ぼやいても一つも解決しない 

September 15 [Wed], 2010, 20:54
これから先どうしよかとか、今の仕事を続けていけるのかとか、途中で死にたくなるかなとか、後の人生考えることすら億劫だとか。


何かイロイロですね!



あまり積極的に生きれてる訳じゃないので、健全な将来設計なんて無理な気がしますの。私にそれを求めるな。諦めろ。でなければ死ね(私が)

休日に人と会うことが億劫で、とりあえずイヌの散歩に外に出るだけ。
家族付き合いだってぎりぎり精一杯やってるつもりなんですよ!これでも!だからお前も空気よめよ!



1人暮らししたいとか言う前に、疲れてどうでもいい。どうでもいいというか、もういいかなぁって思いました。

こんな時は、死ねばいいのにと呟くのが一番☆です 

August 30 [Mon], 2010, 22:06
休みがくる前にぐったりしてしまうのは、夏だからか、通勤が長いからか、仕事がヤバいからか。
よくわかんないけど、もうぐったりです。
朝はいつだって眩暈がします。



憂鬱になって死にたくなるのは、仕事のせいとか家のせいとかじゃなくて、私が憂鬱になる気満々なだけだと思います。
むしろ今、憂鬱じゃない奴がいたら、教えてくれ!

もしかしたら、10月から半ば1人暮らしになりそうです。実家で。
何だろ、何やってもテンションが下がって落ち込みそう・・・
きっと頭がおかしいんだな
嗚呼、いつものことか。

ふつーに生きることはこんなんだ 

July 28 [Wed], 2010, 14:58
あまり、積極的に生きたい!と思えるタイプではありません。


何だかとっても面倒くさい。
仕事はまぁとりあえずなぁなぁにやり過ごして、働くこと自体にそこまで苦痛は感じませんが。

面倒くさい。
それ以外のことが何だかとっても面倒くさい。






私に健全性を求めるのはやめてくれ。

傷つけて気づかずに傷つく 

June 18 [Fri], 2010, 20:30
私の何気ない一言が誰かを傷つけているかもしれない。


そんなことは、後になっても気づけないんだ!





何一つ慰められない、満足な助言もできない。
そんな気すらない。

私には、時給以外でここにいる価値があるのだろうか?

これはいつか通った同じ道。 

June 14 [Mon], 2010, 19:42
けっきょく、同じところを行ったり来たり。
進んだり後ずさったり。




研修中という異様なてんしょんは、それ特有のものだと思う。
楽しいほど後が怖い。耐えられないかもしれない。


他人が無駄に気になるのは、まだ健全だ。ヤヴァいときは他人になど目が向かない。自分しか見えない。むしろ自分すら見えない。
なら、私はまだ大丈夫だ。





目を瞑れば視界は真っ暗。大音量で音楽を鳴らせば聴力は失われる。

認知できなければ、それは存在しない。
存在しないものに、足を取られることはない。

だから安心してこの道を進んでよ。



嗚呼、気がつけば足が血まみれだ。

やさしくして、つらくあたって 

June 11 [Fri], 2010, 19:55
たのしくてしかたがない。
私がせいいっぱいの気持ちで接すれば、それ以上のものでかえってくる。


ズレたコメントをして笑われても構わない。それは嫌悪じゃなくて好意だ。






たくさんわらって帰ったときほどぐったりする。
楽しいからこそなのか、また誤魔化して楽しいふりをしているだけなのか、私には判断が付かない。
一般人のふりを装っているつもりはないけど、無理はしているのかもしれない。

人間関係なんぞ、無理することばっかりだよ!!

おんなのこは甘いものでできている 

May 25 [Tue], 2010, 0:34
おんなのこが泣いている。

赤い目に、震えた声。
打ちひしがれた台詞を口にして、たまに言葉が詰まる。




女性と呼ばれる人達がある一定の数を超えて集まるととても面倒臭い。
仕事に全く関係のない目に見えないものが飛び交って、極たまに私の視界を塞ぐのだ。

凪払えばいい。
すり潰せばいい。
ゴミとして処理すればいい。




今のところ私には被害はありませんが、気の弱そうな彼女たちが、裏での出来事をいちいち報告してくださるのも、また面倒だったりするんです。
いつだって強者は強くて、弱者は弱いんです。ひっくり返せばみんな同じです。


場を仕切ってくださる人を有り難いと思う気持ちと同じだけうざいなぁとも思ってしまうんです。

こんな気持ちが表面に出てるからあちゃこら言われてしまうんですね!



