板橋だけど綾野

August 12 [Fri], 2016, 2:41
かつての介護士は大多数が女性でした。

しかし最近の傾向は、介護士の名称が認知されていることからも分かるように、男女共に働く職業となってきました。



介護士に求められる能力を考えてみると、こうした変化はごく自然な流れだと言えるでしょう。

女性の持つ優しさだけではなく、体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった要素も、介護士にとって大事なポイントになっています。


大きなやり甲斐を得られ、また社会的にも有意義な介護士という仕事ですが、この仕事ならではの悩みもまた、大きいようです。

挙げるとキリがありませんが、まず仕事のハードさは言うまでもありません。

そして、労働時間は長く、また不規則になりがちですし、何より介護現場という特殊な職場で、受けるストレスも相当のもので、そんな中、人間関係の良好な形成が難しいこともあり得ます。そういったことをわかった上で、介護士という仕事を志望する人が引きも切らないというのはやはり、良くない点を打ち消せる程にメリットも多いと考えられるのではないでしょうか。介護施設が統合されたり閉鎖されたりすることが相次ぎ、医師不足あるいは介護士不足が叫ばれています。



日勤や夜勤といった不規則な勤務体系に加えて急患対応も必要で、多くの介護士が大変な激務の状態にあるということです。男性が介護士として働くケースも珍しくなくなりつつあるとはいえ、今のところはまだ女性の仕事という状態なので、ストレスにやられてしまったり、介護士の中にはトイレに行く時間もなく便秘になってしまう人も多いというのも分からなくはない話です。こことは別のところで働きたい、と転職を真剣に考えている介護士はそこそこいます。介護士の需要は高く、引く手あまたといっても良いほどであり、結果として、求人が大変多いわけです。今、働いている仕事場では扱われ方が酷くて、まったくやりがいを感じられないとか、身体が辛いのにどうしても休めない、など、介護士が転職を希望するようになったわけは多様です。
もしその理由が、現状よりも環境や待遇を好転させたいというものなら、労働条件がどうなっているか、給料はいくらか、といったことだけを見ず、そこの評判や噂なども知ることばできれば、なお良いでしょう。介護士の資格を取得するにはよく知られている、看護大学に行く場合あるいは看護専門学校に行く場合の、二種類の方法があります。
学習内容にそう変わりはありませんが違いと言えば、キャリアアップするためには大学を卒業した介護士の方が有利で、専門学校を卒業した場合と比べるとやや給料が良くなります。
他方、介護士の専門学校の利点を挙げると、大学に通うより学費の負担が軽減できて、実習に多くの時間を割き、そういった経験を生かして即戦力になれるというところです。

病棟勤務の介護士として働いている者ですが、気付いたことは、介護士はどうやらタバコを吸う人、アルコールを好む人の割合がかなり多いように思います。



煙草の害については、散々耳にしますし、社会的にも否定的な面が大きくクローズアップされていることもあって、介護士としても喫煙を嫌う傾向が見え、吸う人は減りつつあります。


しかし、それでもまだ、喫煙者はかなり多いです。また、お酒の席での介護士たちの酔いっぷりといったら堂に入っているといいますか、少なくとも白衣の天使というイメージは皆無です。

そうした姿も、日頃ため込んだストレスとせいでしょうから、たまの機会だし、発散しきれるものなら、そうした方がいいのかも、とも思うのでした。
一般的に介護士の女性と結婚したいという男性は多いと思うのですが、意外と未婚の人が多いようですね。

具体的に調べてみると、介護士の結婚年齢は一般的な結婚年齢よりも、遅い人と早い人が両極端に分けられる事が判明しました。

結婚が遅い人に共通していることは、仕事の忙しさに追われて異性と出会うチャンスが無かったり、自分の出世を考えて結婚が遅くなるという事も珍しいことではありません。

パートや派遣といった形で、夜勤を避けたりなどの働き方もできる介護士業ですけれど、そのほとんどはやはり、介護施設で勤務しています。
もちろん、その他のところでも、介護士の仕事は色々あります。職場となるのは、企業内の医務室だとか、保育園や託児所、介護施設などですが、こういうところで働く介護士は増えていて、競争率の高いところもあるようです。どうしても介護施設でなければ働けない、ということは全くなく働く場所も多いですから、結婚や出産をした、子育てが終わったなど、ライフステージの変化に合わせるようにしてその時々で最も条件に見合った所に転職していくことができます。どのような仕事にも不満や悩みはつきものですが、介護士に多いトラブルと言えば、対人関係の問題や不規則な勤務形態です。


一般的に介護士の多くが女性なので、派閥やいじめなど、ドロドロな人間関係が構築されていることも実は多いのです。
勤務時間が不規則で、夜勤を避けられないのも健康上好ましくありません。

転職し、人間関係も良く日勤で働ける職場を探すのも良いと思います。一般的な認識では介護士は給料が安定している仕事だと位置づけられていますから「ローンを組みたい」という時でも比較的審査が通りやすいと言えます。


