…
そしてオイラは沈没船。
イイ歳コイても「チン・マン・ウン」の話が大好き!
言いたいことがあるのならラップで言え!
子供の頃の得意技は電気アンマ。大人になってからの得意技は…内緒。
黒いピーターパン。
死刑廃止論者から殺せ。
やっぱり、アナタしかいない…。と全ての女性に言われたい。
「草食系男子」なんて糞喰らえ!
俺は「腐肉食系(ハイエナ)男子」だ!
一人酒場で飲む酒に帰らぬ昔が懐かしい。
かけた苦労は倍返し。
見た目ほどスケベではないと思う。
据え膳はオカワリしてまでも喰う。
丹古母鬼馬二原理主義者
武家の出なのでいざとなれば辻斬りはするかも知れないが窃盗はしない。(と思う。)
極端に幸福の基準が低い。
出された御飯は残さず食べる。
見かけに依らず、内向的で人見知りをする。
出掛けるとすぐ家に帰りたくなる。
穴を見ると棒を突っ込みたくなる。
外食で行く店のバリエーションが少ない。
長年使っている自分の携帯番号が覚えられない。
スポーツをする訳ではないので、休日などにジャージは着ない。
本屋に行くとお腹が痛くなる。
(この現象を青木まりこ現象と言うらしい。)


月別アーカイブ
2015年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31