師匠、守冶おじいさまの名言集

July 21 [Thu], 2011, 22:40
お盆も終わってなんとなく祖父母のことを思っているので
私の商売の師匠である祖父の名言をあげてみます。

祖父は新宿でテーラーをしていて、
東京オリンピックの時には柔道選手のスーツを作ったこともあるそうで、
話し上手で営業がすごくうまい人だったようです。

私が物心ついた時にはお弟子さんの暖簾分けが終わっていて、
規模も縮小して、小さなお店になっていましたが、
それでも結構お客さんが来てたのを覚えています。

そんな祖父から子供のころから耳にたこができるほど言われ続けてきた言葉。
全部は思い出せませんが、こんなことを言っていました。


・信頼関係を築くには時間がかかる。焦るはバカは何も手に入れない。

・自分の恥はいくらかいてもいい。相手に恥をかかせてはいけない。

・身銭を切って人と付き合ってはいけない。

・いつ仕事が来てもいいように身なりはいつも整えておくこと

・プロとは高い質の物を、同質に作り続ける人のこと、いつまでも流れにとどまっていられる人のことを言うんだ。
腕が落ても、上がってもいけないし、お客さんは友達じゃないから作り手の成長なんて望んでないんだよ。

・1枚の布を30万円で売るんだから、詐欺師みたいなもんだよ。お客さんを気持ちよく騙してあげなさい。

・自分の技術を決して安売りしてはいけない。一度安売りしたものは、二度と高くならない。

・儲けた金は使うためにあるんだ(=酒買ってこい)


私はすごいと思ってるんですよね。
何回も言われ続けてきたから覚えてるのですが、
この年になって、意味がわかるようになって、
本当に商売上手な人だったんだな、と思うようになったので、
改めて文字にしてみました。

最後の方はボケちゃったし、
寝たきりになってからは結構大変な時もあったけど、
本当に頭のいい人でしたし、お酒さえ飲まなければ
お洒落でかっこいい自慢のおじいちゃんでした。

いま教えてもらいたいことがいっぱいあるんだけど、
話せないのが残念です。

【チェコのまとめ】出発、ひたすら移動

June 13 [Mon], 2011, 20:08
2011年5月7日(土)

朝7時にチェックアウト。
7:20に送迎タクシーを頼んであったのですが、
ドライバーの方が迎えに来たのは7:10。
バスやトラムも時間通りに来るし、
ヨーロッパで一番時間に正確な国かもしれません

空港に着いてみると、ルフトハンザのカウンターの
コンピューターが全部ダウンしていました

チェックインまで1時間、飛行機の遅延30分。
フランクフルトでの乗換がギリギリになってしまったので
少し焦りました

コンピューターがダウンしているので
乗り継ぎのチケットを出してもらえず、
フランクフルトの空港を走って移動するはめに


【チェコのまとめ】お金のこととか、ATMとか
2011年5月8日

成田着。

今回初めて通貨を両替せずに、
全部現地のATMでクレジットカードのキャッシングしてみました。

返済日までの期間によるズレもありますが、
2000czk(約10000円程度)で大体170円くらいの利息と、
ATM1回使用ごとに105円の手数料がががりましたが、
両替するよりもレートがいいみたいです。

海外ATMの使い方は
VisaやMasterCardのホームページ上に載っています。
http://www.visa-news.jp/cu/atm_info.html
心配性な方は使い方をダウンロードしてくといいのでは。

一緒に行った友達は「キャッシングできるみたい」と言ったら
本気で1万しか現金持ってこなくて、さすがだな〜って感じでした。
予備とか、もしもの時とか考えないのかな…


というわけで11日間のチェコの旅はこれでおしまいです。

次はどこに行こうかな〜

【チェコのまとめ】チェコビーズとバザール

June 13 [Mon], 2011, 8:04
2011年5月6日(金)

