リバードコーポが鳥取産素材のペットフードを販売 

2016年04月17日(日) 12時35分
鳥取県のペットフード会社リバードコーポレーションが、
鳥取産の素材を使用したペットフードを開発。


農業と連携して規格外の野菜を使用。
規格外野菜とは、出荷前に排除された
色や形、大きさに問題がある野菜のこと。
今まで破棄していたものを使用するのでエコですね。


見た目には悪くても、栄養面では何も変わりないので安心です。
時々、人間用にも「訳あり商品」として販売されていますね。


すでに、去年の12月には、規格外のブロッコリーの茎、
かぼちゃ、ニンジンの3種類が販売されています。
今後は、柿、アスパラガス、長芋なども追加する予定。
また、地元産の魚や鶏獣肉を原料としたペットフードも開発するようです。


国産品は、外国産のものに比べて規制が緩く敬遠する飼い主さんも多いですが、
ちゃんと選べば安全性の高い良質なものを購入することができます。
リバードコーポの新商品は、ペットショップなどで購入できるようになります。
(2018年度までに1,000店を目標)


ペット用サプリメントにもいろいろ 

2016年04月17日(日) 12時09分
ペット用サプリメントを利用したことはありますか?
今は、ペットにもカルシウムやグルコサミンなどの
栄養を補給できるサプリメントがたくさん販売されています。
整腸や口臭ケア用を目的としたものもあるようです。


基本的に、ドッグフードだけでもワンちゃんは健康に過ごせます。
ただ、病気になってしまったりすると
サプリメントでの栄養補給が効果的な場合もあります。
老化による体調不良にもサプリメントが有効です。


現在とくに病気はなく、将来の病気予防のためにサプリメントを
与えたいという場合には、老化防止用のサプリメントがおすすめ。
6〜7歳を超えたあたりから与えるとちょうど良いです。


具体的にどのサプリメントが良いのかは、
ワンちゃんとの相性もあるのでいちがいには言えませんが、
健(犬)康食ワンプレミアム」は売数も多く、
評判も良いので個人的にはおすすめです。


まだまだ若いワンちゃんにはサプリをとる必要はありませんが、
老化による関節炎や涙やけ、胃腸不良があれば
一度試してみてはいかがでしょうか。


犬猫約2万匹以上が流通過程で死んでいた 

2015年09月29日(火) 17時27分
少しびっくりするニュースが入ってきました。2014年に流通された犬猫のうち2万3,000以上が死んでいたそうです。全流通数の約3%。


酷い!と思う反面、そういう業者から購入しているのは自分・・・という複雑な気持ちになります。死因の報告義務はありませんが、知るのも怖い。


もちろんすべて業者の扱いが原因というわけではありませんが、「何かもっと改善できるのでは?」と感じますよね。


ちなみに、流通過程で死んでしまう犬猫の数が明らかになったのは今回が初めて。13年に施行された改正動物愛護法によりペットショップに義務付けられた「犬猫等販売業者定期報告届出書」のおかげで詳細まで計算できるようになったためです。


犬猫が大好きな方々にとっては、ペットショップで簡単に購入できることは良いことですが、この結果を見ると今後、色々と規制が入るかもしれませんね。個人的には、もう少し厳しくても良いと思っています。


時々道端などでやんちゃな感じの人たちが「割引セール」と売りさばいているのも気になります。


里親募集型の猫カフェが人気 

2014年09月11日(木) 11時44分




猫カフェが世間に登場し始めたのは2004年ころ。
それから色々なスタイルのカフェへ変化し、
今では、里親募集型の猫カフェが人気を集めています。


三重県にも、県内で2番目となる猫カフェが新たにオープン。
里親募集型カフェで多くの人が足を運んでいます。


今年5月の開店からすでに引き取られた猫は全部で20匹。
年間12万引きの猫が殺処分されている現状を考えると、
とても良いアイディアですね。


カフェに行くことで、事前に猫たちと触れ合えるので、
ペットショップよりも引き取りやすくなっているのが特徴です。


保護センターで犬暴行死 

2014年09月04日(木) 22時16分
驚きのニュースが入ってきました。
動物保護センターで従業員が犬を殺してしまったようです。


「噛まれて腹が立った」と。
噛まれた瞬間払いのけるならわかりますが、
キレて金属の棒でたたいたと。


記事では、職員が悪いような書き方をしていたので、
ついつい感情的になってしまいますが、
犬が突然襲ってきた場合は仕方ない部分もあります。


詳しくは、分かりませんが、
何度も死ぬまでたたいたのかな?
なんて悪い想像までしてしまいます。


こういうニュースは、悲しいですね。