プーケット旅行情報や、ダイビング情報、天気などを現地から発信!

プーケット最新コメント
アイコン画像ひまじん
カロン・ビーチ (2008年10月22日)
アイコン画像真那斗
カロン・ビーチ (2008年10月18日)
アイコン画像ヨシオ
カロン・ビーチ (2008年10月15日)
アイコン画像ダッチ伊藤
カロン・ビーチ (2008年10月14日)
アイコン画像めーたん
カロン・ビーチ (2008年10月11日)
アイコン画像猫男爵
カロン・ビーチ (2008年10月09日)
アイコン画像コンプ
カロン・ビーチ (2008年10月05日)
アイコン画像きりひと
カロン・ビーチ (2008年10月03日)
アイコン画像きりひと
カロン・ビーチ (2008年10月02日)
アイコン画像きりひと
カロン・ビーチ (2008年10月01日)
カロン・ビーチ / 2008年03月17日(月)
プーケットの天気 2008年3月17日 晴れ

今日のプーケットは空は青く高く、風が少し吹いているので、日陰や屋内で過ごすには快適な天気です日陰に温度計を置いてみると気温はなんと35.4℃
気になったので試しに直射日光の当たるテーブルの上に温度計を置いてみると...
なんと45.6℃もありましたッ

外出の際は、日焼け対策と水分補給をしっかりして熱射病にならないようにしましょうね


KARON・BEACH


カロン・ビーチは、パトンビーチから南へ行き、丘を超え<Le Meridien Phuket Beach Resort >の入り口を過ぎると、緑色の屋根のバックに見えてきます。ここはカロン・ノイビーチと呼ばれ、ビーチのほとんどがこちらのホテルのプライベートビーチのようになっていて、更に道を真っ直ぐ走ると見えてくる長く伸びた大きなビーチがカロン・ビーチと呼ばれています。













真っ直ぐに長く伸びた白砂のビーチはパトン・ビーチとは違ってとても落ち着いた雰囲気です。ビーチパラソルが並び、欧米人を中心に観光客が海水浴を楽しむというよりはのんびりと過ごすビーチとなっています。
しかし雨季には大変波が高くなり、遊泳禁止となりますが、カタ・ビーチと同様にサーフィンを楽しむことはできます。

そしてカロン・ビーチの白砂は、プーケット島のビーチでも珍しい『鳴き砂』で、平らなクツで砂浜を歩けば、キュッキュッというとても可愛らしい音を立てます。『鳴き砂』はゴミや汚れなどのない均質な砂が多く集まるところでしか起きない現象で、海岸や海水が汚染されてしまうと鳴かなくなるため、美しい自然環境が保たれている証明でもあります。

またカロン・ビーチにはビーチと並行するようにビーチロードを挟んで大小様々な規模のアコモデーションが並んでいます。
2004年12月の津波の時にビーチサイドのホテルの一部は津波の被害を受けましたが、その後、防波堤が建設され、安全性においても安心して利用できるようになっています。


また、カタ・ビーチと同様にビーチの北端及び南端(カタセンター)にはショッピングエリアやレストランの集まったエリアもあるので、歩いてゆっくりショッピングなどをするのにもオススメです。


 
   
Posted at 14:54 / プーケットのビーチ / この記事のURL
コメント(17)
カタ・ビーチ / 2008年02月16日(土)
プーケットの天気 2008年2月16日 晴れ

今日のプーケットも気持ちのいい青空広がるいい天気です
ビーチにはたくさんの人がいてパラセイリングやバナナボートで楽しそうに遊んでいました
プーケットのビーチにはビーチボーイがたくさんいて、彼らと値段交渉をしてアクティビティを楽しむのですが、女性には大抵、「夜一緒にパーティーをしよう!」と誘ってきます。
飲んで騒ぐのは楽しいのですが、危険なこともあるので、断るほうがよいでしょう。


KATA BEACH

カタビーチはプーケット島の南西に位置するビーチで、プーケット一美しいビーチと言われています。
ビーチは少し飛び出た岬のところで区切られており、北の大きな方のビーチがカタ・ヤイビーチ(全長約1.5km)、岬より南の小さな方がカタ・ノイビーチ(全長1km弱)と呼ばれています。




カタ・ヤイビーチはクラブ・メッドホテルの目の前にありますが、プライベートビーチではないので誰でも訪れることができます。
沖には<コ・プー>と呼ばれる島が浮かんでいて、ビーチにはビーチチェアやパラソルが並び、フレッシュフルーツのドリンクやお菓子、ビールなどを売っている売店やマッサージ用の簡易ベッドなんかもあったりします。
ビーチボーイがいるので彼らに料金を払えばジェットスキーやバナナボート、パラセイリングを楽しむこともできます。



