期末決算報告。
2006.11.29 [Wed] 16:55

ペリカン(推定12万円)のボールペン購入資金を
メルマネで、3ヶ月間で集められるか!


という趣旨の小遣い稼ぎも本日で最後となりました。
約3ヶ月という短い間でしたが、お付き合いいただき
まして、ありがとうございました。

というわけで
最終決算報告をいたします。

【収入】
ライブドアリサイクル            ¥1,379-
yahoo!オークション売上  ¥21,838-
マクロミルポイント換金  ¥1,000-
eバンクゴールドラッシュプログラム対象プレゼント8月  ¥60-
eバンクゴールドラッシュプログラム対象プレゼント9月 ¥40-
預金利息 ¥4-
--------------------------------------------------
収入合計  ¥24,321-

【支出】
yahoo!オークション手数料         ¥-1,292-
yahoo!プレミアム会員費(4か月分) ¥-1,176-
--------------------------------------------------
出費合計 ¥-2,468-


【収支計】
収入合計  ¥24,321-
出費合計 ¥-2,468-
--------------------------------------------------
利益 ¥21,853-


【おまけ】
500円玉貯金 ¥17,500-

夢はでっかく」と言ったもんですが、でかすぎましたね。
結局、会社からクロスのボールペンをいただいたのを
そのまま使うことにしてしまいました。
しかし悲しいかな、オレンジBIGのほうが「しっくり」
きちゃうんですね。結局オレンBIGの利用率が高いです。

メルマネでお金を稼ぐなら、要らない本をどんどん
ライブドアリサイクルに売るのがいいです。
オークションのように手間や手数料や詐欺被害も
ないので。
 あと、面白かったのはアンケートサイトかなぁ。
マクロミルはいっぱいアンケートが来るので、続けても
いいかなぁ、という気がします。
 ブログを通してミチコさんやpinkistさんという
見知らぬ人々と情報交換できたのも楽しかったですね。

途中から500円玉貯金とか、全然趣旨と関係ないものが
入ってきたり、で、結局全然目標到達しませんでしたが、
500円玉で貯めたお金も合わせて、誕生日を忘れられた
可哀相なわたしのコイビトになにか買ってあげようと
思います。

3ヶ月間ありがとうございました。
またどこかでお会いしましょう。

ちゃお。

すべりこみ500円。
2006.11.26 [Sun] 11:20

すべりこみ。

やりました。やりましたよ。マクロミル。

2回目の500円到達です。

もう、いろんなアンケートとか登録サイトが
ありすぎて混乱するので、途中からマクロミル
一本に絞ってきたけど、一番アンケートが
たくさん来るので換金までが早いような
気がします。

振り込まれるのが12月20日ですが、
これは今回の収入に入れてもよかろう。


昨日雑誌の整理をしていたら
「OLのリアルセックス白書」みたいな
記事特集のある雑誌が出てきて、
おう、そういえばこういう類の
アンケートって来ないなぁ。と思った。

でも、大きな雑誌って多分モニターとか
アンケート読者とかを自分ところで
抱えてるから、そこで調査かけるんだろうな。
きっと。

ではどういう人が、アンケート会社を利用するのか。
はて。
わからん。自社で調査やモニタリングを出来ない
もう少し規模の小さな会社?なのかなぁ。

いやはや。
どうでもいいか。

500円玉貯金のその後。2
2006.11.23 [Thu] 19:50

500円玉貯金のその後。

17,500円になりました。

無目的に「金を貯める」ってなんだか
虚しい行為です。達成感というものを
微塵も感じられない予感が確信にも似てくる、
そんなこの頃です。

というのも、

メルマネで小遣い貯めていいボールペン買おう!

