NEUE WIENER SCHULE 〜山田剛史

June 19 [Mon], 2017, 22:33

W.A.Mozart〜渡邊穣&小峰航一

June 14 [Wed], 2017, 23:17

同志社チャリティーコンサート

June 11 [Sun], 2017, 23:05

イリーナ・メジューエワ ピアノリサイタル

June 09 [Fri], 2017, 22:58

最近心に沁みる弦楽曲

May 29 [Mon], 2017, 21:41
この頃仕事の忙しさとストレスが半端ではなく、そんななか夜にこっそり聴くのはこんな曲。
ピアノ曲よりも、最近よく聴いています。

ブルックナーの7番の第2楽章。愛聴しているベーム盤。


人生をおもってしまうビーバーのパッサカリア。この曲を聴きに東京に行った。


同曲のヴィオラ版。同じ曲でもC-mollだと全然違う。


これも外せない。ベートーヴェンのSQ13のCavatina。
少し元気のあるときは続けて大フーガも聴くのです。



オマケ。昨日のコンサートでの奇跡の(?)アンコール曲。

京都市民管弦楽団 第95回定期演奏会

May 28 [Sun], 2017, 20:34

【VCIPC】Preliminary Round〜Nikolay Khozyainov

May 28 [Sun], 2017, 8:48
25日から始まったVan Cliburn International Piano Competitionの1次予選のニコライの演奏が、現地時間27日10時50分(日本時間24時50分)からありました。
45分以内のプログラムは以下の通り。ピアノはスタインウェイ。

Haydn - Piano Sonata in D Major, Hob. XVI: 33e
Chopin - Etude in C Major No. 1, Op. 10
Rachmaninov - Études-Tableaux in C Minor, Op.39, No.1
Liszt - Après une lecture de Dante:
         Fantasia quasi una Sonata, S. 161/7
Marc-André Hamelin - Toccata on "L'homme armé"

ハイドンは練ってきましたねえ。インテンポでありつつ、レガートで弾くフレーズをわざとスタッカートで弾いたり、細かい強弱をつけたりして、フレーズごとのトーンを丁寧に作りこんでいます。第2楽章と第3楽章はテンポは速め。第2楽章もそうでしたが、なにより第3楽章で驚くほどの装飾音を繰り出し、シンプルなメヌエットがバロック的に作り変えられていました。ほとんど違う曲のよう。こんなハイドンは初めてで聴き入ってしまいました!音型がどんどん細かくなりながら高揚し、終盤に主題が戻るときにテンポを落としたのも、素晴らしい演出でした。楽譜にはないと思われる大量の装飾音を付けた演奏が、コンクールでどのように評価されるのかわかりませんが、センスの良さは十二分にアピールできたと思います。

ショパンとラフマニノフは完全無傷とはいきませんでしたが、上々の出来。攻めるテンポで、打鍵も強く確実。
そして、メインのダンテソナタ。ニコライの個性をアピールする良い選曲ですね。今日は強靭なフォルテが冴えていたし、中盤の弱音でメロディを奏でるところは、配信で聴いていても美しいのだから、ライブで聴けばどんなに素敵でしょう。知り尽くした曲、といった感じで余裕の演奏でした。見事。
いったん袖に入って、一呼吸。最後はMarc=Andre Hamelinによる新曲。楽譜を見ながら演奏するコンテスタントもいるようですが、ニコライは暗譜で。攻撃性とナイーブさが交錯しながらの息もつけないトッカータですが、隅々までよく知った曲であるかのように明晰で、すんなりと耳に入ってきました。耳障りなところが一切ない。だからミスもほとんどなかったのでは?高評価が期待される素晴らしい演奏だったと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:ぴっちゃん
  • 性別:女性
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ぴっちゃん
» 最近心に沁みる弦楽曲 (2017年05月29日)
meg
» 最近心に沁みる弦楽曲 (2017年05月29日)
ぴっちゃん
» LUDWIG VAN BEETHOVEN 109 110 111 (2017年05月29日)
amoti
» LUDWIG VAN BEETHOVEN 109 110 111 (2017年05月28日)
ぴっちゃん
» クラーナハ展―500年後の誘惑 (2017年04月04日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
http://yaplog.jp/picchan/index1_0.rdf