二人の離婚経験者が織り成すドラマ 

March 26 [Mon], 2012, 11:32
瑛太(多田啓介)と松田龍平(行天春彦)。

この二人はともに映画の中では離婚経験者という設定に

なっています。つまりバツイチです。世の中的にはどうなんでしょ。

バツイチというのは負け犬になるのでしょうか。


周囲を見るかぎり、そうでもない気がします。というかむしろ

経験豊富という風に見られる人も結構多いようです。年齢的なものも

ありますが、例えば30代後半で離婚歴がないと、結婚もできないのか!?

みたいなことを言われる人も・・・でもそんなことないですよね。一人ひとりの

価値観が大事ですよね。そんなことをこの映画を見て、そして原作を読んで

ふと思いました。