3度目のさよなら 

October 17 [Thu], 2013, 20:30
はっきりと、病院で流産の診断をもらいました。

「完全流産」です。


あかちゃんも含め、子宮内のものは
「自力」で出てしまうため、
手術は必要ありません。
ですので、今回は体の負担がほとんどなかったです。

なんて親孝行な赤ちゃんだったのでしょう。
流産はもちろん残念で悲しいですが、
子供が私を思って自分から出て行ってくれたような気がしてなりません。


金曜日の朝に出血が始まり、
土曜日からどんどん量が多くなり、
生理2日目ほどがずっと週末じゅう続きました。

この時点でもうあきらめていましたので、
火曜日に病院で診断を受けた時には、
はっきりとした「完全流産」という名前を告げてもらって
かえってすっきりしました。

かかった病院は、ムスメを産んだ、A病院ですが、
今までの中でも一番といっていいくらい、
いい先生にあたりました。

男性の先生ですが、
説明も聞き取りやすく、
内容ははっきりわかりやすく、
診断を告げる時も変に申し訳なさそうな表情もせず、
それでいて
私が今後に希望を持てるような言い方をしてくれました。

今度妊娠して出産するときも、あの先生にかかりたいな。

診断の時に、私が不安で知りたかったこと、
一つは、初期流産は胎児側の理由だとはいえ、
やはり何か私に落ち度があったのではないか、
ということ。

もう一つは、
4回の妊娠で3回の流産という回数を考え、
不育症の恐れはないのか、
ということです。

一つ目には、はっきりと、
受精はしたけれど、
どのみち長くは生きられなかった卵子だった、
ということを言ってくださったこと。
私がなにかしたから、食べたから、という理由ではないということを
言ってくれました。

二つ目の不育症に関しても、
以前に流産を何回していたとしても、
出産した時点でリセットされるので
関係ない、検査は必要ない、ということでした。

そして、もちろんこの後に妊娠は可能だと。


悲しかったけれど、希望を持てる言い方をしてくれたので、
診察室をでるときの気持ちが、
今までとは違いました。


この周期は、やけになって、
本当になにもしていなかったのに、
40歳で自然妊娠ができたなんて、
我ながらすごいと思いました。

(もちろん

妊娠が継続できれば、もっと良かったのですけれど・・)

唯一やっていたことといえば、
ゆるいマクロビと
冷えとり
布ナプキン

内容はこちらに


ちょうど着床するかしないかぐらいのころ、
まだ残暑であつかったのですが、
靴下4枚はいてもひざ下が寒くて、
レギンスやらレッグウォーマー重ねていました。

やっぱり冷えが妊娠を遠くしていたような気がします。

これからも「冷え取り」強化していきます!

布ナプキンも、今回ものすごくあってよかったなと思えるものでした。

完全流産という名目ですが、
要は生理のひどい状況が何日にもわたって続くようなもの。

子宮内の赤ちゃんのベッドが流れていく、
そして時々布ナプキンにつく塊は
もしかしたら赤ちゃんなのかもしれない、
そう思うと、
紙ナプキンをごみとして捨てるのではなく、
自分の手で洗って流すことで
なんだかとっても愛おしく、
そしてちゃんと「お別れできた」という気持ちになれたのです。

もしかしたら、「流産」という言葉でヒットして
私のブログを見てくれている人もいるかもしれませんね。

流産はとても悲しくて、
どんな慰めも、説明も、
気持ちを晴らしてくれることはないと思います。

私は、赤ちゃんがちょっと見学に来たんだと思うようにしました。

どんなママとパパなのか、どんなおねえちゃんがいるのか、
ちょっと見に来たかったんだろうなと。

池川明先生の体内記憶みたいに、
赤ちゃんからのメッセージがあるのかもしれませんが、
今はまだよくわかりません。
でも今までの子も、今回の子も、
私の大切な子供として
絶対に忘れません。

そして今いるムスメ、と主人を今まで以上に大切にしていきたいと思います。









 

October 12 [Sat], 2013, 23:33
今、妊娠しています。

そして、流産が進行中です。


6週半ばに胎芽が確認できず、
胎曩の大きさも小さく、
医師の歯切れの悪さから、
何となく覚悟はしていました。

7週に入ったとたん、
大量の出血とともに
流産が始まりました。



一人めの時は、
何の自覚症状もない、
突然のお別れでした。
心拍も確認した後でした。


二人目の時は、
胎芽がなかなか見えず、
諦めたくなかったけど、
やはり医師から宣告されました。

四人めのこの子は、
自分で私に知らせてくれて、
でようとしてくれているのかもしれません。

お腹の張りと出血がひどくなってきていて、
陣痛ってこんな感じだったなと思い出しています。

悲しく、つらく、さびしく、
どうしようもないです。

またこの子が帰って来たときに思い出せるよう、
こうして書いています。

たった7週でしたが、
ママとパパはあなたと一緒で幸せでした。

かぼちゃ・・・怖い! 

October 01 [Tue], 2013, 21:42
まんじゅう怖い、ならぬ、かぼちゃ怖いです。

実は好きなんじゃなくて、もう見るのも嫌ってことです


なぜならば


ムスメちゃんがかぼちゃをどうやっても食べてくれないので、
つくっては自分で処理するという大量消費地獄に陥り、
もう見るのも嫌!!


一番シンプルな煮物
リンゴやレーズンとまぜてサラダ風
ツナをいれたりしてお焼き
うどんにいれて ほうとう風
韓国のホバクチュク


エトセトラエトセトラ・・・


アリとあらゆる方法でtryしてますが、

「べーっ」と出されます。


がっくし


まあそこまでしても食べさせなくてもいいんじゃない、
ということにしたいのですが、

なにしろ


たまご、肉、食パン、などなど、

嫌いなものが多くて、

せめて野菜だけでも、

色々な種類を食べてもらいたいなあと思うのです。


ちなみに、たまごや肉を食べないことに関しては

全く心配していない、

というより、マクロビよりの食生活をしている私としては

子供にもそうしていきたいし、

よい傾向なので
あえて直そうとはしていません。


まあ、区の栄養相談なんかにいくと


すべての食品群をまんべんなく食べさせましょう、

という指導になるので、

一般的な子供の食生活としては「問題あり」ってみられてしまうかも。



いわゆる「離乳食」レシピ本はあまり役に立たないので、

マクロビのレシピ本が大活躍です。


これは実際の保育園で実際につくられている
マクロビより(完全にマクロビではないみたい)のメニュー



一般的には子供に玄米はあまりよろしくない、
と思われているようなのですが、
この本を見て良かったんだ、
と安心しました。
のっているレシピも、シンプルで作りやすいものばかり。

かなり参考にさせてもらっています。


この本は、子供用ではありませんが、
こどもってだいたい麺が大好きなので、
十分活用できます。

この方はストリクトなベジタリアンなので
正統派マクロビレシピ。

添加物、砂糖、みりんなどを使わずに
でもおいしいレシピが満載です。




マクロビ本はかなり見ましたが、
実際つくってみたらおいしくなかったり、
レシピが複雑すぎたり、
また陰陽がどうの、という説明が邪魔くさかったするんですが、
この方のレシピはシンプルでわかりやすく、
そしておいしい、の三拍子がそろっています。


図書館で借りて、延長を何回もして、
いいかげん買おうと思って
我が家の本棚入りしました。

うちの主人もこれで作った麺レシピは、
ほとんど間違いなくおいしいといって食べています。

(ほかのマクロビ料理家の方のレシピだと、
もの足りなかったり、シンプルだけど、
別においしくない、、、などいろいろ欠点がありました)



これはおやつ


でもちょっとした食事代わりになるようなものも載っています。

アマゾンでのレビューはあまりよろしくない、んですが

(しょせん料理上手な素人の主婦が書いた本、みたいな)

私的には、その素朴さがかえって作りやすいし、

気取っていないので、材料もわざわざ揃えたりする必要もないし、

なによりもムスメも気に入って食べているので、かなり助かっている本です。


この本も図書館でリピートしているので、
そろそろ買おうかな・・・





















以外と冷えとりに良かった件 

September 22 [Sun], 2013, 20:54
少し涼しくなってきたので、
「冷え取り」強化中です!


