ネオンドワーフグラミィでマンディブラリス

September 22 [Thu], 2016, 10:08
一口に看護師と言っても様々な違いがあると思うのですが、やはり比較的稼ぎの良いイメージがつきものです。現場の責任は重いですし、夜勤やシフトでの勤務など辛いことも多いですが、実際の年収にのみ注目するのであれば、他の業種の収入に比べると平均的に高水準を維持できることが特徴として挙げられます。安定性といえば、看護師という職業が景気の影響を受けにくい点もメリットとして挙げられますね。これらの高給や安定性を重視するならば看護師はメリットの多い職業だと言えます。交代制勤務や夜勤の仕事、煩雑な業務に外見のチェックまでハードな仕事を強いられる看護師でも、申し送りは、最も気を抜けない仕事のひとつのようです。入院している患者に関する情報をしっかり覚え、責任を持って交代する看護師に伝える必要があります。それほど重要でない情報もよくありますが、症状に対する重要な処置の方法などに関しては間違いがないよう、慎重になる必要があります。看護師として働くことは、ドラマのようにうまくはいかないのが現実です。普段から大変な仕事量をこなしているところにさらに、終業時間を超えても業務が残っていることが多く、仕方なく残業することも日常茶飯事です。とはいえ、もしもひどく忙しく、疲れている場合でも笑顔で患者さんやご家族とは接しています。少し前まで愚痴を言っていたような人がすぐに笑顔になれるので、時々、看護師は女優みたいだなと思うことがあります。夜勤をこなす必要があって、看護師の仕事は勤務の形が少々不規則です。当然、休みはきちんともらえますけれど、身体的に辛いということもあって、結婚、出産を理由に退職に至る人はかなり多い、というのが問題となっています。例えば出産して、小さな子供を抱える身になったらどんな時間であっても安全に子供を預けることができる施設なり、実家なりがないとまず、夜勤はできなくなってしまうでしょう。しかしながら近年、子供が充分に育ったことにより職場に戻ってきたりする人もじりじりと増えていっているようです。高い給料をもらっている看護師でも、さらに良い収入を得るためにWワークをしている人は割と多いです。病院以外の働き口も看護師には多く、健康診断をサポートしたり、修学旅行などに同行するツアーナース等々、その時だけの単発の仕事や、期間限定、短期集中の仕事もあるため、うまく休みを使えば、Wワークで稼ぐことも結構、簡単にできるのです。ただ、本業の医療機関においてWワークを禁じていることがあったり、大体、本業自体がとんでもない激務なのですから、本業に支障が出るまで副業に励むのは、止めておくべきです。働く看護師にとって頭が痛い問題といえば、対人関係の問題や勤務形態が不規則なこと等が挙げられるでしょう。看護師の中には女性が多く、モラハラや職場いじめがあったりと、ドロドロした人間関係がつくられているような職場も実は多いのです。勤務時間が不規則で、夜勤を避けられないのも健康上好ましくありません。あまりにも問題の多い職場ならば、心機一転で転職し、もっと環境の良い職場で働くのも選択肢に入れておきましょう。国際化する社会においては、海外で助けが必要な人たちに、看護師として役に立ちたいと考えている看護師の方もいると思います。現実に、海外で日本の医療に対する需要の高まりから、豊富な知識と笑顔で患者を支えることの出来る看護師が求められているのです。海外においては患者との円滑なコミュニケーションのために英会話ができる事が絶対条件になるでしょう。海外の機関で看護師として働きたいと思うのであれば、英語を身に付ける事を優先しましょう。看護師と言えば、勤務時間中はとにかく仕事に追われることが多いのですが、もはや看護師なしの病院などあり得ませんし、大きなやりがいを得られる仕事の一つです。病院は24時間休みなく動いていますから、看護師も病院に24時間いることになり、仕事は日勤業務と夜勤業務で交代しながら働く形になります。こうした交代制の勤務では、生活リズムを上手にコントロールできなければ思うように睡眠をとることもできなくなってしまいます。病院内での看護師長の仕事と言えば、各病棟のとりまとめのほか、看護師たちを指導教育したり、上司にあたる看護部長をサポートするなどが主な仕事で、企業では課長と呼ばれるクラスのものです。課長職につく人物の収入が勤める企業の規模で全く違ってくるように、勤める病院の規模が、看護師の年収の差異に影響しています。または、公立と民間、地域によっても差があって、具体的には、最も収入の良い公立病院に勤めた時の年収は、大体750万円くらいになると想定されます。小さい頃から看護師として働きたいと思っていましたが、事情があって就職を選んで会社員としてしばらく働きました。ですが、看護師の夢を諦めきれませんでした。資格を持たなくても就ける看護の仕事に転職する事も出来ますが、ちゃんとした資格を取得して看護師として働きたいという気持ちもあり、迷っていたところ、現場で看護助手として働くと同時に看護師の資格を取ることが出来る方法がある事が分かりました。