青い鳥 感想

October 15 [Wed], 2014, 17:08
久々の邦画です。
いじめ問題の起こっていた中学校に、阿部寛演じる吃音の臨時講師が赴任してくるというストーリーです。

阿部寛が本当にはまり役でした!
吃音ということで、上手く話せないので
一言一言をゆっくり丁寧に、一生懸命伝えようする姿が素敵でした。
阿部寛って目力あるから、言葉数が少なくても目で訴えてくるものがありましたw

金八先生のような学園ドラマとは違って
生徒全員が改心するまでには至らないところがリアルでした。
人が人に物を教えることは難しい、運が良ければ教えることができるぐらいのものだ
というような台詞がありましたが、まさにその通りなんだろうなと思います。

確か、5歳ぐらいになると大人とほぼ同じ感情を持つようになるって勉強した気がする。
だから中学生なんていったら、もうとっくに人格が形成されてて
大人と考えることが大差なくなって、自分なりの考えが固まってしまってるわけだし
こちらからちょっとやそっと何か教えたって、大した影響を与えることはできないんだろうなあ。

教育関係に進みたいとおもっているので
色々と考えさせられた作品でした。



エレファント 感想

October 15 [Wed], 2014, 15:56
もう観てから結構経ってしまったのですこしうろ覚えですが
いままで観たことないような、独特な映し方をしている映画でした。

これといってストーリー性はなくて、色々な高校生の学校生活を次々映していきます。
台詞がないキャラクターをただカメラが追っているだけのシーンが多かったです。
モノローグは全くありません。

女の子にモテる男の子、陰口を言われている女の子、同性愛者サークルに所属する人たち、
くだらない話ばかりしている女の子のグループ など色々な子どもたちに焦点を当てていきます。
そして最後にいじめられっこの男の子が、校内で大量虐殺をするシーンへと移ります。

最初に殺されるのが、この殺人犯と同じようにいじめられていた女の子で
何とも言えない気分になりました。
彼女が自分と同じ苦しみを味わっているだとかそういうことはどうでもよくて、
ただ周りの世界を全て破壊してしまいたかったんだろうなと思います。
実行するかはともかく、そういう感情を抱いたことがある人って多いんじゃないかなあ。

少年が何を思ってあそこまで思い切った行動に出たのかは最後までわかりませんでした。
途中、食べたものをすぐ吐くダイエットをしている女の子たちが映し出されていました。
あの行為だって、あのくだらない会話だって
私からしたらさっぱり訳が分からないし、恐ろしいです。

内容は違っても、本当に些細なきっかけで
他人からは理解しがたい行動をしてしまう可能性というのは誰にでもあるのだろうなと
ぼんやり考えながら見ていました。

とにかく静かで、淡々と映像が流れているだけのような作品でした。
面白い映画だなあとは思わなかったのですが
退屈に思えるほど平凡な学校生活が静かに崩壊していく様子と
犯行に及んだ少年の最後の台詞は忘れられないです。

スクール・オブ・ロック 感想

September 16 [Tue], 2014, 23:36
地元のレンタルショップのオススメコーナーにあったので借りてみました

ギタリストの主人公デューイは、ロックをこよなく愛しているのですが
パフォーマンスが激しすぎるためバンドをクビになり無職になってしまいます
そこで、教員の友人なりすまし小学校の臨時教師となり、子どもたちにロックを教えるというストーリーです

『天使にラブソングを』にちょっと近いかもしれません
でも、『天使にラブソングを』は大好きなのですが
『スクールオブロック』は私にはあまり合わなかったです・・・

友人のふりをして教師になりすました上、子どもたちに一切勉強を教えずロックばっかり教える主人公
なんて自己中極まりないんだろうとばかり考えてしまいました
『天使にラブソングを2』みたいに、放課後音楽をやるって感じだったらまだ受け入れられたと思うんですけどね
授業時間を使ってバンドとは関係ないロック史まで教え込んで、全く理解不能です・・・

最終的にロックによって、子どもたちが精神的な抑圧から解放されたわけだし
子どもたちが意欲的だったからバンドはとても意義のある活動になったけど
子どもたちのことなんてこれっぽっちも考えてないデューイを見ると、なんだかなって感じです
教育関係の仕事を志望しているせいか、コメディだからとは割り切れなかったです

レンタルショップのPOPには、主人公がかっこよく見えてくる!と書かれていました
子どもたち一人一人の個性を見抜いて適役を与えたり、一緒になって一喜一憂したり
そういったことができるデューイだからこそ子どもたちに慕われて成功したんだろうなとは思います
でも、どうしてもデューイは私の中で嘘つきダメ人間のイメージが払拭されないまま終わってしまいました








