ミニ四駆でギネス記録! 世界最長に挑戦(ギズモード・ジャパン)

January 16 [Sat], 2010, 20:43
盛岡市内の情報は、非常に注目しています。
さらに気になったのですが、コースについて、もっと掘り下げて調べてみます。
そして実は、テクニカルセクションを見て直感的に興味が湧きました。
かつ、レースとギズモードチームの関係について気になります。
しかし、サイトに関して、もう少し情報を追いかけてみたいですね。

ブログ

今年もミニ四駆が熱いです。



冬は寒い盛岡市内のホビーショップ「にしな」の創業50周年を記念し、ギネス記録に挑戦すべく全長523メートルのコースを設置。ただ長いだけでなくバーニングブリッジ、ループなどテクニカルセクションも多く攻略しがいがありそうです。



2009年3月のプレス対抗ミニ四駆レースでギズモードチームは見事惨敗しましたが、今年はリベンジしたいですね。





参照サイト : http://www.gizmodo.jp/2010/01/post_6637.html [IBC NEWS]



(野間恒毅)



【関連記事】

レッツ&ゴー世代必見、マグナムセイバーを実車化

プラモデルに大自然の恵み! オレンジの香りの自然派接着剤

[ホビーショー 09]タミヤブースは痛車に新シャーシミニ四駆登場!

ラブプラス痛車ミニ四駆でドライブデート!?

ミニ四駆を携帯しよう
{0}

MINI 2010年モデル…クーパーSとクーパーがパワーアップ(レスポンス)

January 16 [Sat], 2010, 18:55
クーパーの情報は、要確認の情報だと思います。
また気になったこととしては、モデルについては、とてもびっくりしました。
そして、まさかアップが出てくるとは思いませんでした。
ですが、排出量はとても面白そうですね。
そして実は、デビューはなかなか良さそうです。

ブログ

BMWグループは13日、欧州向け『MINI』の2010年モデルを発表した。「クーパー」シリーズは、パワーアップを果たしながら、燃費などの環境性能を引き上げている。



[関連写真]



現行MINIは、ハッチバック、『クラブマン』、『コンバーチブル』の3シリーズを用意。それぞれに「ONE」「クーパー」「クーパーS」の3つの基本グレードを設定している。2010年モデルでは、クーパーS、クーパーのエンジンを改良。パワーと燃費の両方を引き上げた。



クーパーSの直噴1.6リットル直4ツインスクロールターボは、最大出力184ps/5500rpm、最大トルク24.5kgm/1600 - 5000rpmを発生。最大トルクは変わっていないが、最大出力は9psアップした。オーバーブーストモードでは、最大トルクは26.5kgmに引き上げられる。



トランスミッションは6速MTが標準で、パドルシフト付き6速ATがオプション。ハッチバックの場合、0-100km加速は6速MTが7秒、6速ATが7.5秒。最高速は6速MTが228km/h、6速ATが227km/hをマークする。欧州複合モード燃費は17.24km/リットルと、約7%改善。CO2排出量は136g/kmと、約9.5%低減させた。



クーパーの1.6リットル直4自然吸気エンジンは、最大出力122ps/6000rpm、最大トルク16.3kgm/4250rpmを発生。最大出力のみ、2ps高められた。ハッチバックの0-100km加速は9.1秒、最高速は203km/h。欧州複合モード燃費は18.52km/リットル、CO2排出量は127g/kmだ。



2010年モデルのMINIは、欧州では3月から販売がスタート。2006年11月にデビューした2代目MINIは、また一歩進化を遂げた。



《レスポンス 森脇稔》



【関連記事】

VW シロッコR 日本導入---Rシリーズ初のFF

【アウディ A5スポーツバック 日本発表】A5ファミリーで最も売れる車種に

【デリーモーターショー10ライブラリー】VW レースポロ

MINI ハッチバック 特別編集

MINI クラブマン 特別編集
{0}

【東京オートサロン10】豊田通商がつくる“車中泊向けハイゼット”(レスポン…

January 16 [Sat], 2010, 17:28
ハイゼットカーゴはなんだかとても面白そうですね。
いかにも、軽自動車について、はてなダイアリーでよく確認してみたいと思います。
そして、サイドパネルに関する情報を読んで、ビビビと感じました。
気になったところから言いますと、軽自動車の情報は、要確認の情報だと思います。
だが、クルーズにとても惹かれました。

ブログ

豊田通商が企画・製造するダイハツ『ハイゼットカーゴ』ベースの「MRKトラベラー」は、キャンピングカーに付くさまざまなアイテムを削ぎ落としたシンプルな“車中泊向けハイゼット”。今春発売予定で、この東京オートサロン2010の初日にデビューした。現在、先行予約を受け付けているという。



[関連写真]



MRKは“Multi Role K”の略で、「多目的な軽自動車」という意味が込められているこのクルマ。主な施工点は、防水・防汚性に優れるフロア加工、ABS樹脂製専用設計サイドパネル、アルミ製フロアエンドなど。



専用オプションのベッドキットを組み込めば、「週末のレジャーから本格的なキャンプまで、昨今の“車中泊ブーム”に対応した“遊びの幅が広い軽自動車”ができあがる」(同社)という。



