パイロット予備校は全国対応、どこからでも勉強が可能

February 27 [Thu], 2014, 8:29

パイロットを目指すには全国に1校しかない国立の航空大学校(今は独立行政法人化)への入学、
教育課程を経てはじめてパイロットになれます。

その航空大学校の募集要項を見ると募集枠が少ないので倍率が高くなり合格率は低めとなっています。
具体的には1年間で72名の募集ですので狭き門かもしれません。

H26度の1次入試は7月で合格者は順次2次、3次試験に進んでいきます。
合格した場合の入学時期ですが6月9月12月3月の4期から選択が可能で、
自分のタイミングにあわせて入学期を決められるようです。


航空大学校への入試対策として「パイロット予備校」という予備校があります。
テキストとオンラインでの受講、またセミナーへの参加によるものなので、
全国どこに住んでいても勉強することができるものです。

パイロット予備校は航空大学校へ入学するためにいまや必須の予備校かもしれません。
入学者72名のうち36名を排出したこともあるぐらいです。

もちろん航空大学校へ入るのに独学で、と考えてる方もいるかもしれませんし、
独学でも不可能ではありません。しかしかなり特殊な受験となるため、
やはり事前にパイロット予備校で学習しておくほうが確率は高くなると思います。

パイロット予備校の入校時期、カリキュラムとしては航空大学校の入試日にあわせたコースが
4つ用意されています。
詳細はパイロット予備校への資料請求にて取り寄せしてみてください。無料です。

↓パイロット予備校資料請求↓




航空大学校の応募資格をチェキ、入試に合わせた勉強は「パイロット予備校」おすすめ

February 27 [Thu], 2014, 8:28
航空大学校の応募資格(募集要項)を確認してみたところ
H26度入学の入試は既に終わっています。

まいとし7月ごろ1次試験があって、
合格すれば2次試験→3次試験と
進んでいくかたちになっています。

今年の応募資格は次のようになっていました。

年齢制限:24歳まで
性別:関係なし
職歴:不問
学歴:高卒・短大卒以上でOK、4年制大学に2年以上在学でOK
身長:158cm以上 157cmは駄目
視力:1.0以上(メガネOK、コンタクトNG、レーシックNG)

あとは2次試験で行われる身体検査で聴力、
血圧が問題ないことをチェックされます。


応募資格は上記のようになっていますが、
試験はしっかり行なわれます。

1次試験では数学と物理と英語メインの総合試験。
過去問等で勉強されることをお勧めします。

おすすめは航空大学校入試対策で一番有名なパイロット予備校です。

高卒、高専卒OKの航空大学、受験勉強はパイロット予備校おすすめ

February 27 [Thu], 2014, 8:28
航空大学校への合格人数は年間72名ということで合格率は低めですが
受験資格は「高卒」「高専卒」「大卒」「大学中退(2年)」でもOKです。

筆記試験の内容は数学・物理・英語メインとなっているので、
試験範囲や試験問題が心配な方もいると思います。

航空大学校への受験を進めていくのにはパイロット予備校という予備校で勉強、
対策をしていくのが一般的となっていて、おもにこの予備校出身者で合格者の
ほとんどを占めてしまいます。

高卒、高専卒から独学でもいけないことはないと思いますが、予備校で
勉強してきた人にはかないません。まずはパイロット予備校のパンフレットを
請求して、どんなものか見てみることをおすすめします。

パイロットになるには航空大学、予備校はパイロット予備校

February 27 [Thu], 2014, 8:28
パイロットになるには航空大学に入学するしかありません。

航空大学は日本では宮崎県にある1校のみ。
これは公立で、むかし戦後に国によって作られたものです。

その後、仙台と北海道に分校がつくられ、
全国に3校となっています。

この航空大学校で勉強をしてパイロットとしての
知識とスキルを習得、パイロットとしての精神と責任感を醸成していきます。


航空大学校への入学は並大抵ではありません。まずは予備校へ入って
受験対策をすることをおすすめします。予備校はパイロット予備校という
ところが最も確率が高いとされていますね。

航空大学校の一次試験範囲と難易度は?パイロット予備校とは?

February 27 [Thu], 2014, 8:27
航空大学校のの一次試験は物理・英語・数学が大半をしめます。

パイロットになりたい、航空大学へ入りたいと目指そうとおもっても
最初の壁が受験で、その内容は筆記試験。

試験難易度はセンター試験レベルと言われていますが、
これまでしっかり高校・大学で勉強してきた人はいいですけど、
そうでない場合は相当勉強しないといけません。

過去問は公開されているので、航空大学校のHPを参照されると良いと思います。
それで難易度もわかると思います。

また航空大学一次試験突破のための予備校もチェックしておくと
いいお思います。受験対策のほか卒業後もなにかとフォローしてくれるので。

予備校は「パイロット予備校」というところです。
他にもありますけど、ここ以外の予備校はあまりおすすめできませんね。
(まわしものじゃありませんが)