けれども、介護士の中でも非常勤の場合など、多少安定していないというケースでは注意しなければなりません。


ローンを組むことが容易なのは正規職員として勤務している介護士の場合には当てはまることなのですが、たとえ介護士でも、非常勤で働いている方の場合は簡単にはローンが組めないということが起こり得ます。知らない人が聞くと、暗号のような業界用語ですが、介護士の間で通じるそうした用語に「今からエッセンです」などという風に使う言葉があります。


何のことか見当がつきますか?食事のために休憩するということを他の勤務中の介護士に伝えるための暗号として普段から使用されているようです。
このエッセンという言葉自体には、デタラメでも略語でもなく「食べる」のドイツ語です。介護の現場においては、介護先進国ドイツの言葉がよく使われてきた歴史があり、そんな習慣が業界用語として残っているのです。
ともあれ今の時代の介護士も、よく使う業界用語です。
止まらない少子高齢化の影響。


とりわけ介護職に就く人たちがより多く輩出されなければならなくなるでしょう。
そういった理由で現時点で介護士不足の状態なのですが、今後もそれが継続すると考えられています。年ごとに多数の介護士が新たに生まれているのにもかかわらず、なぜ介護士がそんなに足りていないのでしょう。それには変わらない職場環境や待遇に不満を持ち退職する人が多いということも一因だといえます。介護士の資格というものは日本の法律では医師が診療をする際に、その補助を行う存在です。基本的には介護行為を行うということは認可されていませんが、医師の指導管理下だったら、処置可能なものもあるのです。


しかしながら、患者さんの状態によって、急を要する場合には、介護士の経験や知識にもよりますが、それなりの介護行為も認められる必要もあるのではないかと考えます。


ここ数年は介護士は足りていないと言えます。

せっかく介護士資格を持っているにもかかわらず、介護士の職を選択していない人も多いのです。介護士不足が起こる原因は介護士の離職率が高いということが大きいと思います。
常勤介護士のケースでは、離職率が11%を超えています。



大多数が女性の職場なので、出産や育児に専念するために退職、ということもままありますが、それ以外にも、労働環境の過酷さも、離職率アップに加担しているのではないでしょうか。


海外で日本の介護を提供できたらと考えている介護士の方もいると思います。海外からも日本の介護を求める声が大きくなっていますから、病気で苦しんでいる人を救うことの出来る介護士が必要になっています。当然ですが、海外では意思疎通をはかるためにも、英会話ができる事が絶対条件になるでしょう。

もし、海外で介護士として活躍しようと思うのならば、しっかりと英語を学ぶ事をお勧めします。



土日祝日、関係なしに、交代勤務をこなしている介護士は多いですが、カレンダー通りに土日祝を休みにすることもできます。
病棟勤務のままだとそれは難しいですが、外来勤務に変えてしまえば、基本的に土日は休みになります。何か急な事態によって呼び出されたり、たまに休日診療の当番に回ることもあるにはありますが、でも、ほぼ安定して土日は休めます。そして、入院施設がなく、個人経営の介護施設に勤めると、多くの場合はちゃんと土日休みになっているはずです。
以前はそれ程一般的ではなかった、介護士各々の能力評価ですが、実行している介護施設がほとんどのようです。
介護施設で働く介護士各自の、今の能力レベルを測り、評価できるように、一からスケールを作っていった介護施設もあるようです。この評価は、介護施設により月一のこともあれば、じっくり時間をかけて一年に一度だけ、という介護施設もあります。なんにせよ、定期的に評価が行われることによって、自分がどれだけ能力があがったか、次は何を目指すか、というように考えることができますし、高いモチベーションを保てます。
普通、介護士の職場と言えば介護施設ですが、実際は多種多様なものがあり、比較的大きな総合介護施設から地域の町医者まで様々にあります。


他にも、介護施設や保育園に介護士が常駐しているケースがあります。
会社員も会社によって給与が違うように、当然ながら、介護士の場合も同じでしょう。地域の診療所と総合介護施設とでは、やはり収入に差が出てしまいます。

ですので、平均的な介護士の年収がいくらだと言うのも、難しいものだと思います。

一般に、介護士の仕事のハードさについてはよく認識されています。夜勤必須の病棟勤務、神経を使う重症患者さんもいて、この人たちはいつ何時、急変してもおかしくありませんので緊張感で大変です。
それから、食事の介助など、身動きの難しい患者さんのお手伝いも介護士の仕事です。

いきなり緊急手術が行われたり、少ない人員で仕事を回している夜勤業務の時間に患者さんからのナースコールがひっきりなしだったり、気の休まる時間はないくらい次々と仕事が飛び込んできたりもします。入院できるような大きい介護施設の介護士の仕事内容は、外来勤務と病棟勤務で大きく違ってきます。

