map 

2005年08月15日(月) 22時46分

11日目 

2005年08月14日(日) 22時15分
14日
03:30 夜明け前の八戸上陸。辺りからゼロヨンだかをやってる爆音が響き渡ってた。今日のルート上でなければ良いかと、初の八戸を出発する

持っている地図は高速に置いてあるあの地図とGPSだけ、地図は夜明け前じゃまともに見えないんで、事前にルート設定をしておいたGPS頼りで市街地を突っ切るようにR104へ
R104に乗る前に、後ろから同じフェリーに乗っていたと思われるバイクが抜いていって暫くの間、着かず離れずで走ってたが。気づいたら消えてたw

空が明るくなる頃、三戸からR4で二戸に入り、一戸IC手前付近で右折するはずだったが、そのまま直線してしまいミスコース。高速を過ぎるまで気づかず7km位ロスした。
正しいルートに復帰、浄法寺を過ぎた頃から雲行きが悪くなり、すぐに降り出しそうな状態。案の定ポツポツと降ってきたが、まだ本格的ではいんでそのまま進んだ。

七時雨山経由のルートだったが、曲がる直前に雨が本格的に降ってきてしまい、カッパを着るような所もろくになく、木の陰でカッパを着込んだ。
珍しく蝦夷で降られなかったのに、ここで降られるとは(+_+)
この雨の中予定通り七時雨山経由してもしゃーないし、とりあえず、このまま進みR282へ出て、道の駅へ

06:00 道の駅にしねに寄り情報収集。天気予報によるとここら全域雨らしいく、何処へ逃げても無駄らしい。予定通り山の中走る気もないんで、大幅に予定変更することに。
#大幅というよりは全部と言うべきか(爆

盛岡をR4で通過しそのまま南下、道の駅石鳥谷に立ち寄る。距離的には寄る必要ないんだが、交通量の多さに挫けた。雨が弱くなってて、上がるかなという期待もあって。
天気予報では、まだ雨らしい。大幅にショートカット状態になるんで、時間もたっぷりあるしのんびり1時間位潰してた。チャリダーに話しかけられたのはここだったかな。

08:40重い腰をあげ、移動開始。R4を南下、花巻空港を過ぎたらBPの標識、この位は行ってみるかとBPへ。全体の完成はまだらしく、R283にぶつかるまでだった。
R4に出て、ちょっと行ったところの宇佐美で給油。
雨はほぼ上がったような感じだったかな。カッパを乾かす為にもまだ着とく。

10日目 

2005年08月13日(土) 14時32分
13日

相当寝心地が良かったらしく、起きるのも遅く、ぼろさん出勤直前だったかな?
朝食を食べながら、今日の予定を再検討する。天気がいいのだが、午後になって雨が降るらしい。さ〜てどうすっか。
予定としてニセコに、ピザとカレーを食べに行くだけなんだが、営業時間を考えるとフェリーまでの余裕が無くなりそう。

で、ギリギリまで迷って、また〜〜〜〜〜〜〜〜り過ごすに決定(爆
今年は1日の走行距離が多かったから、ここいらで調整って事で明日も一気の予定になったし。

天気もいいんで、郵便局まで散歩しにいったが、郵便局の場所が記憶とずれてて辿り着けずR37にでちった。したっけ案内板があって戻って右折だとさ(笑
郵便局に着いた頃だったか、檸檬さんから電話があってどこまで行ってんねんって。笑われた。電話の用件はついでのお使いだったんだけどね。

昼には、お好み焼きを頂き、コーヒー&土産のスイートポテトなんぞ頂ながら、出発準備。スイートポテトは、元の形が判らないくらい崩壊してた。(~o~)

15:00過ぎ
このままもう一泊したくなるのだが、女将に見送られ後ろ髪引かれながら出発する。僅か30km先の室蘭港まで

R37はあまり流れが良くなかったけど、他にルートも殆どないしいいか。
30程で白鳥大橋を渡り、道の駅室蘭へ
なんでかわからんかったけど、大量の大根がトラックから降ろされ?山積みになってた。どうも自由にもってけらしいが、それなりの大根だ。
#れもんさんにはメールで知らせた(w






