手汗で滑る!緊張しても手汗でピアノを汚さない対策法

June 28 [Sun], 2015, 14:15
ピアノをやっている人に
意外と多い悩みが、
手汗で鍵盤が汚れることです。

手汗がひどいと
滑って弾きづらくなりますよね。

重要な演奏会では
緊張のせいで普段より
手汗が多く出てしまう人もいます。

手汗をかけばかくほど
ミスが多くなってしまいます。

手汗を気にせずにピアノが弾けたら
とてもやりやすいだろうと
思いませんか?

手汗が出やすい体質を
治す方法はいくつかあります。

主には
・手術
・薬
・心理療法
・制汗剤
などがあります。

しかし多くの人は、
手術や心理療法に後ろ向きです。

金額の面で
負担が大きいからです。

特に心理療法は個々人によって
効果が出ないこともあります。

薬は処方箋が必要だったりするので
病院に行く必要があります。

そのため、
私がおすすめしたいのは制汗剤です。

ただし、制汗剤にも
種類が沢山あるため
選ぶのが難しいですよね。

選ぶ一つの基準としては、
手汗専用だということです。

体の部位によって
汗の種類や原因が違ったりするので、
手汗専用であることが必須です。

手汗専用の制汗剤となると
種類が限られてきます。

その中で私が気に入ったのが
「ファリネ」という
手汗専用の制汗パウダーです。

効果は個人差があるとは思いますが
全体的に高評価という印象です。

そして使いやすいというのが
注目ポイントです。

「ファリネ」の詳細は
こちらの公式サイトで
チェックしてみてください。
↓↓

手汗が沢山出てくる原因

June 28 [Sun], 2015, 14:14
手汗に悩んでいる人は
結構多いですよね。

特にピアノなどをやっている人は
演奏にも大きく影響してきます。

大事な演奏会で
手汗のせいで失敗してしまっては
悔むに悔やみきれません。

では、そもそも手汗が多いのは
何が原因なのでしょうか?

手汗のそもそもの役割は、
手がカサカサになって
滑らないようにすることです。

しかし出すぎると
滑ってしまいますね。

手汗が出る理由は、
以下の種類があります。

・精神的な負荷
ストレス、緊張、不安などの
精神的な負荷による
交感神経への刺激が原因です。

・病気
自律神経失調症などの
自律神経を乱す病気は
手汗にも影響を及ぼします。

・姿勢
姿勢が悪いと
自律神経の不調を引き起こし、
手汗の調整ができなくなります。

他にもいくつかありますし、
全身で汗が大量に出る人は
さらに原因が沢山考えられます。

また、他人より圧倒的に手汗が多い
という人は手掌多汗症という
病気かもしれません。

これを根本から治すには
皮膚科に行くことが
必須といえます。

しかし日常生活で少し困る程度なら、
このサイトの別記事で紹介している
制汗パウダーで充分かもしれません。

手汗が面倒なのはピアノだけではない

June 28 [Sun], 2015, 14:13
このサイトでは
ピアノを弾く人向けに
手汗対策を紹介しています。

しかし、手汗で困る
シチュエーションは
ピアノに限りません。

トランペットやフルートなど管楽器は
滑って失敗することは少ないですが、
汚れがかなり目立ちやすいです。

別のジャンルでは、
テニスなどのラケットや
ビリヤードのキューが
滑りやすくなります。

もっと日常的な部分では、
マウスやキーボードが汚れたり
することがありますよね。

ノートやプリントなどの書類が
湿ってしまったり、
ペンなどの文房具が滑ったり。

スマホなどのタッチパネルが
上手く反応してくれないことも
かなり多いですよね。

ゲームのコントローラーや
車のハンドルなども
汚れたり滑ったり。

対人関係では、
握手やハイタッチに
どうしても躊躇してしまいます。

こう見ていくと、
手汗は様々な場面で
悪影響を与えます。

このサイトを見ている人は
ピアノで悩んでいるでしょうが、
別の部分で悩んでいる人も多いです。

手汗による悩みは
意外と多くの人が
悩んでいることです。

自分だけの悩みだと抱え込まず、
気楽に対処していきましょう。