【 更新情報 】

スポンサードリンク

資産運用のリスク

資産運用の方法を選ぶ場合には、自分自身が持っている知識や、投資金額、どの位の期間でどのくらい増やしたいのかなどのプランなどを考慮しなければなりません。

初心者の場合、経験も知識もないので出来るだけリスクの少ないものを選んだほうがよいでしょう。

リスクがほとんどないものには預金が代表的なものですが、定期預金などのほかに財形貯蓄なども含めていいでしょう。

少し経験も知識もあるという方ならば、株や債権、などを積極的に取り入れていってもいいですね。

株、債権などは一般的にリスクが高いものですが、リターンも高いですから、上手に運用すれば短期間でお金を増やすことも可能です。

ハイリスク・ハイリターンなだけに、運用するには経験と知識が必要ですから、初心者の方が、いきなり株に手を出しても失敗して、当資金をなくしてしまうのが落ちですから、初心者の方は手を出さないほうがよいでしょう。

自分の周りに投資経験者がいらっしゃるのであれば、アドバイスしてもらったり、経験談を聞かせてもらうとよいかもしれませんね。

あわよくば、手取り足取り教えてもらえるかもしれません。

経験者に教えてもらうのが一番手っ取り早いですが、現在では、いろいろな書籍や教材、商材などが出ているので、それで勉強してもよいでしょう。

タグ:  

負債と資産運用

いきなりですが、資産はお持ちでしょうか?

当然現金は資産ですし、持ち家や自動車も資産に含まれるかもしれませんね。

資産運用は当然お金を増やすためなのですが、その目的は個人個人さまざまですね。

マイホームの購入のためであったり、車の買い替えであったり、老後のためにためておいたり、子供の教育資金のため資産運用をするのです。

でも、900万のローンがあったとしましょう。たまたま、宝くじが当たって1000万円手にしたらどのような行動に出ますか?

借金の返済に充てるのか、それとも借金の返済は置いておいて、1000万を運用してさらにお金を増やすのか、それとも遊びに使ってしまいますか?

遊びに使うのは論外としても、まず借金の返済に充てるのか、それとも資産運用を優先するのかは人それぞれ考え方が違うと思いますが、

負債が多い場合は負債をなくすことを優先させたほうがいいかもしれません。

大きな負債があると、資産を増やすことに注意を集中するのは難しいですし、借金の額が多ければ多いほど、
利息も大きくなりますので、それを払うのはもったいないですからね。

負債が100万未満といった小額?!の場合は資産運用を優先させて、さらにお金を増やしたほうがいいかもしれません。

というのも、借金が小額の場合、利息もそれほど多くありませんから、資産運用でそれ以上の利益が出ればそちらのほうが得ですからね。

どちらが正解とはいえませんが、負債のない生活のほうがゆとりがあって、資産運用にも集中できますから負債をなくすことが一番よいのかもしれませんが・・・。

タグ:  

資産運用は計画的に

老後のためにお金を貯めるといっても、老後にいくら必要で、

どのくらい貯めれば安心して暮らしていけるのか、なかなか分かりませんね。

自分が定年を迎える60歳(もっと引き上げられて65歳になるかも)の時点の社会状況なんて分かりませんし、

家族構成も変わっているかもしれないですし、物価もどうなっているのか分かりません。

ですから、貯めるお金がいくら必要かなんてわからないですし、計画も立てようがないかもしれませんが、

とりあえず、現在の物価、社会情勢で計算し計画を貯めるしかないでしょう。

先が長いことですし、そんな先のことまでコマ幕計画を立てる必要はなく、大雑把に計画を立てればよいでしょう。

簡単な方法としては、現在の収入がいくらあるのか、毎月の出費がだいたいいくらあるのか把握することですね。

ここでは最低限の出費がどのくらいあるのかしっかり把握しておくことが必要です。

贅沢や娯楽費などは置いておいて、必要最低限の出費を把握すれば大雑把な計画も立てれるでしょう。

あまりに細かく計画しておくと、これからの人生がギスギスしたものになってしまい、

楽しい人生を贈ることはできないでしょうね。

今を楽しく過ごせなければ老後なんてもっと楽しくなくなってしまいますから、

ある程度おおまかに考えておきましょう。

タグ:  

真剣に資産運用を考える

今のご時勢、老後のことが不安でなりませんね。

このような時代にわたしたちができることはどういったことでしょうか?!