港へ行く前に長崎屋とコンビニに寄り、食料品等を調達。
港に着き、ターミナルに入ると乗船手続きを開始してたので手続きをすませた。
土産コーナーを覗いてると、高校生の集団、服装からして部活。が、定番の白い恋人をアホみたいに大量にゲットしてる姿は笑えた。
その後ふと我に返り、こいつらも同じ船だったらやだな〜と思ってたら同じ船だった。
寝れなかったらどうすんべ。

乗船時間までまだ余裕があったんで晩飯の弁当を食べた。
結局バイクは20台程度だったかな。乗船してロビーに上がると、船員さんが、「団体客(↑高校生)もいるしトラックも少ないんで、バイクの方は眠りたいでしょうから、500円でドライバー室をどうぞ」って営業してたんで、即決。
#わかってる船員さんは良いね。

9日目 

2005年08月12日(金) 16時46分
12日
早く起きても7時迄出発出来ないんで、ゆっくり目の6時起床。
朝食は昨日買っといたパン。3個買ったけど食べたのは2個だけで残りも土産に(笑)
左から、山葵ドック(100)紅茶ベビー2山(70)カマンベールノア(100)一(?)中身はコーヒー牛乳(^^



チェーンにオイルさしてたりしてたら、7時になったんで出発。今日は一応、生物あるんで、早く着く単調なコース設定

R274にでて日勝峠を上がってく交通量も少ないし、登坂車線もあるんで快調に進む。日高付近でつまり気味になったけど、ここらはしょうがないか。下りは上りと打って変わって流れが悪い。チャンスがある時にヒョコヒョコ前に出る程度。夕張を過ぎ川端から道462・道226・R337でインディアン水車に09:30着だった。
ここの前は何度も通ってるけど、寄るのは今回が初めて。ここで溜まってる洗濯物を片づける為にコインランドリーの場所を聞いたけど、クネクネしてて良くわからんのでやめた。伊達にもあるだろうし。が。これが裏目に出たかもしれない。

千歳で給油、R36・道781経由でR36に戻り、白老へ。判っていたことだけど、この道も平坦で直線だから飽きるわ。支笏湖経由にすれば良かったかなと後悔してた。
R36で白老の町中へ分岐してすぐの所にあった、マザーズに。

マザーズも檸檬さん情報によるもの。卵メインな店だけあって店の前には、でかい卵が・・・。
そんな卵を使ったシュークリームとプリンがあるって事だったか?。檸檬さんは遅くてお預けを食らったとか

店内に入ると正面のショーケースにあるわあるわのシュークリーム。しかし、その前に土日だったか、のシュークリームの販売は時間が決まってて、それ以外は買えないと・・。曜日感覚の無くなってるσ(^^)には???。
なんとか規定には触れず、シュークリームとプリンをゲットして店内飲食。檸檬さんにもと思ったが、もういろいろあるからと、またの機会にと。

クッキーシュー(150)卵プリン・カスタードシュー・ミックスシュー(各130)
ミックスは何がミックスなのか不明だった(^^;
が、HPにはカスタードと生クリームって事だが、二層になってないのよ


8日目 

2005年08月11日(木) 15時58分
11日

今日は帯広ぐるめつー、帯広に9時に着けば十分なのでのんびり出発準備
トイレの手洗い場で甲虫・鍬形が10匹程もがいてた、ステンレス製だから上がれなくなったんだろう、死んでるのもいたが生きてる奴だけ壁にくっつけてあげた。
テントを乾かすには十分な日射しも望めなさそうなんで、早く着いちゃうけど片づけて出発

池田町までR242と川伝いに平行している道489・道134・道496で行く、池田ICを過ぎてすぐ右折し道31、時間も時間だから貸し切り状態なんでのんびりモ〜ドでR241に出る。ここからは知ってる道、時間も十分にあるし、「道の駅音更」へ
トイレの裏手には野宿してたらしい茶利ダー数名が撤収中だった。疲れてるんだろうが遅いぞ(笑)野宿するなら発見される前に撤収終えなきゃね。と、

8:00
ホクレンの脇を左折、R241のBPにでて、一件目のターゲットである「柳月スイートピアガーデン」着。開店まで1時間もあるが、既に来てる人もいた。店の前にあるテラスでのんびり開店を待つ。ガーデンとつくだけあって、敷地内に庭園もちゃんとある

開店20分前位から少しづつ客がやって来て行列を作り始めた。どうもお目当ては同じらしい。ある程度量があるのもわかってるから、慌てず10分前位から列んだ。開店と同時に行列は目的の物に一直線。店員もなれた手つきで棚から取って客に渡す。物を受け取ってから、店内を確認すると、人人人で一杯になってた。
物とは、柳月といえば三方六ちゆバームクーヘンなんだけど、これの切り落としの部分

