法人名義の頼りになプロミスのお客様サービスプラザ

May 29 [Wed], 2013, 6:50

楽天銀行などでは、頼りになプロミスのお客様サービスプラザが法人名義で申し込みができるようになっているので、便利です。
つまり、通常手数料がかからない頼りになプロミスのお客様サービスプラザでも、法人の場合は、手数料が必要になります。
一般的には、所定の口座を持っていて、満16歳以上であれば、頼りになプロミスのお客様サービスプラザは利用できるようになっています。
VISAデビット機能付きの頼りになプロミスのお客様サービスプラザは、普通預金口座残高の範囲内で利用できるもので、借入機能はありません。

頼りになプロミスのお客様サービスプラザを法人として利用する場合、当座預金、普通預金が発行の対象口座になります。
頼りになプロミスのお客様サービスプラザを法人が利用する際、注意しなければならないのは、利用限度額を高額に設定している場合です。
法人の頼りになプロミスのお客様サービスプラザには生体認証機能があり、手の指の静脈パターン情報で本人確認を行います。
16歳未満の人は、VISAデビット機能の付いていない頼りになプロミスのお客様サービスプラザを申し込むことになります。
法人の頼りになプロミスのお客様サービスプラザの取引の範囲については、銀行本支店のATMとCDを利用した、入金、支払い、振替、振込になります。
法人の1日あたりの頼りになプロミスのお客様サービスプラザのATM限度額は、本人用、代理人用カード共に、同じ利用限度額になります。