という趣旨で始めたこのブログも
当初の目標だった3ヶ月満了に近づきつつあるのです。

もののついでに」始めちゃった500円玉貯金は
どうも既に行き場をなくして形而上の迷路を彷徨って
いるように思います。

「稼いだ」んじゃないからなー。
ちょっと趣旨が違うよなー。
最終決算の時点でどう扱うか、経理処理に悩む
勤労感謝の日でした。


格差社会?
2006.11.22 [Wed] 21:59

マクロミルがじわじわとしか伸びずに、
気持ちもじりじりしております。
いや、うずうず
むずむず

そういえば、東海圏(だと思う)では
洋服などが小さくてきついときに
きゅんきゅん」という表現をします、
というのを他府県の人に言ったら
驚かれました。

5年前くらいの話です。

さて。
格差社会」という言葉がすっかり定着して
しまいました。最近午後5時くらいからのニュースを
見るともなく見てしまうのですが、

・転職ビンボー
・タクシー運転手ビンボー
・大所帯ビンボー
・ラーメンの食べ残しスープ再利用でもう一度ラーメンを食べる
 自称節約家(これは貧乏じゃないか)

と、貧乏さんネタのオンパレードなんですね。
中でもシリーズ化されているのか、よく見るのが
「子沢山ビンボー」。

この手の番組は昔からありましたけどね、
いつからこんなに頻繁にニュース内でやるようになったんでしょう。

ここ2・3日で2パターンくらい見たんですが、
「本当に辛そうで親も子もイライラしている家庭」と、
「どたばたしてるけどなんとなく協力できていて
楽しそうな家庭」と、両極端というか違うタイプの
大所帯ビンボーさんが見られて、
なんとも感慨深いものがありました。

お金はありすぎても、足りなさ過ぎても人間の心を
さもしくし得ますが、ちょっとくらい足りないものは
知恵と笑顔で乗り切れちゃうもんであり、
親がその知恵と笑顔を持っているか否かということは
子供に多大なる影響を与えるものなのだなぁ、と
思いました。

笑う門には福来たる。

わはははは。
休職中より復職期間(短時間勤務)のほうが経済的に
苦しいのだということを身をもって笑う今夜でした。

たらこ・おかね・たらこ。
2006.11.20 [Mon] 16:50

いえーい。きました、マクロミルから500円入金
てか、メルマネで来るのではないのですね。

ともかく500円いただきました。
ありがとうございました。
日々こつこつとした労働の賜物だと思うと
喜びもひとしおですね。


今日思い出したのですが、グレーゾーン金利の
問題で、貸金業者が1万ン千社から2,000社程度に
淘汰される予想、というニュースがあった気がします。
ずいぶん前の記憶なので、かなり曖昧ですが。

まぁ、その具体的な社数よりもですね、

消費者金融の会社ってそんなにあったんかい。

というのに驚いたのを思い出したんですね。
多分休職してたので、ふとお金のことを考えて
そんなこと思い出したんだと思います。

幸か不幸か「借金」といえばカード使ったとき
くらいしか発生しない類の家庭に育ちましたので、
キャッシングの類をしたことがないですね、わたし。

それはつまり、いいことじゃないの、という反面、

資産運用が出来ない。

ということを示している、というか、
身を持って感じておるです。

株にしても
投資信託にしても
401Kにしても
保険にしても

興味が一向に持てません。

女性企業家や若き企業家が取り立たされて久しいですが、
わたしがその中に混ざったら、資金調達の時点で
脱落するのが目に見えています。

うん。
ふつうって案外すごいんだぞ、と思っているので
基本的にこのスタンスで生きて行こうと思います。
500円もらえるし。
うしし。

いまさらですが。
2006.11.18 [Sat] 22:32

ゼロ金利が解除されたのっていつだっけか。
結構前の話であるような気がするな。

通帳記入しようかなー、どうしよかなーと
思ってる間に思い出して、結局記入せずじまい。

確か…(以下自信なし)大手の銀行は限りなく0(0.001%?)に近かった
普通預金の金利を0.1%に引き上げた、のか?

と、いうことは。
100万円を1年預けて10円とか、そういうレベルだった利息が、
100倍の1,000円になる、ということか。ちょっと嬉しい。

そのうち金利を確認してみよう。
保険料も下がったりしないかなっ。

とはいえ、わたしのように中堅企業に勤めておると、
金利が上がるというのは、ある意味脅威でもあるわけだな。
 会社が銀行から借りてるお金を返すときの金利が
上がっちゃうわけだから、結果的に会社の利益にマイナスの
影響を与える、ということだよな。

そのマイナス作用でボーナスが下がっちゃうとか、
そういう打撃を受けちゃったりしたら
1,000円もらって喜んでる場合でもないのかも。

まあいいか。

そう思うと、約3ヶ月で2回目の500円が射程圏内に入ってきた
マクロミルは偉い。

アンケート、もっと来い!

