ピアノって?

November 05 [Sat], 2011, 15:15
ピアノって本当に人それぞれ
うちには20名弱の生徒さんがいますが、みんなそれぞれです
芸術ですから、表現もそれぞれ、練習の仕方もそれぞれ、同じ曲を弾いたってやっぱりそれぞれの感じ方があります
 
個性が光るっていうのが適切な表現かな…
年齢もバラバラだからやはり年相応の感じ方もあるのかな
 
レッスンをしていての私の課題…
それはいかにその子のよさを引き出してあげられるか、苦手な部分をどう乗り越えられるように手を貸してあげられるか
 
でも皆に共通してまず身に付けてほしい力、それは読譜力です
小学校にあがってからピアノを始める子供たちは何となく見よう見まねで弾いたりできますが、果たしてそれって楽譜に忠実
小学校にあがる前の子どもちは、ママや先生が言ったようには弾けても自分で楽譜を見てもらうとリズムが読めなかったり、実際の拍が分からなかったり
 
少しずつ読む練習していきます。
楽譜に拍を書かせたり音を読ませたり…
だんだん自分で数えてできるようになっていきます
なぜ読譜力にこだわるか…
 
先生や親が見てなくても自分で正しく読めればまず譜読みはクリアできます
 
いつでも、どんなときでも楽譜がまず読めたら自分でいろんな曲に挑戦できるから
毎日レッスンがある訳じゃないし、ママだって忙しいときがあり、そんななかでもいろんな曲に挑戦する手をとめてほしくない…
自分で曲を探して楽しむこともできる
より幅を広げてあげたいなぁという思いがあり初めは時間かかりますが、どんなに小さくても音を読んで自分で拍を数えて…
そんな力をつけられたらいいなぁと思っています
 
結婚してからも育児の合間に曲に挑戦したり、受験のさなか、息抜きにピアノを弾いたりしてる生徒さんもいます
 
ピアノは一生涯楽しめる芸術ですよね
 
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:メグタン
読者になる
2011年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pianoconzert/index1_0.rdf