乾季には波も穏やかで遊泳やシュノーケリングにも適していますが、雨季に入ると波が高くなります。
雨季のビーチではサーフィンを楽しむ事ができ、波乗りを楽しむサーファーの姿が見られます。


カタビューポイントより眺められるカタ・ノイビーチはビーチのほとんどをカタタニリゾートが所有しており、リゾートのプライベートビーチといった感じの雰囲気でしす。
こちらのビーチでも遊泳及びシュノーケリングが楽しめます。

またカタビーチはプーケット島内では少ないダイビングポイントで、深度は浅く、魚が豊富なポイントなので、体験ダイビングやファンダイビングも楽しめます。



カタヤイビーチの両側にはどちらも小さな街があり、カフェやレストラン、バー、マッサージ店なども充実しています。
ヨーロピアンリゾートの香り漂う落ち着いた雰囲気のエリアになっています。

 
   
Posted at 17:57 / プーケットのビーチ / この記事のURL
コメント(0)
プーケットの観光スポット / 2008年02月15日(金)
プーケットの天気 2008年2月15日 晴れ

プーケットは今日も青空広がるいい天気です。
道行くタイ人達はコンビニや屋台で売っているスムージーのような飲み物を持っていて、買ってみようかなぁと思いつつタイのジュース類は甘すぎるので勇気を出せずにいます。
甘いもの好きな方は是非トライしてみてください



Phuket Sea Shell Museum



プーケットのラワイ・ビーチから北に約1kmほどのところ(エヴァソン・プーケット・ホテルの近く)にあるタイで最大規模の貝の博物館であるプーケット・シーシェル・ミュージアムには、アンダマン海の珍しい貝を中心に約2000種以上が展示されています。
値段がつけられないほどのゴールデンパールや、アンモナイトの化石、巨大な二枚貝など、貴重なものも展示されています。





エントランスを入ってすぐにお土産物を売っているお店があり、貝を使ったアクセサリーやオブジェ用の大きめの貝、綺麗な貝を詰め合わせたものなど、たくさんの種類を置いてあります。
展示場に入るには入場料200バーツが必要ですが、お土産物屋さんは誰でも入れるので、プーケットのお土産に迷われた方は一度覗いてみるのもいいでしょう。






Phuket Seashell Museum

12/2 M.2 Viset rd., Rawai Beach, Phuket 83130

TEL: 076 381888
FAX: 076 381777

OPEN: 08:00-18:00

展示場入館料:200バーツ












 
   
Posted at 12:56 / 観光 / この記事のURL
コメント(0)
プーケットの観光スポット / 2008年02月03日(日)
プーケットの天気 2008年2月3日 晴れ


今日のプーケットはハイシーズンらしい青空が広がっています
プーケットの天気予報で最高気温を調べてみると33℃と意外に高くなかったです
ハイシーズンは気温が40℃以上になる日もあるそうなので、
熱中症にならないように水分補給はこまめに、
また冷房がキツイ屋内との気温差で風邪をひかないよう上着を持っておくのをオススメします




Phrom thep Cape-プロンテップ岬-



プーケットのビューポイントとして有名なプロンテップ岬は
プーケット島の最南端に位置します。
夕暮れ時になるとカメラを持った観光客だけでなく、地元の人々も訪れ、水平線に沈んでいく太陽を眺めています。


また、プーケットの恋人達にとってプロンテップ岬はロマンティックなデートスポットでもあり、
彼らはここで愛を語り合うそうです。



駐車場も広く、まわりにはお土産物や飲み物などを売っているお店や、
いろいろな屋台も出ているので、
日が沈む少し前に行き、ゆっくり見て回るのも楽しいですよ。


広場には宇宙の創造神である「ブラフマー」を祭った祠があります。プロンテップ岬の名前の由来も「プロム (プラ)」=ブラフマー神、「テップ」=神 から名付けられたそうです。


また、ここにはカンチャナピセーク(王様の即位50周年の意)灯台があります。
この灯台は実際に灯台として使っているのではなく、中は小さなミュージアムのようになっていて、狭いですが最上階には展望台もあり、コーラル島やその奥にはラチャ島など、遠くの島々まで見渡すことができます。



Phrom thep Cape-プロンテップ岬-
 
NaiHarn Beach(ナイハーンビーチ)とRawai Beach(ラワイビーチ)の中間に位置します。
パトンビーチ方面からは4233号線をシャロン方面からは4024線を南下します。

