2017年04月23日のつぶやき

April 24 [Mon], 2017, 0:00

2013年07月17日のつぶやき

July 18 [Thu], 2013, 0:00

2012年05月22日のつぶやき

May 23 [Wed], 2012, 0:00

第52回「作品作りにリバーサル!」

February 23 [Thu], 2012, 23:31
こんばんは、


昨日の記事で、作品作りにはリバーサル。と、述べた件の続きです。



フジクロームマスターの勉強会はとても有意義なものでした。

そこでの話を簡単に3つにまとめてみます。


・フィルムには設計上の解像度があり、硬いフィルムと軟らかい描写のフィルムがあると云う事


・ラチチュードがネガに比べて狭い事


・透過光で鑑賞できると云う事



レンズの解像度は発表になっていない。

一ミリの間に何本の線を確認できるか、が解像度。

でもその当時、数万円のズームレンズの中央部で50〜60本
だから数十万円のレンズを買う必要があるとの話だった。


プロビア100で140本ぐらい(データガイド確認)
硬めのベルビア50で160本ぐらい(データガイド確認)

フィルムを使い分けて撮れます。



ラチチュードを生かせば味が出ます。

夜の様な昼や、昼の様な夜を表現できます。

1/3段の露出補正で全体の明るさ、トーンや、色調のコントロールが可能です。


そしてブライトボックスに乗せてルーペで見るときの美しさ。

反射光より何倍も美しい。鼻息も荒くなります。




まぁ、そんな理由でお勧めしたいのがリバーサルフィルムです。

私は少し露出がアンダーで暗い感じのトーンで

被写体にいぶし銀な部分を表現した撮影を心掛けております。



反対に明るい写真もいいですよね。ハイキーな写真。


見た目と違う表現こそが、写真の醍醐味なのです。



それでは、おやすみなさい。



奥本






第51回「写真の良さ・動画との違い」

February 22 [Wed], 2012, 21:41
こんばんは、

今日のテーマは「写真の良さ・動画との違い」です。


みなさん、何か思いつきますか。


まあ、簡単で大きな違いは

止まっている静止画と連続した動画であると云う事。



私が思うに、静止画いわゆる写真の良さをまとめてみます。

・人間の目で見た状態でない、時間の止まった状態での表現であること。

・露出のラチチュードがあると云う事

・シャッタースピードと絞りの効果で表現できると云う事

などなど。





一方動画の良さは


・見た目に近いこと

・雰囲気が伝わる事

・声が聞こえる事

などなど。



最近のデジタル一眼レフは

当たり前のように動画での撮影機能がついているようです。

動画撮影に、絞りとズームのコントローるによる作品作りが加わりました。


動画は静止画の連続ですから

クオリティの高い静止画で作られた動画ほど、完成度が高いといえるでしょう。

 
そして、クオリティの高い静止画こそが写真の良さの極みなのです。


もう一度詳しく考えてみましょう。

・人間の目で見た状態でない、時間の止まった状態での表現であること。

〜日頃は気が付かない、被写体やその置かれた状況の素晴らしさに気付かされる。

〜見る側の想像力を刺激する



・露出のラチチュードがあると云う事

〜被写体はもとより、その背景まで光をコントロールする事で構図を完成させることが出来る

〜見せたいもの、魅力的な被写体にスポットライトをあてられる



・シャッタースピードと絞りの効果で表現できると云う事

〜動きや音を表現すれば、見るものがそれを想像力で再現できる

〜同じ被写体でも撮る者の感性で、千差万別の写真となりうる可能性がある




だから私は写真が大好きだ!