諦めかけていた夢を叶えられる道があると分かって、やる気が出てきました。よく知られていることですが、看護師の仕事というのはかなりハードではあります。なので、やり辛さを感じることがあっても、おかしくありません。二交代制や三交代制の勤務を続けていくと、たいていの看護師は、体内時計を狂わせてしまって、そんな生活が、体調に響いてしまうのもよくあることです。立ち仕事であり、責任も重く強いストレスを受ける仕事ですから、めりはりよく休まなければどんどん疲れていって、慢性的な頭痛や腰痛などが発症し、心身への負担をしみじみと感じる事になってしまうでしょう。皆さんは「看護師は給料を多くもらえている」という印象があるかもしれません。実は純粋に多いというよりも、夜勤の手当てを含めて稼げる金額が多くなっているのが実情です。たとえば良い給料で看護師をしたいというのなら仕事探しの段階で、日勤だけの職場ではなくできるだけ夜勤帯のナースとしても活躍できるところにするといいですね。夜勤帯に働くかどうかで給料の額は違ってきます。多くの方々と出会うことが出来る街コンですが街コンへの参加を決める看護師というのは、実は少なからずいるのです。職業柄、一緒に働くのは女性ということが多いので、なかなか男性と関わる機会がなく、新しい出会いを求めて、看護師がエントリーするのです。看護師という仕事は、街コン参加者の中でも人気の高い職業だと言えます。ただし、もしも新しい出会いがあっても勤務形態が不規則なせいで、結果として、破局、ということもままあるようです。実は、看護師にはちゃんとした階級が存在するのです。トップに位置するのは、職場によっても違うのですが、大抵は総看護師長や看護部長と呼ばれている人たちです。どのようにして階級を上げるのかというと、その病院での勤務を長くするなど、周囲の信頼を得ることが必要だと言えます。もちろん、出世して階級が上がれば、それだけ高い収入を見込めます。看護の学校を出て、初めて看護師として働き始めた新人だったり、他の病院から転職してきた看護師の場合、間違いなく残業をしているのに、相当する手当が出ないという職場があるといいます。残業をさせておきながらその分の賃金を出さないでいるということは、経験のない新人だから、という未支払い理由は通用せず労働基準法に反した行為です。就業時間の内にできなかった仕事を時間外にしているだけ、などと考えず、こなした分はしっかり、働いた人に支給されるべきでしょう。一般的に、病院は症状によっていくつかの科に分けられていますが、部署が違えば、看護師として必要になる技術やケアのやり方も違ってきます。看護師のローテーション研修は、配属部署以外を回るのですが、自分の部署には無い幅広い看護技術を修得できますし、多くの意見を参考にしながら多くの事を学べる機会です。今後どうなりたいかという希望を見付けることになりますし、新人看護師の意欲も湧きやすいようです。看護師として勤務していくうちにやはり辞職を考えることも少なくないでしょう。重要な仕事で失敗してしまったり心ない患者さんの発した言葉に傷ついたりといろいろです。しかしながら、やりがいがあると感じることも多くあります。先輩からの励ましや優しい言葉など、日々、いろいろな方々のおかげでやってこれているんだなあと思っています。もはや日本は超高齢化社会です。病気になったりケガをしやすい高齢者が増えることで、医者にかかる人の数を、そうした高齢者が押し上げて、看護師は忙しくなるばかりです。お世辞にも良いとは言えない労働環境で、長時間の残業と夜勤を続けたため、残念なことですが、過労死してしまった看護師もいるのです。きつい夜勤を避けて日勤のみの仕事を探しても、訪問介護で自宅療養中の患者をみることになったり、そうした仕事においても、高齢者の数が増え続けているため、看護師需要は高まるばかりで、高齢化社会のつけを看護師が一身に引き受けるような形にもなっています。看護学校を卒業してすぐに働いた病院では、色々と不慣れなあまりに仕事に耐えられず辞めてしまい、自分にはもっと向いた仕事があるかもしれない、などと迷ってしまったのでした。さんざん迷った後で、やっぱりこの道しかないという結論に達しまして、どうしても転職したい、と強く思ったのです。決意をしたものの、履歴書をどう書いたらいいのか、よくわからなくて参りました。頼りになったのはネットの情報でしたが、あと本も参考にしたりしてこうかな、違うかな、などと考え考え書いたのですが、もう一人前なのだから、いろいろなことに際し、自分自身の考えで決定し、それには責任が伴うのだといやでも思い知らされた出来事でした。交代制で病棟勤務をしていると、土日も何もあったものではありませんが、カレンダー通りに土日祝を休みにすることもできます。交代制の病棟勤務だと、土日も出勤になりますが、外来勤務に移れば、土日を休みにできるでしょう。予定にない急な出勤や、土日の休日診療に当番として出ることはありますが、土日は休める、と考えてもよさそうです。それから個人経営の病院で、入院施設のないところなら、大抵の場合はちゃんと土日休みになっているはずです。最近では男性も増えていますが、女性が看護師として働いた場合、他職種と比較して高いお給料をもらえます。