 
   
Posted at 14:15 / 観光 / この記事のURL
コメント(0)
プーケットのゲストハウス / 2008年02月02日(土)
プーケットでいままでなかったゲストハウス
日本人による、日本人のためのゲストハウス

プーケットバックパッカーイン-PHUKET BACKPACKER INN-


プーケットバックパッカーインは2007年6月、プーケットの南端にあるシャロン湾にオープンした、日本人宿としてはプーケットで唯一のドミトリー形式のゲストハウスです

ゲストハウスがあるシャロンはプーケットの大多数のダイビングボートが出航する港がある町で、数多くの世界各国のダイバーが集まる一方、他のリゾート地域より物価も安く、住みやすいとても良いところです。


ゲストハウスは三階建てで、

一階には、
常時インターネット接続可能なパソコン(日本語対応)、テレビ、DVD&プレイヤー(映画、日本のドラマなど)、漫画、タイの情報満載のフリーペーパー、くつろぐのに最適なタイマット
などがあるオープンスペースのリビングがあり、





キッチンスペースには、
冷蔵庫、炊飯器、ポット、食器類、調理器具などの日常生活に必要なものは大抵そろっていますガスコンロもあるので自炊も可能ですよ

また、バックパッカーには嬉しいホットシャワーと洗濯機も完備






二階は、
男女共同のドミトリースペースになっています

三階は、
男性専用ドミトリールームと女性専用ドミトリールームに分かれていて、
それぞれの部屋には洗面所兼トイレがあります






ゲストハウスの隣には、日系ダイビングショップの『ほうぼう屋』さんがあり、日本人のスタッフさんやお客さんが出入りしているので会話は日本語でOK
タイ語や英語が話せないという人でも安心です。
プーケットでのダイビングや観光、ツアーなどの相談にも乗ってくれるので、滞在中時間をもてあますこともないでしょう

ゲストハウスのから歩いてすぐの距離に、24時間営業のスーパーマーケット、セブンイレブン、薬局があり、食事はタイ料理はもちろん、洋食のレストランやバーガーショップ、ラーメン屋さんまであるので、心配要りません

また、一番近いカタ・ビーチまでは車で約10分
ハイ・シーズンはダイビングやマリンスポーツ、ロー・シーズンはサーフィンが盛んなプーケットで最も美しいといわれているビーチです。
また、プーケットのいたるところに、一日単位からレンタルできるバイクもあるので、ビーチだけでなく、夕日のきれいなプロンテップ岬や、有名な寺院『ワット・チャロン』などの観光スポットに出かけてみるのもいいでしょう


プーケットバックパッカーインはプーケットの旅を安価で、より楽しく、快適に過ごすのにオススメのゲストハウスです


宿泊費

1泊     250バーツ
1週間   1200バーツ
1ヶ月    5000バーツ



プーケットバックパッカーインの詳細はこちら
 
   
Posted at 13:21 / プーケットのゲストハウス / この記事のURL
コメント(0)
プーケットの観光スポット / 2008年02月01日(金)
プーケットの天気 2008年2月1日  晴れ

今日のプーケットは真夏のように暑いです
でも南の島プーケット
青空と島風が気分を爽快にしてくれます
こんな暑い日はサッパリとしたソムタム(青パパイヤサラダ)を食べるに限りますね


Wat Chalong


プーケットには29ヶ所寺院があるそうですが、その中でもワット・チャロンは最も美しく、
有名な寺院として、地元の人はもちろんのこと、
海外からの観光客の方々だけでなく、タイ人の観光客の方も必ずと言っていいほど、プーケットへ来るとこのワット・チャロンにお参りします。




ワット・チャロンの歴史は17世紀に遡ります。
1879年、錫の鉱山で働く中国人の労働者達がが暴動を起こしました。それを制圧しようとした村人達に力を与え、共に戦い、無事に暴動を抑えた「ルアンポーチャム」という高僧の不思議な力を称え、祀られています。



本堂にはルアンポーチャムとその弟子2人の計3体の像が祀られています。












また、正面には2002年9月23日に新しく建てられた仏舎利塔があり、
頂上階にはお釈迦様の遺骨の一部が大切に保管されています。


昼間であれば中に入ることができ、中には生まれた曜日ごとの仏像や、
壁一面にはお釈迦様が生まれてから亡くなるまでが絵で描かれていて、
塔の中からはワット・チャロンを見渡すことができます。











