結論!相談者にピッタリの就職活動戦略はこれだ! 

October 12 [Fri], 2007, 2:33
結論!相談者にピッタリの就職活動戦略はこれだ!




1.希望する職種があり、その業務経験がない場合
新卒、第二新卒枠で就職活動を実施する。もし募集要綱に「未経験可」とあれば中途での応募も可能。
自分の職務経験については、プラスとしてアピールしよう。履歴書上、社会人経験があることは隠せない。この職務経験を無駄にするか、生かすかは自分にかかっている。
某電機メーカーは、「もし3月に大学院卒業で4月入社であれば、年齢関係なく新卒として扱います。ただし、年齢や学歴、経歴に応じて、給与や待遇は考慮します。」と言っている。このように自分の経歴を考慮してくれる会社を探したいものだ。
2.希望する職種があり、その業務経験がある場合
中途枠で就職活動を行う。5年間の社会人経験と、大学での学びを説得力ある形で結び付けてアピールする。もちろん、即戦力として貢献できることも伝えよう。譲れない条件など必要であればしっかり交渉をしよう。



中途採用で重要視されるのは「即戦力かどうか」ということ 

October 12 [Fri], 2007, 2:31
中途採用で重要視されるのは「即戦力かどうか」ということ





もし中途で採用活動する場合、重要視されるのは即戦力かどうか、ということ。この相談者の「社会人経験5年」とは、職種によっては十分中途採用の対象になりうる。

再び同じ職種を狙うのであれば、大学在学期間はブランクと取られる可能性もあるが、中途枠での就職活動で問題ない。

しかし、全く別の職種に就きたいのであれば、中途枠は難しいだろう。なぜならその職種に要求される実務経験がないからだ。中途に求められるのは即戦力。ただし募集要綱上「未経験可」であれば中途枠で採用されることもあるだろう。



新卒枠で採用されることの意味 

October 12 [Fri], 2007, 2:28
新卒枠で採用されることの意味




過去10年以上、新卒冷遇の採用時代が続いていたが、2007年は新卒の超売り手市場に転じた。このような状況下であれば社会人経験を持つ相談者が、新卒枠で就職活動するのも一つの手だろう。現に相談者の先輩は新卒枠で採用されているという。
しかし、再度新卒枠と言う意味を考えてみよう。新卒と中途は、採用ルートも採用時期も給与などの条件も全く異なる。新卒枠で採用されることの意味は、その他大勢の新卒達と同じ条件にされかねない、ということである。つまり社会人経験を経て入学した大学卒業後のスタートは、自分より年下で社会人経験のない人たちと同じ地点からの出発、という意味だ。過去を一掃して新たにイチからスタートする、と自分が納得できるのであれば、新卒枠もいいだろう。

新卒採用と中途採用の分かれ目 

October 12 [Fri], 2007, 2:25
新卒採用と中途採用の分かれ目


相談者のように、社会人経験のある大学生の就職活動においては、新卒か中途かのはっきりした区別はなく、就職活動をする本人と、採用する側の判断に任されているのが現状である。

ここでもう一度新卒と中途について、整理をしてみよう。まず言葉の意味を辞書で調べると下記のように記されている。
---
新卒:その年に学校を卒業すること。あるいはしたこと。また、その人
中途採用:定期採用時以外に年度の途中に行う社員などの採用。また、それによって採用された者。(Yahoo!辞書より)
言葉の意味に忠実になれば、全ての学生は卒業した年には「新卒」と呼ばれることになる。つまり相談者が大学を卒業する年の採用を狙うのであれば、新卒として問題ない。しかし、世間一般で使われている「新卒」と言う言葉は「仕事の経験のない、その年に卒業する人」を指すことが多いため、この相談者は「新卒ではない」と判断されてしまう可能性もある。

社会人経験ある大学生の採用枠は? 

October 12 [Fri], 2007, 2:15

社会人経験ある大学生の採用枠は?



【読者からの相談】(26歳男性)
高校卒業後、5年間の社会人経験を経て、現在は関西の大学で経営学を学んでいます。卒業は28歳になります。この場合は、やはり中途採用扱いで応募することになるのでしょうか?
私の同じ学部の先輩も社会人学生でして、同じく5年の職務経験がありましたが某有名企業に新卒で採用され、今年から働いております。
もし、中途採用としての応募になる場合は大学在学中での実績なども企業に評価していただけるんでしょうか?(例えば、ビジネスプランで優勝とか成績優秀者とか資格取得など。)お手数ですがお時間がありましたら就職活動に役立つアドバイスをお願いします。