最終日はそれぞれ行きたい場所に行くことにし、
別々に行動しました。
私はチェコビーズや雑貨のお店まわり

今回行ったビーズ屋さんは以下の3件。
日本で買うより種類もいっぱいあって、可愛かったです!
お店自体はこじんまりしていて、貴和やパーツクラブに慣れていると
品揃え悪い…と感じるかもしれません

【miss bijoux】http://www.missbijoux.cz
【star beads】www.starbeads.cz
【Koralkarna】www.koralkarna.cz

Koralkarna(aの上に小さい点がつく)は種類は少ないですが、
1点もののチェコビーズも扱っていて、素敵なビーズを買えました☆
東欧の香りのするきれいなボヘミアンガラスで、
1つ1つハンドメイドで模様を付けているそうです

その他は可愛くて値段も日本よりは安いですが、
まぁ普通。といった感じ。
というよりも東京って何でも手に入ってしまうんですね。
嬉しいような、寂しいような

日本に売ってない色や形を選んできましたが、
そんなに際立った特色はない感じでした。
(と言いつつ大量買いしてしまいましたが)

 


カンも買えました

http://www.myczechrepublic.com/czech-souvenirs/czech-beads-jewelry.html
このサイトに出ている一番下のお店には行けませんでした。
どなたか行ったことがある方はぜひ感想を教えていただきたいです。


泊っているホテルの近くをまだあまり探検してないな、と思って
お散歩していたらバザールがあり、何気なく入ってみたら驚きました。

まさにガラクタ屋さん

素敵なアンティークから、
これはゴミだよね?というガラクタまでなんでもごちゃごちゃに積んであって、
一番下にある商品なんて手に取りようがないんです。

店主のおじいさんもなんとなく古ぼけた感じ(失礼)で、
お店の雰囲気にぴったりでした。
チェコ語はちょっとしか話せませんが、
だんだん何を言ってるのか分かるようになるのが不思議です。
なんとなく会話が成り立ちました。

陶器は壊れちゃうと嫌なので買うつもりなかったのですが、
何とも言えない古ぼけた感じが気に入って、1つだけ買ってしまいました。

アンティーク屋さんにはないカオスな雰囲気が楽しかったです。

スパーキィスというおもちゃ屋さんや、
バザールと雑貨屋さんの中間のようなお店を彷徨って、
色々買いましたが、買いすぎとは思っていません


公園でぼんやりしたり、ダンシングビルまでお散歩してみたり
最後のプラハはのんびり過ごしました。

少し早めのお夕飯を食べて、
夜はSTATE OPELA PRAHAでオペラ鑑賞。
初めてカルメンを観ました。

やっぱりオペラはいい!

最後の夜は
イースターの売れ残りのビールとスパークリングワインで乾杯

【チェコのまとめ】プラハ観光ツアー

June 12 [Sun], 2011, 10:14
2011年5月5日

チェコ8日目にしてようやく「あれ…私たちあんまり観光名所見てないよね」と気 付き、
この日は朝からハトバスのようなツアーに参加してみました

短い時間で効率的に回るので、地理感か掴みやすいです。
こういうのは普通、最初に乗るもんだと思いました(笑)

チェコ語のほかに、英語、日本語の
音声ガイドがついたツアーもあります

その後、お昼を食べてからプラハの端から端までぐるぐる回りました

【ミュシャ美術館】
英語のガイドがあるのでわかりやすいです
ミュシャの生い立ちとか、プラハのどこの何を作ったとかの
ビデオを流しているので、見てから観光すると「これがその時のなんだね」みたいのが分かります。
ちなみにこれとかもミュシャの作品です。

市民会館。

【国立博物館】
動物のはく製などがたくさん飾ってあります
一緒に行った友人は動物のイラストを描く人なので、
写真を撮りまくっていました。
あと珍しいのが、石の標本がたくさんあるところ。
創設者が地質学を勉強されていたようで、
何部屋にもわたり石だけがずらっと展示してあるのは圧巻です。

