夢の中のおじいちゃん 

April 08 [Wed], 2009, 16:12
「そっちに行っちゃあダメだぁ〜〜!!!」




お風呂に入っていたら、おじいちゃんの部屋から大声が聞こえてきた。



齢89歳のおじいちゃん。85まで一人暮らしで車も運転してたけど、めっきり身体も頭も弱って、今は同居しています。



そのおじいちゃんが、時々、夢を見ます。



今日のは、多分、戦争の夢だなあ。



私が生まれてから一度も怒ったこともない優しいおじいちゃん。



戦争の夢をみるときは、大声で怒ったり、泣いたりしています。



おじいちゃん、喜怒哀楽の怒を戦場に置いてきたの?




水木しげるが、人も歳をとるとどんどん妖怪になっていく、というようなことを言っていたけれど、うちのおじいちゃんも、およそ私達にはできないような澄んだ目をしていて、もうキラキラと儚くて、89歳のよぼよぼのおじいちゃんなのに、天使みたいにうっすら光ってる感じさえする〜。妖怪化、してるねえ!



おじいちゃんよ。妖怪になって、末永く、我が家を見守ってくれ!



あと30年くらいは

初恋の人からの手紙 

March 13 [Fri], 2009, 16:17
初恋の人からピエールさんへお手紙が届きました。

--------------------------------------------------------------------------------

ピエール、元気?
今でもフリマに自作の詩を出品していますか?会うたびに詩を書いておれに見せてきたピエールをなつかしく思います。

泣きじゃくるピエールが「好きだけど寂しいから別れる」と言って自分から連絡を断ったあの日から、もう10年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。

あ、そうそう、手紙を書いたのには特に理由はないんだ。ただ部屋の掃除をしていたらピエールからの昔の手紙が出てきたから、なつかしくなって。びっくりさせたかな。

今さらだけど、おれはあまりピエールのことを分かってあげられなかったなぁと思っています。寂しがりだったピエールに「寂しさは気の持ちようだ」と言って冷たく突き放していたし、「もっと強くないと疲れる」とよく言っていた記憶があります(でも強い女は嫌いなんだけど…苦笑)。本当はおれも自分に余裕がなかっただけで、弱いところも好きでした。

そういえばピエールにとってはおれが初恋の相手なのかな?付き合ったばかりのピエールはやたらと緊張していて、「恥ずかしい」という言葉を連発していたように思います。今ごろ、きっと恥じらいなんてものは忘れ去っているんでしょうね。

付き合ったばかりのころのピエールを思い出すと、不安だったのか「別れたら罰金10万円ってことにしよう。だって別れないでしょ?」などと言っていましたね。プレッシャーに負けて「うん」と言ってしまったのを覚えています。10万円どこに振り込めばいいですか?

ピエールと付き合えて本当によかったなぁと思うところは、わりとネガティブな人の気持ちが分かってきたことです。それにより自分の包容力も多少は強化されました。どうもありがとう。

いろいろ書いたけど、おれはピエールが大好きでした。これからもピエールらしさを大切に、それとそろそろ彼氏の財布からお金盗むのはやめて(笑)、これからもっと幸せになってください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. カーテンと同じ柄のスカートはまだ使ってますか?






::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


フリマに自作の詩、ではなく、コミケで同人誌の間違いだろう!ww




http://letter.hanihoh.com/
みんなにも、初恋の人から手紙が届くよ。

ホルテンさんの誘惑 

March 09 [Mon], 2009, 16:14
先月。渋谷Bunkamuraで公開初日に映画「ホルテンさんのはじめての冒険」を見に行きました。


内容もさることながら、私をずっきゅううぅぅんと撃ち抜いたのは、舞台となっている北欧の景色や文化など!

古びたスキー板、サーモン、かわいい家具、パイプに石畳〜…。
カモメ食堂みたく、「こういうの、日本人も好きでしょ?」てなかわいい北欧全開ではないが、ノルウェーの監督、ノルウェーの音楽、北欧俳優たちで送る生粋の北欧映画なのです。



北欧は、憧れだ。

ムーミントロルが住んでるし、白夜。にしん、家具、雪、オーロラ、厚着する老人たち、ダイヤモンドダストが綺羅ラ・ラ・ラ

素敵な、映画でした…ほぅ。(ホルテンさんには、ダイヤモンドダストも白夜もにしんも出てきませんが)



…ヴィジュアル面についてばかり書いてるけど、内容も良かったですよ。

ここには書きませんがね。



とにかく、「北欧!北欧北欧!!」と興奮した私は、友人を連れ立って六本木の北欧料理レストランに向かうも、ホルテンさんの初日だったせいか、満席!ぎゃふん!