同社は、「その名(マルチロール=多目的)のとおり、普段づかいにも仕事にも活躍でき、シンプルであるがゆえに、積む・寝る・遊ぶを1台で自由自在に使いこなせるクルマだ」とPRする。



年間50台の販売を想定。発売されてからはオーダー後2週間程度でユーザーのもとに届くという。



価格は159万円(クルーズ2WD5MT)から。ベース車両および後付けパーツはワンボックスネットワーク協同組合加盟店で購入できる。



《レスポンス 大野雅人》



【関連記事】

【キャンピング&RVショー09】写真蔵…キャンピングカーいろいろ

豊田通商 特別編集

東京オートサロン ニュース 特別編集

ダイハツ工業 特別編集

東京オートサロン 総合 特別編集
{0}

スズキ会長「VWとの技術協力推進」 GM共同開発2月打ち切り(フジサンケイ…

January 16 [Sat], 2010, 16:30
鈴木修会長兼社長やフジサンケイビジネスアイはなんだかとても面白そうですね。
さらに気になったのですが、ハイブリッドの情報は、非常に注目しています。
気がついたのですが、エコカーについて、とても気になります。
気がついたのですが、包括的について、とても気になります。
だが、新型車にとても惹かれました。

ブログ

 スズキの鈴木修会長兼社長は15日、浜松市内でフジサンケイビジネスアイなどのインタビューに応じ、米ゼネラル・モーターズ(GM)との間で進めていたハイブリッド車(HV)など次世代エコカーの共同開発を、2月をめどに打ち切る方針を明らかにした。



 独フォルクスワーゲン(VW)との資本提携が決まったことを受けた措置で、鈴木会長は、「GMからの(次世代エコカーの)技術習得はほとんどすんでおり、目的は果たされた」などと理由を説明した。



 一方、今後の自動車業界で、「(排ガスを出さない)電気自動車(EV)がエコカー開発の中心になるのではないか」との見解を示した。VWとの技術協力については、EVやHVなどの開発を「包括的に進めていく」と語った。



 ただ、共同開発車を具体的にいつ国内投入するかについては、「すみやかに行う」とのべるにとどめ、明言を避けた。



 このほか、車の開発コスト削減を狙いに、VWとの部品の共通化を始める考えを示し、3年後をめどに発売する新型車で実施する方針を表明した。



 一方、販売面では、スズキがインド市場、VWが中国市場で強みを持っているものの、販売網の相互乗り入れを行うことは「1足す1が0・8にしかならない」として否定。日本国内も含め、販売協力は行わないとした。(山口暢彦)
{0}

三洋、ソニー…デジタルムービー春モデル 低価格投入 需要掘り起こし(フジサ…

January 16 [Sat], 2010, 13:59
メーカーと低価格に関して、興味があります。
だが、サイズについて、Wikipediaでよく調べてみようと思います。ザクティについても調べてみたいですね。
いかにも、数分単位について、はてなダイアリーでよく確認してみたいと思います。
気になったところから言いますと、デジタルビデオカメラの情報は、要確認の情報だと思います。
また気になったこととしては、パナソニックについては、とてもびっくりしました。

ブログ

 卒業や入学シーズンを控え、電機、精密機器メーカー各社はデジタルビデオカメラの春モデルを相次ぎ発売する。各社、機能を絞り込んだ低価格タイプを投入しているのが特徴で、新規需要の掘り起こしを図る。



 三洋電機は、142グラムと世界最小最軽量で、厚さも27ミリと最薄サイズを実現し、ポケットにも収まるデジタルビデオカメラ「ザクティDMX−CS1」を2月19日に発売する。特に、レンズの大きさを約半分にすることで薄型化に成功した。



 ソニーも、携帯電話のようなコンパクトサイズで、気軽にフルHD映像を撮影できる「ブロギー」2機種を発売する。内蔵のUSB端子をパソコンに差し込むだけで動画を転送できるのが特徴。



 いずれの機種も、常に持ち歩き、数分単位で気軽に撮影し、ブログや動画配信サービスに投稿するための機器という側面が強い。



 また、キヤノンは、従来10万円前後で販売しているデジタルビデオカメラの「アイビス」シリーズに、タッチパネルなどの機能を割愛。想定価格が7万円前後と購入しやすい「HF R10」をラインアップした。2月中旬に発売する。



 各社とも、手ぶれ補正機能の充実を図っている。共通するのは倍率ズームにしても、手ぶれを押さえる機能の搭載だ。



 パナソニックが2月20日に発売する「HDC−TM70」は、センサーを一新することで、高倍率にしても手ぶれを抑える機能を搭載した。同機は、内蔵の96ギガビットのメモリーのみで、最大41時間10分のフルHD撮影ができる。キヤノンの「アイビスHF M31」(想定価格10万円)も、望遠撮影での手ぶれを防止する「パワードIS」という機能を搭載した。



 コンパクトデジカメや一眼レフカメラ、携帯電話など高画質動画撮影ができる製品が増え、デジタルビデオカメラ市場は伸び悩んでいる。安価モデルの投入で、ファミリー層にとどまらず、若年層や女性などを取り込みたい考えだ。(那須慎一)
{0}

P R
カテゴリアーカイブ