一輪の花を置くように 

January 02 [Fri], 2009, 9:53
一輪の花を置くように。


朝のはじめに、顔を合わせたひとに、笑顔を見せてみよう。
にこっと笑って、「おはよう」と言ってみよう。
とってもシンプルですけど、これだけで、人間関係がスムーズになる気がする。
それは、いわば、あなたから贈るちいさなプレゼント。

何の見返りも期待せず、ただそっと、贈りつづけることがポイント。

こころに余裕があれば、そこに、ひとことを添えましょう。
いま、感じているうれしいこと、楽しいこと。

ごくごくみじかいことばでかまわないから。

あたしのなかにある幸福を、そっとおすそわけ

それは、窓辺の花瓶にさしてある、一輪の花のようなもの。

気がつかないひともいるかもしれないけど、静かに、その場に
あたたかなエネルギーを注いでくれると思う。

毎日、大輪の花束を用意するのは無理だけど、そっと、一輪だけなら…。
よろこびのおすそわけは、さりげないくらいがちょうどいいと想う

朝にかぎらず、その日、誰かとはじめて出会うとき
笑顔と、あいさつと、幸せなひとこと

やがて、誰かが、その「効果」に気づくと・・・
だって、そんな私に逢ったらいつでもそれがもたらされるのですものね。

わたしに会うたびに、何か、ほっと、気持ちがやすらいでくれるといいな

そしたら、きっと、他の人も、同じように、おすそわけをはじめるでしょう?

一輪の花を置くように。おすそわけがおそすわけを呼んで静かに、輪が広がっていくでしょう?

何かをしてやろうとか、相手をどうにか変えてやろうなんて気持ちではなく。ただ、無心にさりげなく。

それをすることで、自分が心地よくなれるから。
相手もちょっとだけうれしそうに感じられるから。それだけでいい
まず、自分が変わればいいんだよね
いつでも、誰にたいしても、笑顔と、あたたかい声かけが、自然にできる、自分に変わるだけ。

一輪の花を置くように。




クリスマスって・・・ 

December 24 [Wed], 2008, 14:29
今日は クリスマスイブですが・・・



 ずっと前はクリスマスミサに出ていたので、クリスマスだなあと



 思ってたけど。最近は なんか、商売に踊らされてるような・・・


  実は 大金が 入って きます。何に 使おうかなあ・・・


   たぶん、貯金するかな

魂が決めてきたこと 

December 22 [Mon], 2008, 10:06


魂が決めてきたこと。


人生を生きるなかには、
うれしいことも、
うれしくないこともあります。

どうしてこんな目に
合うんだろうと、
泣きたくなるような
こともあります。


あるとき、ふっと、
こんなことばが
降りてきました。

「魂が決めてきたこと」


ああ、そうなのか…。

すとんと、胸に落ちました。


もちろん、すべてのひとの
すべてのことに、
あてはまるかどうかは
わかりません。

でも、私の場合は、
それだけで、もうすべて、
理解できてしまったような
気持ちになったのです。


そうです。

魂が、この地上に、
いのちを選んで
降りてきたときに、
「この体験をする」と、
決めてきたのです。

「この体験をすることで、
 このことを学ぶ」
と、決めてきたのです。


私たちが苦しいのは、
そのことを忘れて
しまっているせいかも
しれません。

まるで、自分では
どうすることもできない
ような、そんな思いに
とらわれてしまって…。


でも、もしも、魂が
決めてきたことだと、
引き受ける覚悟が
できたなら、そこに、
こたえも見えてくるのです。

そこから得られるものが、
かならずあるのだと。


何が正解かはわかりません。

どのみち、生きている
あいだに、そのこたえが
出ることはありません。

だったら、仮に
決めてしまいませんか?

これは、自分の魂が
生まれる前に、
決めてきたことなのだと。


現実のあなたは、
(そして、私は)
不完全な存在に感じられる
かもしれません。

でも、魂は、カンペキです。

そのカンペキな魂が、
わざわざ、こうすると、
決めてきたのです。


もっと
信頼してみましょうよ。

意味が見えないときは、
まずは、その体験を
まっとうしてみるのです。



目をそむけたり、
いやいやするのでは、
「まっとう」とは言いません。

それでは、完全な体験は
できません。


しっかりたっぷり
感じてみるのです。

覚悟を決めて、本気で、
向き合ってみるのです。


すると、いままで、
見えなかったことが、
見えてくるかもしれません。

ちがう光が当たりはじめる
かもしれません。

そしたら、ひょっとして、
魂の意図していたことが、
ふと、かいまみえる
かもしれません。


ただし、
見えても見えなくても、
どちらでもいいのです。

ひとつの体験を、
きちんと引き受けて
まっとうするとき、

そこに、何の学びも
気づきもないなんてこと、
ありえませんから。


それが、魂が決めたこと
であろうが、あなたが、
決めたことであろうが、
どっちでもいいのです。

あなたは、まちがいなく、
そこで、ひとつ、成長
しているはずですからね。


行き詰まったとき、
悩みの底にあるとき、
ためしに、
考えてみてください。

「魂が決めてきたこと」

ひとつの突破口になれば
幸いです。

師走だし、走っていようかあ? 

December 15 [Mon], 2008, 7:29


      じっくり考えて、
ゆっくりと決められる、
という時代じゃない気がします。

実際、
時間をかければかけるほど、
迷ってしまうことが多い、
というのも人間の習性です。

卓球というスポーツは、
「100mを走りながら、
 将棋やチェスを
 するようなものだ」
と表現されることがあります。

実際、サーブが出されて、
レシーブを返して
打ち合い(ラリー)が続いて、
1ポイントが決まるまで、
10秒以上の時間がかかることは、
めったにありません。

しかし、その中で、
ボールの回転、コース、スピード、
いろんなことを判断しながら動いて、
打ち返していくのです。

人生での判断シーンにて、
10秒以内でやらなければいけない、
なんてことは、
めったにないでしょうけど、

「走りながら決めていく」

というスタンスが必要なのは、
事実でしょう。

立ち止まって決められることも、
なかにはあるかもしれませんが、
速断できる人間でいたいものです。

たとえ失敗しても、
決断を延ばしたことが、
失敗を延ばしただけのことになるよりは、
いいと思うんですよ。

走りながら決める、
今日もちょっと走りましょう。

年賀状作成 

December 10 [Wed], 2008, 8:02

   最近は、パソコンでの年賀状あるけど、なんか 人間身を感じないので

   手づくりで 作成して みました。

カイリー・ミノーグ・・・懐かしいなあ 

December 02 [Tue], 2008, 14:16


    [北京 1日 ロイター] オーストラリア出身の人気ポップ歌手カイリー・ミノーグが1日、初の北京公演で約6000人のファンを熱狂させた。

 工人体育場で行われたコンサートで、ミノーグは派手な電飾を背景に「ラッキー・ラブ」や「悪魔に抱かれて」といった初期の作品から「Can't get you out of my head」まで、数々のヒット曲を披露した。

 ファンに対してミノーグは「北京に来たのは生まれて初めてなのに、とても歓迎されている気分」と語り掛け、片言の中国語で「今日はとても幸せ」とあいさつした。

 北京公演は、1600万ドル(約15億円)をかけた「カイリーX2008」世界ツアーの一環。これまでに21カ国以上をすでに回っており、前週末には上海公演も成功させていた。



    80年代・・・懐かしいなあ。丁度、バブルの頃で ディスコ全盛期だったねえ

日記のような、ブログ 

December 01 [Mon], 2008, 20:31


  私にとっての日記って!『自分自身そのもの』

 日記は基本的に自分のことを付けるのだから、

 「私の事は私が一番よく知っている。」という気持ちで

 付けたい。そう思いながら、書いている。この日記もそう。

 実際に私は日記帳なるものにも書いている。つまり、2つ持って

 いるのだ。どっちの私も私自身。その、『自分』なるものが

 おおいばりで活躍する!それが日記。そうは思っているが、

 なかなかそう、「おおいばりで活躍できない」私がいるのも、

 事実です。その『私』はそれほど立派なものでもなくていい。

 どんな私でも「私」がいれば日記なんだ!一個の「私」を

 このもやもやした世界の中から、もやもやした自分の中から

 取り出していくためにも日記は欠かせない。そう私にとっての

 「日記」は『家』のようなもの。自分で住みごごちを良くする

 事も、ちょっと散らかって住みにくくなっている日もある。

 ごみがいっぱいで溢れている時も、涙の雨が、じゃあじゃあ降って

 冷たくて寒い時もある。春のにおいや、秋のにおい、香りの

 漂う時もある。それが、私であり、『私自身の日記』だ。

  
  最近、日記を書きながら、歩きながら、思いだしては「あ〜

 ”!」などと自分一人で騒いでは、俳句にならないか?小説には?

 などなどいろいろ考えている、この私。または、あ〜、ここで

 知り合ったとても素敵な人達が、心ない人のために心が痛くなって

 いったり、辞めたりするのは淋しいなあ!等と思っている私でした。


    どうぞ、よろしく お願いします
 
  

尊縁って 

November 30 [Sun], 2008, 21:23


          さてさて、 初めての綴りです。うれしい
   


         早くも明日から12月 街は クリスマスですね。



         今年は 波乱万丈な 1年だった でも、いい勉強になった



         11月には、いい出会いがたくさんあった!まさに「尊縁」            

   

    

    
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pikapika22
読者になる
2009年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる