pmsは漢方で治せる?

June 27 [Mon], 2016, 13:47
つらいpmsの症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)を改善するためには、漢方薬(主な原料は植物の根や葉、樹皮などです)という手段もあるでしょう。ただし、間違えないで欲しいのは、漢方薬(主な原料は植物の根や葉、樹皮などです)は普通の薬のようにピタッと即座に改善出来るようなものと畭なります。基本としては漢方薬とは、生薬などの効能によっては体質(遺伝や環境にも左右されますが、本人の努力次第で変えられることもあります)改善を行ったり、自然治癒力(自己治癒力という場合もあるようです)を回復したり、高めたりする目的で使われるになるはずです。それらの効能の中の一つとして、色んな症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)の改善がみられると言うものに過ぎませんから、漢方薬(服用の仕方によっては、体に害を及ぼすこともあるでしょう)を飲んだらすぐに改善・・・という即効性は望めありません。ですので、改善までには時間がかかります。でも、むしろ体質(生活習慣を見直すことで、ある程度変えることができるでしょう)改善効果的なんですので、効果が出始めたらそれが持続でき、色んな他の調子の悪さも改善するといった可能性が高いようですね。pmsに効果のあるとされている漢方薬(服用の仕方によっては、体に害を及ぼすこともあるでしょう)は、その効能に「月経や更年期(日本産科婦人科学会の定義によると、閉経の前後五年間をいいます)障害に対する症状の改善」、もしくは、「イライラや抑うつ症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)の改善」が効能とされているものです。具体的に言えね、月経障害や更年期(日常生活を送ることすら難しくなるくらいの不定愁訴が起こることも多いでしょう)障害、のぼせ(頭の方に血が上ってしまい、意識がぼうっとしたり、上気したように感じることです)などといった改善効果が有るとされている桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)や星火逍遥丸(せいかしょうようがん)などですね。これらの処方は、血流促進などによって各種症状を改善したり、精神的な情緒不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)定の改善も効能だと言われているのです。そ以外には、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)や桃核承気湯(とうかくじょうきとう)、五苓散(ごれいさん)なんかもいいのかもしれません。ただ、実際には、漢方薬局(予約をとり、時間に余裕がある時に行くのがいいでしょう)で自分の症状を具体的に告げて処方を受けたのが一番です
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:美空
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pgabsaysa0t6ni/index1_0.rdf