人と出会っていく大切さ

January 26 [Thu], 2012, 10:53
先週から毎週、グロービッシュを受講しています。
グロービッシュGlobishとは、英語の一種であり、ジャンポールネリエールによって共通語として提唱されました。
ネイティブ英語圏ではない地域での共通言語としての英語なのです。
グロービッシュの著者でもある竹下光彦さんの自宅で少人数で行っています。
まずは、コアな人材を育てていくことを目的にしており英語以外のことなどにも、精力的に行動を起こされています。
そして、受講後には、ランチェスター協会の名莱キである田岡佳子さんがオジャマされ、興味深い話をして下さいました。
御存じだと思いますが、田岡佳子さんは、田岡信夫さんの奥さんです。
田岡信夫さんと言えば、日本で最初にランチェスター販売戦略法則として体系化を成し遂げ、ビジネス活動に応用してきた方です。
今では、旦那さんの意思を受け継ぎ、ランチェスター協会と株式会社ランチェスターシステムズの代表取締役をしている方です。
今や、田岡佳子さんが明日香出版社から出版しているそうなのかランチェスター戦略がマンガで3時間でマスターできる本では、63刷を超え、未だに伸び続けているとのことです。
さっそく、来月に行われる初心者コースと説明会に参加することを決めました。
物怖じを知らない私は、インストラクターになるって難しいのですかなどと興味深々で聞いたりして、概要を把握していました。
話を聞いていて、これは直感を信じるしかないということで、4月からランチェスターの専門コースで学ぶことにしました。
しかし、まだまだ金銭的に厳しい私は、一括で支払うことができないのが現状です。
でも、熱心に交渉をすることで、何とその都度払いでも結構ということになりました。
それなら、何とか受講することができます。
で、実は、ランチェスターのインストラクターになるためには年1回しか受講と試験が受けられないのですが、実は、この時期が微妙なのが分かったのです。
で、その矛盾を指摘してみたところ確かに、そう言われるとそうかもしれないね。
なら、今年は、試験的に、試験を2回にしてみようかしらという話にまで発展しました。
どうなることやら笑そうなれば、私が、専門コースが終わってから今年にランチェスターのインストラクターの試験を受けれます。
そうなれば、現在のランチェスターのインストラクターの中では最年少の講師になれるとのことです。
交渉してみるもんですね笑正直、金は無いけど情熱はありますということで本格的にランチェスター戦略を学んでいく決意をしました。
しかし、本業は作家として食べていく決意は変わっていません。
その合間を使って学問に精を出していこうと思います。
もちろん、グロービッシュの方にも手を出しているので竹下さんからしっかりと学びながら、将来的にはグロービッシュのインストラクターにもなりたいと考えています。
そうなると、勉強などに時間を割くため、プライベートの時間が一気に減りますが30歳までには、それなりの成果を挙げることが期待リア友できます。
金は無いけど情熱はありますというような若者代表になれるように努力していきます。
ちなみに、2月に行われる初心者コースでは田岡さんから、ちゃっかりと値引きして頂きました笑これも中国留学で学んだ交渉術です笑金は無いけど情熱はあります今後のキーワードなれば、幸いだと思います。
1冊目20代のうちに知っておきたい中国留学で成功する30の法則作家岡山裕治定価¥350税込ジャンルンフィクション、ビジネスIT、自己啓発出版社AXELMARKINC2冊目20代のうちに知っておきたいインターンシップで最高の成果を出す30の黄金則作家岡山裕治定価¥350税込ジャンルンフィクション、ビジネスIT、自己啓発出版社AXELMARKINCアメブロTwitteryuji1960BooklogFacebookyujiokayamaFacebook応援ページhttpswwwfacebookcompagesE5B2A1E5B1B1E8A395E6B2BB276538165714769
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pfr1z77wbg
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pfr1z77wbg/index1_0.rdf