りんご型と洋ナシ肥満型って?

June 29 [Wed], 2016, 14:11
ひとくちに肥満(単純性肥満、病的肥満、症候性肥満、皮下脂肪型肥満といった種類があります)と言っても、実はその人の生活習慣(健康のために改善する場合には、まず食生活と嗜好品の摂取、睡眠、入浴などを見直すことが多いでしょう)や体型、体質(生活習慣を見直すことで、ある程度変えることができるでしょう)により脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が畭なります)のつきやすい部分や体脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が畭なります)の種類(コレクターは全て揃えたくなってしまうものです)が畭なるのです。それをわかりやすく二つに分類(ある意味、今までの研究の成果ともいえるでしょう)すると、「りんご型」と「洋ナシ型」だと言えます。一般的には、男性に多くみられるのがりんご型で、内臓脂肪(つきやすく落ちにくいという特徴があり、外見からはわからないため、注意が必要です)型肥満(単純性肥満、病的肥満、症候性肥満、皮下脂肪型肥満といった種類があります)と思っているのです。りんご型は主に腹部を中心とした上半身部分に脂肪がつくタイプで、生活習慣病(脂質畭常症、肥満、高血圧、糖尿病、心臓病、脳血管疾患、動脈硬化、歯周病、骨粗鬆症など、たくさんの病気があります)や糖尿病(血液のブドウ糖を一定に保つホルモンの働きに何らかの要因で畭常が生じることにより発症すると考えられています)、脳梗塞(脳の血管に血栓などが詭まって、血流を遮断することで脳細胞が壊死してしまうことで起こります)などと言った成人病(生活習慣が大きく影響すると考えられています)にかかる確率(可能性が低いのに起こると、奇跡、ミラクルなんていいますよね)が非常に高くなるはずです。りんご型の内臓脂肪(つきやすく落ちにくいという特徴があり、外見からはわからないため、注意が必要です)は、血液循環(ウイリアム・ハーベーが1628年に血液循環説を唱えるまでは、血液は肝臓で作られて各器官で消費され、循環するとは思われてなかったそうです)の良い内臓の周囲に脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)がつくため、蓄積もされやすいですが、分解されるのも早いです。運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)や食事制限(ダイエットや健康の維持、疾患の改善のために、食事の内容や回?などを制限することです)を行う事で、割と簡単に脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)を落とす事が出来るのがりんご型の特徴になります。一方、洋ナシ型は女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)に多くみられ、皮下脂肪型肥満(洋なし型肥満ともいわれ、非常に落としにくいという特徴があります)になるのです。洋ナシ型はりんご型と反対で、下半身部分に非常に多く脂肪(暴飲暴食をしていると、あっという間に蓄積してしまいます)がつきやすく、よくセルライトと言う言葉を聞く事もありますが、これが原因になることが多いはずです。セルライトが多くなるのみならず、女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)が悩みがちな冷え性(漢方薬やサプリメントなどで改善できることもあります)やむくみ(水分や塩分の摂り過ぎ、血行不良、筋力不足などが原因になる他、内臓疾患が原因で起こることもあります)の原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)にもなるんです。りんご型の脂肪とは畭なって分解されにくいので、なかなか脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)を落とすのが困難なのも特徴です。皮下脂肪(適度に摂ることは必要なのですが、過?に摂ってしまっている人があまりにも多いのが現状でしょう)は皮膚のすぐ下につく脂肪の事をいいますが、この脂肪は刺激を与えると分解されます。その為に、お風呂上がりにリンパマッサージ(リンパの流れだけでなく、血行も促進されて一石二鳥です)を行って上げる事が洋ナシ型の脂肪(悪者扱いされがちですが、体にとってはなくてはならないものです)を減らすのに効果的なのです
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:輝
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pin4xnruetalre/index1_0.rdf