tiare tahiti(国花 

2005年05月14日(土) 17時24分
タヒチ語でティアレは花、つまり、タヒチの花。
昔、タヒチにはこの花一種しかなかったのだけれど、
その後、色々な国からたくさんの種類の花が入って来て、
今では様々な花の咲き乱れる島になったと言われています

良いリードの選抜法 

2005年03月29日(火) 11時08分
リードは、見た目で行きますと、光にかざした時、きれいなダイヤ型をした
カッティングがいい厚みのリ−ドで、繊維が先端にむかってまっすぐ線が入
っている状態、後、リードの尻の部分(ヒールといいますが)左右の高さが
違うものは良くありません。
これらの条件がそろっているのはいいものですかなによりも、自分が吹いて
しっくりくるものが一番よいものといえます。
ただし、そのリードばかりに執着するとすぐに駄目になってしますので、リ
ードをまとめ買いし、その中から3〜5枚選び定期的に補充するような形に
するのが理想です。
リード長持ちさせるを方法としては、一度水分が吸収されたリードを急激に
乾燥させないことです。もしキャプに乾燥用の穴が開いているならば塞いじ
ゃってください。

息のコントロールについて 

2005年03月29日(火) 11時02分
原因と思われるのは、楽器を吹くと
きには高い圧力の息を使いますので、口内の鼻腔とつながる部分を閉じる筋
肉が疲労して、うまくコントロールできなくなってしまうことです。少し休
んで時間をあければ回復しますので、鼻から息が漏れるようになったら、し
ばらく吹くのをやめて休憩するようにしてください。無理をして吹きつづけ
ていると、それが癖になったり、場合によっては奏法に悪影響を及ぼす可能
性もあります。今度またそのような状態になったら、先生にお話して休憩を
取るようにしてください。管楽器をやったことのある先生なら誰でも知って
いることなので、大丈夫ですよ。

また、「口に下の歯の跡が残る」というのは下顎に力が入りすぎている状況
だと思われます。下顎でリードを圧迫してしまうと、リードの振動を阻害し
てしまいます。試しにマウスピースだけで吹いてみましょう。チューナーで
ピッチを確認してください。テナーの場合は、マウスピースだけを吹くと実
音のG(ピアノの「ソ」)の音が出るのが普通です。もし、これよりも高い
音が出ていたら、下顎でリードを圧迫しているか、舌の位置が適切でないた
めに息の流れが阻害されているかのどちらかです。

サックスの音を良くするために 

2005年03月29日(火) 10時55分
1.マウスピース(とリード)が口の中に入ってる量が少ない
 マウスピースのくわえ方が浅いと、リードが自由に振動しません。また、
少ない息の量と低い息圧で吹くことのなるので、同じくリードが振動しませ
ん。マッピを銜える位置(上あごの歯の位置)ですが、ソプラノ0.9〜1.0c
m、アルト1.0〜1.1cm、テナー1.1〜1.2cm、バリトンで1.1〜1.3cm位
が良いとされています。つまりは1.0cm前後ということです。使用するリ
ードによって、多少のずれが出ても構いません。

2.マウスピースとリードの相性がよくない
 開きの大きいマウスピースや厚すぎるリードを使っていると、適正なアン
ブシュアを作ることが難しく、音質や音程のコントロールなどにさまざまな
弊害が現れます。

3.アンブシュアの圧力が高すぎる
 マウスピースに正しくリードを取り付けて、マウスピースだけで大きな音
を吹いてみてください。(このとき、タンギングなしで吹いてください
ね。)その音をチューナーでピッチを確認してください。アルトの場合は、
マウスピースだけで吹くと実音のA(ピアノの「ラ」)の音が出るのが普通
です。もし、これよりも高い音が出ていたら、下顎でリードを圧迫している
か、舌の位置が適切でないために息の流れが阻害されているかのどちらかで
す。もちろん、正確にこの高さの音でなくても結構です。多少の誤差があっ
てもかまいません。おおよそ上記の音が出ていれば合格です。楽器のピッチ
のバランスが悪い人は、それぞれの音よりかなり高い音が出ているはずで
す。

まとめ
 普段楽器を吹いているとき、マウスピースを吹き込み管からいくら抜いて
も「レ〜ファ」の音(これはサクソフォンの記音です)が高かったり、左手
サイドキーの高音域のあたりのピッチが高くなる人は、まずマウスピースの
調律をしてみてください。また下あごを下げてリードを自由に振動させてや
ってください。そして、タンギングなしで発音して、息の量を増やしたり舌
の位置を変えたりして上記の音が鳴るようにがんばってください。マウスピ
ースだけを吹いたときのピッチを修正することによって、楽器のピッチのバ
ランスだけでなく音質も大幅に改善されるはずです。

あせらず少しずつやっていきましょうね。


高音ののばしかた 

2005年03月29日(火) 10時53分
高い音をのばすのは難しいですよ
ね。暇な時にでも腹筋をやってみたらどうですか?私は腹筋の力がなか
ったので、鍛えているうちに音が出しやすくなりましたよ。それと、リード
が少しでも割れていたりすると、黒板を引っかいたような音がすることがあ
ります。確認してみてはどうでしょうか?高い音は、息を細く、早く。低
い音は音を太く、遅く。というイメージでやっています。金管楽器もやって
いたんですが、高い音の出し方のイメージはどの楽器でも共通だと思いま
す。自分の出しやすい音でロングトーンやってみてはどうですか。どんどん
と音を上げていって、綺麗に吹けるようになったらOKだと思います

なにか癖があるんではないでしょうか?私は、口の一

部分が痛かったりしたことがあったので鏡を見て吹いてみました。結局吹い

てるときに口が曲がってたんですけどねwwだから、原因を探してみてはど

うですか?(鏡を見てでもいいので)自分で分からなかったら人に見てもら

ってもいいです

製品の概要 

2005年03月29日(火) 10時51分
多彩な音色と豊かな音量で極めて表現力に富むサクソフォンは、世界で最も幅広いジャンルの音楽で使用される楽器と言われています。当社は総合管楽器メーカーとして、熟練の職人がハンドメイドで仕上げるカスタムサクソフォンのフラッグシップモデル『YAS-875EX』や、世界的なベストセラーとなった『YAS/YTS-62』など、多彩な製品の開発・製造・販売を行ってきました。独自の音質を追求したヤマハサクソフォンは、様々な分野で好評を得ています。
 このたび発売する『YAS-82Z』および『YTS-82Z』は、北米を中心としたジャズ、ポピュラー奏者から圧倒的な支持を得てきた『YAS/YTS-62』をベースに、当社最新の設計技術と製造ノウハウを注入して開発したもので、これまで以上にフリーな演奏スタイルや多彩な音楽表現が可能となりました。
 アルト、テナーの両モデルとも、プレーヤーのイマジネーションをそのままストレートに表現できることを追求しており、明るく際立つ、立体感のあるサウンドが特長です。
 技術面では、カスタムモデルとしては初めて管体全体に音響焼鈍(注1)を施すことで、華やかな響きを獲得。また、サクソフォンの要であるネックには、管体の特長を最大限に引き出すために「G1」タイプ(注2)を採用。低音域から高音域まで安定した音質を維持し、ダイナミックレンジを向上させています。しかも、無理のない吹奏感によって初級者にも扱いやすく吹きやすい設計となっており、自然体で演奏可能なモデルです。

市場と製品開発の背景 

2005年03月29日(火) 10時49分
日本の管楽器人口は、現役プレーヤーで約70万人、経験者を含めれば約500万人と推定されています。国内管楽器市場としては年間約11万本の新規購入があり、うちおよそ15%をサクソフォンが占めています(当社推定)。

