写真作品集の通販のご案内 

2020年07月07日(火) 0時00分
◆写真集の通販のご案内◆
このブログの画面右にあるメールフォームから
「郵便番号」「ご住所」「お名前」「商品名と冊数」をお知らせください。
折り返し、ご注文方法を連絡させていただきます。
※メールフォームが表示されない場合は下記メールアドレスに送信してください。
(件名は「作品集注文」としてください。)
abantaban凸yahoo.co.jp (凸を@に)
※メール送信後1週間経ってもこちらから返信が無い場合は
送受信エラーの可能性がありますので、お手数ですが再度メールを送信ください。
ウェブサイトに、それぞれの作品集の解説や詳細を載せています。ご覧ください。

対話のための言葉 

2017年02月17日(金) 0時00分
そして、言葉というものはどうしたって伝わらない。書かれてあることをそのとおりに読めば伝わるだろうと思うものの、それがそういうことにはならない。だから「ああ、それはこういうことよね」と私の解釈をしてしまわずに、相手の言葉を相手の側に立って聞こうとしたい。言葉をていねいに扱いたい。言葉にていねいに向き合いたい。だって私たちは、言葉が伝わらないことをよいことに國にデタラメをされているのだから。私たちは言葉を奪われてしまっているから國に身ぐるみ剥がされても気づけないのだ。言葉を取り戻さなくてはいけない。だって私の言わんとするこの言葉がほとんどまったく伝わらないのだから。

対話についての対話 

2017年02月16日(木) 0時00分
先日、Yさんが京都からいらしてくださって、「対話についての対話をする会を催したい」という私からの相談をYさんに聴いていただくことで、私が何をどうしたいのかが明確になっていく、という体験をした。

私が対話が必要だと思っているのは、相手の言葉を幅をもって受けとりあえるような、お互いを尊重できるような、場をつくりたいから。居場所のない学生とかにも来てもらえるような、私自身が誰かの居場所でありたいと思っている。
寫眞もそうで、若い女の子がネットでたまたま私の寫眞を見つけて(ネット普及以前はたまたま寫眞展を観て連絡をいただいて)撮られに来てくれるということを20年以上つづけている。私の寫眞は私を見つけてくれた人の一時の居場所でありたくて、モデルさんは私を通り過ぎていくものだと思っている。私自身が居場所を見つけられずに、生きにくく感じて過ごしてきたから、私のように居場所を探している人の一時の居場所でありたいと思っている。
私は居場所がなくて生きにくく感じているから、寛容でない人に対してはものすごく寛容でない。だから人に寛容になりたい。人間関係を円滑にしたい。人のことがわかりたい。私のように悩まなくても円滑な人間関係を築ける人のことがわかりたい。物事の仕組みを知りたい。アピールのしかたを学びたい。対話のすべを知りたい。
だから、おしゃべりをしたい。
この國はアメリカの借金を抱えてもうどうしたって財政を立て直せないから私たちを被曝させて搾り取れるだけ搾り取って皆殺しにしてギョクサイする。
けれども子どもたちにとっては未来がある。どんな世界であろうとも、生まれてくるどんな命にも夢や希望や可能性は開かれている。だから子どもたちの未来を私たちは少しでも多く残してやらなければいけない。
子どもを守ろうとするとお母さんは孤立する。皆が同じであることじゃなくて、皆がひとりひとり違うということをわかりあわなければ、私たちは孤立して殺される。
だから、人に寛容になりたい。対話が必要だと思っている。

そうだったのか!
そうだったのですよ!
対話についての対話をしたいと私が思っていたのは、なるほど、そういうことだったのです。
おしゃべりって、機会や場をつくらないと話せないですもんね。

伝える/察する 

2017年02月09日(木) 0時00分
昨夏の東京で懲りたのに私は大阪とも相性が悪いのかな。大阪での撮影が暮れから続けて4件も流れた。断れなくて生返事で先伸ばしにされてるのかそうでないのかがわからなくなってしまった。人を、それも異性を撮らせてもらっているので特に、撮影はすべて暴力行為だと自覚している。暴力だから言葉ひとつ態度ひとつで意味づけが変わってしまい取り返しのつかない行きちがいで傷つけてしまうこともある。強要にもなり得る。行きちがいを避けるために言葉を交わしたいのだけど、言葉も言葉じゃないこともどちらもデリケートで難しくて、たいてい一方通行。だからこんな寫眞なんて楽しくはなくて、撮り続けているのは被写体に向き合って得られるものの変化を見たいからかもしれない。そこが間違っているのかもしれない。気持ちを汲もうとして傷つきまくりで私の寫眞もうたいがいボロボロなので消え入る前に観られたい(観られたくない)。

