幸せの純度 

January 24 [Mon], 2005, 0:49
幸せなことがあって幸せになって
わたしはそれだけで十分なのに
何故だかそれだけですましてくれない。

幸せなことがあっても、どれだけ幸せになっても
少しの嫌なことのせいで、幸せな気分は損なわれるし
幸せなことがあったっていう事実は
すごく汚されてしまったように思えてしまう。

痛いことなら、いくらだって耐えられる。
一時的なことなら、どんなにつらくたってしんどくたって痛くたって負けない。
どんなときも弱音をはかない根性だけがわたしのとりえだから。
打たれ強いんだから、わたしは。
どんな痛みだって耐えてみせる。

そんなことで泣いたりなんて、絶対しない。

だけど、優しさとか、暖かさとか
すごく、弱い。

暖かくされると、油断してしまう。
優しくされると、涙がでるぐらい嬉しくなってしまう。
相手に好意を抱いてしまう。

だから、好意を抱いている人に
嫌な事をされると、どうしても、どうしても
その前のわたしの気分が
幸せなら幸せである分だけ
相手を憎んでしまったり嫌ってしまう。

もういっそのこと、好意なんて誰にも抱かないって考えにしたくても
痛みにはつよいくせに何故だか
そこの部分で、とっても脆いから
傷つくかもしれなくても、憎むようになるかもしれなくても
人と接したいと望んでしまう。

優しさや幸せはほしいけどそれを汚すものは小さな埃でも許せない。

ハイリスク・ハイリターン。
所詮、人間関係なんてそんなものだけど。

Dream 

January 14 [Fri], 2005, 21:34
追いかける夢は
いつも輝いているから
いつだってとても大事

見失わないよう
壊さないよう
大切に大切に育てる夢。

だけど…

現実になった夢、大切に出来てますか?

夢が現実になって、前の輝きを失ってしまっても
違う輝きを見つける努力、してますか?

なくさないように
壊さないように
見失わぬように

大事に保ててますか?

夢は、育てるもの。
でも。現実を大事に出来ない人が
いくら夢をみたって
夢は育ちません

そういうものです。

夢みることは誰にでも出来るなんていうけれど
それは完璧に嘘です。
夢を見ることにだって、資格は、あるのです。

覚悟 

January 12 [Wed], 2005, 1:21
人を憎みきれないのなら
悪口など言わなければいいのに。
すっぱりと切れないのなら
悪口など言わなければいいのに。

自分の首を絞めたいのなら、どうぞご自由に。

そういうことは必ず漏れるもの。

痛みを受けることの覚悟も度胸もないのに
そういうことをいうのは嫌いです。


楽しい 

January 11 [Tue], 2005, 2:40
今日は、すっごい充実した一日でした。
なんだろうなぁ、一日の終わりが楽しかっただけで、一日が幸せなものになるなぁ。

うぅん、実は、今日一日中ハッピーだったけど。
明日からも頑張らないと。

今日がとても幸せで昨日も一昨日もずっと
一緒にすごした時間がすごくすごく幸せだから
明日も明後日も明々後日も永遠に
この幸せが続きますように。

元気だよ 

January 08 [Sat], 2005, 2:05
心配しないでね。
わたしは元気だよ。
だから、大丈夫。
ありがとう。

ぱっと空を見上げたら 

January 07 [Fri], 2005, 1:36
(これは12月に書いたもの。フィクションだけどノンフィクション。)

あたしは、泣きそうな顔を無理に笑顔に変えた。
頭がとっても混乱して、少しでも気を許せば、自分の決意が失われてしまうことがなんとなくわかってた。
生まれて今まで、基本的に何も執着せずに生きてきたつもりだった。
だから、傷ついたり悲しいことがあったら全て放り出してきたつもりで…
唯一執着してしまったことも、自分の力じゃなくて他人の力を借りて、つらいからという理由で放り出してしまったし。