また精巧に作られた3体の高僧の蝋人形が飾られている館もあり、こちらも見学ができます。










日本のお寺と同じようにおみくじもあるので、記念に引いてみるといいですよ。
 
   
Posted at 19:32 / 観光 / この記事のURL
コメント(1)
プーケットの観光スポット / 2008年01月22日(火)
プーケットの天気 2008年1月22日 快晴

今日のプーケットは朝から暑いです。
風は吹いているけど、太陽が隠れる雲がありません
こういう時はビーチで思いっきり日焼けしたいですねッ


Phuket Aquarium

プーケット島の南東にあるパンワ岬(Leam Panwa)の一番端に、2005年4月に改装オープンしたばかりのプーケットアクアリウムがあります。
ここは、政府の天然資源・環境計画政策局の海洋生物研究所によって運営されていて、
海中世界を再現した水槽の中のアンダマン海に生息する様々な海中生物に出会う事ができ、また、海中世界に対する知識を深めるという事を目的とされています。


入り口には海の浅瀬に住む生物達(ヒトデやナマコなど)に触れられるプールがあります。
淡水魚を展示してあるコーナーや、珍しい貝を展示していたりもします。
ニモの愛称で親しまれているカクレクマノミがいるコーナーや、大型のGiant groupeと呼ばれるハタスズキの一種が泳いでいるコーナーなどもあります。

そして、メインのトンネル型の水槽には、マンタやレオパードシャークがいて、頭上を通り折りぬけていくのがとても楽しいです。

出口付近から見えるパンワビーチの景色もとてもきれいなので、ぜひ見てみてください。

お土産物売り場や、休憩所もあるので、ゆっくりするのもいいですね。

日本の水族館みたく、大きくはないですが、
プーケットの海を知るのにはオススメです。



Phuket Aquarium

51 Sakdidet Rd. Muang Phuket 83000 Thailand
TEL: 076 391041
FAX: 076 391406
OPEN: 08:30-16:30 Daily



 
   
Posted at 15:24 / 観光 / この記事のURL
コメント(2)
プーケットでの買物 3 / 2008年01月19日(土)
プーケットの天気 2008年1月19日 晴れ

今日のプーケットは気持ちのいい青空が広がっています。
心地よい風も吹いているので、
ビーチで読書なんていいかもしれませんね。


Jungceylon

2006年12月20日パトンビーチにオープンした超巨大ショッピングモール。
最近では、クリスマスのイルミネーションが素晴らしく、写真を撮る観光客がたくさんいました。


Jungceylonは4つのゾーンにわかれています。

ZONE1: Silang Boulevard
ラトユーティッドロードから見て一番手前に位置するゾーンです。
建物はトロピカルリゾートスタイルで、ファストフード(スタバ、ハーゲン、バーガーキング、NYデリ)エリアの他、スポーツコンプレックス、ファッションブティック、スパ、ペットショップなどがあります。



ZONE2: The Port
こちらは大きな池があるアウトドアのスペースです。
池には実物サイズの中国のジャンク船とハイドロリックシステム及びショーにも対応するキャットウォークがあり、毎晩ショーが行われます。


ZONE3: Sino Phuket
シノ・ポルトギューススタイルの街並みを再現した建物(プーケットの伝統的な建築様式)が立ち並び、多くのオシャレなレストランがあります。
ライティングなどにモダンな雰囲気があり、一見の価値があります。




ZONE4: Phuket Square
ZONE2とZONE3ともリンクするメインエリアです。ロビンソン、カルフール、SFシネマシティなど、その他にも多くのショップが並びます。
SFシネマシティにはボウリングとカラオケが併設されています。

Jungceylon

181 Rat-U-Thit 200 Pee Rd., T. Patong,
A. Kathu, Phuket 83150

TEL: 076 366022
FAX: 076 366023

URL: http://www.jungceylon.com/

 
   
Posted at 11:10/ この記事のURL
コメント(2)
プーケットでの買物 2 / 2008年01月17日(木)
プーケットの天気 2008年1月17日 曇りのち晴れ

今日のプーケット、朝はどんより曇り空。
でも、お昼からは雲の間に青空が見えて、心地よい暑さ。
外に出る時には紫外線対策はお忘れなく


プーケットのショッピングセンター

プーケットタウンの外れにある、この巨大ショッピングモール『セントラルフェスティバル』は、2004年9月1日にオープンし、連日、多くのプーケット在住のタイ人や、長期滞在の外国人、観光客などが訪れています。

