鬱もり 

2005年06月29日(水) 11時46分
あんまり病気のことを言うのはどうかと思うのですが、最近悪化してきました。
理由は仕事のことが多いきがします。
仕事なんて、私がやめてもやる人はいる。でも私の人生は私が放り投げてしまえば終わってしまうんですね。
今契約している仕事が終わったら、転職を考えています。
自分が生きていける場所にいることが最優先ですよね。
今は動けないけど、いつか動き出したいです。
本当のところ仕事も全部降りて毎日ベットの上で宙をながめていたいです。
こんな心境や病気のことをまわりに見せないから、「あの子は何にも考えていない」なんて言われるんですよね。
鈍感な人に腹を立てます。
でも私も昔、友達の痛みに気がついてあげられなくて、見殺しにしてしまったことがあって、人間ってつくづく人の気持ちなんかわからないんだと嘆いていた私が一番人の気持ちがわからなかったということを、思いしめされました。
自分からは手を差し伸べようとしないのに、手を差し伸べられることをただ待っている。
「蹴りたい背中」綿矢りさ薯の中で一番好きな言葉です。
こんな自分が大嫌いだ。

いててて 

2005年06月13日(月) 22時05分
なんですか、今日は通勤ラッシュ時間帯の満員電車に乗らなければならないのに!
ホームに上るエスカレーターに片足を乗せたとたん激痛
例えるのなら、腹が腹痛だったみたいな。〔注意・日本語間違えてます。〕
とにかくすごく痛くなったのですが、エスカレーターだったので、ホームへ自動的に送り込まれました。すかさず着た電車に必死の10歩で乗りまして、自動的に45分監禁されることになり。その事実と腹痛にこらえきれず・・・・・・ついに私、その場のしゃがみこんでしまいました。
ジベタリアンデビューですよ!奥さん!
恥ずかしさと、痛さが、1対9くらいだったので、羞恥心とかほぼ無かったです。
頭の中は、いたいいたいいたいいたいあいたいちあちあエンドレスみたいな。
するとですね、若いサラリーマン風の男の人が席を譲ってくれたんですよ。
こんなところですが、ありがとうございました。あなたが居なかったら、私は今ここでブログっていられるかすらわからない。
世の中捨てたもんじゃない。

今日読んだ本、ピアノの森1,2巻。
なんか不思議な本。ストーリーがまったりゆったり流れてる。日常って感じだよね。
登場人物はミステリアスな人が多いけど、小学校のとき大人ってみんなどこかしらミステリアスに見えてたかもしんない。そんな登場人物が出てくる。続きはまったりと読みます。

はじまり 

2005年06月12日(日) 21時31分
ブログはじめてみました。
今日は家にあった「小さいことにくよくよするな」という本を読みました。日記をつけたり、人に手紙を書いたりすると、平常心であることにとてもいいと書いてあり。
昨日飲んだ友達から、ブログを教えてもらったり。
酒飲む前の一粒のウコンの威力を、世界中に伝えたかったり。
いろんな偶然が重なって、はじまりました。
ささやかな偶然ですが、なんかこういう、素敵な偶然が続くといいな〜
2005年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pi-greenbird
読者になる
Yapme!一覧
読者になる