今がその、分かれ目だった。だから笑った。

前を通った人がぎょっとした目であたしを見ても、あたしは笑い続けた。
涙がでそうになって、空をみあげた。
でもぱっと見上げた空は曇り空で、不意に涙が零れた。

あぁ、もう終わりなんだ。

そう思った瞬間、大切な大事な友達の言葉が頭に浮かんできた。

「あきらめるのはいつでもできるけど、頑張るのは今しかないんだよ。」


それでもあたしは傷つくのが怖かった。
もう、全て放り出してしまいたかった。
こんなに苦しいなら、もうやめてしまいたい。
ハイリスクハイリターンじゃなくていい。

弱音があたしの全てを支配してて、もう、だめだと、思った。


その時風が吹いた。冷たい風は、あたしをあざ笑った。
「傷つけよ。」と。

ほんとに深く傷ついたことなんて一回もないくせに傷つくことを恐れて泣き出すなんて、ただの意気地なしだ。

12月の風はひどく冷たくて、嫌いだったけど。はじめて風が好きだと思った。
気づかせてくれたから。

負けたくないって思った。
はじめに決めたことを絶対に守り通そうと決めた。傷ついても辛くても。
何回同じコトを決意したかわからない、だけど
決意した。

自分の気持ちに素直でいよう。傷とか恐怖とか不安とかそんなの関係ない。
あたしは強い子でいよう。素直でいよう。


だからいま、あたしはこんなに笑えてるんだよ。
昔のあたしに言うことがあるとするなら、「ありがとう、えらかったね。」

ぶっちゃけありえない☆ 

January 07 [Fri], 2005, 1:26
まぁ、タイトルどおり、イラつくことがありました。
どうしてこうさ、自分たちと同じじゃない意見を認められないのかなぁ。
自分たちと同じじゃないもんを全て排除していけば、世の中は自分中心になるとでも思ってるのかと、すごく問い詰めたい。死ねばいいんじゃないかなぁと思う。

自分の意見を持つのは勝手だしそれを言うのもいいと思う。
だけど、仲間や友達ってイコール同じ意見を持ってる奴とは限らないじゃんか。
ものすっごい仲がいい子いるけど彼女とあたしの意見なんかほぼ180度違う。
だからいろんなトコで衝突するし、いろんなとこで話し合う。

だけどそれは、意見の押しつけあいじゃないもん。
君たちがやってることは押し付け合いじゃんか。
自分の意見を持って言ったら、賛同しない人は排除するぞっていうメッセージが裏にこめられた陰険なもの。それは十分押し付け合いじゃないというのなら、何が押し付け合いなのかぜひとも教えてほしい。

そりゃ毎日が楽しいだろうよ。
そりゃ苦労なんかしないだろうよ。

自分が正しいと認めてくれる空間でしか暮らさないわけだからね。
そういう奴らが、「うちらは絶対の友情だから。」とかゆってんの見ると
ほんとに殺したくなる。
いや、言ってるうちはかわいいもんさ。だけど、それに加えていやみなんていうからわたしがここまでイライラするわけで。

悔しいことにかかわらざるをえない(と考えてる)人だから、無視してなんでもないとは思えない。できることなら、無関心を決め込みたい。


不愉快です。そして不愉快にさせられた原因がアレだと思うと余計にイライラします。



でも、幸せなこともあったから、これで寝れる。
イラついてるときにどうしようもなくうれしいことがあると、ほっとして涙が出てくるよね。
まさに今そんな感じ。

だけどこの涙は、ムカつく涙でも悲しい涙でもないから、わたしは笑顔のままでいれる。

友達 

January 06 [Thu], 2005, 2:41
去年の12月、結婚した友達からメールがきました。
あたしは彼女ともう完全に縁を切っているつもりだし・・・、それは
すっごい簡単な理由で、もの凄い喧嘩をして、そこからあたしたちはお互いに失望しあって。
もう、いいや。みたいな感じで・・・。