その日は、諦めたが、以来北欧に取り憑かれたピエール。

リベンジ!シャーッと思ってイケヤ新三郷へ行ってまいりました。

イケヤカフェでは、北欧料理が食えると風のウワサで聞いたので。

で、↓



食った。満足だ。上のアンチョビとじゃがいものグラタンは「ヤンソンさんの誘惑」というメニュー名だった。

そういえば、後楽園にあるムーミンカフェでも同様のメニューを食べたな。

ムーミンにちなんだメニュー名かと思っていたけど、定番でこの名前だったのか。cawai〜i〜(^ε^)



あと家具もゲッツしました!パソコン置くテーブルとプラスティックのいすです。

ウワサにたがわず安くてビックリした。マグカップが10円だったので10個買った。100円な〜り〜。



…というわけで、ホルテンさんに掻き乱された北欧萌え心も何とか落ち着きを取り戻しました。




でもいつか、本場に行ってやる!

ラースと、その彼女 

February 12 [Thu], 2009, 21:26
忘れたくない想い出が消えかけている…

それは悲劇だと思うよ。




 …昨年も友人に連れられて、良い映画をたくさん観たはずなのに
タイトルも内容も何もかも通り過ぎて思い出せない!(ゆら帝の歌詞パク)
その悲劇を食い止める手段として日記がありますね。
今後は、ちゃんとこのブログにつけていこうと思います。
感想、というか自分メモ程度にですが。



昨年末は『ラースと、その彼女』を観ました。
観る予定の方はここからネタばれあります。注意!

いい年をして彼女ができないが、気立てが良く皆に愛される青年ラースがリアルドール(等身大の人形)を彼女として皆に紹介した!
…てな話です。
こう書くとすごいコメディかエロギャグかな〜て気がしますが(それも好きですが)、意外や意外にすごいハートウォーミングな物語でした。

家族や周りの支えも、もちろん重要ですが、
やはり自分の心を治すのは、自分だな、と妙なところで関心しました。

気付いたら前にも後ろにも、身動きできない息苦しい境地にいたり、
突然「普段」に耐えられなくなったり、

そんな逆境を乗り越え、人生の次ステージに進むためには、ちょっとやそっとのテコ入れじゃ解決しない場合もあります。
ラースは、人に触れられることに恐怖を感じてしまう障害を、リアルドールを彼女にすることで卒業の足がかりに。私は海外に1人で飛び出すことで、長かった学生時代から社会に出る不安を払拭する勇気を得た気がします。

願わくは、自分を卒業するためのテコ入れを自ら仕掛けようとする人が周りにいたら、ラースを支えた家族や町の人のように、自分のことのように考えて支えてあげたい…やさしさを持っていたい、そんなことを考えさせられました


…漠然と浮かんだ感想を、文字にするのって本当難しい!

地球のすべり方〜ポルトガル編〜 

February 05 [Thu], 2009, 22:51
 たまりにたまった休日をかき集めて、ポルトガルへ旅行に行ってまいりました。
卒業旅行以来の長期(?)一人旅とあって、かな〜りのズッコケ旅になりました。

よく、「女子の一人旅でよく大丈夫だね〜」とか「しっかりしてるんだね」「旅慣れてるんだね」などと仰って下さる方もいらっしゃいますが、それは誤解です。文字を大にして言いたい(by讀賣新聞)。

 私は、ちっともしっかりしていないし、いつまで経っても旅慣れないので、いつもトラブルに巻き込まれていますから!(何故威張る)

 大抵、『地球の歩き方』片手に旅に出ますが、そこに載ってる「トラブル報告」をなぞるようにトラブルに巻き込まれます。インドではタクシーの運ちゃんに有り金巻き上げられたし、メキシコでは高山病。

 そして今回は。。。。。。。。。

乗り継ぎ便に置いていかれました。
ロンドンはヒースロー空港でのことでした。気付いたら、行っちゃってました     
すぐに次の便を手配してもらうも、次の便は翌朝発とのこと。。。。。
「半日以上あるよ…しょうがない、ビックベンの写真でも撮りに行くか…」とイギリス入国しようとしたところ、「ここにいなきゃダメ」と係官に止められ、結局空港のラウンジで一泊することに…!

 昔、乗り継ぎ時間が20時間くらいあるけど経由地のアメリカで宿泊すると高くつくので、ホテル代ケチってわざわざ空港のラウンジで寝たことあるけどー…この年になってまた空港で寝る羽目になるとは…ね!


『地球の歩き方』とか「旅慣れてる」とか、もうそういうレベルのミスですらない気が…。
性格の問題かも。

 写真はヒースロー空港のトイレの中にあったガムのガチャポンです。「トイレの中になぜ食べ物が売られているのー!?」と驚愕している間に、飛行機が行ってしまったと…
…そういうことにして置いてください。

 ちなみに、ポルトガルは、そんなミスも吹っ飛ばすくらい無茶苦茶楽しめました
物価が比較的安く、清潔で、治安も比較的安全で、風光明美で、交通の便が良く、ワインがうまい!
オススメです!
そのうち旅行記をまとめたいな。

免許皆伝 

November 06 [Thu], 2008, 4:48
 先々月にTJさんとダイビングの免許を取得しに行ったのですが、今日やっとライセンスカードみたいのが来ましたよ。
 本当に取れたんだなあ。これでピエールも水陸両用です(?)。