【中央郵便局】
チェコと言えば可愛い切手も有名ですよね
中央郵便局はバーツラフ広場の途中にあります。
建物に入って右手に小さな窓口があり、
職員の方が座っています。

ガラスで仕切られていて、直接手に取ることはできないので、
職員の方に番号を伝えて取ってもらいます。
私は欲しいものの番号を書いて見せました。
土日は開いてないので要注意です

【ヴェレトゥルジュニー宮殿(プラハ近代美術館)】
http://www.ngprague.cz/cz/5/sekce/veletrzni-palac/
ここすごく楽しかったです!
ミュシャの油絵の大作などが飾ってあります。
チェコはキュビズムも有名でピカソやブラークの作品も充実しています。
1日いても飽きないくらいたのしかったのですが、
17時の閉館とともに追い出されてしまいました。


【現代美術館】
http://www.doxprague.org
ここもかなり面白かったです。
美大出身ですが、大学の展示を思い出すようなとんがった感じです。
多摩美の香りがします!
1時間ちょっとしか見る時間がなかったのですが、
会場自体は小さめなので、十分楽しめました。
もうちょっと時間があったらオブジェの並ぶギャラリー内のカフェで
お茶をしたかったな〜と思いました。


とかなり精力的に見 て回り、
夜はジャズクルーズで、モルダウ川の夜景を楽しみました。


クルーズ船に乗ろうとしたら学生かどうか確認されたので
図々しく「学生です」と答えたみたら半額で乗れました。
大人はこういうことしちゃダメですよ

【チェコのまとめ】ラダ記念館

June 11 [Sat], 2011, 19:04
2011年5月4日

この日はフルシッツェ村にあるラダ記念館に行ってきました

この美術館は開館時間内であっても閉まっていたりするそうなので、
行く前にホテルから電話を入れてもらうといいみたいです
(私たちもフロントの方に確認してもらいました。)

プラハ本駅はとっても広くて
洋服屋さんなどもあって面白いです。
切符売り場はみどりの窓口のような感じ。


Hrusice(フルシッツェ)村へはプラハ本駅から電車で約1時間。
Mirosovice u Prahy(ミロソビーシェウプラヒ)
という駅で下車しますが、前後に似たような駅名がたくさんあるので、
紙に書いていくといいと思います

駅の真ん中でチケット片手に時刻表が読めずにうろちょろしていたら、
イカツイおじさんが「5番ホームだぜ!」って教えてくれました
みんな親切☆

電車はなんの合図もなく出発し、
なんのアナウンスもないままどんどん進んでいきます。
寝ちゃダメですよ!

びっくりするほど電車キタナイ


電車を降りたら
反対側のホームに移動し、
すぐ脇に道があるので、プラハを背にした状態で道なりに進んでいきます。
5分ほど歩くと途中で右に曲がる小さな道が出てくるので、
その道をずーっと道なりに20分くらい歩き続けると村に着きます。
村に着くと地図があるので、後は地図を見れば大丈夫です。
わからなくても「ラダ?」と聞けばみなさんラダ好きなので
親切に教えてくれます

言葉なんてわかんなくても身ぶり手振りでOKでした

行く前に色々調べたのですが、あまり情報がなく、
行きの道で迷ってしまい明後日の方向に進んでしまいましたが、
道の途中のホットドック屋さんのおばさんが親切に教えてくれて、
「帰りはこうやって帰るのよ!」と地図まで書いてくれました。


迷子。

タンポポ畑を横目に、丘の上に見える教会を目指して
ひたすら進んでいきます。
途中で看板見えてきます!


こちらがラダ記念館。

http://www.laduv-kraj.cz
こじんまりです。

行った時は私たちしかお客さんがいなくて、
スタッフの人が部屋毎に鍵を開けて案内してくれました。



あと、ラダの本は日本でもたくさん出版されているせいなのか、
日本語の音声ガイドがありました。

こちらはラダが通っていたという居酒屋さん。
店内にはラダの絵がいっぱい描いてあります。




町全体がのんびりとした雰囲気に包まれていて、
プラハやチェスキークルムロフとはまた違った、
チェコの田舎の風景を楽しめます。


行きの電車は落書きだらけで汚かったですが、
帰りの電車は超きれい。
あれ?もしかして料金違うのかな?と思ったくらいでした。

そのあとSTATE OPELA PRAGUEにバレエのジゼルを観に行って、
人生初のボックス席を楽しみました^^

【チェコのまとめ】ユネスコ遺産テルチ

June 11 [Sat], 2011, 18:53
2011年5月3日

チェスキークルムロフを出発してテルチへ。

ペンションの朝食は9:00だったのに、
8:00に出発しなければならないことを前日に伝えたところ、
朝食の時間を早めてくれました

ここで食べたハムがこの旅行の中で一番おいしかったです

テルチへは、チェスケーブディヨヴィツェで乗換ですが、
路線バスのようなものに乗っていくので、予約ができず、
運転手さんに直接料金を払います

てことは「チェスケーブディヨヴィツェ」
って言えないといけないと思って色々考えました。
「チェスケー」までは覚えられたとして
問題は「ブディヨヴィツェ」日本人には馴染みがなさすぎます

「美女ぶつで」うーん。ちょっと違うか
「無事夜店」これイケるんちゃう

実際「チェスケー無事夜店」で無事に切符買えました(笑)
チェスケーブディヨヴィツェのバス停からも
運転手さんにお金を払いテルチ行きのバスに乗車。
全部で4時間くらいのバス移動です


この日、私は膝を痛めてしまい湿布を買いたかったのですが、
携帯の無料辞書で「湿布」をチェコ語に訳して「コレ下さい」と見せたところ、
赤ちゃんのお尻拭きが出てきました

「湿布」→「湿った布」→「ウェットティッシュ」となったんでしょうね。
そもそもチェコにシップが存在するのかどうかも知りませんが、
辞書はちゃんとしたものを使うのが一番だと痛感しました

テルチに着くと、この旅行の中で一番の天気の悪さと寒さで震え上がりました。
雨こそ降らなかったものの、どんよりとした曇り空で、風も強い

でも町がとにかく可愛い!!可愛過ぎる!!!!!
なにこのハリボテ感


お土産屋さんもとっても素朴


昔、法律で「家を綺麗に装飾しなさい」というお達しがあり、
全部は綺麗にしきれないので、
表面だけデコレーションしたことがきっかけだそうです。

閑散とした町と、凍えるような寒さと、
可愛いお家がミスマッチで良かったです

プラハと違い、人も少なくてゆっくり時間が流れていて、
すれ違う子供が手を振りながら挨拶してくれたり、
カフェのおばさんや手芸屋さんのお姉さんと
カタコトのチェコ語で世間話をしたり、
外は寒かったけど、温かいコミュニケーションが取れました。

手芸屋さんの店主のお姉さんが1つ1つ手作りしてるブローチ


テルチでは1泊せずにプラハへ帰りましたが、
小さな街なので、半日でも十分楽しめました
(というか寒くてあまり外にいられませんでした)

乗りたい時間にテルチからプラハ行きの直行バスがなかったので、
イハラバ(Jihlava)という駅で乗り換えました。
こちらも予約はできなくて、運転手さんに行き先を告げてお金を払います。

ちゃんと覚えていないのですが、どこも1区間300円程度で、
「うぉ、安っ!」と驚いた記憶があります。
なのでおそらくプラハ〜チェスキークルムロフ〜チェスケーブディヨヴィツェ〜テルチ〜イハラバ〜プラハの合計で2500円程度だったと思います。現地ツアーでも安くて1都市6000円位しますので、体力に自信があれば自分の足で行くのが安くて楽しいですよ。

チェコ語が不自由なので乗り換えが不安でしたが、
全体的に思っていたよりもずっとわかりやすくてスムーズでした。
そんなに心配しなくてもちゃんと移動できます。
バス停にはちゃんと時刻表もあります。

言葉が通じない時は行き先をプリントアウトしたものを見せながら会話できました

19:00にプラハに戻り、お夕飯はウ カリハという
『兵士シェヴェイクの冒険』の作者のヤロスラフ・ハシェクが
よく顔を出していたというビアホールに行きました。
店内にはシュヴェイクグッズがたくさん売られています。




http://www.ukalicha.cz/shop/
このお店はHOTEL TIVOLIのすぐ近くです。

【チェコのまとめ】世界遺産の街チェスキークルムロフ

June 11 [Sat], 2011, 18:42
2011年5月2日

この日は世界遺産に認定されているチェスキークルムノフに向かって出発しました。
チェスキークルムノフ行きの直行バスはStudent Agencyから出ています。

【プラハの長距離バス・列車の案内】
http://jizdnirady.idnes.cz
こちらで行きたい日程にバスがあるかを調べてから
【Student Agency】
http://www.studentagency.cz/
で事前予約しました。
現地で手配されてい方は、
フローレンツのバスターミナルでも予約できるみたいです。

バスからの眺めは一面菜の花畑

片道約900円程度と安いのでツアーで行くよりもオススメです☆
チェスキークルムロフはおもちゃのような町でした^^


泊ったペンション「Pension Nostalgic」
ここも予約してから行きました。
http://www.venere.com/guest-houses/cesky-krumlov/pension-nostalgie/

とっても小さくてアンティークな雰囲気が可愛い宿で、
お部屋からチェスキークルムロフ城が見えます。


チェスキークルムロフ城は遠目にいっぱいレリーフを施してあるように見えるのに、
近づいてみると、デコボコだと思ってた塔の表面は絵が描いてあって、
レリーフ風に見えているんです。


2頭の熊もお出迎え。


古本屋さんや文房具屋さんなど、可愛いお店もいっぱいです。
でもどことなく江の島の参道のような雰囲気(笑)


アンティーク屋さんでヴィンテージアクセサリーを買いました。


かわいい



胡散臭いクルテク



 



ビールも安くてとっても天国^^
この1杯で(日本の生ビールのジョッキくらい)100円くらいです。
水の代わりに飲めますね


なんと残念なことにこんなかわいい町の、
かわいいお城のふもとで変質者に出会ってしまいました。

後を付けてくる人がいたので巻いたつもりでしたが、
角を曲がったところで待ち伏せされて、
大切なものを見せていただいちゃいました。

かわいい町にも変な人はいます!みなさんも気を付けて!

これで「気をつけなきゃ」と気が引き締まったので、
この後は順調に旅が進みました。

でも夜のチェスキークルムロフは最高
ほとんどの人が日帰りで帰るので、
静かになった街を散策


かわいいけど意味わかんない標識


ビール工場でハーフライトを飲みながら晩御飯

ここのビールは作りたてだけあってとーってもおいしかったです!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:petite-maison(プチメゾン)
読者になる
ハンドメイドアクセサリー「petite maison(プチ メゾン)」の店長のつぶやきです。

お店はコチラ
petite maison

どうぞ、併せてご覧ください☆
(リンク集からもご覧になれます)
2011年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像LISA&TAIGA
» 師匠、守冶おじいさまの名言集 (2011年07月22日)
アイコン画像petite maison
» どこで買えばいいの? (2010年04月28日)
アイコン画像petite maison
» 巨大鳥ペンダント (2010年04月28日)
アイコン画像j_fabric(Twitter)
» どこで買えばいいの? (2010年04月28日)
アイコン画像abe
» 巨大鳥ペンダント (2010年04月02日)
アイコン画像petite maison
» マトリョーシカ (2009年10月11日)
アイコン画像yumiko
» マトリョーシカ (2009年10月07日)