それと関係があるのか、ファッションに敏感な人が多いと思います。そうはいっても、看護師といえば大変多忙な仕事でもあります。病院にもよりますが、ひどい場合は休みがほぼなく、「お金を使うような時間が確保できないから、貯まっていってしょうがない」というのは珍しくありません。給料と休みの釣り合いのとれた職場を選択するのが最もいいと思います。看護師が働ける場所というのは病院だけだと思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。グループホームと呼ばれる、介護施設の一形態においても看護師の働けるところは十分にあります。グループホームの入所条件にあてはまる方というのが、認知症のため生活に支障をきたしている方々なので、それを十分考慮してかかわりを持つということが必要になってきます。介護方面に興味のある看護師は職場としてグループホームを選ぶということも考えてみると良いでしょう。年々志望者の増える看護師ですが、この職業につくためには、専門学校であれば3年、大学なら4年といったようにそれぞれ勉強して、国家試験を受けることになりますが、これにバスしてようやく看護師という肩書きを得ます。試験は、驚異の合格率90パーセントを誇っており、まじめに勉強していた学生にしてみると、たやすい部類に入るのではないでしょうか。さて、看護師を養成するための機関といいますといくつか種類があるのですけれど、近頃の傾向として、そういった養成機関より高度で、もっと様々なことを身につけることができる4年制の看護大学を選ぶ人が多くなってきました。ケガをしたり病気になる確率は年を取ると高まります。社会が高齢化していることもあり、このところ次第に医療機関を利用する人口が増加しています。ですから当然、医療機関で働く看護師も大勢が働いているべきなのに、今のところ、どこでも人手は足りていません。しかし、人材が不足している、ということはつまり、人材を求める病院がそれだけたくさんあるということでもあって、たくさんある中から条件のいい働き先を見つけられる等のメリットも確かにある訳です。看護士と看護師、いったい何が違うのでしょう。読み方はどちらも同じですが、漢字で書いてみるとこの二つになります。過去には看護士と書いた場合は男性のことを指し、看護婦は女性と明確に分けられていました。2001年の法律改正を機に、男女分け隔てなく使用できる看護師の表記にひとくくりにされることになったのです。看護師の存在は法律上、医師が診療をする際に、その補助を行う存在です。基本原則として、医療行為を行うということは認められていないのが現状ですが処置が可能な場合もあり、医師から指示を受けた時がそれにあたります。ですが、急変時や、切迫した状態では、経験豊富な看護師であれば、それなりの医療行為も行っていいのではないかと思っています。休みを自由にとれて、やりたい仕事を選んで働ける、等などが派遣の看護師として働く上でのメリットでしょうか。その時限りの単発の仕事や、短期間に限った仕事とか、長期で働ける方歓迎、というものもあって都合にあわせていろんな派遣先を選べますので、もしも看護師の仕事を探している最中なら条件を選べる看護師派遣も、悪くはないはずですから、それを踏まえて職を探すのも一つの手です。看護師という仕事をしているのは女性がかなりの割合を占めている職業なので結婚であったり、出産であったりで一度職を離れる人も多く高い離職率の仕事であると言っていいでしょう。それから、勤務する時間が不規則だったり、過酷な労働環境だということも相まって、最終的に離婚という選択肢を選ぶ人も多いということです。収入面で夫に頼らずとも子供を育てられるという点も女性の離婚の決意の後押しになっているともいえるのではないでしょうか。資格の面からみると看護師の資格というものの最大の利点は、結局のところ、看護師として勤務していない時間があっても、再度職に就くことが可能だということでしょう。なぜそのようなことが可能かというと、看護師の職業が専門職であるからという理由と看護の現場の慢性的な人手不足の問題が大きくかかわっていると言えます。「転職先や雇用形態にこだわっていない」という方の場合、極端に言えばすでに50代になっていても再び働くことができます。医療機関で正職員として働き、病棟勤務についていれば12時間交代の2交代制、8時間交代の3交代制によって誰もが夜勤を経験します。夜勤中の業務については、日勤の場合と比べると職員が大きく減ってしまい、それなのに、夜半に腹痛、頭痛、眠れない、等々で入院患者からナースコールがあったりと、通常の業務外に、対応するべき案件がとても増えます。もちろん通常業務もおろそかにできませんから、結果として夜勤の作業量は、日勤よりも多くなる場合がほとんどです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:シオリ
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/phaxofs1kuo83t/index1_0.rdf