作品を撮るのなら、リバーサルがいい。

家族やオークション用の写真ならデジタルがいい。




と、ちょっと熱くなりつつ

本日は終了。。。します。


もうすぐ巨人軍のオープン戦。楽しみだな。


おやすみなさい。


奥本












2012年02月21日のつぶやき

February 22 [Wed], 2012, 0:00

第50回「写真の上手な人」

February 21 [Tue], 2012, 23:19
こんばんは、


本日のテーマは「写真の上手な人」です。



好きこそ物の上手なれ。



そうです。上手な写真を撮る人は、被写体を心底愛しています。



写真が好きで、写真になるような題材を探しては撮影する人。
そんな人は、大好きになれる被写体探しに時間を掛ければいい。


また、もう大好きな被写体が決まっていて早く写真に残したくてしょうがない人。
そんな人は、写真の撮り方の勉強をすればいい。



太陽の位置や、風の吹き具合。気温や湿度。
そんな状況の差がある中で、最高の一枚を撮るために必要な事。


「想像力」



あれがこうなっている時に、ちょうど良い風が吹くはずだ。

なんていう、推測の下でシャッタースピード、絞り、画角(レンズ)、フィルター(色温度)、露出(ISO感度)
を決めて待つ根気。



結局、様々な場所に出掛けて、多くの失敗いや経験を積み重ねる事しか上達の道はありません。


「プロは人生の前半で写真に関する知識を身に着け、そのほとんどを被写体選びに奔走する。

アマチュアは一生のほとんどを写真の知識の習得に充当する。」と言ったお客様がいらっしゃいました。

なるほど、と思いました。





話をもとに戻します。


写真の知識は、アンテナをはっておいて日常的に少しずつ吸収、習得してゆけばよいのです。

問題意識を持ったものや嫌いなものを含めて、心底興味のある事象の探究が写真の上手な人の条件なのです。




奥本




富士フィルムといえば、フジクロームマスターの資格を持っています。

RMS粒状性の話や設計解像度の話など本当に面白かったです。

フィルム上にナノ単位で最高の技術を施していた会社の化粧品は評判良いみたいですね!

2012年02月20日のつぶやき

February 21 [Tue], 2012, 0:00
  • Javaの本でプログラミングの勉強。小学校の頃、BASICでPC-98に入力して動いた時の感動がよみがえる。大したことはやっていないのだが、おお面白い! Posted at 11:52 PM
  • http://twitter.com/photosalut

第49回「写真撮影とは」

February 20 [Mon], 2012, 21:28
今日のテーマは、「写真撮影とは」です。


写真撮影とは、被写界深度(ピントの合っている範囲)とシャッタースピードの選択から、

被写体(撮りたいもの)の魅力を十二分に引き出し、プリントという二次元の紙の上で表現する事です。


そこに被写体の状況、光の状況、背景や脇役の重要性などが加味され素晴らしい写真が出来上がります。



そこにはレンズをのぞいて、シャッターを切った撮影者の視点があります。



お父さんの撮った赤ちゃんとお母さんの写真を見ると、そこにはお父さんの目があります。



写真という映像の表現力が、見る側の意識に働きかける瞬間は

そこに、共感のある瞬間です。


人は、無意識に物事にストーリー性を見出したり、表現しているものが何なのか探究します。

そして、それを言葉として表現できないと、何となく排除してしまいます。


解かりやすい絵は、早く良いと感じ、そして飽きてしまいます。


解りにくい絵に自分なりのストーリー性や有意性を見つけた絵は、飽きないでいられます。


他の人には解らないだろうが、私は好きだ。ということもあります。


素敵な写真を撮ると云う事は

「見る人に、ああ、なるほどねと思わせる」事。



構図も露出も、基本を学んだ上でどうリストラクチャー(再構築)していけるかなのです。


フォトジェニックとはそんな事を撮りなさいって言う、写真用語なのだと思ってます。




奥本

















第48回「Java入門」

February 19 [Sun], 2012, 20:35
こんばんは、

お久しぶりになります。



昨年12月ぐらいから今年1月にかけてはジィーックリ立ち止まりました。


やるべきことは何なのか。

何を迷っているのか。


そして、2月も半ばを過ぎようやく動き出しそうです。

第一歩として「Java入門」です。

本を何冊か購入し、とにかく楽しんでみます。



考えてみれば30年前ぐらい前、そう小学校5年生の頃。

英語学習も含め、私をアメリカやヨーロッパに連れて行ってくれた動機。

それはBASIC、そうNECのPC-98に入力したプログラミング。


その頃は、意味も分からず10行、20行とナンバーを打ちながら

本に乗っているプログラムを入力したものです。


その感覚が今日、蘇りました。

そして、そのプログラムが動いたんです。

感想は「スペースの半角、全角でも動かなくなるほど、繊細なんだぁ」

間違ってるところを教えてくれるのがすごい。



でも、楽しい。そして今はある程度英語も分るし。



もうすぐ、30代も最終局面。

今の自分に出来る事に
出来るようになりたい事をプラスして
将来の自分を創造する事を30代最後の年の目標とします。


奥本








プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:奥本 光城
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1972年
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・英語学習-夢はスカイ島への一人旅
    ・鮎の友釣り-老人になったら川のそばに住む
    ・シングルモルトウイスキー-タリスカーが一番好き
読者になる
photosalut!写真でこんにちはを合言葉に 写真に関する情報提供を致します。 少しでもご参考になれば幸いです。
Yapme!一覧
読者になる
P R
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

最新コメント