 ヤマハの管楽器製造のルーツは、日本の管楽器の草分けである江川仙太郎が1902年(明治35)に創業した江川楽器製作所、後の日本管楽器株式会社にあります。ヤマハは1970年(昭和45)に戦前から経営に参画していた同社を吸収合併し、それまで経験と勘のみに頼っていた管楽器の設計にコンピュータを1960年代からいち早く導入すると共に、近代的な製造設備を豊岡工場(静岡県磐田郡)に整えながら(1970)、伝統的なクラフトマンシップにもこだわりつづけてきました。こうして当社は、サクソフォン、フルート、クラリネットなど木管楽器とトランペット、トロンボーン、チューバ、ホルンなど金管楽器を、幅広いレンジで普及品からカスタム製品までラインアップし、各国の著名交響楽団員にも愛用されるなど、世界的に市場での評価を高めてきました。現在では年間40万本を製造する世界最大の管楽器メーカーとなっています。

 日本のサクソフォン市場全体としては、市民バンドや学校等のクラブ活動など団体での吹奏楽需要が多いものの、ジャズ、ポピュラー楽器としての用途も大きく、アマチュアでもサクソフォンの演奏を“大人の趣味”として楽しむ人も増えてきました。「ヤマハポピュラーミュージックスクール(PMS)」の生徒数を見ても、管楽器の分野でサクソフォンはフルートに次ぐ人気となっており、PMSの生徒数増加とともにサクソフォンの演奏人口も増加しつつあることがうかがえます。

 サクソフォンは、ベルギーの音楽家アドルフ・サックスによって1846年に考案された、比較的新しい楽器ですが、金管楽器と木管楽器の長所を兼ね備えていることもあって、クラシックはもちろんジャズ、ポピュラーまで幅広い音楽ジャンルの演奏楽器としてマッチするのが特長です。従って管楽器の中でもずば抜けてプレーヤーの裾野が広い楽器であると言えます。

2) G1ネック 

2005年03月29日(火) 10時48分
ヤマハサクソフォンは、さらに幅広い音楽表現を可能にするため、サクソフォンの音を左右する重要な部品であるネックをオプションで用意し、自由に選択できるようにしています。今回標準採用している「G1タイプ」は、密度のある響きと、適度な抵抗感を持ちながら息が入りやすく、特に高音域でのコントロールのしやすさが特長です

1) 焼鈍(しょうどん) 

2005年03月29日(火) 10時46分
「焼きなまし」とも呼ばれ、「焼き入れ」とは逆に、ゆっくりと熱を加えながら金属加工を行う工程を指します。焼鈍加工を行った金管は金属分子の組成が均一になるため、より滑らかな響きを獲得できます。

レンジで錦糸玉子 

2005年03月03日(木) 8時36分
黄色→錦糸玉子】
1)片栗粉に酒を加え混ぜる。
2)卵を溶き、砂糖、塩、“1”を加え混ぜ、ザルなどでこす。

<ポイント>
ザルなどに一度通すだけで、キレイな錦糸玉子に仕上がる。

3)電子レンジの受け皿にラップをピンとはり、その上に卵液を適量たらし、スプーンで直径10cmくらいに広げて、それをレンジで30秒(600w)かける。

※直径が大きすぎると中心部分が生っぽくなってしまうので、気をつけましょう。

4)レンジから取り出したら、そっとはがしていく。これを卵液分(約8枚)作る。

5)クレープ状になった玉子を2〜3枚重ねて丸め、できるだけ細く切れば、出来上がり!


2005年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像しずか
» レンジで錦糸玉子 (2005年03月03日)
アイコン画像pikakeちゃん
» りぼん。 (2005年02月27日)
アイコン画像pikakeゃん
» りぼん。 (2005年02月27日)
アイコン画像pikakeちゃん
» りぼん。 (2005年02月27日)
アイコン画像pikakeちゃん
» りぼん。 (2005年02月27日)
アイコン画像りぼん。
» りぼん。 (2005年02月26日)
アイコン画像pikakeちゃんだよ
» pikakeちゃんだよ (2005年02月26日)
アイコン画像pikakeちゃんだよ
» pikakeちゃんだよ (2005年02月24日)
アイコン画像pikakeちゃん
» pikakeちゃんだよ (2005年02月24日)
アイコン画像pikakeちゃんだよ
» pikakeちゃんだよ (2005年02月24日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pikake88
読者になる
Yapme!一覧
読者になる