にんげんはいつだっておもしろいな。

いまさらきずつくのは身勝手すぎる 

April 14 [Wed], 2010, 5:48
ちょっとだけねました。
ゆめをみました。
めがさめて、ねむることを諦めました。



もうずいぶん前。
むかしむかしにお付き合いという行為をしていた人から結婚報告の電話がありました。
まぁ正直、いつかこんな日がくるだろうなぁと思っていた。
分かり易すぎる事態です。





お祝いの言葉を決まり文句で口にした後、からかい半分で笑い飛ばした私に、彼女は相変わらずだなぁと意味のわからんことを言っていました。

「どうして電話したの?」
って笑って聞いたけど結構まじな疑問だったんだ。







電話よりメールが良かった。返せる自信なんてないけど。


好きとか嫌いとか、恋だとか愛だとか。
そんな仕分けは忘れてしまった。
私にとって、彼女は“特別”だった。それだけ充分だったんだ。

お別れしたのは私の勝手だったけど、でもやっぱり別れて正解だったんだろうと、今の彼女を見てて(実際に目にしてはないが)思う。
あれだけ傷つけたのだから、幸せになってくれて何よりだと心から思う。












けど。
こんなにショックを受けるとは思わなかったんだ・・・

最近つらつらと思うこと。 

April 13 [Tue], 2010, 20:10
年末年始に比べたらずいぶん精神が落ち着いたと思います。
このまま落ち着いた人間になりたいと思います。いい加減にな!


鬱々としていたわけではないけれど、気持ちが荒んでいると何事も自分中心でないと気が済まない。
他人のことなんて気にもしたくない。
携帯が鳴るたびに嫌になる。
家族にすら話しかけてほしくない!
(いまなら何とか大丈夫ですが)


という時期が半年ぐらい続きましたね。今思うと病院行った方が良かったんじゃね?とかいうのは、大抵全てが過ぎた後に思うこと。
私は基本的に易しいけど優しくはないので、この半年間はある意味素直だったのかも。


福岡にいた一年間キャラ変えすぎて混乱してたのかもしれん。
元に戻れるほしょうはないがな。

愚痴っぽい呟きほど愚かなものはない 

October 22 [Thu], 2009, 20:18
先週ぐらいから残業が酷いんです。

たぶん私は仕事の量になれてないだけで、それが慣れてしまえばどうってことない気がしますが

慣れる前から仕事を増やしてくるのは若干嫌なんです。
若干じゃなくてすごく嫌なんです。
口には出しませんが!



毎日×毎日一つずつ仕事の数が増えていきます。
や、あの、どこがゴールなんすか?
どこまでやったら終わりなんすか?

きのーまでは「まぁ頑張れば一人でできるよね!(願望的意味合いで)」って信じてたけど、最近まじでもう一人人員増やしやがれ!!とか思います。
その内きっと呟き出します(こら)。




社員の方は皆さんお優しいので、「無理なときは言ってね!」って言ってくださるけど、その言葉を口にすることは私にとって拷問に等しいから!

しんでくだはい!!
P R
2010年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ぺぺん
» きみならいつかしあわせになれる! (2008年12月17日)
アイコン画像こんぶ
» きみならいつかしあわせになれる! (2008年12月16日)
アイコン画像最近の最大の敵は世界ですao
» かいどくふのう (2008年06月24日)
アイコン画像向上心のない奴ao
» 道逝く先へ (2008年04月25日)
アイコン画像だから君にそばにいて欲しいあお貼る
» あくいによってあげる (2008年02月05日)
アイコン画像同一あおはる
» しあわせはゆめのなか (2008年01月12日)
アイコン画像しおこんぶ
» 全てに疑ってかかれ! (2007年12月14日)
アイコン画像ばらばらあおはる
» はつげんしてあげる (2007年11月14日)
アイコン画像下の名前で呼んでくる異性にはもれなくキレちゃうぺぺ
» 可愛がられるしか能が無い (2007年07月08日)
アイコン画像歳をとると共に、誰もファーストネームで呼んでくれなくなったあおはる
» 可愛がられるしか能が無い (2007年07月08日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:piero17
読者になる
はじめまして? ピエロと言ったりしないでもないです。 うじうじしているわりには、いい加減に「世界滅亡人類消滅」をsloganに前向きに生きているつもりですかどうでしょう? 他にもいくつかblogを設置しているらしいですが、もう一つの名前で呼ぶと七回輪廻を繰り返しても呪い続けるらしいのでお気をつけくださいのね。 ごめんなさい。 死んでお詫びします。
Yapme!一覧
読者になる