伝える/察する、ということに最近とくに人と温度差を感じてしまっている。察することができるほど相手のことを知らないのに、察してくれと相手から投げられてしまうような、それがたぶん踏み込まれたくないから踏み込まないでくれみたいなところから発せられているような行きちがい、関係の希薄さに、戸惑っている。

環境問題とは 

2017年02月05日(日) 0時00分
図書館で借りてきた。アルゼンチン、オーストラリア、バングラデシュ、ベリーズ、ボリビア、ボツワナ、ブラジル、ミャンマー、カンボジア、カメルーン、カナダ、チャド、チリ、コロンビア、コンゴ、コスタリカ、エクアドル、エリトリア、フィジー、ポリネシア、ガーナ、グアム、グアテマラ、ガイアナ、ホンジュラス、インド、インドネシア、イラク、パプアニューギニア、ケニア、マレーシア、マリアナ諸島、マーシャル諸島、メキシコ、ニュージーランド、ニカラグア、ナイジェリア、パキスタン、パナマ、ペルー、フィリピン、シベリア、南太平洋、スリランカ、スリナム、タイ、チベット、トルコ、アメリカ合衆国、ベネズエラ、イエメン、ザンビア、ジンバブエ。すごい分厚い本なので読みきれるかわかんないけど。環境問題とはそもそもこういう搾取と略奪の問題ですよね。

あたしよしこさん 

2017年02月02日(木) 0時00分
脳想パフォーマー「あたしよしこ」さんの某公演用の寫眞を、昨年に続いて今年もまた撮らせていただきました。衣装や背景など演出はすべてよしこさん。私はシャッターを切る係。よしこさんとはそれだけで完璧です。昨年は真っ白だったけど今年は真っ赤。すごい。公演が楽しみです。


コミュニティの豊かさ 

2017年01月30日(月) 0時00分
コミュニティの豊かさとは、お洒落じゃないものへの寛容さ。

あなたと私はちがうのだ。居場所はそこにしかない。 

2017年01月26日(木) 0時00分
しかしまあこんなでんでんでんでんと盛り上がるいじめ体質な国には逃げ場所なんてどこにもない。無自覚なのがまた救いがない。終わりの終わりです。

サバイバルには正しい答えなんて無くて答えは無数にあって自分なりの答えをみつけるために学ばなくてはいけなくてサバイバルは未来や過去じゃなくて常に今のこと。

点から点へのナラティヴが思考を導いたりまたは思考が未来の点を導いたりして世界が立ち現れてくるわけだから、私たちの見ている世界はひとりひとり皆ちがうのだ。あなたと私はちがうのだ。居場所はそこにしかない。

そんなところに共謀罪なんていうエサを与えたら 

2017年01月21日(土) 0時00分
生活保護の不正受給者がどれだけいるのか統計が出てるから調べてみて、不正を叩くのならもっと大きな不正から叩くものでしょうに。天安門事件を認めていない中国が南京大虐殺を認めさせるなアパホテルよくやった!とかフツーの人がフツーに話してる。ワイドショー観てママ友や同僚と喋ってると刷り込まれて判断を持てなくなってしまうのかもしれないなあと思う。叩けそうな見下せる対象をみつけては叩いて、そんなところに共謀罪なんていうエサを与えたらたちまち隣組。ゾッとする。

私は嫌われもので、私の言うことは人を不快にさせる。 

2017年01月20日(金) 0時00分
私は嫌われもので、私の言うことは人を不快にさせる。どうにかこうにか滋賀に放射能測定所をつくったけど、それは人に働きかけをしたい訳じゃなくて自分の暮らしを守りたくてなのだけど、受け身でいる人にはそれが伝わる訳ないから、余計なことをしてくれるなと煙たがられてるように感じている。

人のことは関係ない。人が被曝しようが私には関係ない。けれどそれによって私の暮らす環境が汚染されてゆく事態に気づきたい。人がスタバやマクドに金を落とすのは人の勝手だけど、それによって私の暮らす地域がどう変わっていくのかに気づきたい。
***
月別アーカイブ