ルーシアで金澤

February 06 [Sat], 2016, 15:26
妊娠前から妊娠初期の摂取が最も大切だと言われる葉酸ですが、どれだけ大切な栄養素でも、適切な摂取が必要です。
特にサプリで葉酸摂取をしている方にお伝えしたいのですが、サプリによる葉酸の体内吸収率が非常に高く、普段の食事で摂取できる葉酸に比べて、遥かに多くの葉酸が入っているため、正しい飲み方で摂取するようにしましょう。
葉酸を摂りすぎると、胃が荒れるため、食欲不振や吐き気といった副作用があらわれる場合があります。
胎児は喘息を発症するリスクが上がるという報告があるようですから、適切な量の摂取を守るようにしましょう。
金銭的負担が大きい不妊治療ですが、タイムリミットを考えると精神的にもつらいものです。
自治体から助成金が支給されますが、一定の年齢(40歳程度)を超えると支給回数が減ることが一般的に行われているようです。
治療を始めた年齢を考えると40歳以上といってもまだまだで、給付回数は減らすべきでないと思うんです。
私だって来年には四十になるので、体力と時間とお金のことばかり考えて、いっそう精神的に疲れてきました。
妊娠しづらい状況を改善するためには、普段の食生活の見直しも大切だと思います。
栄養をもとに卵子も精子も作られているので、食生活が劣悪だと卵子や精子の活発さは、あまり期待できないでしょう。
妊娠しやすい体作りは子育ての下準備のようなもの。
規則的で栄養バランスに配慮した食事を続けていくことが大事です。
不妊体質とストレス。
この二つは密接に関わっています。
ストレスは生殖ホルモンの分泌を撹乱し、不妊症の様々な要因のスイッチ役となるからです。
周囲の励ましや期待などが負担となったり、本人の不安などが不妊治療という不慣れな状況とあいまって負担になることも少なくなく、一度、負のサイクルに陥ると気苦労ばかりで、良いことはありません。
治療しているのですから、あとはおおらかに構えるのが大切です。
妊活中の女性に対して、厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。
妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に葉酸の補給が不十分になると、神経管閉鎖障害など、重大な障害を引き起こすリスクが高くなるという話があります。
こうした事を踏まえ、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、食事で摂取する分の葉酸以外に、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけてください。
サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。
葉酸は野菜の中に多く含まれていますが、その中でも特に葉酸を含んでいる野菜と言えば、モロヘイヤ・小松菜・菜の花といった青菜系の葉菜が多いようです。
赤ちゃんを授かったあと、なるだけ早く、こうした食材を積極的に食べた方が良いと思います。
葉酸の摂取で、赤ちゃんの先天的な脳異常の発生リスクを低減すると知られています。
とはいえ、毎日大量の野菜を食べることが難しいという場合には、納豆あるいはホタテなどの貝類からの摂取を勧めたいものです。
皆さんご存知のように、妊娠とビタミンの一種である「葉酸」はとても関わり合いの深いものですよね。
それというのも、葉酸の果たす役割が、妊娠初期に最も重要になるからです。
言うまでもありませんが、妊娠中だけでなく、妊活中の女性にも同じことが言えますよね。
妊娠が分かってから、急いで葉酸を摂るよりも、十分に栄養のある母胎で育てることの出来るように、妊活中から、積極的な葉酸の摂取を心掛けてください。
いまは待望の赤ちゃんを妊娠していますが、半年前までは不妊治療で通院していました。
妊活中の友人たちと同様、結婚後3年を前に不安になったんです。
基礎体温はつけていたんですけど、ぜんぜん妊娠できなくて、同年代のご夫婦が子供を連れてる姿を見るたびに、やりきれない気分でした。
検査は夫婦二人とも受けましたが、原因は私の方にありました。
排卵誘発剤の服用を始めると、三周期目で赤ちゃんを授かることができました。
ストレスも原因だったのかなと思います。
早めに受診するべきでしたね。
葉酸を摂取する妊婦の方へ、少し気を付けていただきたいことがあります。
葉酸を出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸をふんだんに含んでいる貝類やホウレンソウ、またはレバーなどの食材を、普段の食生活に取り入れるようになったという女性も少なくないですよね。
しかし、葉酸は熱によって溶け出す性質があるのです。
ですから加熱調理してしまうと、どれだけ大量の葉酸を含んだ食品でも、調理した後は葉酸は避けられません。
結果的に、摂取量が足りていないかもしれません。
上の子が産まれて4年たった頃から2人目不妊を疑い、病院に行き始めました。
長女が生まれているので夫は夫婦二人での受診には消極的で、言い出しにくい感じがしたので、私だけでタイミング療法を実施している病院に行きました。
料金は1回2800円で安価でしたが、そう簡単には妊娠できず、不妊を改善するという葉酸のサプリメントも取り入れました。
私はラッキーだったのか、服用後2か月には赤ちゃんを授かることができて、これ以上待たなくて良いのだと思ったら気が楽になりました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:凜
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pghpaneuicmsie/index1_0.rdf