なので、病棟勤務の経験しかないのであれば、そこを辞めて、次に就職をしたところでも病棟勤務になる、というのはありがちなことです。
または、何か得意な技能を持っているのであれば、それを採用面接で言っておくことで、考慮され、それを活かせる場所で働けるようになるはずです。そうなるとつまり、夜勤をぜひ希望したいということなら、24時間体制が基本の病棟で、勤務することになるでしょう。就く仕事の内容次第では、給料の金額も当然、変わることが考えられますから、自分の希望は、はっきりとわかりやすく伝えておくべきでしょう。一般的に、介護士が持つ悩みとして代表的なものは不規則な勤務形態ではないでしょうか。せっかくのお休みにもデートできなかったり友達とも簡単に会えないなどの辛さがあるようです。
他にも、そもそも人手が足りずに休みを取る暇がないケースもあるでしょう。規則正しい勤務時間がいいのなら、日勤で働ける介護施設に勤めれば良いので、思い切って転職してみるのも良いかもしれません。
貴重な人材である介護士が必要とされている場はクリニックや介護施設の他にも存在します。「グループホーム」という介護施設の分類があるのですが、その様な場所においても介護士の働けるところは十分にあります。このグループホームにいるのは、基本的に認知症の方ばかりなので、それを十分考慮してかかわりを持つということが必要になってきます。


特に介護関連に興味があるという場合は、勤務先にグループホームを選択することも考えてみてはいかがでしょうか。ほとんどの介護施設では、介護士長の主な仕事内容は、各病棟のとりまとめや、介護士たちを指導教育したり、上司にあたる看護部長をサポートするなどが主な仕事で、一般企業においては課長の役職相応でしょう。いわゆる課長職でも、その年収は勤める企業の規模で全く違ってくるように、介護士の収入も、勤めている介護施設の大きさで違ってくるのです。

そのほかの影響として、公立介護施設と民間介護施設、地域の格差等が影響しています。例えば、公立介護施設の場合、おおよそ750万円前後だとみられます。免許が必要な専門職である介護士は慢性的に人手不足のところが多く、常に求められています。その為、再就職などもかなりスムーズにいくことが考えられますし、丁寧に探してみれば、自分にとって、かなり条件が合う職場にであうことも可能でしょう。
幸い、ネット上を少し見てみると転職や求人を介護士に特化したサイトが豊富にあるようですので、上手にそういうものも使って最適の仕事先を見つけてください。



介護士というものは勤務時間が一定でないことに加え、労働環境の大変さによって他職種に転職する人も少なくないという話ですが、実をいうと、介護士の資格を持っていると介護士以外の職業でも活用できるというのもよくある話です。

考えられるのは人体や病気についての過去の経験や知識を役立てることができるので、保育関連、リラクゼーションサロンでは、未経験だったとしてもスムーズに採用が決まりやすいはずです。「看護士」と「介護士」、両方とも発音は一緒です。


この二つを漢字で書き表すとどちらでも書くことができます。かつては看護士と書いた場合は男性のことを指し、看護婦は女性と明確に分けられていました。法の改正があった2001年をきっかけとして、男女分け隔てなく使用できる介護士という呼び方に一本化されました。


介護士の仕事は、病棟勤務と外来勤務で大きな違いがありますが、子育て中であれば外来勤務を選ぶと良いでしょう。

日勤だけですので、保育園や学童を利用して働くことが可能になります。そして、病棟勤務とは違って、夜勤はないですし、多くの場合は土日と祝日はお休みになります。
忙しさの度合いについては、介護施設によっても違いますが、特に大介護施設や、人気の診療科などがあると多くの患者で待合室がいっぱいになり、てんてこ舞いになりますし、待ち時間の長さのあまり、クレームを入れる患者もいます。



勤務を続けていく上で、どういったスキルがあれば良いかはどの診療科で働いているか、どういう介護施設かによって大きく違ってくるはずです。
介護士は、患者と接する場合が多いので、髪形にも注意しておきましょう。
介護士として、自分が患者ならどう思うのかを考えつつ、何よりも清潔に見えるヘアスタイルを選ぶことが大事です。



職場の環境によっては、比較的、自由なヘアスタイルが認められている場所もあることを理解しておきましょう。介護施設に初めて介護士が就職を果たした時、自分がどこに配属されるか、というのは少々心配かもしれませんが、ほぼ希望を通してくれるケースも多いですが、人材を管理する人の胸三寸で決められてしまうこともあるでしょう。配属先の決定は、介護施設側によって、人材を希望する各部署からの要望と、新人の適性から判断され、充分に考えられた配属であることが殆どです。

ですがもし、配属先での仕事があまりにも自分向きでない、など疑問に思うのなら、部署の上司にそのまま伝えてみて、アドバイスを求めることもできます。新卒、もしくは、既卒の方が介護士の働き口を探してみても見つからず、上手くいかない場合は、年齢が原因になっている可能性があります。



実際の求人には年齢制限の記載がない場合がほとんどですが、実際には介護施設側が何歳以下だけを採用するとあらかじめ決めている場合もあります。



具体的に言うと、30代以上で初めて介護士としての職場を探すのは、厳しい就職活動になることは間違いないでしょう。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒナタ
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/piacrape1ia1lp/index1_0.rdf