マジシャン。
2006.11.15 [Wed] 19:42

手品用に硬貨に穴を開けると

貨幣損傷等取締法違反容疑

というので逮捕されるそうです。
知りませんでした。

10円玉をコーラに浸してピカピカにする

というのはどうなんでしょう。
別にいいんでしょうね。

今日の500円貯金、1枚。ちゃりーん。

さて、本命マクロミルに絞ってアンケートに
答えてきましたが、二回目のゴールが見えてきました。



「目の前の1,000円を拾うな」

とはどなたのお言葉でしたかしら。
まさに今、わたしは目の前の500円に必死です。

500円玉の重み。
2006.11.13 [Mon] 23:20

この間カウンセラーをやっている人と話をしていて
個人的興味からいろいろと話を聞かせてもらいました。
守秘義務があるので、答えられるのはごく一般論だけど、
という前置きの後に、快く質問に答えてくださいました。

「『死にたい』と言ってくる人にはどうするの?」
と尋ねたところ、
「『何故死にたいのか』を徹底的に聴く」
という答えが返ってきました。

人というのは悲しいかな「聴く」ことよりも「話す」ことの
ほうがずっと好きな生き物ですよね。
わたしはそう思います。
 そして自分の経験だけでアドバイスをしがちでもあります。
相手が育った環境や、生まれ持った体や心の強さが
あらかじめ違うという大前提を忘れて、説教じみたことを
してしまいがちです。

話を戻しますが、カウンセラーは
年単位で、何故死にたいのか、死にたいと思う理由はなんなのか、
というクライアントの話をただただじぃっと聴いていくそうです。

そうしている間に、クライアントは、ゆっくり、ゆっくり、
自己解決をしていくそうです。
 想像ですが「何故死にたいのか」という問いが、徐々に
「何故生きるのか」に変わり、「どう生きるか」になるのでは
ないでしょうか。

「自傷しちゃう人はたくさんいるけどね、
 でも僕が受け持った人で、死んじゃった人はひとりもいないよ」

そう言う彼は、ちょっと誇らしげでした。

その後に思ったのは、
「死にたい」と口に出して言える人間には
「生きていける」可能性があるのだということです。

だから、学校の先生なり、親なり、上司なり、みんなが
「聞き上手」になってあげられたら、小学生や中学生の
自殺は、減るんじゃないかと思ったんです。

そしたら今日、学校でいじめや恐喝を受け、学校付きの
カウンセラーにも、担任の先生にも、親にも、相談をして
「大丈夫」と言った中学生が直後に自殺してしまったという
ニュースを見てしまいました。

恐喝といっても「貸した500円に利子つけて返せ」みたいな
もんです。ちょっとした大人なら、正義感が強めな高校生なら
彼のためにためらわずに払っちゃうでしょう。
 それでカタがつくならば。

わたしは少なからずショックを受けました。
相談できても、その直後に死んでしまう人がいることに。
持論を根底からひっくり返されたような気が、ちょっとしました。

いじめ、恐喝、進学に対するプレッシャー。
親に対する反発、成長期の不安定な情緒。
そんなもんは今も昔も一緒です。

親が悪い。
教師が悪い。
教育委員会が悪い。
文部科学省が悪い。
世間が悪い。
時勢が悪い。

違うと思うんです。

確かに、プロのカウンセラーは、すごいお仕事だと思います。
これ以上の感情労働はないだろうな、と思います。
だけど、医療機関ではないので
言うなれば「お店」と「お客さん」の関係です。
 カウンセリング自体を活用することに何の抵抗も
異論もありませんが、それって、なんか、悲しくないですか?

