エヴァンゲリヲン新劇場版 Q (感想)

December 28 [Fri], 2012, 9:53

頭の中が全く整理出来ないので、ひとまず感想を。









始まりから終わりまで、ずっとぶっ飛んでいました。
期待していた以上の映像クオリティ、そして場面転換や背景、サウンドまでもが、ただただ圧倒されるばかり。
もうこれはアニメーションの域を越えているんじゃないか?と思わせる程です。

観ている自分の感情が、どんどんQの世界にのみ込まれていく……疑念や憎悪、愛情苦痛悲しみ幸福絶望・・・
自分でも今ここで何が起こっているのか?直ぐに理解が出来ず、訳のわからない言葉で表すことのできない感情でいっぱいになってとても苦しかった。


一時もスクリーンから目が離せない・・・


そしてエンドロールで流れる『桜流し』に、なんとも言えない気持ちに襲われ、
終わると同時に頭の中はQで支配される。

これはQという作品の術中にまんまとはまったのだろうか……




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しばらく音楽を聴くことが困難になりそうです。
(余計な事が考えられない、頭の中がエヴァに支配されているために)
あと数回は観に行きたいな。と。
1回だけでは発見できないものがたくさんありそうです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pikachupikarin
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pikachupikarin/index1_0.rdf