ケーキが列んでるショーケース前は切り落としを買う人で一杯、どんなケーキがあるかもわからん。落ち着くのを暫く待って、ケーキを物色。悩んだあげく店限定のと2個買って店内で食べる。もちろんこれが今日の朝食である。

左から、店限定のバナナでシュー(260)、三方六切り落とし(420)、クイーンベリー(230)、コーヒー(タダ)

バナナでシューは一本丸ごとのバナナ入りのエクレアですな。シューとケーキは軽く食べあげたが、切り落としはなめてた。1個は問題なく食べて、まだ食べれそうだったんで2個目に手をつけて半分位攻略した辺りから、辛くなって一気にペースが落ちた。半分を食べるのに10分は費やしたような(^^ゞ。残りは湯ぼろ荘の土産に(笑)

7日目 

2005年08月10日(水) 19時32分
10日
5時過ぎ目覚める。体調は昨日よりはましになってるようだ。当然の事だけど寝てる人が殆どだけど、音を立てないように静かに出発準備。とは言っても寝床片づけと積み込みだけ

6:10
おやっさんと起きてる人に軽く挨拶して白樺を後にして、道の駅羅臼へ。白樺だと寝てる人が多いんでこっちで暖機と今日のルート確認してた。こっちも車中泊がおおかったようだけど、こっちは駐車場だしね(笑)

8:40
R335・道1145・R244で川北経由で標津からR244に戻り、ひたすら南下R44で「道の駅根室」着。まだ開いてないんで、トイレだけ

まんま根室市街で給油。道35で納沙布岬にも行きたいけど、今年は行かずに、好きな道の一つである道310・道142(北太平洋シーサイドライン)で霧多布に。しかし岬にも行かず、まずはコンビニで遅めの朝飯。霧も出てたし体も冷えてたんで、カップラーメンを食べ、市街の某所にて小松牛乳のコーヒー牛乳を飲んだ。



琵琶瀬展望台は霧の中〜展望できず、スルー。厚岸からR44と併用区間?で尾幌まで行く途中で、対向車からパッシング。予測の打ちだったけどやっぱり此路はやってるのね。最初にパッシングしてもらって2.3kmは走ったような気がする。あたりには何もない所の路側帯にあの物体があったんで、正面から突っ込んでみた(笑)。その先の草陰に4.5人いたが、止められてる者はいなかった

尾幌から道142で昆布森。町を出る辺りで正面にトンネル出現。以前走った時にはトンネルなんて無かよな〜って走ってたら、工事中だった。次来る頃にはトンネルが完成して楽しい道が減っちまうのかな?

13:40
道142・道113釧路で給油し。R38に出て「道の駅白糠恋問」着
ここで評判のある「豚丼」を食べようかと思ったが、やっぱり豚丼は帯広で食べたいし、今日の晩飯も肉の予定だからとパスした(^^
アイス屋もあるんだけど、なんとなく食べる気が沸かなかった。体調不良の影響だろうか?

白糠からR392・R274で本別へ行くが、途中からまだかな〜って、走るのがイヤになってた。交通量は殆どないんだけど、ペース上がらないし。あきあき
振り返ってみれば、今回は走り過ぎてるからか

15:15
ようやっと本別。今日の晩飯予定で、湯ぼろ荘推薦の「浮舟」の場所を確認し給油する。GSで本別温泉の場所を聞いたら、「本別グランドホテル」だよって教えてもらった。

6日目 

2005年08月09日(火) 17時46分
9日
何かの物音で目を覚ましたが、何か変。
まともに声が出ない。がらがら声になってた。
昨夜の酒が効いたのか?稚内から中頓の寒かった道中が効いたのか?それとも、数日前の女将から移されたのか?感染源不明。
確実なのは寝冷えでは無いことだ(爆
声がダメなこと以外は至って問題ないんで、行動開始
↑RHじゃなくてトイレ


07:40
普段より遅い出発時間。起きるのも遅かったのだ
出発前にあきらさんへオミヤを渡した記憶だけがなかったんで、朝から確認のメール(^^ゞをして、挨拶もろくにせずRHを出た
#RHで話も殆どしなかったし

