幻覚、否。 

2005年04月09日(土) 15時57分
──落ちていく・・・

まるで、滑り降りるように、なめらかに。

痛くはない

苦しくも無い

ただ──

人という生き物は、自分が一度も経験したことの無いことを恐れる。

例えて言うならば、死。

死は、だれもが恐れている。

それは、死を経験したものが"この世"には存在しないからだ。

ともかく、10人は恐怖していた。

しかし、この先何が待つのか、10人の中で分かった者は皆無であろう。

なめらかな道が、終わる。

10人・・・いや

10匹の両足はその"地面"に触れた。

........................next.......................

画面の前で 

2005年04月09日(土) 13時31分
はるる、ミナミ、ルカ、ユウコ、麻希、光夢、ポポプ、リンリン、ミンミ、しぃ
の10人は、「チーム掲示板」を開いた。
すると、普段は書き込みがズラーッとあるはずが、何も書いていなかった。

すると、真ん中にこんな文字が浮かんできたのだ。
『リヴリーの世界へご招待します』
10人は首をかしげた。すると!
画面がマーブル模様になった!
10人「うわぁぁぁああああ!!!」

10人は、画面の中に吸い込まれてしまったのだ────。

プロローグ 

2005年04月09日(土) 10時39分
Livly Island...君は、このバーチャルゲームを知っているかい?
自分だけの、電子ペット。
そのペットを育てたり、戦わせたり・・・。
自分だけの、アイランド。
アイランドにアイテムを置いたり、掲示板を置いたり・・・。
そんなLivly Islandのユーザーは総数30000人以上だ。


さて


君は、自分が"もし"Livly Islandの中に入ってしまったとしたら

どうする?

慌てるかい?
悲しむかい?
楽しむかい?

──それとも?──


もとの世界に戻れるか・・・?

そんなことは、判らない。

パソコン越しに見てきた世界。
それが、

すぐそこに

──いや、

目の前に、現実に、あるのだ。

パソコン越しでは、ないのだ。


未知の世界。

今、そのベールは公になろうとしている。

この話は
そんな目に奇しくも遭ってしまった

とある10人の話である。

..........................next...........................
2005年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pidoret
読者になる
Yapme!一覧
読者になる