それにあったやりかたが

September 24 [Sun], 2017, 13:59
引越しするならいつがいいかということですけど、一年のうちで一番引越しが多いのは3月から4月なのは間違いありません。就職や転勤や、入学、卒業などありますから、3月から4月というのは引越しが多いといわれていますから、引越し業者も繁忙期になります。3月から4月は引越しの料金も繁忙期料金で高くなっています。引越しをするなら出来るだけ3月から4月はさけたほうがいいかもしれませんね。転勤などが急に決まってこの時期に引っ越しをすると、引越し業者の料金が高かったりするのもやむなしです。引越し業者も3月から4月の繁忙期というのは仕事量をこなすための人手を確保しなければなりません。繁忙期の仕事量をこなすために作業者の数を増やす必要があるので、アルバイトや人材派遣の人で人数を確保しますが、しかし、アルバイトや人材派遣で一時的に引越しを手伝っているようなスタッフは通常の時期の一般的な作業スタッフよりも、あたりまえですが作業の質も落ちますので、そういう人が混じっているのも理解しておかなければなりません。なので、引越し業者の仕事の質という点でも、アルバイトや派遣社員があまりいない、時期に引っ越しをしたほうがよいということになりますが、または、アルバイトなどを使わないという方針の業者を選ぶかです。引越し業者によっても作業の質は若干差があるのですが、3月から4月では、そんな事情も理解せざるを得ないのは、どこでも同じではないでしょうか。
引越をするときの挨拶ってどんな感じかといいますと、引越を行う際にはご近所へのご挨拶に関しましては、引越の前日までにはしておいたほうがよいでしょう。引越をする日を伝えて、引越のその日には、迷惑をかけるかもしれなことを伝えるとともに挨拶をしておくのがよいです。引越の挨拶といいますのは、もちろん、今までのお礼もあるのですが、引越しの当日に運搬作業などで迷惑をかけたりしますので、賃貸マンションなどに住んでいるのでしたら、もちろん管理人さんや大屋さんにも挨拶は必要です。ふつうは、1000円以内くらいで粗品でも渡して挨拶をするのがよいでしょう。引越し先であいさつをする場合は、両隣の方には、当日、荷物を搬入する前にあいさつをしておきます。引越し先がマンションの場合には、引越しをしたら両隣以外にも、上下の人にも挨拶をしておくのが礼儀ですね。引越し先が、賃貸のマンションやアパートでしたら、管理人さんや大家さんに挨拶をしておきましょう。引越の挨拶の品としては、石鹸や洗剤などのもらっても困らないものがよいでしょう。最近は、わりと、引越してきても何も挨拶とかしないで、引越をして住んでいる人も多いみたいですが、引越の作業をする前にも何の挨拶もなしに荷物の搬入を始める人もいるようですが、一般的に引越作業を始める前には、挨拶をしておくものです。
引越しの際にいかに荷造りを上手くやるかですが、引越しの荷造りをする場合には梱包方法に注意してみましょう。最近では引越し業者に梱包まで頼む人もいますが、自分で引越しの梱包作業を行う場合には、それにあったやりかたがそれぞれのものによってありますから、どんなものがありかといいますと、皿やグラスなどワレモノの梱包の場合に、引越し業者に頼める場合であれば、壊れやすいものは出来ればプロに任せるのがいいと思います。食器は強度によって梱包にはコツがありますから割れないように梱包をしてもらうことが引っ越し業者なら知っていると思います。食器の梱包を自分でする場合には、緩衝材などを手に入れて割れないようにしましょう。引越しの荷物には手持ちにしたほうがいいものがあります。それはもしも無くなってしまったらたいへんなことになってしまうような貴重品などは自分で持って行ったほうがいいと思います。例えば高い宝石や装飾品など預金通帳、実印や株券、もちろん現金もそうです有価証券や権利書なども自分で持っていくのが安全です。荷造りをする場合には、何が梱包されているかわかるようにダンボールにわかりやすく書いておいて、新しい家のどの部屋に持っていく荷物か書いておくと、搬入作業にも便利です。
青森 富山 引越し
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pheudsyb
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる