すいたんな一日。。。の巻

November 15 [Thu], 2012, 20:15
小さい車が好きな私は、乗ってるのも興味あるのも軽自動車。
軽自動車のメリットデメリット、小型車より高い価格等色々と賛否両烽驍ェそれはさておき。
色んなメーカーが軽自動車を作っていたが、今や大手と呼ばれるのはイハツ、スズキ、ホンである。
三菱、スバルも自社作成販売してるが、もはや1種自家用車のみなので大手とは呼べない。
今年、パジェロミニ、コペンが製造中止されて、同一メーカーであれば車名は違えどエンジンは同じ物という金太郎飴的な状況である。
しかし、そのまま衰退するかと思われた軽自動車だが、勢いあるメーカーもある。
まずはスズキだが、新型のワゴンRは相当頑張っている。
某男優が、エネチャージと言いながら火花バチバチのCMでおなじみ。
あのCMのミソは、簡単に言うとアクセルオフの惰性で発電機を回しLOVERS 詐欺て、そこでできた電気を助手席下のリチウムイオン電池に充電。
小電力の電気部品に使用するというもの。
あ、小学校の理科の実験で、小さなモーターを2つくっつけて片方電池につないでモーターを回すと、反対のモーターに取り付けた電球が光るってやつですな。
もっとわかりやすいのは、自転車のライトのイナモ。
今は、電池式が多いが、車輪の回転する力で発電するあれと同じ。
で、リチウムイオン電池という重いものを積んだのに、旧モデルと比較して70キロも軽量化。
ここは、めちゃくちゃスゴイ。
軽自動車の70キロ軽量化って、相当なものであります。
そしてそして、もっとすごいのはエアコンのエバポレーターに保冷剤を組み込んだ事。
今、エンジンストップして燃費を稼ぐ車が多くなったが、泣き所は真夏の暑さ。
エアコンは、エンジンが回転してコンプレッサーを回し、冷たい風を送るというしくみ。
エンジンが止まれば、風は送られるものの数秒でぬるい熱い風が出てくる。
これは、エアコンの仕組みなので仕方ない。
今回、スズキが搭載した保冷剤入りのエバポは、通常使用してる時に保冷剤を冷やしておき、エンジンストップしたとき保冷剤を通して冷たい空気を車内に送るというもの。
どうやら、最大1分間は冷たい空気を送れるようなので、信号でエンジンストップしてもあつーって事にならないようである。
こういう技術は、軽自動車だけでなくこれからどんどん普通車にも搭載されていくのであろう。
そして、もう1社軽自動車が元気なのはホン。
NBOXという箱型に続き、往年の名車ホンN360やNVを彷彿とさせるNoneが発表された。
それだけでなく、2013年には4種の軽自動車が発表されるそうな。
その中には、ビートの後継車も。
旧ビートのように、ミッドシップになるかどうか不明だが、そうでなくてもスタイル優先という方向は良いと思う。
自分の好みを優先するのが軽自動車の良さなので、バリエーションは多いのはうれしい事。
ただ、残念なのは、エンジンはきっと金太郎飴。
スタイルは様々でも、ンターボ、ターボの2種類から選ぶ事になるんだろう。
ホンに期待してるのは、軽のS。
もはや、ジムニーの独壇場となってるので、そこに選択の余地を作ってほしい。
そんなの発表されたら、相当心が騒ぐ私になりそう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pgn9je88db
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pgn9je88db/index1_0.rdf