R275・道120・道1023と繋ぎ、乙忠部から何度と無く走ってるR238で穏やかなオホーツク海を眺めながらひたすら南下、R238の中間点である紋別市街を通って「道の駅紋別」で休憩

10:00
給油し南下を続け、佐呂間湖(あえて漢字、無意味)を通る頃にはR238も飽きてきた。弟子屈へ進路を変更するか悩やむが気が付いた時には網走だった。
#網走市街を抜けるBPが出来てる模様

12:00
涛沸湖の馬を見つつ、小清水原生花園着。(道の駅ではない)
腹ごしらえに、カレーパン(126)1個食べた。他に物色する物もないのですぐ先の「道の駅小清水」へ。
←小清水から斜里岳?

中に入るとアイスが目にいた。咽もつぶしてるけど、暑いし食べようか。
建物内には、アイス屋が3店舗だか入っていて競い合ってるようだった。店名は確認せずに種類等をチェックしてたら、「流氷」なんていうのがあった。流氷が入ってるんかと聞いてみたら、「塩味で氷」が入ってるそうだ。試食させてくれた。
そんときにふと脇に目を移すと「クリーム童話」って書いてあった。クリーム童話も行きたいとこだったんで、これはここで決まり。「流氷」さておき、トリプル(380)大盛りを頼んだ。
大盛りにはならなかったけど、スプーンで一品オマケ付き
#オマケは何だったか忘れた。試食ってとこだな
右・ブルーベリー、左・クリームチーズ、下・桜餅かな

5日目 

2005年08月08日(月) 18時21分
8日
7:00
6時過ぎ頃起きて出発準備、アキさんの見送りで出発
R12にでてR274にスイッチ。毎度のパターンだとこのまま
道の駅マオイの丘に行くんだけど、今年は道3で由仁へ
由仁からR234・道30で上志文。

直進が正解だったんだけど、右折して道38へ。しかし、MAPによれば
美留渡から桂沢湖に復帰できるルートがあるんで、このまま行く。
しかし、美留渡でそれらしき道を発見できない。白い道だけの事はあるのか?
迷ったあげく農協が開いてたんで、入って聞たら「地図には載ってるけど
抜けられない。警官からも道を尋ねられたらそう伝えてと言われる」ってこと
だった。地図に載って困ってるらしく。何かあって行かせたくないのか
通行止め状態になっているのやら、今後の宿題か

これ以上、探索して時間を浪費するくらいなら素直に道30に戻り、道917・道16・桂沢湖・
R452で道の駅芦別
給油して、道4・R12で旭川入りして道の駅へ

道の駅旭川で目指すラーメン屋の場所を確認するが、面倒になったんで
案内所で聞いてしまう(爆
周辺mapで案内してくれたのはいいけど、一旦R12へ戻るルートじゃん。
国道に戻りたくなかったんで、神楽岡方面から行き方を聞いた。

12:15 蜂屋本店着。ラーメン・コッテリ(600?)を頼む
5年以上前に食べたときよりあっさりしてような。店舗がちがうからか、たんにコッテリになってないだけなような。。。













食事の後にはデザート、旭川駅前のビルの地下にある「だるまや」でタイ焼きとバナナ焼き、有名なのはバナナ焼き。
バナナが入ってるわけではない。タイ焼きが黒餡、バナナ焼きが白餡(各90)
今日会う予定のアキラさんへのオミヤとすべく、白と黒どっちとメールした。
返信は何てきたか忘れたけど、両方買ってった。











殻になってるペットボトルを満タンにする為、男山資料館で酒をじゃなかった、水を入れてく。
酒も欲しかったけどね〜。また今度
この先GSも減るんで給油も済ませ、R39・旭川新道・道72・R275で幌加内へと
添牛内から霧立峠を行くか美深峠へ行くか分岐まで考えながら走る。
距離的には霧立が近いんだけど、美深峠はまだ走ってないし、
気が付いたら朱鞠内湖へ向かってた(^^
美深峠を越え美深でR40。

4日目 

2005年08月07日(日) 15時48分
7日
3:20 下船 当然ながら周辺は真っ暗である、あと数十分もすれば
明るくなる。そして、今回も迎撃隊長は現れず。
前もって連絡があったが、「諸事情♪」だとさ。
#あと何年すれば迎撃できるんだか(笑

朝市の始まる5時までは時間が余ってるが、
温泉に行くまでは時間がない。ここは北埠頭だから、フェリー埠頭のログを
取ってから新しくなった函館駅へ。

4:45 駅着 駅も開いていて、時間の割に人が大勢いた。
新しい駅はいかにも近代化しましたって感じで古い方が良かったな。
朝市も変わってる。数年来ないとこうも変わっちゃうのね。
静かな朝市ないを徘徊しながら、のんびりと目的の食堂へ

この時間に空く食堂は限られてるんで、迷うことなく道南食堂へ
店内に入ると、客は誰もいない。一人なんでカウンターに座る。
ケース内とメニューを見ながら「イカ刺し+ご飯みそ汁」(750+300位だったかな)
画像はブレてるけど、透けてるのがわかればいいか。
7種類だかある漬け物は食べ放題。好きな人にはいいかも

飯も食べたし、時間もあるしと、R278・道の駅なとわ恵山経由で
恵山の麓にある御崎海浜温泉へ
時間的に地元の人たちと重なるかと思ってたけど、誰もいなく貸し切り
ゆったりと温泉に漬かる。


7:30 ホーンが鳴り響く。なんだとおもったら、昆布漁終了の合図だったらしく
どこからとなく、昆布漁の小舟が港へと急いで戻って来た。

水揚げ、干し作業を眺めつつ、邪魔にならないよう来た道を函館へ戻るが
給油もしなきゃならんので、湯ノ川温泉から道100にスイッチし給油。
五稜郭の脇をかすめて函館へ

10:00 今日の本命である「ラッピ本店」開店直前着。すでに20人ぐらいの
行列が出来てたんで本店はパス。近くの他店に行くが、どこにあったか
頭に入ってない。確実な線で「函館駅前店」へ
メニューには限定品で鯨バーガーとジンギスカンバーガーがあったが、
「ふとっちょバーガー」と「チャイニーズチキンバーガー」を頼む。後者は
土産用(笑)


3日目 

2005年08月06日(土) 21時53分
6日
周りの物音で起きた。時間は不明
朝飯を食べる人、今日の予定を立てる人、喋る人様々
今日も天気良く、暑くなりそうだ。


旅人さん達とは出迎えがあるって事で別行動。
ねぶたは夜だけなんで、日中は予定無し。
昨日行けなかった十和田湖へ行こうかな。しかし、十和田方面には
雲がかかってる。雲がある時に行ってもって事で、残るは2候補
下北か竜飛。周りから他の意見もあったが、とりあえず風任せ(爆

8:40 給油と資金調達
青森港内からR280で北へ、交通量もそれなりにあったが、ペースは
悪くない。でも信号等でちょこちょこ前に出る。
蟹田を過ぎたあたりから、道も広くなり整備されたようだ。

そろそろ対岸の下北半島が見えて来ても良い頃なのだが、
うっすらと見えてるよな見えないような。ハッキリせず

10:30 龍飛崎(燈台)着
駐車場はほぼ一杯であったが、混雑してる感じはなかった。
天気は良いんだけど、対岸が見える程ではなかった。
燈台も解放してたんで、覗いてこう
水準点
E41°15′22″78 
N140°20′46″06
標高 118.12
だった。

道の駅みんまや内に青函トンネルへのケーブルカー体験だったかな?も
あった。階段国道も上から眺めて龍飛崎を後にする

燈台から半島の西側の海岸沿いに、楽しめそうな一車線の道を見つけてたんで
行ってみた。が・・・。ゲート閉鎖で通行止め
道の駅まで戻り竜泊ラインで小泊へ
#案内板だったか何かのmapでは、小泊方面へ行けるらしい。




途中にあった展望台でちょっと止まって、竜飛方面を眺めるたら、崎に居たときは見えんかった蝦夷が見えた。
小泊村に入ると、尾根の影響でか風も収まり暑い。
そんなとき、都合良く道の駅の案内板が目に入り、道の駅小泊に立ち寄るが、
これといってない。





12:30 道任せで走ってたら、十三湖大橋に向かってしまってたんでUターン。
道の駅十三湖高原着。
中島目前で気が付いた(爆
シジミラーメンでも食べるつもりで居たんだけど、暑さからやめた。
着いた時間も昼時とあって混雑。休憩だけして出る。

R339を流れに乗って南下してくが、寝不足と疲れからか眠い。
芦野公園の駐車場で一休み。

2005年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
カテゴリアーカイブ
Yapme!一覧
読者になる