ワイルド・ガール 感想

September 16 [Tue], 2014, 22:55
エマ・ロバーツ主演のラブコメ映画、ワイルド・ガールを見ました。

ラブコメって言っても恋愛要素は殆ど無かった気がする。
ストーリーをざっくり言うと、主人公のポピーが学校を退学になろうと奮闘する話ですw

ポピー、一見すごいイケイケな女の子なんですが
エマ・ロバーツって愛しのアクアマリンの主人公クレアを演じてた子なんですね
あれはワイルド・ガールより幼いころの作品で、結構地味な雰囲気の子だったので驚きです
随分セクシーに成長したものだなあ・・・

初めは性格がキツくてまさにビッチって感じの女の子だったポピー
本当の友達に出会うことで、だんだんと穏やかで優しげな雰囲気になっていきます
序盤のポピーのような役の女の子を見ると、実生活でもそんな風なんじゃないかと思えて
ためしにウィキ調べたら本当にビッチだったなんてことがたまにあるのですが
エマ・ロバーツは見た目は派手でも良い人感がにじみ出てますね

何も知らんのにべた褒めw

ポピーがルームメイトたちや、最終的に恋人になるイケメンと
なんであそこまで親密になったかっていう重要な部分がかなりすっとばされていたのが残念です
特にルームメイトたちは初めポピーのことを奇異の目で見ていたので・・・
ライバル的存在(?)の生徒会長は出てきた意味が殆ど無かったように感じられたし
そこはいいから友達との関わりのほうをもっとしっかり見せて欲しかったです

内容はそんな深いものじゃないですけど
かわいくておしゃれな女の子が思い切りがんばるってだけで見ていて元気になれます






ムカデ人間2 感想

May 19 [Mon], 2014, 22:10
ずっと気になっていて、ようやく見ることができました。
1も観賞済みで、そっちは発想は凄いけどホラーとしては大したことない印象だったのですが
2のレビューが、1とは比べ物にならないほどグロテスクで面白い!というものばかりだったので見てみました


以下、ネタバレ含みます


もうめちゃくちゃで訳分からん映画でした 良い意味で・・・
1は一応ストーリーはあったのですが、
2はただ単に知的障害持ちのマーチンがたくさんの人を無差別に襲ってムカデ人間にしていくというものです

そもそもムカデ人間とは・・・
1を見たことがある方は分かるかと思いますが
何人かの人間の肛門と口を手術でつなげていって一匹のムカデのようにする、というものです
全員が生きた状態で繋がるのです 発想が凄まじいです

1の場合は、医者が丁寧に麻酔をして痛くないよう手術で繋げるわけですが
2は医者でもなんでもない狂った人間ですので、麻酔なんてものは無しで
肛門と口をホッチキスでバチンバチン留めていくのです
その前段階として、ちゃんとつなげるために歯を折ったり膝の神経を切ったりしなきゃいけないのですが
そのやり方がひどすぎて、気付いたら見ながら口がポカーンと開いてましたw

あとショッキングだったのは、マーチンが紙ヤスリで自分のモノをしごくところですね・・・
私は女性ですけど、思わず「痛たたたたたた」って言っちゃいましたw
男性はあのシーン、相当辛いのではないかと思います

他にもショッキングな場面は多かったんですけど
白黒映画だったのでかなり助かりました。
一部色がつく相当悪趣味な場面もありますが、それだけは予め知っていたので平気でしたw

ローレンス・ハーヴィはどんな気持ちでマーチンを演じていたのだろうと思います
物凄い失礼ですが、見た目も恐ろしく不気味だし
ガチの異常者にしか見えなかったです・・・

全体的にドロッとしたものばっか出てきて汚い印象だったし
つなげて殺して、はいおしまいー!という雑な感じでw
まさに「もっとたくさん つ・な・げ・て・み・た・い」というキャッチコピーのまんまでした


因みに、ショッキングさのレベルですが
グロテスクな映画が苦手な私でもノンストップで見られたので、そこまでキツイものではないかと思われます
私はちまちま痛めつける描写がとても苦手なのですが、この映画はバールで殴ったり銃で撃ったりというものの方が多いです 殴られている側も映らないことが多いです
ただ、スカトロシーンが無理という方はやめたほうがいいかもしれません 強烈です


今年中にムカデ人間3が公開されるそうですね
そっちはあまりグロテスクな要素を含まないそうですが
500人もつなげてしまうそうなので、またとんでもない映画になるんだろうなあと思います
映画館で見たいとは決して思いませんが、そのうち見てみたいです



P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ここ
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画鑑賞-旧作DVDを借りてばかりで、映画館にはたまにしか行きません
読者になる
映画を観るのが好きです
色んなジャンルを観ますが、特に洋物のホラーやサスペンスが大好きです

最新コメント
カテゴリアーカイブ
Yapme!一覧
読者になる
メールフォーム

TITLE


MESSAGE