ルーレット式おみくじ器

November 06 [Tue], 2012, 19:45
浅草の「珈琲天国」のテーブルの上に置いてある、昔懐かしい卓上おみくじ器。昔はキッチャ店のテーブルには必ず置いてあったのよ。
他には卓上ピーナッツ販売機ってえのもあったなあ。
コインを入れて出て来たピーナッツを紙ナプキンみたいな袋で受けるやつ。
ジューク・ボックスも今となっては懐かスイ。

以前から「ああ、エエなあ!欲しいなあ!」と思っていたのですが、
この度、ゲスな情報活動により入手に至りました。

製造販売しているトコは(有)K製作所。(欲しい奴ァ、手前で調べろ!)
正式名称は「ルーレット式おみくじ器」ってえんですって。
色はご覧の通り、赤と黒の2種類。

外観を舐めるように堪能した後はもちろん「具」を眺めて堪能しないと!つー訳で分解して「具」を確かめましたよ。

意外にもマイナスドライバー1本で全てを解体することが出来ました。
内蔵されているおみくじの数は60本でシンプルなつくりながら100円玉以外では決して作動しないってスンポウですよ。
再び、組み直して100円玉を入れて出て来たおみくじは‥


中吉でした。そして愛情運は‥‥たみゃら〜ん!
当ればエエなあ‥!
  • URL:http://yaplog.jp/pinheadhero/archive/937
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
アタシはルーレットの部分が灰皿になっている奴を憶えています。ちなみにこの会社は東北の会社ですが、関西にも他の会社があるそうです。その会社の奴にはルーレット部に造花が入っている奴とかがあるそうですよ。
November 07 [Wed], 2012, 7:42
なぬっ、スカイラークに置いてありましたですとッ!
それはチィとも知らなかったわァ。
もっとも、アタシがスカイラークとかのファミレスに初めてイッたのは成人してからだけどね。(笑)
November 07 [Wed], 2012, 7:32
ひろまろ
あぁー!!!
こんなの私の地方では喫茶店とかでたまに見ます!!
オサレなカフェじゃなくて喫茶店で☆
でも小さい頃から見てるのは、上がルーレットにはなってなくて球体の黒だったなぁ。
丸い小さいカプセルのようなものに入って出てきたような…
懐かしい!!!
毎回100円入れてたなー
中の仕組みを初めて見ました!
貴重な画像ありがとうございます(o^^o)
November 06 [Tue], 2012, 23:25
まい
子供の時、お墓参りの帰りによるスカイラークにこれが置いてありました。
色は赤で、いつもいつも手に取っていじくり回したい衝動と(その手の躾が厳しかった)戦って結局ほとんど触れず仕舞い、大人になってまさかこういう風に再会出来るとは想像できませんでした。

マイナスドライバー一本で開けれるのに100円玉以外は受け付けない、単純だけど丈夫な仕組みがさらに私の「機械とは単純なものほど美しく丈夫である」というポリシーを刺激します。

おみくじは多分引かせてもらえたのは一回位で内容も覚えてませんが、今の内容はちゃんと現代風になってるのに笑いました。

憩いで手に取るのが楽しみです。
November 06 [Tue], 2012, 21:57
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒデ
読者になる
ウェブでスノードームショップをやっています。COOL・RASH
親の因果は特に次男に報うらしい。
いつでも風呂上りの様な気持ちイイ顔をしていたいと思う。
金も無いのにあるよな素振り…。
名もなく、貧しく、イヤラしく。
現世でやれることは来世でやれば良い。大切なのは今日一日をどうダラダラ過ごすかってことだべ。
吹けば飛ぶような男だが…。
小さな親切、大きなスケベ心。
男は船で女は港…
そしてオイラは沈没船。
イイ歳コイても「チン・マン・ウン」の話が大好き!
言いたいことがあるのならラップで言え!
子供の頃の得意技は電気アンマ。大人になってからの得意技は…内緒。
黒いピーターパン。
死刑廃止論者から殺せ。
やっぱり、アナタしかいない…。と全ての女性に言われたい。
「草食系男子」なんて糞喰らえ!
俺は「腐肉食系(ハイエナ)男子」だ!
一人酒場で飲む酒に帰らぬ昔が懐かしい。
かけた苦労は倍返し。
見た目ほどスケベではないと思う。
据え膳はオカワリしてまでも喰う。
丹古母鬼馬二原理主義者
武家の出なのでいざとなれば辻斬りはするかも知れないが窃盗はしない。(と思う。)
極端に幸福の基準が低い。
出された御飯は残さず食べる。
見かけに依らず、内向的で人見知りをする。
出掛けるとすぐ家に帰りたくなる。
穴を見ると棒を突っ込みたくなる。
外食で行く店のバリエーションが少ない。
長年使っている自分の携帯番号が覚えられない。
スポーツをする訳ではないので、休日などにジャージは着ない。
本屋に行くとお腹が痛くなる。
(この現象を青木まりこ現象と言うらしい。)


月別アーカイブ
2012年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30