低金利が続く世の中では貯金をしていてもほとんどお金が増えることはありませんね。

貯めていくだけでは、老後に安心して生きていくだけのお金をためることは至難の業ですね。

ですから、資産運用することで老後の資産を増やそうとする人が多くなっているのです。

20代のころなんて投資のことはほとんど考える人はいなかったと思いますが、

最近の若者は、しっかりと貯蓄し、積極的に資産運用する人も多くなってきています。

お金について真剣に考え、計画的に運用するのに早すぎることはありません。

早ければ早いほど運用実績が長くなるので、その分資産が増える機会も増えますからね。

資産運用の知識は、早いうちに習得したほうが、ある程度経験が必要な場合も多いですから、早いうちに身に着けましょう。

まだ、資産運用を始めていない方は、老後のためにも、子供の教育費などのためにも資産運用をはじめてみてはいかがでしょうか。

前にも述べたことがありますが、初めは定期預金から始め、お金がある程度たまれば、

外貨投資や、投資信託などに切り替えて増やしていけばよいでしょう。

お金を少しでも増やして、豊かな老後を贈りましょう。

タグ:  

資産運用で老後を安心して暮らす!!

団塊の世代が定年を迎える昨今ですが、これからどんどん高齢化社会が進行していってしまいます。

4人にひとりが60歳以上という、この世の中で介護福祉施設なども着実に増えています。

年金問題なんかもニュースなどで取り上げられていますが、これも高齢化社会の不安要素が露呈してしまっているからでしょう。

年金問題は本当に深刻で、今現役でバリバリ働いている世代の人間が、本当に年金を受け取れるかは、はなはだ疑問です。

そんな中でも毎月年金は払わなければいけません。(未納の人もたくさにるようですが)

こんな老後に不安がいっぱいの世の中では、やはり他力本願ではなく自分でお金をためるなり、増やすなりして老後の心配がなくなるようにしないといけませんね。

老後のために資産運用する人がかなり多いようですが、貯金だけではおそらく老後は安心して暮らせませんから、

積極的にお金の増やせる資産運用を考えていかなければいけません。

これからはお金がどんなにあっても、いつ何が起こるかわかりませんから、増やせるだけ増やしておく必要がありますね。

子供のいる家庭ではなかなか資産運用にまわせるお金が限られてくると思いますが、

特に子供が小さいうちにお金をためて、資産運用できるようにがんばりましょう。

タグ:  

ミニ株で資産運用

株が最近はやっていますが、この不況でなかなか利益を上げている方は少ないのではないでしょうか?!

資産運用として始めて長期目線で考えている人もおいでしょうが、一発稼いでやろうと考えて株をしている人もいらっしゃるでしょう。

株をやり始めると結構面白く、稼ぐことよりもトレード自体が面白くてのめりこんでしまう人もたくさんいます。

賭け事のように短期でお金をドカーンと稼ごうとしている人、賭け事感覚でやっている人でも株に詳しい人はたくさんいます。

資産運用の手段として株を取り入れている人は、長期間保有を考えるのであまり勉強しなくても良い、と思ってらっしゃる人がいるかもしれませんが、

資産をしっかりと確実に増やしていくためには、株のことをしっかり勉強しておくことが大切です。

最初の資金がたくさん必要だというイメージがありますが、最近では小額から始めれる「ミニ株」というものがあります。

普通なら何十万から百万程度なくては始められませんが、ミニ株なら数万円程度から始めることも可能なんです。

特に初心者が始めるには何十万も最初に投資するのは怖いですよね。

ミニ株なら少ない資金で始められるので、本格的に始める前のトレーニングにもなりますし、経験や知識も増やすことができます。

ミニ株は通常価格の10分の1で取引できるので、100万の株が10万で購入することができるのです。

ただし、配当はもらえませんので。

株を始めたい方は、ミニ株から始めてみてはいかがでしょうか?!

インデックスファンドで資産運用

インデックスファンドという言葉を聴いたことがありますか?

今まで述べてきた中で、初心者には投資信託をオススメしてきました。

このインデックスファンドも初心者にはオススメなので紹介しておこうと思います。

投資信託にはいろいろ種類がありまして、お勧めではありますが、初心者がその多くの中から自分に最適のものを探すのは、けっこう大変ですね。

結果的に、あまり考慮せずテキトーに決めてしまうことになるかもしれません。

ではインデックスファンドはどうなのか、気になりますよね。

インデックスファンドのいいところは値動きが分かりやすい、ということにあります。

投資信託には基準価格というものがありまして、一口あたりの価格のことを言うのですが、

この基準価格がインデックスと呼ばれる株式全体の相場が分かる数字と同じような動きをするものをインデックスファンドと呼ぶそうです。

分かりやすく言うと、株式全体の相場が上がれば、インデックスファンドも上がり、同様に下がればインデックスファンドも下がるのです。

ですから、数ある投資信託のなかから一つを選ぶより、インデックスファンドならば初心者でも分かりやすい商品となっているようです。

でしから投資信託を始める前のウォーミングアップと考えれば良いかと思います。

タグ:  

