1日4分自己催眠トレーニング 脱 恐怖症プログラムの効果と芦屋市 改善地区 

2013年08月26日(月) 0時57分
まいど!こんにちは

今日も1日4分自己催眠トレーニング 脱 恐怖症プログラムレビュー特集中です(^^)1日4分自己催眠トレーニング 脱 恐怖症プログラムは全く効果無し?という噂を聴き、半信半疑でしたが…↓↓
1日4分自己催眠トレーニング 脱 恐怖症プログラム検証レビューはこちらこの教材は本物です!
アイマーチャント・久萬壽恵子さんが世に放つ情報教材1日4分自己催眠トレーニング 脱 恐怖症プログラムをオリジナル特典付きでお届けしています。

※ステップは3段階。必ずリンク先をチェックして下さいね(^^)
詳細はこのページのリンクからご確認下さい。↓↓
1日4分自己催眠トレーニング 脱 恐怖症プログラム検証レビューはこちら

て事で、あとはぐうたら日記です。読み飛ばして下さい^^;

けさのあさご飯は筍ご飯と、ハムエッグと味噌汁
テンションが上がりますよね。

8分で平らげて、、8時10分に自宅アパートを後にしました。

一番愛想の良いセブンイレブンに寄って、フリスクを並んで購入(-_-;)

普段通りのルーチンですから(^^)。

事務所に到着すると、昨日と同じくニュースの確認をする私(^^)
トップニュースは・・・
↓↓
米Amazon.comの電子書籍リーダー「Kindle」の開発部隊が衛星通信会社のGlobalstarと共同で無線ネットワークの運用テストを行っていたことが報告されている。 詳細は不明ながら、Globalstarが持つ周波数帯域を使って地上アンテナ経由でのデータ通信を行っていたものとみられる。これは、将来的に同社のデバイスとオンラインサイトを使った新たなサービス提供の布石という意見もある。

同件は米Bloombergが8月23日(現地時間)に報じている。関係者の話として、Amazon.comは米カリフォルニア州クパチーノにあるLab126の研究開発部門において、Globalstarの持つ周波数を使った無線通信のトライアルを行っていたという。現在もテストが継続されているかは不明だが、同社の無線ネットワークを使った何らかのサービス実験が行われていたものとみられる。 Globalstarは通信衛星による音声通話/データ通信サービスをアフリカの一部を除く世界中の多くの地域に提供している衛星通信会社だが、同社の持つ周波数帯域の80%を衛星通信ではなく地上アンテナ設備経由でのネットワーク利用に転用したい意向を持っており、昨年2012年末に米連邦通信委員会(FCC)に対してその旨の申請を行っている。現在はまだ裁定待ちの段階だが、もしいったん認可が下りれば、より多くのユーザーをターゲットにした高速通信ネットワークシステムサービスを提供することになるとみられる。

Amazon.com側がどのような意図でGlobalstarのネットワーク上でのテストを行ったのかは不明だが、その鍵の1つはテストを行ったLab126がKindle開発部隊だという点だ。同社では初代Kindleの時代からWhispernetという仕組みを採用しており、3Gネットワークを介したコンテンツ配信やデータ同期、機能制限付きでのインターネット接続サービスを提供している。Whispernetの特徴は3Gネットワーク利用料をユーザーが負担する必要がない点であり、配信コンテンツの容量が少ない一方でユーザーにはこのうえない利便性が提供できるというメリットがあった。Whispernetの無料維持はその後何度かハードルを迎え、ネットワーク事業者も当初のSprintからAT&Tへと移るなど変節を経て、3G機能を搭載しないKindle Fire Wi-Fi版のような製品も登場してきているが、いまだKindleの大きな特徴の1つになっているといえる。もしGlobalstarの回線を借り受ける形で高速ネットワーク対応版Whispernetを準備できれば、より大容量コンテンツの配信にも対応し、Amazon.comにとって新たなビジネスチャンスとなるかもしれない。

(記事提供:AndroWire編集部)

(Junya Suzuki)
(この記事はマイナビニュースから引用させて頂きました)

さすがですね〜
大して・・・って感じですね。

では本題、本日の作業予約。
T君の話ではメルマガに18時間と、セミナー受講に3時間。

先日と同じだから何にも問題無しです。

バリバリ稼ぐぜ^^

稼ぐ系動画と言えば
↓↓


あれ?かんけー無い?
こりゃ失礼^^;

さーて夜ごはんは何しよ?
カレーライスかツバメの巣がなんとしても食べたい!

これも良いか?
↓↓


たぶんNEXT記事は明後日になるかも・・・
カミングsoon!
P R
http://yaplog.jp/phobia82/index1_0.rdf