【 更新情報 】

スポンサード リンク

フェノメノンの24K柄

フェノメノンは、原宿のフェノメノンショップのほかにも、7店のスワッガーショップ、全国に27店ある取り扱いショップで買うことができます。通販では、フェノメノンのオンラインストアの「choice is yours.jp」があります。choice is yours.jpでは、シーズンコレクションを見ることができたり、新着商品やセール情報をチェックすることができるので、忘れずにチェックしましょう。フェノメノンは、他にもセレクトショップや楽天などの通販で買うことができます。
フェノメノンといえばすぐにイメージするのが、ブランドの顔とも言える総柄のデザインです。やっぱり24K柄のインパクトはなかなかすごいですね。とにかく目立ちたい、目立つのが大好きという人にはピッタリなデザインだと思います。フェノメノンの24K柄は、全体に描かれたチェーン柄と、その中にワンポイントで組み込まれたピストルやスニーカーなどの柄が特徴です。全体に柄が描かれている、とても派手ながらPOPなデザインは、遠くからでも存在感が抜群です。他のファッションブランドには無いフェノメノンの24K柄デザインは、パーカーやポロシャツ、Tシャツなどのトップスがインパクトが強くて有名ですが、そのほかにも、キャップやパンツなどにもとりれられています。24K柄のデザインは、ストリート系ブランドの好きな若い人たちの間で特に支持されています。フェノメノンショップがオープンした時に記念して発売された24K柄のTシャツは、あっという間に売り切れになってしまいました。フェノメノンの24k総柄デザインは、60〜70年代のサイケデリックファッションにも通じるところがありますね。

フェノメノンのコンセプトは

phenomenonは「ニューヨークと東京の時差のないヒップホップスタイル」がコンセプトのファッションブランドです。フェノメノンは日本を代表するストリート系ブランドのスワッガーの姉妹ブランドです。現在では、お姉さんブランドのSWAGGERと肩を並べる大人気ブランドに育ってきています。
フェノメノンのデザイナーは、ヒップホップバンド・シャカゾンビのMCのBIG−Oこと大澄剛史さん。フェノメノンは、リアルミュージシャンのBIG−Oがヒップホップシーンのリアルスタイルを表現するストリート系ブランドです。フェノメノンの展開は,日本国内だけにはとどまりません。フェノメノンは、ヒップホップの本場ニューヨークでもかなり人気のあるブランドで、一流ミュージシャンにもファンの多いブランドです。
フェノメノンのデザインの特徴はとにかく独創性がたっぷりなことです。新しいシーズンのたびに、違ったテーマの元で、インパクトの強い新作が送り出されてきます。フェノメノンのアイテムは、Tシャツやポロシャツ、パーカー、ジャケット、カットソー、スタジャンなどのトップスとデニムパンツなどのボトムス、キャップやストールなどの小物のほか、ネックレスなどのアクセサリーもあります。phenomenonは、最近ではすっかり一般的にも定着しているスキニースタイルの発信役でもあったそうです。

フェノメノンとB系ファッション

フェノメノンは2002年に、ヒップホップグループ・シャカゾンビのBIG−O=オオスミが立ち上げたファッションブランドです。独創性のあふれたデザインが特徴で、春、秋のそれぞれのシーズンには異なるテーマのなかで斬新なデザインのアイテムを数多く発表する展示会をしています。
フェノメノンは、ストリート系のB系ファッションに分類されるブランドです。ストリート系という分類はとても範囲が広いので、一口ではいえませんが、その中でB系ファッションはヒップホップ系のストリートファッションで、ラッパーと深い関係があります。
B系のBというのは、Blackの“B”だと当たり前のように思っていたら、どうやらそうじゃないみたいです。Break のBなんだそうです。なんでも、曲と曲の間のBreak Beatsという歌のない部分で、歌手の人が歌ってないときにダンサーの人が踊っていたことからその呼び方が付いたのだそうです。ブランドでは、フェノメノンのほかにもシュプリームとかエフエーティー、イデオガレージなんかが有名ですね。
ストリート系ファッションの雑誌では、WARPや、サムライマガジンが有名です。

フェノメノンのお姉さんブランド・スワッガー

スワッガーは、1999年に、ヒップホップバンド・シャカゾンビのメンバーのBIG−Oことオオスミ(rap)とヒデボウイ(rap)がディレクター・デザイナーとして参加して始めたファッションブランドです。海外の有名ミュージシャンとのコラボレーションが有名です。フラッグストアが渋谷区恵比寿南にあることから、恵比寿系のファッションブランドと呼ばれることもあります。スワッガーは、フェノメノンのお姉さん的存在のブランドですね。2007年9月には、スワッガー原宿の2階に、フェノメノンのショップがオープンしています。
「swagger」というのは日本語だと、威張って歩く、とか自慢する、ほらを吹くなんていう意味の言葉らしいです。でっかいBIG−Oのイメージなんでしょうか。そして、「phenomenon」とは、直訳すると、「現象」という意味ですが、他にも、「驚くべき物」とか「並外れた事」という意味があるようです。そして、ファッションブランドとしてのフェノメノンは、現象という意味のほかに、「ここにいるぜ」といった意味を持たせているんだそうです。ブランドイメージにぴったりなネーミングだと思います。

フェノメノンとシャカゾンビ

フェノメノンのBIG−O(オオスミ)は、現役の?ラッパーでもあります。ヒップホップグループ シャカゾンビのMCとして活躍していました。シャカゾンビのメンバーは、MCのオオスミことBIG−O(本名 大澄剛史)とイグニッションマン(本名 井口秀浩)、DJのつっちー(本名 土田伸二)の3人。 
シャカゾンビは1994年10月に、以前から活動していたオオスミとつっちーの2人にイグニッションマン(当時ヒデボウイ)が加入して本格的に活動を開始しました。シャカゾンビは、90年代の日本を代表する日本語でうたうヒップホップグループのひとつです。対照的な2人のラッパー、、巨体から受けるイメージとはまるで違った、叙情的で映像が浮かんでくるようなオオスミのラップと、ストレートに感情をぶつけてくるようなイグニッショマンのラップのがとても印象的です。
代表曲には、「BIG BLUE」や「共に行こう」、「空を取り戻した日」「WARM OR COLD」などがあります。 アルバムでは 99年に発売された「JOURNEY OF FORESIGHT]が有名です。
シャカゾンビはユーチューブやニコニコ動画でも見ることができます。
P R
カテゴリアーカイブ