投資信託について

今までにも投資信託については述べてきました。

資産運用に興味を持つ人が増えている中で、投資信託を販売している金融機関では、

ホームページなどに投資信託について詳しく説明されているところが多いですね。

初心者でも分かりやすいように、ポイントをついてまとめてあったりするので、投資信託について勉強するにはこういったホームページを利用すると良いかもしれません。

投資信託は銀行でも証券会社でも取り扱っていますが、証券会社のほうが多くの投資信託を取り扱っているようです。

投資信託でも現在ではネットで購入できますので、自宅からネットで購入するほうが簡単で言いと思い増す。

ただし、その場合は証券会社などに口座を開設しなければならないので、まずは、オンライン口座を開設しましょう。

ネットであれば簡単に購入することが出来ますが、投資信託を購入するにあたり、注意しなければいけないのが、窓口購入であれ、ネットでの購入であれ手数料がけっこうかかるのです。

販売手数料といいまして、MMFやMRFなどにはかかってこないのですが、他の投資信託には手数料がかかってくるようですよ。

手数料は金融機関煮によって差がありますので、しっかり調べてから購入しましょう。

タグ:  

株での資産運用

不景気の昨今、株が流行っています。
主婦の方から若い人まで株に興味を持ち、投資を行っています。
サラリーマンだけでなく、ほとんどの世代の人が、何とかお金を増やそうとしているのでしょう。

まだ投資の経験がない人の場合、株に対して「資金がたくさん必要なのではないか」とか「ギャンブルのようなものだから大損するに決まってる」といった、不安材料があるかもしれませんね。

株に手を出して借金してしまったりだとか、自殺した人もいるなんて話も聞いたことがあるかもしれません。

そいうい先入観があるために、株には手が出しづらいという人も多いと思います。

でも、資産運用の一部として株を取り入れることは非常に有益であり、リスクが高い分リターンも大きいので、大きく資産を増やそうと思う場合は株ははずせません。

みなさんは損をすることに大きな不安を抱えているのでしょう。

確かに株はリスクが大きく大損することもありますが、リスク管理を行っていればそれほど多くナ損失にはならないのです。

株がいま、とても流行っている理由の一つとして、ネットトレードが出来ることにあります。

自宅にいながらにしてトレードできるのですから、昼間に少々時間のある主婦には好都合だったわけですね。

それに株に関する情報もネットで全て分かるので、昔に比べたら株に対する敷居も低くなったのでしょう。

株をする上で最も大事なのはリスク管理です。まずはこれを肝に銘じて株をはじめてください。

タグ:  

為替レートの動き

外貨で資産運用することは、日本円だけで運用するよりもお得であることを前回でも述べました。

金利が日本よりも高いですし、為替差益でも利益を得ることができるからです。

ただし為替差益があるということは、損をする可能性もあることも述べましたね。

為替レートは大きな周期で上がったり下がったりするので、タイミングを見計らって投資することが大切になってきます。

外貨に投資をする上でのタイミングは、円高のときがいいですね。

この記事を書いている現在(2009年5月)が、投資するタイミングとしてはいい時期かもしれませんね。

為替変動は予測不可能ですが、日々の世界情勢や、為替レートはチェックしておくべきです。

長期での外貨運用を推奨していますので、日々の為替変動で一喜一憂する必要はありませんが、それでも世界経済の動きはある程度把握しておいたほうが、イザというときのためにも大きく損をしないですむからです。

現在はネットも普及していますし、テレビでも新聞でも世界経済についてならすぐに情報は得られますので、情報の取得を習慣にしておくとよいでしょう。

為替レートの変動は、プロでも予測は難しいのですが、毎日チェックをしていれば、為替の動きに対して何らかの気づきがあるようです。

投資において「絶対」ということはありませんが、例えばUSドルに関していうと、今までに80円以下にまで円高になったことがありませんので、投資するタイミングとしては1ドル90円〜100円ぐらいが一番良いタイミングといえるかもしれません。

ただし、先ほども述べたように「絶対」ということはありませんから、1ドル80円以下になったときのことも考えて対処する準備はしておくべきです。

タグ:  
P R
FX投資の成功法則 ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
人気ブログランキングへ
ブログ王!
ブログランキング
P−NETBANKING
  • seo


テクノラティのお気に入りに追加する


資産運用ナビ!!
SEO対策済テンプレート