それ以前に、相手の立場や心情を思う想像力が
みんなにもう少しずつあれば、と思うのです。
 背景には、核家族化とか、少子化とか、定年雇用とか
反対に成果主義とか、いろんなことが絡んでいるでしょうし、
わたしは頭が悪いので難しいことは良くわかりませんが、
目上の人の話より、
自分より弱い立場にあるものに対して、
時間を割いて傾聴する姿勢というのが
大人として身につけておいておきたいモノのひとつだと思いました。
同時に、自分を解放する術も見つけておかないといけません。
カウンセラーも、カウンセリングも受けるそうですから。

先輩におごってもらった分、後輩におごってあげるのと
おんなじ感じかも知れません。
 そんなふうに人と人って繋がっているのだと、思いました。

今日、500円玉を2枚、貯金箱に入れました。
いつもより、重いです。

ポイントあれこれ。
2006.11.11 [Sat] 18:44

今朝マクロミルのアンケートを始めたら、
やたら長くて全然終わらないのがあって、
あわわー、となって終わらせたら

170ポイント



も一気に入った。

わーい。

ところでポイントといえば、
某T○UTAYAのカード、最近では
某Tカードと呼ぶようですが、
いろんなところでポイント貯まるじゃないですか。

わたしも、ローソン行く度に何気なくカードを差し出す
ナチュラルな行動動線が描けるようになって
しまっているんですけどね。

今日ふと、同居人と某Tポイントの話になりまして

で、結局某Tポイントって何に使えるの?

ということですわ。
結果ふたりして

知らん


ということだったので調べてみましたら、
お買い物券にしたりできるんですってね。
でも自分のポイントがどれだけあるのかわからない。
オンラインで確認するには登録が必要。面倒ですぐ挫折。

今度お店で聞いてみようと思います。

いろんなお店で
それぞれにポイントカード制度があって、
結局どれも中途半端で、
あんまり得できてないような気がしますね。
お買い物のたびに、ポイントと一緒に
人生の経験値も増えるといいのですが。

海外送金高飛準備?
2006.11.09 [Thu] 07:40

この間、ホットなメールに

"Hi from □□"

というタイトルで、知らない外国人から
メールが来ました。

□□と言えば、5年前、ぷー子(当時はニートという
ことばはまだなかった)のわたしがふらふらとしておった某外国の島。

しかし差出人の名前に全く覚えなし。

あやすぅぃ…


とは思いつつ、開けてみたくなるのが
人間ってもんでしょ?

開封。

そしたらねぇ、知ってる人からだったんですよ。
メールアドレスも知ってるアドレスなんだけど、
表示させる名前だけ

全く別人

に変えてるわけです。

別に内容的には、元気?とかそういう3行くらいの
ありがちなもんだったんですけど、

名前を変えるって、

あやすぅぃ…



大体ですね、そのアメリカ人の彼、
会ったときから偽名だったんですよ。
そのときはパスポートで見せてもらっていて、
本名とちょっと違うなぁ、程度だったんです。
だから彼的に

字画が悪い

とか、そんなんで、□□と言う世界中のいいかげんが
集合したような島で、好きな名前を語って仕事したり
宿泊したりしてんだなぁ、と勝手に思ってたんだけど、

今回、ぜーーーんぜん本名とも、以前の源氏名とも
絡みのない名前
で、

あやすぅぃ…


えー、なんか連絡取ったら、

泥棒に気ぐるみはがされて身寄りがないんだよぉ。
送金してくれよぉ。


とか言われたら嫌だなぁ…。

あやすぅぃ…


とは思いつつ、好奇心を抑え切れないのが人間ってもんでしょ。
3日寝かせて「何故名前が違うのか
とかなり単刀直入に返信してしまった。

今のところ応答なしです。

その後、さっそく当時、□□で出会った女の子(日本人)に
4年ぶりに電話し、事情を説明したら「キモイ」の連発の後に

「ちょっと、詳しく事情聞きだしてやー」

の指令。

知りたいんかい

。笑。

ところでメルマネって海外の口座にも送金できるの
かなーって思って今見てみたけどよくわからんかった。
仮にできたとしても、びた一文送りませんよ。
念のため。
P R
2006年11月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:piggy34
読者になる
Yapme!一覧
読者になる