 沖縄本島で受けた講習では、私ら体験ダイビングもやったことなくて本当に初めてだったんですが、かな〜り愉快でした。



 台風が石垣島沖までやってきてて海が荒れ荒れ。どこのポイントもクローズになる中、インストラクターさんが何とか探してくれたポイント…見た目は穏やかな青いきれいな海だったんですが…!
 先に海に入ったインストラクターさんが、「ここまで泳いできてください〜」と呼ぶ声に、「やっと海に入れる」と喜び勇んで海に飛び込んだ私らでしたが…

 …海に入って少し泳いだ矢先、思いのほかの激流で全員クモの子を散らすようにばぁ〜っと流されて行きました…

 溺れかける者多数!「フィンが!フィンが流された〜」「泳いでも泳いでも進まない!」など悲鳴を上げる生徒たちをインストラクターさん総出で救出に向かいました。
…足のつくところまで引き上げられ、浜辺にアザラシの群れのように座り込む生徒たち…「なんか…もう、私ダイビングできなくていいや…」「…疲れた…」みんなやる気を失った目で虚ろに海を眺めていました…実際、このくらいの流れを泳ぎきる体力が無いと楽しめないスポーツなのか?と、私もかなり凹みました

 しかし、ショック状態の生徒を尻目にインストラクターさんたちは「何とかライセンス取らせて帰らせてあげよう」と、海の中にロープを張って(海面の浮きと海底をつないだ)掴まりながら、何とか流されずに講習ができる体制を整えてくれていたのです!
 ありがたや〜。更に人数を小分けして受けさせることで何とか全員無事に(?)講習を終われました。

 後で聞いてみたところ「こんなに流れがある場所で泳ぐことは普通はまず、ない」とのこと。いつもこんな流れに立ち向かいながら潜らなきゃなら、2度とできないな…と思っていたのでほっとしました。
 そんな調子で荒れた海だったので透明度1くらいしかなくて、きれいなものは何も見えなかったし…また次回リベンジしたいっス。
…ケラマ!ケラマ!!

復活! 

November 01 [Sat], 2008, 20:40
\ひゃっほーい!1年ぶり!/


…ブログ復活ピエールです。
本当にひさしぶりなのです。お待たせロドリゲス!よろしくメカドック!(?)
しかも1年前の記事がスゲー…誕生日に泥棒に金奪われてるよ…!

そんな恐ろしい幕開けにもめげずに、また1つ歳をとりました。
仕事の忙しさで何も出来なくなっていた新社会人時代を卒業し、忙しさは変わらないのに無理やり趣味を全うしてみた1年でした。
生き急いでますな〜…体力勝負!!(でも貧弱!貧弱ゥ!!!!)

母親からiPodを貰い、友達からも祝いをいただき、会社でも祝いの宴を設けていただきました。
幸せや…私ゃ幸せ者じゃ〜!ありがとうね(ノ_・、)

何より今年は泥棒が来なかったんですよ。
家中の窓に鍵と防犯ライトをつけた効果かしら。神社で買った盗難除けの札を貼ったからかしら。お誕生日に泥棒に入られない幸せを噛み締めながら、また1年生き抜いていこうと思います。

良い年になれば良いなぁ。
気が向く限りまたブログを書いていこうかと思います。

アナザーモーニング 

November 01 [Thu], 2007, 20:25


Ah 今日は新しい 僕の誕生日なんだ

記念写真を撮り直すからおいでよ







…おめでとうのメールをくれた友人達よ、ありがちょう!
それを励みに頑張って生きてゆきます。今年も。

ハロウィン! 

October 23 [Tue], 2007, 20:17
  \ho-ho-ho!/

ハッピーハロウィーン!
どーん!

はい。昨日取材先でお化けかぼちゃを頂いたので今日、帰宅するや否や猛烈な勢いで加工、ジャック・オ・ランタンを作ってみました。

初めて作ったけど、結構柔らかくて細工しやすかった。牛の飼料につかう巨大になる品種で、ジャンボかぼちゃコンテストの余りをいただいてきたんです。人が食べても美味しくないらしいので中身は捨てました。


\風呂場で使ってみました/

かっこいい〜
ハロウィーンて子どもの頃かなり憧れました!
だって他人からお菓子もらえるんだよ?魔女の格好とか可愛らしいし
しかし…埼玉の片田舎にそんなシャレた行事が定着しているわけも無く、もう大人になったピエールにはビジュアル系のハロウィンイベントに足を運んでみるとか、それくらいしか出来なくて…

…切ない。




いつか自分の子どもが生まれたら、悪ノリします!

食傷気味 

October 20 [Sat], 2007, 9:11


辛うじて日付変わる前に帰宅できたピエールです。
もうまともにブログ更新できる気力が残っていない今日この頃です。
2009年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ピエール
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:11月1日
読者になる
 片田舎在住、ヲタクOLピエールです。 このブログ自体は古くて学生時代からつけていますよ。成長は見られませんがね!
メールフォーム

TITLE


MESSAGE