あたしは彼女からの接触を完全にたっちゃったから、彼女がここにくることはできないことを前提でかいているんだけど。

うぅん、彼女がいないことで、あたしの大切な相談出来る人が減った。
だけど、だけど…。

いらないやぁって、正直思っちゃったには理由があって。

彼女はそういうとこが全くなおってない。
だからあたしは、彼女のメールにお返事はできない。

中学時代から、かなりの間、長く長く深く、付き合ってきた友達だけに
つらいけど。

でも、あたしは彼女にほんとに失望したし、あの一件で…、
彼女だってあたしに失望したと思う。

先月の結婚で彼女に何か変化があったかなと期待してた部分もあったけど
何もないなら、もういいやって思った。。。

なんか寂しいような、ツライような、微妙な気持ち。

しばらく、親友って呼べるぐらい仲が良い子なんてできないんだろうなぁ。
空っぽ。。。

なんか、だぁぁれもいない気がしたら、頭が痛くなってた…。

どうしてだろ、今あたしがいる場所は、どうしても寂しいことばかり考えてしまうのです。
つらいことを考えるとあたしは頭が痛くなる。
楽しい場所なのに、なんでかな。。。

ちょこっと苦しい。

迷い 

January 04 [Tue], 2005, 2:31
好きでいたい。相手がたとえば自分を好きでなくても
好きだと思った人は相手の意思関係なしに好きでいたい。

ずっとそう思ってここまできたけど愛したり好きでいることはとても幸せだし
それだけで満足すべきなのかもしれないけど
愛されてるとか好きでいてもらってるっていう実感も
幸せの一つなんだなぁって最近思ってしまって。

というのは、ずっとお友達だと思ってた人に告白されたのが原因なのですが…
やっぱりちょこっとうれしかった。
彼には悪いけど友達としてしか見れないし告白されてしまった以上
もうわたしの中で彼は"友達"ですらなくなってしまったんだけど
でもこんなわたしを好きでいてくれた事実がうれしかった。
だけど、どうでもいい人から好きって言われるより
やっぱり自分が好きな人から好きって言われたい。

7月ぐらいにあったこと。
「好きっていってくれないの。言葉にしなきゃ気持ちは伝わらなもん。
愛されてるかわかんないからもうわかれる、おわりにする、不安すぎる。」
って泣きながら別れた友達。その友達に、こう言葉をかけてた友達がいた。
「これはあるアニメキャラの言葉だけど、男は行動であらわす生き物なんだよ☆」
って。わたしもそのアニメキャラの言葉は正しいなぁと思ったりなんかして。
好きじゃなかったら愛してなかったらいくら欲求処理のためでもエッチとかしないしキスとかもしないと思うんだけどなぁって。
逆にそうやって利用されてる?って信じられなくなったら終わるべきなんだろうって。
そうやってずぅっと思ってたけど、でも最近思い直したよ。

あぁ、わかるわからない伝わる伝わらないの問題じゃなくてただゆってほしいんだって。実感したいんだって。

不安になった時、好きっていう一言だけで全てどうでもいいとおもえるぐらい、実は単純な生き物なんだよ、女の子って。
男は単純っていうけど、女の子のがもっと単純。
どんなにムカついてても、もう終わりにしてやる!って思っても、笑顔をみたり、抱きしめられたりするだけで、もうなんでもいいって思える。
好きな人の大好きな笑顔や、言ってもらえてうれしい言葉だけで一緒なら地獄におちてもいいやあって思えちゃうぐらいなんだよ。
だから。不安になって信じられないかもしれないぐらい追い詰められた時、
好きっていう一言だけでうれしいのになぁって思った。 

明けた。 

January 02 [Sun], 2005, 12:49
明けました。
去年は…、たくさんの人を傷つけてしまった年でした。
今年は、出来ることなら誰も傷つけずに生きたいです。
出来ることなら…、一緒にいる人に幸せを与えられたらなぁとも思ってます。

親の悲しい恋愛話を聞きました。
幸せの形を見失った親をみるのが、辛い。
未来の自分をそこに照らし合わせてしまうから。

みんなが幸せな時間のまま、時が流れなくなればいいのに。
みんなが幸せだと感じた時間が永遠にありつづければいいのに。

幸せでいたいよ、ずっと。
悲しいことなんか、みたくない。
悲しいことなんか、味わいたくない。
ずっとずっと、このままでいたいよ…。

2005年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Profile★
初めまして、Canonです。
キャノンではなく、カノンって読んでください。
バカです。
あえてHNを変えてやってる意味を
察してください。
バリリンクフリーです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:phantom-days
読者になる
Yapme!一覧
読者になる