アジャンター石窟群Wikipediaユネスコ世界遺産登録

March 05 [Wed], 2014, 13:13
アジャンター(अजंता )石窟(寺院)群とは、インドのマハラーシュートラ州北部、ワゴーラー川湾曲部を囲む断崖を550mにわたって断続的にくりぬいて築かれた大小30の石窟で構成される古代の仏教石窟寺院群のことをいう。アジャンター石窟寺院は、1815年、ハイダラーバード藩王国の藩王に招かれて狩猟に参加していたイギリス人士官ジョン・スミスが虎狩りをしていたときに、巨大な虎に襲われてワゴーラー渓谷に逃げ込んだ際、断崖に細かな装飾が施された馬蹄形の窓のようなものを見つけたことが発見の契機となった。彼がアジャンターの石窟寺院を発見したとき、すっかり放棄されてコウモリのすみかになっていた。のちの第10石窟に自分の名前を記した。



CAVE TEMPLES at ELLORAユネスコ世界遺産 「アジャンターの石窟寺院群」

エローラ石窟群Wikipediaユネスコ世界遺産登録

March 05 [Wed], 2014, 13:10
エローラ(एलोरा)石窟群 (Ellora caves)はムンバイの東にあるアウランガーバード郊外の世界的に有名な石窟群である。エローラ石窟寺院群とも言う。 エローラ石窟寺院群は世界遺産であり、世界遺産の中でも最も印象的な遺跡の一つである。エローラは、インドのマハーラーシュトラ州、アウランガーバードから30Kmほど離れた村である。 (現地では、エーローラーとも発音する。) ここに世界的に有名なエローラ石窟寺院群がある。 このエローラにある岩を掘って作られた石窟寺院群はその典型的な遺跡として知られている。 エローラ石窟寺院郡は世界遺産であり、アンコール・ワットやピラミッドと並び、世界遺産の中でも最も印象的な遺跡の一つである。
34の石窟が、シャラナドリ台地(Charanandri hills)の垂直な崖に掘られており、5世紀から10世紀の間に造られた仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教の石窟寺院や修道院(あるいは僧院、僧坊)などから構成されている。 仏教寺院(仏教窟)の数は12窟で、石窟寺院群の南端に位置する第1窟から第12窟がそれにあたる。ヒンドゥー教寺院(ヒンドゥー教窟)は第13窟から第29窟までの17窟、北端に位置する第30窟から第34窟までの5窟がジャイナ教の寺院(ジャイナ教窟)となっている。 それぞれ石窟は近接している上に作られた時期も重なっており、これらの事実はインドにおける宗教の寛容性を表している、といえるだろう。

CAVE TEMPLES at ELLORAユネスコ世界遺産 「エローラー石窟寺院」









プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:有料アダルトサイト登録
読者になる
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pictuer-movie/index1_0.rdf