周りもサンダル一辺倒だったのに、
秋らしいブーツの方もちらほら出てきて、
冷えとりファッションでもあまり浮かなくなってきた、かも。



最近、こればっかり履いています。


(お見苦しい写真ですが・・・)




私がかれこれ、6,7年前にサンフランシスコで買ったダンスコ。



すっちーというのは、腰を痛めた人が多くて、
そんな人たちから口コミで大人気になり、
一回のフライトで2,3人は所持者がいることもありました。


これ、重いし、ルックスもけっしてスマートではないんですが、
立ち仕事を長時間するときには、たしかにものすごく楽でした。


かなり迷って、(200ドルくらいするので)買ったものの、
私の足には合わず痛くて痛くて・・・


次のフライトのときに返品にいったら、
「これはハンドメイドで、同じサイズでも微妙に違うから、
ほかの製品も試してみて」
と言われて、その通りにしたところ、
ぴったりなものが!

喜びいさんで買って帰り、
すっちー時代は愛用しておりました。

機内ではカートのブレーキを足でとめたり外したりするので、
靴のつま先がすぐボロボロになるんですが、
これはもともと丈夫なので、結構もってくれてました。


飛行機を降りてからは、日本の町中ではちょっと浮いてしまうデザインなのと、
日本語学校勤務時代は、きれい目なビジネスカジュアルを目指していたので、
この靴はお蔵入りのままでした。

でも高かったのと、スッチー時代の思い出もあり、
なかなか捨てることはできずにいたのでした。



冷えとりを始めてから、急に思い出してはいてみたところ、
この子がぴったり!

靴下4枚重ねでもへっちゃらです。
しかも全然きつくない。


重いせいか、これをはいて少し長い時間はいたら、
足の前の部分が筋肉痛になりました・・・

ちょっとした運動にもなる?!
巷で人気のeasy tone並ですね。


少しすれている以外は、本当に頑丈でまだまだもってくれそうです。


大事にはこうっと


レインブーツfor冷えとり! 

September 20 [Fri], 2013, 21:59



冷えとり用にぴったりなレインブーツ見つけました。


かなり大きいですが、LLを頼んでみたところ、


靴下4枚はいた状態でも余裕!


○unterや Ai○○eでは、筒の部分がせまいので

(あしのながい西洋人使用だから?)


重ねばきの靴下では脱ぎ履きが大変



でもこれは、ひもを自分でしぼって調節するので

全然問題なしです


もともとは、30代のおしゃれなキャリアウーマン向けの雑誌でみたのですが

(Doma○iね)


いいなと思っていたところ、


実際はいている方を街で発見!!


いわゆる魚屋さんにならない


(その方の着こなしがよかったのかもしれないけれど)


なかなかスグレものだと判断。


速攻注文しました〜〜〜〜


お値段もなかなかニクイやつなのです。



本当はこの前の台風のときにはくつもりだったのですが、
間に合わなかったので、
これから雨の日が楽しみです〜
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pihengi32
読者になる
結婚レシピ
最新コメント
アイコン画像ドラゴンネスト 育成代行
» 戌の日 (2013年11月29日)
アイコン画像FF14 育成代行
» 戌の日 (2013年11月29日)
アイコン画像FF11 育成代行
» 戌の日 (2013年11月29日)
アイコン画像pihengi32
» なぜベビーがやってこないか考える (2013年09月04日)
アイコン画像pihengi32
» なぜベビーがやってこないか考える (2013年09月04日)
アイコン画像@sami
» なぜベビーがやってこないか考える (2013年09月04日)
アイコン画像のむ。
» なぜベビーがやってこないか考える (2013年09月04日)
アイコン画像ぴへんぎ
» べビ待ち状況 (2013年08月23日)
アイコン画像@sami
» べビ待ち状況 (2013年08月22日)
アイコン画像pihengi32
» それだけはできない! (2013年05月14日)
Yapme!一覧
読者になる
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ
にほんブログ村にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村