1階にあるマーケット『TOPS』には、フルーツや野菜、肉、魚などの生鮮食品、外国産のハムやチーズなどの加工品、調味料、インスタント食品から飲み物やお菓子、お酒も豊富に揃っています。
近くにはドライフルーツやおみやげ物を売っているコーナーもあるので是非見てみてください。
フードコートには、ピザハットやミスタードーナツ、KFC、ラーメン店、31アイスクリームなどがあり、少し離れたところにスターバックスもあります。
 

 1階には広い化粧品売り場もありますし、お土産に人気のジム・トンプソンのお店もあります。
 上のフロアには婦人服、紳士服、パワースポーツ(スポーツブランド店もある)、ドラッグストア、本・CD、無印良品、ボディショップ、雑貨、家電製品、携帯電話などたくさんのテナントがあります。
その他に、ヘアサロン、映画館、各銀行とATMコーナーもあり、両替も簡単にできますよ。
 上のフロアには、タイスキ(MK)、日本食レストラン(富士)、ピザレストラン、8番ラーメン、ブラックキャニオンなど、その他にもいろいろなレストランやカフェがあるので便利です。

ショッピングを楽しんでお腹が空いたらレストランへ。
時間があれば映画を見るのもいいですね。

暑い日は涼しいセントラルで一日を過ごすのも楽しいですよ。


OPEN:11:00-22:00(MARKET PLACE open 09:00~)
13/1 Vichitsongkram Rd,T.Vichit A.Muang Phuket Thailand
TEL:(076) 217175







 
   
Posted at 13:49 / ショッピングセンター / この記事のURL
コメント(1)
夏の体験ダイビング / 2007年08月05日(日)
夏休み、プーケッ島に訪れる方の多くは、雑誌がガイド本などで、今が「雨季」にだと知っていると思います。プーケットは南の島。雨季とは言っても、日本の梅雨のように毎日、1日中シトシトという訳ではありません。
晴れの日も多く、朝夕に激しいスコールが降るといった傾向にあります。
スコールも小1時間もすれば過ぎ去り、また暑い日ざしが戻ってくるものです。

プーケットのビーチは西風の影響で、遊泳禁止の旗がはためいていますが、
少しだけ足を伸ばせば、コンディションが良い離島があります。
シュノーケリングだしたら、カイ島方面がオススメです。
そしてダイビングや、体験ダイビングを楽しみむなら、ラチャヤイ島です。
これが今の時期の一押しです!

ラチャヤイ島は、この雨季にコンディションが最もよくなり、
西風の影響を受けない東側の島影に入ると、波も全くなく、フラットな状態です。
透明度も最高の状態で、30M以上海の中が見通せるほどです。






ラチャヤイ島での体験ダイビング

ラチャヤイ島へは、ダイビング専用の大型ボートで向かいます。
船には、洋式トイレ、真水のシャワーなども完備されているので、
ダイビング後に、シャワーを浴びてさっぱりして帰ることができます。


朝食も用意してあり、スクランブルエッグやゆで卵、クロワッサンやトースト、サラダなどが
食べられるので、朝、あわててホテルで食事してこなくても大丈夫です。
そのほか、コーヒーや紅茶、お水、トースト、クッキーやフルーツなどは
いつでも用意してあります。


ラチャヤイ島に到着したら、
インストラクターがフリップチャートなどを使って、ダイビングのために知識や
注意事項などを丁寧に説明します。
その後、ウェットスーツや器材を準備したら、実際に器材を使ってみて、練習をします。
準備が整ったら、きれいな海へレッツゴー!


ラチャヤイ島の海には、ディズニーアニメで人気のニモや、ウミガメなども住んでいます。




1本目のダイビング後は、ボートの上でランチタイム。
タイ料理のビュッフェランチは、辛くなく調整してあるので、とてもおいしく食べられます。
キレイな海をバックにみんなでとるランチは楽しいひと時ですね。





ラチャヤイの海には、イルカが沢山住んでいて、ランチを取っている間や、行きかえりの航行中にも、
船の近くにやってくることも少なくありません。
キレイな海でダイビングをして、イルカにもあえたら最高ですね!

ランチ休憩後は、2本目のダイビングです。
2本目は、多くの方が慣れてきて、魚や生き物を見るのにも余裕が生まれてきます。
だから、めずらしい生き物や、きれいな魚がいたら、指をさしあったりして教えあうのが
楽しいですね。

ラチャヤイ島でも体験ダイビングは、この夏、多くの方が、チャレンジする予定です!



 
   
Posted at 15:57/ この記事のURL
コメント(0)
P R
  | 前へ  
 
 Powered by yaplog!