紡ぎ糸 

March 24 [Mon], 2008, 1:11
辛かった病気から立ち直り、無事卒業した。
謝恩会の仕事、卒アルの仕事も終わった。
卒論だって書いた。
教員免許も5個取得した。
頑張った。
泣きながら、死にそうになりながら

でもね、時間が経って
治ったと思い込んで、病気のことを忘れかけていた。
自己管理もできない。
ツケが来た。

まさかこんな日に。
あと一週間で社会人だっていうのに、
なんで今?
まだ始まってもいないのに。。。
また、しまってた薬に手を伸ばした。
伸ばさなきゃいけない状態がショックだった。
精神安定剤ってなに?

私の精神おかしいの?

恒久。 

February 09 [Fri], 2007, 1:23
優れた文学作品。
優れた芸術作品。

作者の人生。
社会、真実を探究し理想を追及したはての創造体。

意義と価値とを知るとき、単なる娯楽消散の具とみるような錯覚を消し、
私たちをその独自の世界へと招待する。
引きずり込む。

深く鑑賞し、研究したい望みを起こすに相違ない。
その上に立ち、批評を試みたり、創作への希望や実践を志向する者もあるだろう。

躊躇 

January 10 [Wed], 2007, 0:22
『今度』という可能性の低い約束。
『また』という言葉への期待。

いつかきっとという希望。
また駄目だという絶望。

DNAのような螺旋を描いて多くの想い出とこれからの未知の未来がリンクする。
トラウマ
繰り返し
成長
形成

自分が頭の中で思い描いているような未来はくるのかな。
自分の頑張り次第でどうにかなるから、死ぬ気で、血を吐いたって叶えるのにな。
自分の努力だけではどうにもならないことを私はわかってるからどうにもならないんだ。

もうあんな思いはしたくない。
せめて今のままで。

クリスマス 

December 24 [Sun], 2006, 14:54

クリスマス。
イエスキリストの誕生日って思われてるけど、本当は違う。
キリストの誕生日はいつだかわかっていない。
12月25日かもしれないし、1月6日かもしれないし夏だって説もある。
公会議。

本当は、キリストが降誕したことを祝う日。
これを今日に統一したのさ。

Party

ヤコブの梯子 

December 20 [Wed], 2006, 22:18
おやつの時間

雲間から覗く太陽の光。
梯子のように天から地上へ降り注ぐ。
いくつものスポットライトを浴びて育つ綺麗な植物。
ある時は恵の雨
ある時は試練の雪
風に打たれ雹と戦い強く美しい蕾を開く。

庭には幸せの飴玉。
空には甘い綿雲。

心には甘いチョコレート。

ナイトライト。 

December 19 [Tue], 2006, 11:58
蝋燭ではなくてキャンドルで。
物ではなく心で。
外はヒンヤリ中はあったか。
白く覆われ染まった大地と化したスケッチブックに,
深みのあるオレンジ色のインクをポツポツ垂らす。
白く冷たい世界にはこのオレンジ色が好く映える。
温かい家庭の灯火の下で厳かなパーティー。

夜は静けさを増し、凛々とした雪の結晶が静かに舞い落ちる。
朝には白銀の異世界。
さぁマフラーを巻いて手を擦り白い息を吐きながら何処に向かおうか。

Night
Light

薄氷 ウスラヒ 

December 18 [Mon], 2006, 23:59
薄氷の季節は先。
札幌では氷点下。
刺すようなひんやりと冷たい凛とした空気。
空は澄み渡り遥か遠くに赴く。
ブルーは好きないろ。
表情豊かだもん。
色鉛筆や絵の具のブルー。
空色。
水色。
青。
藍。
紺。
コバルトブルー。
アクアマリンブルー。
ピンク色を帯びた青。
大荒れの青。
水しぶきの青。
透き通るような海の青。
大地の青。
星空を引き立たせる青。
七色の青。
三原色の青。
主役でいて縁の下の力持ち。
なくてはならない色だな。
ほら、世界から青色が消えたらこの空間はつまらない。

街はいつも文化の溜まり場。
文化としてのインテリア。
癒し。
気散じ。
浄化。
洗練。

無機質な空間に情緒が悲鳴。
病んだ心を癒すのは美しき滋養物。
「文化」

そのもの。

審美眼 

December 11 [Mon], 2006, 0:24
今日は昨日の雨とは打って変わっての晴天。
朝起きてカーテンを開けた瞬間光が飛び込んできた。
光が滑るように部屋を照らす。

光の衣を身に纏って、知性が香る秋に引き続きの今日。

まさかまさかの一報に胸が高鳴る。

こんな日も来るんだ。



言葉に対しての美意識が非常に造詣深い彼女。
どのようにして培われたものなのかな。
美人だけど麗人。

周りが丁々発止の熾烈な戦闘を繰り広げていても気にも留めない。
傲慢で冷血なエゴイストなエリート。
悪口・陰口・裏切り・嘲笑・意地悪・虚栄・見栄っ張り競争・権謀術数…卑劣で下劣な行為は彼女の世界に存在しない。
口から悪口陰口陰謀といった蛇や蛆虫を吐き出して話をする。
対して彼女の口からは美しい真珠やダイヤモンドのような言葉の宝石が零れ落ちる。
冷静で客観的で平和で穏やかで、ユーモアに富む。

知性・教養・ユーモア・思いやり・優しさ
政治・経済・社会・音楽・演劇・舞踏・文学・美術・スポーツ
自分の意見
古今東西の多種多様なところに発想をめぐらせるだけのウィットと、
幅広い教養と知性と想像力。

麗人。





宗教的観点。 

December 08 [Fri], 2006, 1:42
旧い契約は十戒。
律法を守ることで救われる。
新しい契約はイエスによる契約。
イエスを信じることで救われる。
記念日。
忘れないために行うもの。
でも日本では徐々に忘れるためにあるって聞いたことがある。
亡くなった人。
七回忌、十四回忌…徐々に徐々に。

美徳は三対神徳(希望・信仰・愛)慈愛とかもかな?
四枢要徳。
悪徳は?
放漫・嫉妬・憤怒・怠惰・強欲・暴食・色欲
人間は罪深い生き物だね。欲深いね。
次から次へと欲が生まれていく。
七つの大罪を犯すことなんて実は簡単。


あ、エクスタシーて言葉。
宗教的には法悦。
官能的には?
響きが好き。

さて、宗教の模擬授業何にしようか。
ミサ繋がりで追悼ミサとか?暗いかな。
マリア祭ならいいかな…ロザリオの説明とかして。

Symbol 

November 16 [Thu], 2006, 15:33
最近の流行りってワンピースじゃない??
ちょっとレトロで色使いが派手で大柄なのとか、無地で背中ががばって開いたワンピースとか…パフスリーブの袖とかちょっと華奢な感じがして女の子らしい♪お店のディスプレイで1番多いのはワンピースに大きくてインパクトのあるベルトを合わせるスタイル。
黒のワンピースに赤いベルト。
白黒の千鳥柄に黄緑のベルトとか!!
目立つね!インパクト大だ☆
昔はズボンがなかったから男性も女性もストンとした服を着ていた。
そして身丈を調節したり行動しやすくするため、上半身と下半身を分ける役目とともに、模様で飾られた。
帯は「王や権力者の品位や力」のSymbol。
日本女性だったら着物に帯は欠かせない。
着物姿を引き立たせる飾りに類するもの。
今も昔も用途は変わらないのね。
1番見事なベルトといったらChampionBeltかな☆
P R
2008年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pfnote
読者になる
Yapme!一覧
読者になる